FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


この頃の吹奏楽コンクールは、ピアノ・ハープ・弦楽器・ベースを編成に加える事は基本的には
OKの時代でしたが、ピアノを加えているチーム自体比較的珍しい部類に入り、
ハープなんて市立川口以外は皆無という時代だったと思います。
この頃のサウンドは改めて聴くと「管楽器」のダイナミックな響きがストレートに伝わってくるようにも
思えます。
別の観点では、管楽器だけの生臭さも、この時代は解消しきれていなかったようにも
思えます。

〇東海大学第一高校

 前年は「呪文とトッカータ」で東海大会スカ金でしたが、この年は全国に戻ってきました。
 自由曲の「シンフォニア・フェスティーヴァ」はこの年のこのチームが全国初演です。
 演奏は一言で言うと、「積極的な攻めの演奏」に尽きると思います。
 管楽器のダイナミックな響きが特にトランペットを中心にガンガンストレートに伝わってきますが、
 反面詰めが甘いというか、ミスが多く、音が非常に粗いため、「管楽器独特の生臭さ」も
 伝わってくるような演奏でした。
 トランペットが終始大活躍する曲ですが、第三曲のラストで息切れを起こしたのは
 少し残念な所です。
 全体的に音楽は生き生きとして、特に第三楽章なんかは、木管の跳ね上がるような感じが
 とても楽しいです。
 もう少し肩の力を抜いてフワッと演奏していれば、もっと良かったかもしれませんよね。
 後年指揮者の先生は、生徒に対するセクハラで逮捕され、吹奏楽界を永久追放みたいな感じに
 なったようです。この頃からそうした兆候があったとの事ですが、それが事実なら
 何か悲しい気はします・・・・

〇福岡工大付属

 前年の「春の猟犬」が正攻法の演奏とすると、この年は「王道を行く」ような
 圧巻の演奏だったと思います。
 課題曲B「白鳳狂詩曲」は全部門を通じて中々満足出来る演奏に巡り合えなかったのですが、
 このチームの演奏は、自分が知る限りでは最高の演奏だと思います。
 ピッコロとクラリネットの掛け合いから徐々に気持ちが高潮していくあたりとか、ドラの響かせ方、
 金管楽器の高揚感、どれをとっても申し分ない所です。
 どちらかというと前半は高ぶる感情を抑制しようとしているのが伝わってきますが、後半に一気に
 気持ちを高揚させていった指揮者の解釈に同感するところ大です。
 自由曲は、一転して「神秘」の世界に入り込んでしまったような錯覚に陥るほど
 不思議な感覚をうまく表現しています。
 同時にワイルドな部分も金管楽器を中心に豪快に響かせていますから、静と動、強弱の
 コントラストが非常に鮮やかに表現されていて、実に気持ちが良い感じがします。
 不協和音の音のぶつかりも、全然濁りや居心地の悪さも皆無で、かえって斬新な響きのようにも
 感じられます。
 
 このチームの演奏は、東邦から秋田南まで8曲の自由曲が収録されたレコードに入っていますが、
 東邦・花輪・関東一・仁賀保の陰鬱で暗い世界を経て、兵庫の開放感⇒東海一の躍動感
 ⇒福岡工大付属の神秘の世界⇒秋田南のファンタジーへと続いていきますので、全体的に
 暗から明へというストーリーがあるみたいで、聴いていてとてもヴァラエティーに富んでいますので
 とても楽しい一枚だと思いました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/396-16742618
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |