FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


11月も後半に入ってくると本当にめっきり冷え込んでくるようになりました。
この寒波到来はいよいよ本格的な冬到来を確信させるものでありますし、これから3月下旬までは
「寒い、寒い・・」という日々が続いていくのですね・・・
こうした冬というと外出時の寒さもそうなのですけど、最近よくニュースで取り上げられるように「家の中のヒートショック」と
言って、リビング等暖かい個所と脱衣所のように寒い所の温度差が高齢者にとっては心筋梗塞・脳溢血等の
リスクを高める危険性があるとの事ですので、室内の暖房差にもくれぐれもお気を付け頂きたいと思います。

そうした冬の寒い時期で面倒だと感じる事の一つが、お米をとぐ作業もその一つなのかもしれないですね。

私自身も学生時代とかそして今現在も自炊をする事もあったりしますけど、冬場に冷たい水でお米をとぐ時って
面倒だしあの水の冷たさがなんとも冬の寒さを実感させてくれているとも思いますね。
学生時代にはそうした給湯設備はないアパートばかりでしたし、今現在の家には勿論そうした給湯機は
設置されていますけど、お風呂以外でお湯を使用する事が「なんかもったいないよなぁ・・」と感じてしまい、
手を洗う時とか歯磨きとかこうしたお米をとぐ際にもお湯ではなくて冷たい水を使ってしまいますね。
(節約意識の欠片も無いうちの奥様は夏場でも冬場でも関係なくお湯をドバドバ使っていますけどね・・汗・・!)

夏場もそうかもしれないですけど、特に冬場のあの「冷水でのお米をとぐ作業」は冷たいし面倒だし、
やはり嫌ですよね・・・

そうした想いに応えた商品が「無洗米」と言えるのかもしれないですし、この無洗米が世に出てきたのは
確か1990年代後半頃だったと思うのですけど、最初に見た時は
「こういうのを待っていたんだよっ!」という感覚だったと思います。

無洗米とは今更言うのも何ですけど、研ぎ洗いすることなく水を加えて炊くだけで食べられるように加工されたお米の事でして、
従来の精白では少し残ってしまう肌糠(ぬか)をあらかじめ取り去ってあるために、
この糠を洗い落とすための研ぎ洗い作業の必要がないという事で、そのまんま無洗米を炊飯ジャーにセットして
水さえ入れれば美味しいご飯の完成~というある意味画期的な商品と言えるのだと思います。

人によっては「無洗米を使用することにはちょっと抵抗がある」みたいなことを言われている方も結構多いような気もしますし、
「お米を自ら洗わないなんて手抜きじゃん」とか「無洗米は栄養価の面で劣る」みたいな事を言われている方も
多いような気もするのですけど、
やっぱり冬場のお米の砥ぎ洗いは手が冷たいし嫌ですよね・・(笑)
白米はご飯を炊く前に水で研ぎますけど、通常の精米ではまだ残っている肌糠という層を洗い流すために
そうした手間をかけているのですが、肌糠が残っていると臭いが残り炊き上がりがパサパサしてしまうそうです。
無洗米はあらかじめ肌糠を取り除いているため、ご飯を炊く前に米を研ぐ必要がないという事ですので、
手間もかからないしご飯もおいしく炊けるという事ですので、別に「手抜き」でも何でもないような気もします。

仕事から帰ってきて、パンだったら別に調理する必要もなくそのまんま食べられますし、麺類も5~10分程度茹でれば
おいしく食べられますけど、ご飯の場合は、水で砥ぎ洗いを行い水分を吸わせて炊き上がるまで待つと30~45分程度は
掛かるものですけど、水の砥ぎ洗いという作業を省力するだけでも確かにほんのわずかの時間なのかもしれないですけど、
炊き上がりまでの時間が短縮できることは、助かるよね・・と私的には感じてしまいます。

無洗米が世に出始めたばかりの頃は、確かに普通の白米よりも価格的には差があったようにも思えるのですけど、
最近は無洗米の技術も格段に進化したようでして、以前のような価格差はほとんどないと思いますし、
味的にも栄養価的にも普通の白米と無洗米は全く違いはないといっても過言はないと思います。
違いがあるとすると、無洗米は肌糠がない状態なので、白米より正味量が多くなるため、
白米に比べてやや多めの水量で炊く必要があり、カップあたり、大さじ1~2杯程度水を多めに入れる必要がある程度
なのかもしれないです。












さてさて、そうした無洗米なのですけど、「もっと手軽に気軽に味わってほしい・・」というのもあるのかもしけないですけど、
コンビニにおいても一合サイズの無洗米の販売をやっているコンビニもあり、
これは「普段こんなにお米を炊かないし、5~10キロのお米を買っても食べきれない・・」という皆様とか
「お米を洗うのが面倒くさい」という方にはぴったりなのかもしれないですね!

上記はアイリスオーヤマで商品化がさけファミリーマートで販売をされている一合タイプの無洗米なのですけど、
これってひとめぼれ・こしひかり・ゆめぴりか・森のくまさん・つや姫といった日本のお米を代表する銘柄が
ちゃんと含まれていて、しかも一合サイズというのが実に使いやすくて大変便利だと思います。

価格も一合タイプの一袋で130~150円程度ですので、価格的にもやさしいものがあると思います。

この五つの中で一番お安いのは「ひとめぼれ」なのですけど、確かにこの銘柄は既に日本のお米としては
定番中の定番ですのでその分コスト的に安く提供できるのかもしれないですね。

そしてこのお米も1年間保存が可能というのも大変助かりますし、非常食として使えそうな気もするのが
いいなぁ・・と思ったりもします。

とにかく日本のお米もコンビニも日々進化が続いてるという事なのかもしれないですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

カットされた野菜の詰め合わせと同じ感覚ですかね^^私は結構食べるので、無洗米5kg買ってきて、電子ジャーで炊いて食べますけど、こういった一口サイズも嬉しいのかもしれませんね。上の記事のごちうさステッカー。見ましたがかわいいですね。値段も安くてナイスです。コメにしても何にしても、色々なサービスが展開していて良いですね^^

食べきりサイズ

八咫烏(全力稼働中) 様


無洗米は大変便利なものですし、通常米とそれほど大きな価格差も今は無いですので、もっと普及して欲しいです。

最近の1合サイズの食べきりサイズの登場は独身者とか高齢者にとっては大変ありがたい商品と言えるのかも
しれないですね。

ごちうさのステッカー配布はとてもすてきですけど、コンビニも色々とあの手この手を駆使しして
消費者の囲い込みに必死なのかもしれないですね。

この時期になると毎回お米研ぐのつらいですね。水が冷たい上に私自身手荒れ持ちなもので米研ぎしなくていい無洗米なら嬉しいなぁとは思いつつも、事前にたくさん研がれたお米というのもどうなんだろうとも考えてしまってちょこっと買いづらかったりします…w
多めのを買おうとするとやっぱり通常のお米との価格差が表れてしまうみたいですけどこの一合タイプというのは便利そうでとても気になります。

無洗米

schwert 様


最近の無洗米はスーパーでも3キロとか5キロサイズのものも普通に売られていますし、価格も通常米と大して変わりが
ないですので、是非ぜひ短期的な消費でも長期的な保存でもどちらにも適している無洗米は
使って頂ければ幸いに思います!

確かにご指摘の通り、冬場の米とぎは手荒れの皆様にはかなりつらいものはありますよね・・

このファミリーマートで売られている1合サイズの無洗米はそれ程高くは無いですし、その日の夕ご飯を作る際には
大変便利ですし、間違いなく重宝されると思いますよ!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3957-bb848373
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |