FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


ここ最近ですけど、例えば札幌においてタクシーの車内にて弁護士が運転手さんに乱暴と暴言を働き、
防護カバーを破損させるといったとんでもない暴行事件があったものですけど、法を守る法の番人がそんな事を
やらかすようでは日本の法曹界も暗澹たるものがあるのかもしれないですね。
というかどうして弁護士だとニュース等でも実名公表がなされないものなのでしょうか・・?
一般人や公務員が犯罪を犯すと容赦なく実名公開されて報道されるのにこの妙な不平等感もなんか違和感があったりもします。

タクシーのドライバーさんも大変過酷な労働環境に置かれていると思いますし、
こうしたヘンな客とか泥酔客にからまれたりする可能性もある事を考えると「大変だよなぁ・・」と思ってしまいますし、
タクシーのドライバーさんだからといって全ての道に精通している訳でもないと思いますし、全ての行先に対して
近道とか最短時間で行ける道をひとつ残らず把握されている神様のようなドライバーさんなんてそんなにいる訳も
ありませんから、今回の弁護士による暴行事件のように
行先を聞き間違えたとかうっかり道を間違えたというのは多少は大目に見てあげて欲しいものですし、
運転手さんのポカによってとんでもない遠回りになってしまって「その分は値引きします・・」と言ってくれる場合も
想定されますので、
昭和の頃の日本人のように「ま、いっか・・」みたいなおおらかな気持ちで見てあげて欲しいものですね!

タクシーのドライバーさんは昭和の頃でしたら「道順は全部自らの頭の中に叩き込んでおけ!」みたいな無茶ぶりも
多少はあったかとは思うのですけど、最近は「カーナビ」という大変便利なものもありますので、もちろんドライバーさんの
そうした長年の勘も実績も尊いものがあると思うのですが、それを補完して有り余るものがあるのが
カーナビなのだと思います。
私の仕事の守備範囲はさいたま市内がメインなのですけど、たまにですけどさいたま市を飛び越え、川越・飯能・草加・越谷
などに行く場合もありますし、年に何度かは都内を廻る事もあったりします。
さいたま市内ですと私もそれなりに土地勘を有していますけど、それ以外は正直あんまり道は詳しくは無いですね・・
そうした場合に重宝するのかカーナビだと思いますし、行先をセットすれば音声と画面で道順を提示してくれるカーナビは
時折、「神様!!」みたいに感じる事も多々あったりしますね!

最新式のナビはどうか分かりませんけど、 古いナビですと目的地に達してもいないのに
目指す建物のすぐ目の前に到着した訳でもないのに、唐突にその200m手前辺りで
「目的地周辺です。案内を終了します」と言われる事が多々あったりもします。
そうなると、あとは自分の目で、住所と表札を頼りにその家を探さないといけないので面倒な場合もあったりもします。

カーナビはあくまで「大雑把な道案内」程度に考えた方がいいかもしれないですね。

そうした旧式のカーナビですと、その「おバカさんぶり」に腹が立つ時もあったりします・・(汗・・)

そういう時って・・・

「えーー、何でその道を行くんやねん・・・、こっちの抜け道を使った方がはよ到着するでぇ!」と
なぜか関西弁でカーナビにツッコミを入れたり
「われ、ほんまに妙な道を指示するじゃけんのおー、こっちの道を行った方が早よ到着するけんのぉー」と
なぜか広島弁でツッコミを入れたり
「なんで、わざわざそんな迂回ルートを選ぶんだべさ・・・・」と東北弁でツッコミを入れたりと
なぜか全国各地の方言を使って、ナビに対してツッコミを入れてしまい、
車中でブツクサ独り言をつぶやく事も実はあったりもします・・(汗・・!)

ナビにはナビとしての「蓄積された情報」がありますので、あまり余計なツッコミは入れないで
素直にナビに指示された通りの道を行った方が一番確実なのかもしれませんよね・・(笑)
たまに既に抜け道とか近道を熟知している場合は「ホントにこいつ、アホだな・・・」と思う時もあったりもします。

今現在のカーナビは大変優秀ですので、そうした旧式ナビみたいな事は滅多にないと思うのですけど、
そうした優秀なナビですらたどりつけない家というのもたまにあったりするものですね。
最近も周辺ががけ地(法面)と坂道ばかりが続く顧客宅に顔を出したのですけど、この家は何度行っても
全然道が覚えられないですね・・(汗・・)
あまりにも細い道が続きしかも坂道の連続で、一度道を間違えてしまうととてつもない迷路に入り込んでしまうような
錯覚すら覚えてしまうのですけど、この家はカーナビの指示通り行ったとしても多分ですけどたどり着けないような
感じすらあります。
どういう事なのかと言うと、その顧客宅の家の南側は4m程度の狭い公道に接していて、ナビはその南側公道前を
案内するのですが、その顧客宅の南側は5m近い法面(がけ地)ですので、当然南側には門も玄関も何もありません。
北側に玄関があるのですけど、その北側玄関に行くのにどうすればいいのかというと、
東側公道からちょっと抜け道がありこの抜け道は8段程度の石段がありますので、当然車では入れません。
だからこの顧客宅に行くには車では不可能で、歩いていくしかないのですけど、
その石段を超え、さらに奥に入るともう3段程度の石段があり、そこを超えるとようやくその顧客宅の玄関が
見えてきます。
一番最初にこの顧客宅を訪れた際は、とにかくその家が分からず迷いまくりでしたし、何よりもカーナビが全く反応しない
というある意味カーナビ泣かせの家だったと思います。
建築関係にお詳しい方ですと「じゃーそんな家建物なんて建築基準法違反になるから建築できないじゃん」と
思われるのかもしれないですけど、南側はがけ地とは言え、一応4m公道に接していますので
建築自体は問題ないのですけど、この家を建てられた業者さんは大変だったと思いますよ。
しかもがけ地という事で「がけ条例」に抵触し、法面に対してコンクリ壁を作ったり地盤補強をしたりする必要もありますので
「どうしてこんなヘンな場所に家を建てたのかな・・?」と感じたものです。
(後でさりげなく聞いてみたらがけ地から見える景色にほれ込んだ・・という事でした・・)

とにかくこうしたカーナビでもたどり着けない家というのは日本中探せばかなり出てくると思いますし、そこには
すてきなエビソードも潜んでいるのかもしれないですね。












上記のスカイツリーは以前さいたま市内から仕事で台東区付近に行った際に間近で見たものです!

「東京スカイツリー」って、実は埼玉からも見えたりはします。
晴天の際、高所から結構綺麗に見えたりもします。
だけど、間近で見た方がより鮮やかですね!!

こうした素晴らしい風景を、台東区・荒川区・墨田区・江東区の皆さんは間近で見られて
何か羨ましいと感じたものでした。

夜景として眺めたら、それはまた綺麗なのでしょうね!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

そうそう!古いカーナビはね~
我が家の愛車のカーナビもそれそれ!
コレ、通れって?と思うような道を
チョイスして下さるので、
最近は、スマホのGoogle MAP様さま!

私がひとりで無事(?!)お出かけ出来るのも
Google MAPのおかげ♡

昔のカーナビは・・

napo 様


確かに・・・! ご指摘の通り古い機種のナビはヘンな所に誘導しがちですからね・・(笑)

その点、スマホのGoogle MAPは大変賢いと思います。

以前ですけど古いカーナビで都内~千葉のアクアラインを通行していたら、カーナビ上はずっと海を走る形に
なっていました!

日進月歩。カーナビもしっかり進化していますね。カーナビだけでなく、スマホやipadでも目的までのルートが確認できるアプリがありますね。これらは本当に助かっています。イベント会場に行くときに、ちょっと前だと前もってネットで調べておくか、地図を片手に会場までいかなければならなかったのですが、今やその必要性は皆無です。もっとも、上記の建物ではないですが、道が入り組んでいたりする場合(駅でいうなら渋谷の駅)などは、どうやっても迷ったりするわけですが^^;

カーナビも日進月歩!

八咫烏(全力稼働中) 様


カーナビとかスマホの道順案内はとにかく素晴らしい高水準だと思いますし、あれがあれば既に地図は
不要と言えるのかもしれないです。
カラス様のように日常的に仕事や撮影で各地を飛び回っている方にとっては必要不可欠なアイテムだと思いますし、
その技術の日進月歩は素晴らしいものがあると思います。

渋谷もそうですけど、世田谷のあの狭い住宅街の裏道はナビでも迷った記憶がありますね・・(笑)

こんばんは。

あの札幌の事件は、運転手の選んだルートが信号が少なくてで最短距離なんですよ。
まあ、世の中にはお隣の選挙区で落選した元女性議員の方のような方もおられますしね。 

スマホのマップは、駅間を5km以上歩く時には「今どれくらい来たのか」という時に便利でした。
何せ真冬の氷点下の中、1~2kmの間に家が1軒程度しかない(過疎化)ような場所を歩いて往くので・・・
そんな場所にある駅なので、当然本数も1日3往復程度しか無く、12時を逃すと18時まで無い・・・ 迷ったら凍死します。
そんなことを思い出しました。 

ドライバーさんも大変・・

冬音 様


そうなんですか・・あの札幌の事件はそうした事実があったのですね。
とにかくあの弁護士は言語道断ですし、タクシーに乗った以上は道順等はドライバーさんに全てを委ねるべきなのかも
しれないですね。

最近のスマホマップのアプリはとても便利ですよね!

過疎地でも過密地でもスマホアプリとかナビがないと大変不便だと思いますし、一度その便利さを味わってしまうと
紙媒体の地図をじっくり見るという行為自体大変面倒なものを感じますよね・・



コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3965-9f2d65df
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |