FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


人間と言うものは案外それ程強くない生き物なのかもしれないです。

人が生きていく上では目の前の不安、将来の不安、漠然とした不安、具体的な事柄への不安、はたまた死後に対する不安
などとにかく目に見えそうな不安や抽象的な不安など色々とあるのだと思います。

そうした不安に対して生涯付き合っていくしか無いものなのかもしれないです。

もちろん人によってはそうした不安という感情に対してあまり縁がない精神的に強い方もいるとは思いますし、
とてつもなく鈍感な人もいるとは思います。
だけど私たちが生きている間には、こうした「不安」には色々な方法はあるとは思うのですけど、向き合い対処していくしか
ないのかなぁ・・と思ったりもします。
不安というのは換言すると「孤独」という事も多少は関係するのかもしれないですけど、こうした孤独・不安という
「心のすきま」を埋めるために私たちは、それを家族の絆とか友達とか人間関係に求める人もいるとは思いますし、
(心のすきまの埋め合わせをあまりにも他人に依存しすぎると逆にストレスという新たな不安を抱え込んでしまうというのも
ある意味人間らしい話なのかもしれないです・・)
本や趣味といった事に求める人もいるでしょうし、スポーツや体を動かす事で発散される方もいるかとは思いますし、
中にはアルコールやギャンブルに求めちゃう人だっているのかとは思うのですけど、
とにかくこうした不安や孤独という事に対してはできるだけなにかすてきな方法で埋めていきたいと思いますね・・

こうした人間が常に抱える「不安」に対して、何かにすがりたい・・すがれないと生きていられないという気持ちというものが
「宗教の原点」と言えるのかもしれないです。
そして人間が脳内妄想とか脳内幻想で色々と生み出していったのが神や仏という存在なのかもしれないです。
私達人間も本当にヤバい時とか困難に直面して自力ではどうにもならないような時についつい「神頼み」をしてしまうのも
そうした事なのかもしれないです。
そして神や仏にすがらざるを得ないという気持ちの一つの表れが「祈り」という事なのかもしれないですね。

神様や仏様の視点で人間達のそうした祈りというものは、
「そんな無茶な事を私にすがらないで自分で努力して自分で何とかしなさいよ!!」という感じなのかも
しれないですけど、同時に神や仏というものはこんな事も考えていたのかもしれません・・・

「そんな無理なお願いをしたって私には何も叶えてあげられない・・
だけど、人と言うものは、そんな無駄な事と最初から分かっている事でも何かにすがらないと生きていけないものなのだ。
神や仏が基本的には何人たりとも救わないという事は本当は人間達は分かっていながら
それでも、何かに誰かに救いを求めざるを得ないのだ・・
こうした誰かに救いを求めざるを得ないとか私は神様仏様にすがらざるを得ない・・という気持ち自体が
人にとっての救いではないのか・・?
それがひいては神や仏を信ずるという事ではないのか・・・?」

そうですね・・そうした「誰かにすがらざるを得ない気持ち」というものが一つの「救い」でもあるのかもしれないですし、
そうした気持ちを表す事が「祈り」と言えるのかもしれないですね。

人と言うものは生きている間は多分ですけどずっと不安を抱え込まざるを得ないのだと思います。

そうした不安に対して不安でもって対処するのが現代人のドライな生き方なのかもしれないですけど、大部分の人は
そうしたドライな割り切りは出来ずに「誰か私を助けて・・」とか「誰かにすがらざるを得ない」という気持ちを
持ってしまうと思うのですけど、「溺れる者藁をもつかむ」という諺が示唆する通り、
誰かにすがりつきたい・・誰かに救いを求めたい・・と思う気持ちこそが「救い」なのだと思いますし、そこに「祈り」という
気持ちが発生していくものなのかもしれないですね。

祈りは別に宗教的行為ではなくて、人間誰しもが感じる「共通の感情」と言えるのかもしれないですね。

さてさて東方Projectにおける「救い」に関しての考え方はどんなものなのでしょうか・・?

それに対して一番真正面からぶつかっているのが命蓮寺の住職さんでもあられる聖白蓮さんなのだと思います。

白蓮さんの考えを一言で述べると「神も仏も妖怪も人間も全く同じ!」という絶対的平等主義という事でもあります・
だけど絶対的といっても救いの目的が不純なものには手を差し出す事はありませんし、
真に「救い」を求めてくる妖怪や人間のみ救いの手を差し出すというのが白蓮さんの考えと言えるのかもしれないです。
人間と言うものはよく口では「私は変わります!! 本日より生まれ変わりますっ!!」と言葉で軽く言ってしまう人が
いるものですけど、人というものはそんなに簡単には「チェンジ」はできないものです。
人は、妖怪も含めて心の底から「自分は変わりたい!!」と強く願わない限りは中々変化できないものだと思います。
白蓮さんの場合、心から自分を信頼して慕ってくるものとか
「本当に自分を助けて欲しい!! 良い方向に導いて欲しい!!」と強く願ってくる妖怪や人で無いと
救いの手を差し伸べないお方なのかもしれないです。
本来は人から忌み嫌われる畏敬の対象である「妖怪」に「救いの手」を差し伸べるその行為こそが
尊いものであり、白蓮さんの素晴らしい点なのだと思います。
その辺りがお賽銭収入が望めないために「妖怪退治」を生業にせざるを得なくて、とにかく妖怪と言うと
「やっちまえーーーー!!」という霊夢との違いなのかもしれないですね・・

私はそういう霊夢も大好きです! (霊夢と同じ巫女の立ち位置の早苗さんも大好きです! 笑・・)






20143301_convert_20110715150259.png





上記にて「祈り」とか「誰かにすがらざるを得ない気持ち」みたいな事をグタグタと書いてしまいましたけど、
そうした人間の祈りという本来は透明な感情であり、決して現世利益だけを求めるものではないばずだと思うのですが、
人の祈りといった「神との対話」みたいな神聖なイメージをもって描かれたのかなぁ・・と思う絵というのも
古今東西色々とあったとは思うのですけど、
dream fantasy の管理人様のアミグリさんが
2011年7月に「オリジナル」とタイトルが付けられたこの幻想的なイラストもそうした「祈り」がテーマに
なっているのかもしれなですね。

というか私自身はアミグリさんが描かれたこのイラストから「神聖なる祈り」といったイメージを感じました。

夜空を背景とした幻想的な作品なのですけど、この純白の衣装の少女の雰囲気は私にとっては
「祈り」そのものと言えるのかもしれないです。

月の光に照らされる真夜中に少女が一人そこに孤独に佇み、 一人「物想い」に耽っているみたいなシーンを
想像してしまいます。
紫のトーンがまさに「幻想的光景」をナチュラルに演出しているとも感じられます。
少女の両目を閉じているのもそうしたイメージに合致していて とても美しいと思います。

さてさて・・この少女は、どんな思いを巡らしているのでしょうか・・?

皆さんはどのようにお感じになりますか・・? 私、とても気になります・・・

ありふれた例えでは「大好きな人の事を考える女の子・・」みたいなイメージもありそうなのですけど、
「どうすれば人と言うものは争いをしなくなるのか・・」とか
「なにかにすがりついた先にはどんな光景が待っているのか・・?」みたいな事をひそやかに考えて瞑想しているようにも
感じられます。





o-rizinchan!!!!!!_convert_20130913143208.png





せっかくアミグリさんが描かれたオリジナル作品をご紹介させて頂いたのですから、もう一枚アミグリさんが描かれた
すてきなオリジナル作品を転載&ご紹介させて頂きたいと思います。

上記の作品はアミグリさんが2013年9月に描かれた作品ですけど、
タイトルの「え?」がとっても楽しく同時にとっても意味深です・・(笑)

うさぎの髪飾りがとっても可愛いし、緑の衣装がとっても新鮮ですね!

私が大好きな「ボニテール」というのもポイントが高いのかな・・?

私の脳内妄想としては、思いがけず憧れの片想いの男の子から告白されてしまい、
思わず「え?」と言ってしまったけど
次に続く言葉はもしかして・・「え? 本当にこんな私でもいいの!?」というものなのかもしれないですね。

そしてこの「え?」の女の子は、「あの男の子と仲良くお付き合いできればいいなぁ・・」と常日頃から「祈り」の感情を有していて、
それがこうやって思いがけずに叶ってしまった!という事なのかもしれないです。

うーーむ、人と言うものは大抵の事は思い通りにはいかないものだけど、時にはこうした「思いがけないハッピー」も
あるという事なのかもしれないですね!

※上記二枚のアミグリさんのオリジナル作品は、私の大のお気に入りの作品の一つですし、その権利は全て
 アミグリさんに帰するものですので、無断お持ち帰りやコピー等はご遠慮くださいね・・・

今週の土日の当ブログは、ごちうさからあのとってもかわいいかわいいキャラのフィギュアレビュー記事と、
東方から久しぶりに「早苗さん語り」を思いっきりさせて頂きたいと思います。
ここにもアミグリさんのイラストがたくさん登場してきますので、今週末の当ブログも
dream fantasy の管理人様のアミグリさんのブログも
何卒よろしくお願いいたします。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

心身共に元気な時は、自分の力で何とか
と想えるけど、時に神様仏様にすがりたい時も
ありますよね。

祈りに想いをのせ続けたいですね。(-人-)

自分の手に負えないような重大な問題が発生すると、昔から人間は神にその手をゆだねてきたように思います。神頼みで治世をしようとしたときの権力者もけっこういますよね。そのせいで、惨憺たる悲劇が起きた例も枚挙にいとまがないと思うのですが…。
ただ、一方で、不治の病に侵されているような患者さんの場合、なかなか自分死を受け入れられない人がいるなか、信じるものがある人は死を受け入れやすいという話を医者から聞いたことがあります。
信じるものは救われる。一つ間違えば悲劇もおきますが、確かな格言のようですね。

すがりつきたい気持ちこそが「救い」であり「祈り」なのかもしれないですね・・

napo 様


神頼みというと世間的には「他力本願寺の住職さん」みたいに言われたりもしてどちらかというとマイナスイメージも
あるのかもしれないですけど、人は元々弱い存在ですので、
そうした時こそ誰かにすがりつきたいとか「誰か私を助けて・・」と感じるのかもしれないです。

そしてそうした想いに耳を傾けてくれそうなのが神や仏の存在なのかもしれないです。

そうした祈りが全て通ずることはないのですけど、想いを神仏に打ち明ける事が一つの「祈り」に似た気持ちなのかも
しれないですね。

諦観・・

八咫烏(全力稼働中) 様


神や仏を権力者が治世のために利用すると大抵ロクな事は起きないのですけど、個人の心の問題としては、
人はそんなに強くは無い生き物ですので、何かにすがりつきたいという気持ちはむしろ自然と言えるのだと
思います。

「死」を受け入れることは大変勇気が要る事ですし難しい事ではあるのですけど、
そこに「諦観」というのか、あきらめの心境が加味され、神仏はそうしたあなたでも見捨てる事は無いという
事が悟れた時に人は安心してあの世に旅立てるのかもしれないですね。


人間考えれば考えるほど不安というやつは出てきてしまうものですから、助けてくれると信じられるような心の支えを求めてしまうのは当然なのかもしれませんね。「人間は一人では生きられない」と言うのも、助け合いとか以上にそうした何かにすがりたくなる精神的弱さを指しているのでしょうね。
でも何かにすがるのは一時的な活力を与えてくれる一方で人によってはかなりの依存性があったりしてちょっと危ない薬にも似た厄介な面も…。

一枚目のアミグリさんのイラストはなんだか今までにない不思議な感じがありますね。いろんなストーリーがイメージできそうですけど、見た瞬間にこの女の子自身が神聖な雰囲気を纏ってるようにも感じました。もしかしたらこの女の子も神様のような存在で、人々が何かにすがるのではなく自力で困難を乗り越えていけるように祈っていたりするのかも…?

schwert 様、ありがとうございます!

schwert 様


いやいや今回はschwert さんが選ぶべきコメントまで
「この記事に対して出来ればコメント書いてください」と指定までしてしまい申し訳ありませんでした。
だけどschwert さんのうちのブログの「祈り」記事の感想というのか
schwert さんの不安感とか死生観みたいなものを是非一度聞かせて欲しいなぁ・・と思ったものでして、
リクエストをさせて頂きました。

だけどこうやってすてきな感想をお聞かせ頂きとてもうれしいですし感謝しております。

今回はありがとうございました。

ご指摘の通り「誰かにすがる」という行為は、人の弱さでもあり助け合いでもあり、同時に「自分がやらなくても誰かが
やってくれる」といった甘えにもつながるのかもしれないですけど、「誰かにすがらざるをえない」という気持ちこそが
一つの「救いを求める感情」であり、それが人間の「祈り」へと繋がっていくのかも
しれないですね。

今回もとってもすてきにアミグリさんの描かれたイラストを褒めて頂きありがとうございます!

ちなみにあのイラストは、pixiv掲載時には「七夕」というタイトルが付けられていましたけど、
この女の子のあの何とも言えない表情は「天への祈り」という事なのかもしれないですね。
あの女の子の表情は大変神聖なものがあり、その祈りを穢すことは誰にも許されないみたいな神々しさも
感じられていると思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3985-5795ccde
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |