FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


親子丼って本当に美味しいですよね!!

独身の頃とか学生の頃にお金が無い時には、私自身よく夕ご飯としてこの「親子丼」は自分で作っていました!

だって調理方法はすごい簡単ですし、基本的に具材は、スーパーでも価格がかなり安い部類に入る卵と鶏肉と玉ねぎぐらいで
済みますからお財布的にも優しいし、調理自体は短時間で出来るし、
「お金が無いなど困った時の親子丼」という感じでもありました・・(笑)

鶏肉と卵という同じ素材というか親と子の素材を使うという事で、その味に外れはないという感じでもあったと思います。
卵のあのふわっとした感じに柔らかい鶏肉! そしてたれのみりんと醤油の優しい味・・!

親子丼は本当においしいお米の丼ものですよねっ!

本日の記事の一つ前の記事が「電子レンジ内の卵爆発」という事で卵に関連する事でもありますし、
11/20の記事にてファミリーマートの「ファミチキ」について書かせて頂きましたので、その関連性という事で、
お米の親子丼に対して、パンからつくられたパンによるすてきな卵と鶏肉のサンドイッチという記事を今回
簡単に書かさせて頂きたいと思います。

改めてですけどファミリーマートの「ファミチキ」はとっても美味しいと思います!
ファミチキの場合、衣がサクサクッというのが特徴だと思いますし、 香辛料にかなりの特徴があるとも感じられます。
ローソンのLチキは味が濃厚で且つ油ギトギトというのが特徴だと思うのですけど、
一方、ファミチキはLチキに比べると価格は少し高めですけど、それに見合った美味しさを提供していると思います。
ローソンと比べると油分があまり気にならず比較的さっぱりしています。
肉がとても柔らかいため「食べやすさ」も一つの特徴と思いますし香辛料のスパイシーさも魅力だと思います。

今年の初夏の頃だったと思いますが、ABC朝日放送アナウンサーのtwitterの投稿がきっかけとなり
上記で記したファミチキと卵サンドを合体させ、卵とファミチキのサンドイッチを作るととてつもなく美味しいという事が
一部で大変話題になっていた事がありました。

考えてみると、親子丼はお米の卵と鶏肉のすてきなコラボですけど、
卵サンドにファミチキを挟むというのは、パンとしての親子丼みたいなものなのかもしれないですね! (笑)

以前から卵とファミチキのサンドイッチの事はちょっと気になっていましたので、先日ファミリマートに行った際に
丁度お昼時でもありましたので「ちょっと試してみよう・・」と思い、卵とファミチキのサンドイッチを実践してみる事に
しました!!










005_convert_20171116115354.jpg



上記で記したとおり、
ファミリーマートの卵サンドにファミチキをはさんだ「親子サンド」がネット上でも話題になっていた事がありました。

このレシピをTwitterに投稿したのはABC朝日放送アナウンサーの北村真平さんなのですけど、
この書き込みが結構あちこちに拡散したようで
試してみた方から「なにこれ美味しい!」とか「これは神の食べ物!!」と称賛する声が相次いだとの事で
以前から私もなんだかとても気になっていたものです。

結論から書くとそうした前評判に恥じないとても美味しい味だと思います。

ファミリーマートでこの二つを購入した時点で両者の香りの香ばしさは素晴らしいと思っていましたし、この両者をコラボした
サンドイッチを合体したとしても「外れる訳がないじゃん・・」と予想はしていたのですけど、
外すどころか期待通りというか期待以上の味だったと思います。

卵サンドの卵とファミチキの鶏肉は同じ素材なのですけど、感覚としてはファミチキの鶏肉の味が勝っている印象です。
だけど卵サンドの卵が決してひ弱という訳では無くて、きちんと主張はしていると思いますし、
背後でチキンを支えているという感じでもありますし縁の下の力持ちという印象もあるのかとは思います。
この鶏肉をローソンのLチキを使用した場合ですと、多分ですとLチキの存在感ばかりが強調されるような感じも
ありそうです。
その点、ファミチキの場合はLチキに比べると上品な味でもありますので、卵サンドとチキンがうまく調和されているように
感じられます。





006_convert_20171116115416.jpg





卵サンドのパンとパンをペラッとはがしここにファミチキを挟み込みます。

改めて感じたのですけど、ファミチキって意外と大きいですね! サンドイッチパンよりも一回りサイズがデカい!という感じが
ありますし、実際に挟んでみると厚みは思っていたよりもあるなぁ・・!という感じでした。

食べ応えはかなりあると思いますし、お昼ごはんの量としては十分だとも思いました。






007_convert_20171116115438.jpg





味の方ですけど、とてもバランスが良い味だと思います。
ファミチキのサクっとした衣の感触とか、チキンの味とか、たまごサンドの味、全てがバランスよく存在感をアピールしていると
思います。一つ一つの素材がお互いに邪魔しない関係が素晴らしいですね!

分厚いけど柔らかくてジューシーだと思いますし、ファミチキのサクサク感がたまごにやさしく柔らかく
巻かれているという感じだと思います。

こうしたフライドチキンというものは単体では肉汁があふれすぎて手や口元がベタベタになったりしがちですけど、
パンが適度に油を吸ってくれるので食べやすさもアップしますし、
パン自体にチキンの旨みが入り込んでいると思います。

価格的には両者で370円前後ですけど、ボリューム的にも味的にも申し分ないと思います。

普段のお昼ごはんですと、もっと安いお弁当とかおにぎり3個程度の方に魅かれますけど、たまにはこうした
ささやかなぜいたくもいいのかもしれないですね・・(笑)

とにかくおいしくてすてきなパンとしての親子丼というか親子サンドだと思います!!






002_convert_20170809171121.jpg






最後に、ご飯の丼物ですけど、鶏ではなくて魚系の親子丼らしきものもとっても美味しいと思います!

上記は「サーモンといくらのちらし丼」はとっても美味しかったですし、ネタとしても新鮮で素晴らしいと思います!

この「サーモンといくらのちらし」も一種の「親子丼」と言えそうですね!

鶏肉と卵の親子丼は陸のまたは山の親子丼と言えそうですけど、このサーモンといくらのちらし寿司の丼は
「海の親子丼」と言えると思います。

もしもですけど、サーモンではなくてまぐろにいくらをちらしたとしたら、これはこれで「海の他人丼」と
言えるのかもしれないですね!

どちらにしても海の親子丼もも海の他人丼もどちらもとってもおいしいと思いますし、パンとしての卵とチキンの親子サンドも
とっても美味しいと思います!!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

ファミチキおいしいです!
うっかり汁をボタボタ服にこぼしてしまったのも良い・・・・うーーーん

卵サンドチキ今度やってみようかな(°▽°)

タマゴサンドにファミチキをはさむ
コレは美味しいでしょ~ねぇ~♪
タマゴがらタルタルソースの代わりで♡

親子丼…私はとろっとしてるより
昔ながらの固めが好き~♪(⌒▽⌒)

あ、これはおいしい。直観でおいしいとわかりますね。
確かにパンバージョンの親子丼であります。
しかし、親子丼って発想、実は結構怖い発想なんですよね。まあ、無粋なイメージはやめましょう。とにかく、おいしいのであります。
個人的にはアレルギーのあまりない魚バージョンの親子丼が好きです。でも、肉バージョンのほうが、味の統一感的なものを感じたりしますね^^

ファミチキ

みけねころんそう 様


コンビニのフライドチキンは私的にはファミマが一番美味しいのかな・・?と思いますね!

それほど油っこくないし香辛料がかなり効いているし、味がしつこくないのが実にいいですね~!

卵サンドとファミチキのサンドイッチは「パンの親子丼」みたいな感じですし、美味しいし、とてもお勧めですよ~!

なるほどっ・・!

napo 様


卵サンドとファミチキがどうしてこんなにも合うのかと言うと、napo さんのコメントを拝見して
「なるほどっ!」と思いました。
そっか・・卵がマヨネーズを含んでいてタルタルソース代わりになっていますし、
タルタルとチキンは南蛮風味という事で
最強の組合せの一つと言えるのかもしれないですね!

親子丼はふわとろも固めもどちらも美味しいですよね~!

卵と鶏肉は鉄板の素材ですね!

八咫烏(全力稼働中) 様


親子丼もそうですし、卵サンドにフライドチキンを挟む事も「卵と鶏肉の組合せ」は最強の組合せなのかも
しれないですね!
今回の卵サンドとファミチキはとても美味しいですけど、欠点は多分ですけど相当の高カロリーという事なのかも
しれないですね・・(汗・・)

その点、サーモンといくらの海の親子丼は肉系よりは低カロリーだと思われますし、
わさび醤油で食べた際のあのちょっとツーンと鼻にくる辛さも魅力なのかもしれないですね!

ぬくぬく先生さんはグルメですね!(笑)
いつも美味しそうな食べ方をしていらっしゃる…。
親子丼の発想はあっても、卵サンドで親子しちゃう発想はありませんでした。
でもこれもすごく美味しそうですね~。
やってみたいです。

いえいえ、私の舌は思いっきり鈍感ですよ・・(汗)

すいか 様


いえいえ、私はグルメどころかうちのブログでは既に何度も書いている通り、とんでもなく鈍感な舌の持ち主でして
基本的には何を食べても「うまい、うまい・・」としか言えないですね・・(笑)
ちなみに私は廻らないお寿司屋さんのトロを食べても「あぶらっぽい・・」という感想になってしまいますし、
回転寿司の赤身のまぐろは「うまい!」となってしまい、
レストランの牛肉の赤ワイン煮込みよりも吉野家の牛丼の方が全然美味しいという
鈍感な舌を遺憾なく発揮しています! (汗・・)

このファミマの卵サンドにファミチキを挟むアィディアはABCテレビの記者さんのtwitterが発信源なのですけど、
とにかくこれはめちゃくちゃ美味しいと思います!

これはマジでお勧めですし、多分外すことはないと思います! (笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |