FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本日はクリスマスイヴですね! 今年のクリスマスイヴは日曜日と重なってしまったという事もあり、
多分ですけど本日は一日中街中は家族連れで賑わい、みんな楽しそうに休日を過ごされるのかもしれないですね。
そして若いカップルの皆様は是非ぜひこのクリスマスイヴとクリスマスを楽しんでお二人でお過ごしいただきたいと
思います!

私自身は昨年のイヴもほぼ似たようなことを記事にしていて大変恐縮なのですけど(汗・・)
土日祝日は通常通りの出勤である私は、クリスマスイヴもクリスマスも普通に淡々と仕事をしているだけだと思いますので、
「クリスマスイヴ・・? うーーん、正直自分にはほとんど縁がない世界・・」という感想しかないですね・・
昨年のイヴも普通に出勤していて、確か朝から施工中の近隣からの騒音クレームといったトラブル解決に対応していて
お昼ごはんはコンビニのおにき゜りだけで終了・・家に帰ってもクリスマスケーキ以外興味がないうちの奥様は相変わらずの
家事はやる気なしモードのようでしたので普段とあんまりというかほとんど変わらない夕ご飯だったような記憶が
あります・・(汗・・!)
そんな訳で今年も私はクリスマスイヴだからといって特段いつもと違うことをする事もないと思いますし、
多分普通に何気なくいつものように一日が過ぎていくという感じになるのだと思いますし、
せいぜい、プリキュアシャンメリーを飲んで、ファミリーマートで買ったファミチキを食べる程度で終わってしまうのかも・・?

考えてみると日本人って無節操というのかある意味宗教・慣習的には世界的にも珍しい「おおらかな国」といえるのかも
しれないですよね。
だって12月24~25日には欧米式のクリスマスを祝った翌日からはお正月の準備が始まり、
1月1~3日の間には神社に初詣に行くことが定番行事となっていますし、西洋のキリスト教と日本古来の神道が
さりげなく両立できているというのか異なる宗教的価値観を「ま・・それもいいじゃん! どちらも楽しめければいいじゃん!」と
おおらかに寛容できている国もどらちかというと珍しいだけに
そうした寛容さは今後もすてきな国民性としてキープしてほしいなぁ・・と思ったりもしますね。

とにかく、私のように12月23日の天皇誕生日とか12月24(日)のイヴとか翌日のクリスマスが休みではなくて出勤という
方だって相当多いと思いますし、
彼女に振られちゃったとか元々彼女がいないので「ひとりぼっちのクリスマス」を過ごされる方もいらっしゃると思いますし、
家族はいるけど単身赴任中で、家族と一緒のクリスマスを楽しめないとか
皆様におかれましても「千差万別なクリスマス」を過ごされているのだと思います。

家族と共に素敵なクリスマスを過ごされている方も 、彼氏彼女と素敵なクリスマスを楽しまれている方も
お仕事で出勤されている方も、一緒にクリスマスを過ごすお相手がいないちょっとさびしい(?)皆様も、
是非是非ほんのひと時ではありますが、「dream fantasy 」のアミグリさんが過去に描かれた素敵なクリスマスイラストを ご覧になって頂き、
少しでもクリスマスの気持ちを味わって頂くことができれば幸いです。

アミグリさんが描かれたすてきなクリスマスイラスト記事は本記事の一つ後にありますので、こちらも是非ご覧頂いて
欲しいと思います!

さてさて、クラシック音楽・吹奏楽の分野で「クリスマス」を眺めてみると、宗教音楽とか教会音楽を別にすると
意外と思い浮かぶ曲あんまりがありません。
その中でも一番メジャーな曲はチャイコフスキーのバレエ音楽「くるみ割り人形」なのかもしれないですね。
その中でも「花のワルツ」はクリスマス音楽の定番ですよね!
その他には、G.F.ヘンデル作曲のオラトリオ「メサイア」よりハレルヤコーラスとか
ルロイ・アンダーソンの「そりすべり」とかシューベルトのアヴェ・マリア とか
コレルリの合奏協奏曲第8番ト短調「クリスマス協奏曲」あたりが思い浮かびます。

そして吹奏楽オリジナル作品の世界では、真っ先に思い浮かぶのは、リードの「ロシアのクリスマス音楽」だと思います!

リードの初期作品というと、サスカッチアンの山・音楽祭のプレリュード・インペラトリクス・ジュビラント序曲といった曲を
思い出しますが、これらの曲は実は全て第二次世界大戦後に作曲されたものばかりです。
私自身「ロシアのクリスマス音楽」というとあの重厚長大な荘厳で厳粛な大曲というイメージがあり
「アルメニアンダンス以降の中期以降の作品なのかな・・?」と思っていたのですけど、実はこの曲は、
第二次世界大戦前に作曲されたリードとしては初期も初期・・最初期といっても過言ではないある意味若書きの曲だと
言えると思います。

第二次世界大戦中の1944年に、とある演奏会のためにソ連・ロシアにちなんだ音楽の作曲を委嘱され、
あんな゜とてつもない大曲なのにわずか11日間で作曲されたというエピソードも残されているのですけど、
曲自体は後年の「エルサレム讃歌」に匹敵する名曲の大作だと思います。
(私自身、リードの四大名曲は、アルメニアンダンスパートⅠ・オセロ・第二組曲・エルサレム讃歌だと思っています・・)
「ロシアの教会音楽」は続けて演奏される4つの部分から構成されていて、
ロシア正教のクリスマスのコラール「Carol of the Little Russian Children」と、
東方正教の奉神礼音楽にヒントを得たと思われるようなリード自身のオリジナルのメロディーから主に着想されていると
思われます。

この曲、冒頭がチャイムの静粛な音から開始されゆったりとしたうねりの雰囲気から曲が始まっていくのですけど、
そのうねりの部分はいかにも「ロシアの寒くて厳しい冬の空」みたいな空気感が漂っていると思いますし、
このもっさりとした部分はいかにも「ロシアの憂鬱」という雰囲気なのだと思います。
(印象としてはチャイコフスキーの交響曲第1番「冬の日の幻想」に近いものがあるのかもしれないです・・)
そしてそこから曲がかなり盛り上がっていき一旦壮大なクライマックスが構築されていきます。
そして曲が一旦静粛な雰囲気に戻り、最後は壮大な盛り上がりを見せていき、クライマックスのあの壮大な頂点の響きは
感動の極みだと思います!
しっとりとした静粛な部分のコールアングレのソロは素晴らしいですね!
私的にはあのクライマックスが展開される直前にチャイムが連打され厳粛に鳴り響いている中のトロンボーンセクションによる
音のはもりと重なりの部分は大好きです!
あのトロンボーンのはもりを聴くたびに続々とさせられるものがあります。

だけど全体的には「少ししつこいのかも・・?」と感じられなくもないです。
要はクライマックスが曲の中に2回登場するのですけど、2回とも主旋律がほぼ同じですので聴き方によっては
「同じことの繰り返し」みたいに聴こえちゃうのかもしれないのですが、
ロシアというとこの「野暮ったさ」も一つのイメージだとも思えますので、あのくどさはそんなには気にならないのかな・・?
むしろ指揮者の解釈でそのあたりは逆に面白い表現もできるのではないのかなとも思ったりもします。

この曲の全国大会初演は確か郡山吹奏楽団だったと思います。
初期の頃、この曲はなぜか「ロシアの教会音楽」と表記されていたと思います。
(ソニーのレコードの中に入っている出場チームの課題曲自由曲と評価を記した資料には「ロシアの教会音楽」と
表記されていたと思います)
この曲は、札幌交響吹奏楽団が全国大会で三回も取り上げていますが、失格1 銀1 銅1とあまり良い成績を出していません。
個人的には、1991年の広島での演奏は渋くて良い出来だと感じています。
札幌交響吹奏楽団には、1988年~94年前後に素晴らしいユーフォにアム奏者が在籍されていて
88年のタンホイザーとか、92年のカルミナ・プラーナで素晴らしいソロを披露してくれていますけど、91年はリードのオリジナル曲
ということで大してユーフォが目立つ場面もなく「もったいないなぁ・・」と感じたものでした。
全般的にこのチームは、サウンドがぼやけているというか切れ味が鋭くないというか
よく言うと「おっとり」しているのが特徴なのかな・・?と感じます。

札幌交響以外では88年の神戸中も比較的良い演奏だったと思います。
知る人はあまりいないと思いますが、1985年の東海大会での光が丘女子もスケールの大きな素晴らしい演奏でした。

この曲は、全国大会で金賞を受賞したチームはゼロです。
81年の札幌交響と初演の郡山以外は、たしか全て銅賞じゃなかったかな・・?

それだけ奥が深いというべきなのか、表現が意外と難しいというのか、
作曲者のリードが東京佼成を指揮した自作自演の演奏のような感動的なクライマックスがなかなかコンクール本番で
発揮しにくいというのか思ったほどは演奏効果が上がりにくい曲といえるのかもしれないですね。

リードの宗教関連を題材にした音楽というと「法華経からの三つの啓示」という曲がメジャーだとも思われるのですけど、
あれはなんとなくですけど、リード自身が東京佼成WOにお世話になっている・・」みたいなちょとスケベ心も
あるんじゃないの・・?何てことを言われる方もいたりもしますけど(汗・・)
私自身はリードの宗教関連に題材を求めたオリジナル作品というと、派手な外面的効果という意味では「エルサレム讃歌」を、
そして内省的な効果を求めたい方にはこの「ロシアのクリスマス音楽」をお勧めさせて頂きたいと思います。

こうしたクリスマスイヴの日にこうしたちょっと渋い音楽を聴いて身も心も浄化させるのも悪くはないと思います。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

いまごろ・・・

いまごろスミマセン。
クリスマス頃から年明けまでは仕事に家庭に奔走していて、チェックしていませんでした。
が、今年「も」12月24日の寝る時にはこの曲で就寝しましたよ。
書いておられるとおりトロンボーン吹きの私としましてはこの曲は愛すべき名曲です。得にバストロは(バストロじゃないんですが)たまらないと思います。
ま、初めて演奏した環境がたまたますごく良くて・・・と言うのはあるでしょうね。ジョイントコンサートで100名ほどで演奏したので個人が気張り過ぎなくて良かったのは大きいです。
50名程度での演奏ではクライマックスの盛り上げはかなり頑張らないといけないですからね。

私のリード4大は「ロシアンクリスマス」、「オセロ」、「アルメニアンⅠ&Ⅱ(←ずるい?)」、「第2組曲」ですね。
本当は春の猟犬とパンチネロを入れたいんですが・・・

本年もよろしくお願いします。

ロシアのクリスマス音楽

名無し様というか・・この文調は多分ですけど、まったく様ですよね・・(笑)

新年あけましておめでとうございます。

昨年はこんなに拙い当ブログをご覧頂けたばかりでなくすてきなコメントを頂きありがとうございました!
吹奏楽カテゴリで本格的なコメントを頂けることは極めて稀ですので、いつも楽しみにコメントを拝見させて
頂いております!

「ロシアのクリスマス音楽」は、エルサレム讃歌や法華経による三つの啓示やオセロ等に肩を並べる大作だと
思いますし、確かに演奏頻度が少ないのがちょっと勿体無いですけど、後世に伝えたいリードの名曲の一つだと
思います。
中間部のトロンボーンのあのはもり具合には聴く度にゾクゾクさせられるものがありますし、
クライマックスに向かうあの高揚感は素晴らしいものがあると思います。

リード四大作品の中で三曲も曲が被っているのはとても嬉しいです!

「春の猟犬」も本当に素晴らしい序曲だと思います!

とにかくリードだけは絶対に忘れてはいけない作曲家だと思いますし、これらの曲はずっと演奏され続けて欲しいと
思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |