FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


水筒(ボトル)は便利ですよね!
いつでも好きな時に、のどの渇きを潤すことができます。
保温・保冷力のある水筒なら、熱い飲み物も冷たい飲み物も温度を保ったまま持ち歩くことができます。
レジャーでも仕事の際も本当に重宝されますよね!

夏場の「水分補給」は絶対的に必要不可欠な事ですけど、当然の話ですが寒い冬場だって水分補給は絶対的に
必要な事です!
そうした水分補給はコンビニ・自動販売機等のペットボトルの飲料水も大変棄捨て難いものもあるのですけど、
さすがに毎回毎回ペットボトル等を購入しちゃうと、夏場は特にそうなのですけど
「お金なんていくらあってもキリがない・・」みたいな様相を呈するのかもしれないです。

そういう時に重宝させて頂いているのが、断熱タイプのマイボトル、つまり水筒ですね!

これ、夏場に外で仕事をする人達には手放せない夏のアイテムの一つだと思います。

毎回感じるのですけど、こんなごく普通のアルミ製やステンレス製の水筒に熱い飲み物や冷たい飲み物の温度をほとんど
下げることなく水筒に飲み物を入れた時の状態の温度を半日程度はキープ出来ている事は
「すごいなぁ・・、この断熱効果はありがたよね・・」と脱帽せざるを得ないですね!
特に気温が35℃を超えるような酷暑の時も、朝に入れておいた冷たい水・麦茶・お茶等がそのまんまほぼ冷えた状態を
キープしている事には「やっぱり人間の知恵というものは凄いものがあるね・・」と感じてしまいますし、
逆に水筒に入れられた水筒の熱いお茶の温かさは「ありかたいなぁ・・このホットな感じは助かるよね・・」と感じてしまいます。

夏場ですと家で麦茶を大量に作ってそれをマイボトルに入れる事は多いですし、冬場はティーパックの日本茶や紅茶を
淹れる事が多いですね。






豌エ遲胆convert_20171115165500





断熱性・保温性に優れた水筒(ボトル)ですけど、それでは炭酸系のシュワシュワ~ッとした弾ける炭酸の味は
そうした水筒に入れてもキープできるものなのでしょうか・・?

中学~高校の頃って部活の帰り道でコンビニ等で買食いするのも一つの楽しみでもあったのですけど、そういう時に
やんちゃな奴がコーラやジンジャーエール等の強めの炭酸をジャカジャカ振って振り回して、
まるでプロ野球の優勝チームのビールかけの時のように泡がびゅーーんと勢いよく出て来て、それを廻りにいた部員たちに
掛けまくって顰蹙を買っていたアホな奴もいたりしたものですけど(汗・・)
水筒にそうした炭酸系を入れても炭酸が抜けるとかはたまたボトルの蓋を開けた時にそうしたビールかけのように
泡がびゅーんと勢いよく出てくる事は果たしてあるものなのでしょうか・・?

先日なのですけど思いがけずそうした疑問を私自ら実証する事になってしまいました・・(笑)

先日の仕事の際の移動時、たまたまその日は社用車が空いていなくて久しぶりにジャイロという三輪バイクに乗ったのですが、
当日は小春日和みたいに昼はポカポカ陽気で暖かく、熱いお茶よりも冷たい飲料水が飲みたい感じでしたので、
何気なく自販機でコーラを購入し1/3ほど飲んだところで、残りの2/3を何気なくペットボトルに移し、それをジャイロの荷台の中に
入れてしまいました。
ジャイロというバイクですし、移動中に右に曲がったり左に曲がったりはたまた凸凹道を通る際に色々と揺れていたのかも
しれないですね。
そしてある地点で別に何とはなしにそうしたコーラが入ったボトルの蓋を開けた瞬間に「ポンッ!!」というまるで銃声みたいな
音が鳴り響き、ビールかけの際のように泡が吹き出し、見事に私の頭上はコーラまみれになってしまいました・・(泣・・)
これはペットボトルのコーラを勢いよく振ってそのまんまボトルを開けた時のあのコーラ爆発というか噴出しと
同じようなものだったと思います・・

そっか・・ジャイロって車と違って揺れますし、揺れたからボトルの中で炭酸の圧力がまるでマグマのように
溜まっていたのでしょうね・・(汗・・!)

水筒は持ち運ぶためには当然蓋を閉めるのですけど、そうした状態で振動が加わったりすると
当たり前の話ですけど水筒内の圧力はパンパンになりますよね!
中身が溢れるだけならまだしも、密閉状態の中で内圧がパンパンになって、
そのまま蓋が飛んでいってしまうような爆発が起きる可能性だってないとは限りませんし、
蓋部分が破損することは大いにあり得ると推察されます。
そして何よりも水筒に炭酸系を入れておくと炭酸自体が抜けてしまい、飲んでみても単なる甘い砂糖ジュースになってしまう
可能性だって飴と思います。

炭酸飲料を水筒に入れて持ち運ぶのは、自分自身も周囲も含めて危険ですし、百害あって一利なしという事に
改めて気が付かされる結果になったものでした・・(汗・・!)

象印お客様サポート:ステンレスボトルQ&Aとす取扱説明書の中にはっきりと

保温効力の低下や故障の原因になりますので、以下の飲み物は入れないでください。

●入れてはいけないもの
1.ドライアイス・炭酸飲料
本体内の圧力が上がり、中せんが開かなかったり、圧力によっては内容物がふき出たり、
中せん・コップなどが破損して飛散することがあり危険です。

と書かれていました・・

うーーむ、このポンコツ管理人の私はそんな取扱説明書にも全く目を通していなかったし、思い込みだけで「ま、いっか・・」
みたいなテキトーな感覚でこんな事をしてしまうのですから、
これはもう天罰の領域なのかもしれないですね・・(汗・・)

関連記事
スポンサーサイト



コメント

ありがたいコーラの洗練を受けましたねW
「水筒に炭酸水はいけません」
またひとつ知識が増えましたな( ̄▽ ̄)b

唯一の救いは車の中ではなかったこと・・・

なかなか取説って読まない人多いですもんね〜
私は電化製品は読む方ですが、
日用雑貨は読まないから
同じことする可能性…ありかも( ̄▽ ̄;)

私もマイボトルを7年くらい使ってます。
中身は白湯ですけどね(⌒▽⌒)

魔法瓶の水筒、これからの時期は暖かいお茶入れるのに重宝するんですよね~(*´ω`*)
ところで、水筒って、炭酸飲料入れちゃだめだったんですねΣ(゚Д゚)!!
知らなかったー!!というか、大型家電とかなら読むけど、こういう細かいモノの取り扱い説明書って読まないですよね?(よかった私だけじゃなかったーとぬくぬく先生のブログ読んでホッとしましたwww)
・・・私も水筒に炭酸もの入れないように気をつけたいと思います(´Д`;)

私はボトルを持ち歩かないタイプなんですが、夏場でも冬場でも、とにかく買った飲料があまっちゃうんですよね。最後まで飲み切るって滅多にないです。後、ゴミ出しの問題。ペットボトルはリサイクルするときに帯をとったりと色々大変ですから、そのあたりが面倒です。ボトルにお茶でも入れてもっていこうかなとも思いますが、それもそれでまた面倒な私だったりします^^;

災難でしたね。
私も冬場、水筒に熱い紅茶を入れています。
やっぱり毎日飲み物買うのと、水筒で持っていくのではコストが違いすぎますよね。

炭酸はあまり飲まないので、今まで吹き出したことなかったですけど、突然炭酸が飲みたい気分になったときは気をつけなくてはですね(笑)

電車だったら・・・(汗・・!)

みけねころんそう 様


これがもしも車とか電車の中だったらもっと悲惨だったと思います・・

電車の中でこれをやらかしたとしたら、周りからの大顰蹙の眼差しで見られたのかもしれないですね・・

とくかくマイボトルに炭酸は厳禁という事ですね!

取扱説明書

napo 様


取扱説明書は字が細かいし、簡単な事をとても難しい表現にしてわざと分かりにくくさせているようにしか
感じられない時もあったりして、
電化製品も含めて細かいとこまではほとんど見ないですね・・(汗)

とにかく言える事はマイボトルに炭酸系は厳禁という事ですね・・(笑)

それとマイボトルにお茶・紅茶を入れたとしても二日程度で味の劣化は見られますので、その日のうちに
飲みきる事が必要ですね。

炭酸NG

めろ子 様


そうなんですよ~

マイボトルに炭酸は絶対NGです!

中身の噴出しもそうですけど、炭酸自体が間違いなく抜けてしまいますので、飲んだとしても
とてつもなく甘いジュースに成り果てています・・(笑)
それと夏場ですと冷たいお茶を入れたとしても二日程度で風味と味が落ちてしまいますので、その日のうちに飲まないと
ダメですね~(笑)

500ml程度の小さいペットボトルだったら・・・

八咫烏(全力稼働中) 様


買った飲料が余る・・! それはちょっともったいないですね・・・

私がいつもやっている方法としては、500ml程度の小さいペットボトルだったら、
半分程度をその場で飲み干し喉の渇きをおさえたら、残りをマイボトルに入れてしまい、喉が渇いたら
それを飲むという事をしたら、余る事もなくなるのかなぁ・・と
思ったものでした。

冬の熱い紅茶は最高ですよね!

すいか 様


すいかさんもマイボトル持参で紅茶を入れているのですね!

よかったぁ~! 私も全く同じです!

普段仕事では外にいる事の方が多いものでして、冬場の熱い飲み物は本当に体を温めて癒してくれますね!

炭酸系を入れるのは絶対NGなのですけど(汗・・)
冬場に熱い「ミントティー」または「ハーブティー」をマイボトルに入れておくのは私的にはお勧めです!
あの香りを楽しむ事ができて、あの香りを楽しむだけでリラックス効果があるように感じられます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |