FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


クラリネットという楽器は、約9年間この楽器を吹いていた私から言わさせて頂くと「神経質で扱いにくいデリケートな楽器」だと
言えると思います。
ま、デリケートというと「オーボエ」ほどではないと思うのですけど、それでもクラリネットの扱いにくさは、現役奏者当時は
何度も「こいつ、しばいたろか・・」と関西弁でツッコミを入れたくもなったものです・・(汗・・)

そしてその中でも一番頭が痛かったのは「リードミス」のあのキ―ッというこの世のものとは思えない楽器の操作ミスによる
絶叫音ですね・・
あれ、練習中ならば周りも「またか・・」という雰囲気で見てくれるのですけど、万一あのリードミスをコンサートや
吹奏楽コンクールの本番でやらかしてしまった時の周りからの「冷たい視線」はかなり堪えるものがあると
いえそうですね・・(汗・・)

「リードミス」っていう言葉は考えてみるとあまり適切でないのかもしれないです。
クラリネットの演奏中のあの甲高い「キー――ッ!!」というミスった音は色々原因があり
別に「リード」だけが原因ではないと思われます。

ま、勿論リードの調整の悪さと言うのが大きな理由かもしれませんけど、他に主な原因はどこにあるかというと、思いつくのは

1.アンブシュアの問題(唇の締め方・マウスピースをくわえる深さなど)

2.マウスピースとリードの調整が悪い、バランスが悪い

3.運指の問題

  運指の切り替え時に、穴をふさぎ切れていない時や
  下あごの力加減の切り替えや息の入れ方の切り替えタイミングが合わなかった時に
  よく発生します・・・・

4.タンギングのタイミングが悪い

5.楽器自体の調整不良

 例/タンポが腐っているなど・・・・

私、楽器はクラリネットを9年間、アルトサックスを1年間吹いていましたけど、思い起こしてみると、
アルトサックス奏者の時って「リードミス」ってほとんど記憶にないですね。
だけどクラリネット奏者時代は、リードミスは日常茶飯事的な現象であり、
特にコンクールやコンサートの時などは「練習じゃなくて本番だから、絶対にリードミスだけは
起こしたくない・・・」と半分ビクビクしていましたしあのプレッシャーは相当なものがあったと思います。

クラリネットの経験がある方は覚えがある方は多いと思うのですけど
クラリネットのキーーッというあのリードミスは、低音時よりは高音を吹いている際に発生していることが
多い為、いやでも目立ってしまいますよね・・
吹奏楽コンクール全国大会でも、結構クラリネットの「リードミス」は古今東西色々と発生していますけど
特に印象に残っているのは、
1982年の尼崎西高校の「スペイン奇想曲」の第四曲のクラリネット奏者による単独カデンツァの
すさまじいリードミスかな・・・
あれは当時うちの部内のクラリネット奏者間でも大変話題になっていました。
(1983年のうちの高校の定期演奏会の曲目の一つがその「スペイン奇想曲」であり、あのソロを一部担当した私も
とにかくあの重圧は相当なものがあったと思います・・汗・・!)

「クラリネット」という楽器は「オーボエ」と同様に神経質でデリケートで扱いにくい楽器の一つだと思います。
特に「リード」の調整は本当に日々苦労させられたものです。

本当は、市販のリードをそのまんま使用するのが一番理想だと思うのです。

だけど、マウスピースとの相性や自分自身のアンブシュアに合わせるとやはり市販のものを少し調整した方が
より音が出易いとかいい音が出るという事も多いため、ついつい「余計な事」をしたくなってしまいます。
その「余計な事」とはすなわち「リードを削って調整する事」ということです。

リードを削る場合、一番良い方法って何なのでしょう・・?
これはケースバイケースだと思いますし人によってやり方は異なりますので「これが正解!」というのはないと思いますね。
私の場合、中学から高校あたりまでは「トグサ」を使用していました。
都内の大学に入って以降は
「そんなトグサみたいな田舎のやり方をしているんじゃねーよ、トグサじゃなくてサウンドペーパーを使え!!」とか言われて
紙やすりを使用していましたけど感覚的にはトグサの方がやりやすかった印象がありますね。





縺ィ闕雲convert_20141102224811






そもそも「トグサ」って何でしょうか?

北半球の温帯に広く分布する植物でスギナ(つくし)の親戚で、日本では中部地方より北の山間などに自生しています。
地中には地下茎があり、そこから地上に向けて茎を直立させます。
茎は濃い緑色で表面がザラザラしてかたく中空です。
表面のザラザラを活かして、煮込んで乾燥させた物を薄板などに貼り付け、
ツゲ櫛などの木工品を磨くヤスリとして利用されるのだそうです。
天然素材の紙やすりとも言えるのかもしれませんよね。

私の場合、わざと硬いリードを使用し、吹いている時に
「あれれ、何か少し高音が出しにくいというか、音に抵抗感があり引っかかりがあるな・・・」という感覚で吹いた方が
何となくきれいな音が出やすいみたいな感覚がありました。
だから当時、よくバンドレンの4~4.5の硬いリードを購入しそれをトグサや紙やすりで調整するのが
日常のお仕事でもあり「息抜き」だったような感じもありますね。

クラリネット奏者の中には、全体練習中に指揮者から「下手くそ!!」などと個人攻撃をされ、
むくれて練習場から憤然と席を立ち隣の楽器置場で「リード削り」をやって時間稼ぎ&自分を鎮めて落ちつかせ
ある程度冷静さを取り戻してから再び練習場に戻ってくるというパターンも結構多かったような記憶もありますね。
クラリネットはそうした「逃げ道」があったのかもしれません。

中にはそのまんま半日以上ずーーーっと無言でリード削りに精を出し、挙句の果てには
そのまんま家に帰った奏者もいたりはしましたけどね・・(汗・・)
だけどそれはどちらかというとクラリネット奏者ではなくてオーボエ奏者の方にそうした傾向が強かったような印象も
あったりします・・・






リード





改めてですけど、クラリネットの先端部分はマウスピースから構成されていますけど、このマウスピースは
リガチャーによってリードは固定されていて、リガチャーの締め具合によっても微妙に音色は変化するものですし、
やっぱり、クラリネットは本当に神経質で扱いにくい楽器ですよね・・! (汗・・)

下の部分にコルクが見えますけど
そのコルクにワセリンといって滑りを良くするワックスみたいなものを付けてバレル(俵管)と接続するのですけど、
クラリネットの場合、音程(ピッチ)を合わせる場合、勿論アンブシュア等微妙に変化させていく必要があるのですけど
どうしても合わない場合は、
バレルとマウスピースの間を少し間を取るというか「抜く」という事もあったりします・・・

そうした微妙な調整は結構面倒でしたけどね・・・












クラリネットという楽器は上記のように5つのパーツから構成されています。

オーケストラの演奏会で、トロンボーン奏者がスライドからツバを抜いている姿が目撃されますけど
どうしても管楽器の場合、楽器に唾が溜まってしまい、これを放置しておくと音外し・音の濁りの原因にもなったりしますので
ああやって演奏会の本番でも唾を抜くことは仕方が無い事なのです。

クラリネットはそういう訳にはいきませんよね。

唾を抜くためにマウスピースを一旦外してしまうと
ピッチ(音程)が狂ってしまい、再度チューニングをやり直す必要がありますし、
本番中にまさかマウスピースを外す訳にもいきませんからね・・
クラリネットの場合、ツバのほとんどは楽器の一番下のベルから、別に何もしなくしてもポタポタと垂れていきますから
演奏中に唾を抜く必要が無いのはありがたいことでもありました。

クラリネットの場合、練習が終わると、楽器のメンテナンスを少しはするものですけど、
タンポにティッシュを挟み水分を吸収したり分解した各パーツに対して、
「スワブ」という重しが先端についた紐が付いている厚めのハンカチみたいなもので楽器の内部の管のツバを吹いたりします。
これを怠ったりすると管の中に湿気が発生したり楽器不調を招いたりしますのでこれはサボってはいけないです・・(汗・・)

たまーにですけど、ポンコツ奏者が、楽器の中にこのスワブを詰まらせてしまい
抜くに抜けなくなり困っている姿を何度か見た事があります。
クラリネットの内部の管内をよーく覗いてみるとレジスター・テューブが突き出ています。
非常に強い力で引っ張ったり棒のようなもので突き戻そうとすると、このテューブを痛めてしまいますので、
そういう時は楽器屋に持て行かざるを得ないのですけど大抵修理代・メンテナンス代に5000円程度掛ってしまい、
これをやってしまうと、部内の会計担当が
「たたでさえ予算が無いのに・・・これはおめーのチョンボなんだからてめーで自己負担しろ!」
「えー、だって仕方ないじゃん! そのくらい部費で面倒見てよ・・!」みたいなバトルが起きていましたね・・・・(汗・・)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

うちの妹が高校時代に吹奏楽部に所属しておりまして、家でよく吹いていたものなんですよ。演奏会こそ聞きに行きましたが、わたしには音楽的なセンスが皆無なので、何が良くて何が悪いとかもさっぱりであります。確かに、たまに甲高い外した音を聞いたような気がしますが、もしかしたらそれがぬくぬく先生がおっしゃっているものなのかもしれませんね^^;
今日の記事を読んで、なんともまあ、繊細な楽器なんだなと驚いた次第であります。それに比べて私が持っているカメラの頑丈かつ大雑把なこと^^;やはりがさつな私にはこちらのほうが向いているようです^^;

※イベントの際に吹奏楽部が演奏しているのを聴くことがよくありますが、とても良いと思います。私も少しずつ変化しているのかもしれませんね^^

キーッとコンクールでやってしまった中学の頃を思い出しました。
この記事を読むまで忘れていましたよ…
いや、忘れたふりをしていただけで、いつまでも残っているつらい思い出ですね。でも、みんなそうなんだと安心しました。

妹様!

八咫烏(全力稼働中) 様


これは嬉しいお話ですね!

カラス様が以前言われていたあの妹様(汗・・)が実は昔は私と同じように吹奏楽部のご出身だったのですね!

なんだかとっても光栄なお話です! (笑)

とにかくクラリネットは女の子よりも扱いが難しいのかもしれないです・・(汗・・)

その日の気分によって好不調の波が激しい・・というのは思春期の女の子に近いのかもしれないですね・・

クラリネットは木で出来ている事もデリケートな要因なのかもしれないですけど、サックス系は金属製ですので、
そんなにデリケートではないですし頑丈という点では
カラス様のカメラに近いと言えるのかもしれないですね。

リードミス

みんみんとその他大勢 様


いえいえ、クラリネットのあのリードミスというのは一つの生理現象なのかもしれないですね!

というか絶対に避けられない事でもありますし、時折プロの奏者でもやらかすのですしみんながやっている事なのですから
是非ぜひご安堵して下さいね! (笑)

実は私自身も高校2年の地区予選でリードミスをやらかしましたけど、強奏でのミスでしたので、そんなに
目立たず誤魔化せてよかったです・・(汗)

我が娘は

大学生になると、中高のように長時間の部活はないせいでしょうか。
自分の専門課程とは全く関係のない授業、器楽アンサンブルの授業を選択したんですよ。
3回生の後期でですよ?
そんな余裕がどこにあるのかと聞きたい…。

でも、専門課程で死にかけてる時に、いい気分転換になってるみたいです。
やはり音楽からは離れられないらしい(笑)

こんばんは。

クラリネット、懐かしいです。
高校の時だけですが・・・
本当に神経質な楽器で難しいし、リードミスはしょっちゅう。
サックスがやりたかったのですが。なぜかクラリネットに。
今回の記事で久々に色々と思い出しました。

いつの間に・・・

mama.ikuko 様


あれれ・・いつの間にやらお嬢様、大学3年になられていて来年は四年生なのですね!

早い・・・つい先日高校卒業されたと思っていたらいつの間にやらその大学も間もなく卒業という事なのですね。

光陰矢のごとしです・・・

専門課程は何かと大変だしストレスが溜まるからたまには楽器でものびのびと吹かれて気分転換して頂き、
音楽というか吹奏楽とはずっと関わって頂ければ幸いです!

初めて知りました・・!

冬音 様


これは初耳でした!! 正直意外でしたしびっくりしました!

まさか冬音様も私と同じようにクラリネットのご経験があるとは!!

だけどとても嬉しいですし、神経質でデリケートなあの楽器の面倒さを分かって頂ける方からコメントを頂き
大変嬉しかったです!

アルトサックスは音は出しやすいしリードミスはほぼ皆無ですし、楽器の素材が金属という事でそれほどデリケートな楽器では
ないので、私自身も「楽で吹きやすい楽器だったな・・」という印象が大変強いです!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |