FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「序奏とアレグロ」というとクラシック音楽に造詣が深い方ですと「あー、ラヴェルの作品ね・・」と思われる方も多いのかとは
思いますが、私のように吹奏楽コンクールが大好きという人間の観点では
「序奏とアレグロ」と言うとやはり誰が何と言っても、木下牧子が作曲した1982年全日本吹奏楽コンクールの課題曲Bです。
余談ですけど、私が「序奏とアレグロ」とPCで入力するとなぜか「女装とアレグロ」という表示になってしまいます・・汗・・!
この年の課題曲はコンクール史上稀にみる「課題曲不作の年」と酷評を受けた年なのですけど
唯一この課題曲B/序奏とアレグロは
後世にしっかりと受け継がれるべき作品の一つだと思いますし、素晴らしい曲だと思います。
当時東北大会で審査委員の一人を務められた音楽評論家の上野晃先生は、プロに対してもアマチュアに対しても
かなりの激辛評・激辛コメントを炸裂させる事でも有名な先生でもあるのですけど、そうした激辛先生の上野先生が
1982年のあの不評極まりないあの四曲の課題曲の中で唯一評価をされていた曲こそが木下牧子の「序奏とアレグロ」
なのですけど、上野先生が吹奏楽コンクールの課題曲を評価される事自体珍しい部類に入ると思いますので、
やはり音楽のプロも認めざるを得ない素晴らしい内容の課題曲だったのだと思います。
ついでに書くと、1982年の東北大会における全国大会への代表校は秋田南・仁賀保・仙台第一の三校でしたけど、
上野先生が花輪高校のウォルトン作曲/交響曲第一番終楽章をきちんと的確に評価されていたばかりでなくて、
「この日のプログラムの白眉」と絶賛されていたのは、私も大変嬉しいですし、
「やっぱ、分かる人にはあの演奏の真価はちゃんと伝わっているもんだね・・!」と感じたものでした。

長い歴史を誇る「全日本吹奏楽コンクール」ですけど、
その課題曲の中で一つの転換点になった作品が、1979年の課題曲B/プレリュードだったと思いますが、
プレリュードの「無調的・メロディーの非存在・無機質」といった要素を受け継ぎ更に進化させたのが
この木下牧子の「序奏とアレグロ」だったような気もします。

この課題曲の総譜を見た際はドン引きしたものです・・!
小節ごとに拍子が異なるし、変拍子ばっかりだし、♯や♭の臨時記号ばっかりだし、
クラリネットは、8分音符と16分音符の指使いが大変なものぱかりですし、
何より、「この曲のどこにメロディーがあるというねん・・!」と思わず関西弁で突っ込みを入れたくなる程の無調的要素!!
総譜とクラリネットのパート譜を見た瞬間に、
「うちの学校では演奏不可能・・」との結論に達し、
私の高校は課題曲は無難にC/アイヌの輪舞という事になってしまいましたけど、
この時の私自身の内心の心境は複雑なものがあったと思います。
当時は私自身吹奏楽部部長を務め、先輩たちが前年度と前々年度において「県大会金賞」という評価を頂き、
「これはもしかして・・? 東北大会出場の可能性があるのかも・・!?」と私自身もOBはじめ周囲の皆様も感じられていて、
部長としては「正直このプレッシャーはきついよなぁ・・」とも感じていましたし、
「うちの学校のレヴェルではまだまだこんな難解な序奏とアレグロは演奏できない・・」というやむを得ない事情で
序奏とアレグロを外したという経緯がありましたけど、あくまで私個人としては「序奏とアレグロ」のあの無機質的スピード感に
すっかり惚れ込んでしまっていて「奏者としてはこの課題曲に挑戦してみたいね・・」と感じてもいましたので、
「どうすれば地区予選と県大会を突破できるか」を考えた場合、奏者の負担軽減という事を
考慮した場合、序奏とアレグロを課題曲として選ぶことは無理がある事を踏まえて泣く泣く課題曲をアイヌの輪舞にせざるを
得なかったという事もありますので、当時の私の心境としては内心せつないものがあったのかもしれないです。

「序奏とアレグロ」の作曲者の木下牧子は、管弦楽・吹奏楽・歌曲など色々なジャンルで現在も活躍中で
イメージとしては、「合唱作品の大家」という感じがあります。
近年では、歌劇の分野でも大活躍中なのですね。
1982年当時、女性指揮者とか女性作曲家というのが現在に比べると少なかったような感じもあるのですが、
当時、BJに掲載された木下牧子さんの顔写真を見ては
「へー、こんな美人さんがこんな難解な曲を作っているんだ・・・!!」と吹奏楽部員の間でも結構話題になっていたものです。

この「序奏とアレグロ」という課題曲は、文字通り「序奏」と「アレグロ」の二つの部分から成り立っています。
序奏もいきなりミュートを付けたトランペットの長いソロから開始され、かなりやっかいなのですけど、
アレグロの部分もかなり厄介です!
この曲の魅力は何といっても「無調的スピード感」に尽きると思います。
何のメロディーもない無機質な曲想を快速に吹っ飛ばす面白さがそこにはあるのだと思います。
だから、この課題曲のアレグロ部分は変に解釈とか速度の調整なんかしないで
終始一貫して同じ速度で快速に同時に淡々と演奏するのがこの曲を解釈する上では一番大切だったような気がします。
序奏でトランペットのソロから開始させミステリアスさを演出し、アレグロに入るととにかく淡々と無表情に無機質に
淡々と曲が進展していくあの無機質的スピード感は、こうした無機質的課題曲にほとんど馴染みがなかった
当時の現役奏者と指揮者の皆様を相当悩ませたと思うのですけど、今現在聴いてもあの「無機質な透明感のあるアレグロ」は
素晴らしいと思いますし、私としては名作課題曲の一つと思っています。

県大会・支部大会・全国大会で様々な団体がこの課題曲Bに挑んで失敗したケースを聴いたものですけど、
失敗の要因は、冒頭のトランペットのソロミスとか序奏とアレグロの対称性の演出の失敗とかアレグロに入っての
サウンドのもたつき振りとかサウンドの濁りなど色々とあったと思いますけど、一番大きいものは、やはり何と言っても
指揮者がこの難解な課題曲をどう解釈すればいいのか結局わからないまま練習を繰り返し、本番になっても
そうした「何がわからないのかもわからない・・」みたいな聴いていても何にも伝わってこないという面倒な部分だったのかなとも
今更ながら思ったりもします。
アレグロに入って打楽器のトムトムが結構活躍するのですけど、トムトムの打点の響きと管楽器の響きがしっくり響かず、
全体的にとろ~んとした演奏がかなり散見されていたような感じもあります。
この「序奏とアレグロ」を全国大会で見事に演奏した例としては、
秋田/仁賀保 愛知/名古屋電気 神奈川大学 長野/柳町中 長野/屋代高校
兵庫/尼崎西 乗泉寺吹奏楽団などのチームが
アレグロの無調的快速感を見事に表現していたと思います。
この課題曲は、音色に透明感が無いチームとか打楽器(特にトムトム)に切れがないと
全く音楽に躍動感が出てこないだけに本当に厄介な課題曲だったと思います。

やはりこの課題曲の名演は、仁賀保高校のあの透明感溢れるサウンドの爽快さとスピード感に尽きるのかもしれないですね!

冒頭から既に他チームとは全然「別次元」の演奏だったと思います。
この不協和音のてんこ盛りで変拍子が全体を支配する難しい課題曲を聴いていて「難しい!」と全く感じさせない
自然なドライヴだったと思いますし、あの「透明なサウンド」が「素晴らしい」以外の言葉が出てきませんね!!この「透明感」は、
いくら褒めても褒め足りないほどの見事なものがありました。
アレグロに入ってからも、一点の濁りも迷いもなく突き進んでいたと思います。
そして何よりもその「スピード感」は全部門を通して最高の演奏だったと思います。

但し、個人的には仁賀保高校の演奏は課題曲も自由曲も普門館での全国大会の演奏よりは東北大会の方が
圧倒的によかったと思います。
全国大会は、出演順が早かったせいもあると思いますし初出場の緊張感もあったと思いますが
課題曲B/序奏とアレグロの冒頭のトランペットがまさかのミスがあったり、
自由曲でもクラリネットが曲のあちこちでリードミスをし、音楽的緊張感を損ねています。

音楽は生き物であり、コンクールというライヴ演奏に「予想外の事態」は付き物ですのでそれは仕方ないと思います。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

上野晃先生

上野晃先生、当時のバンド・ジャーナル支部大会特集号の東北大会講評で木下牧子さんの課題曲B「序奏とアレグロ」には力作とのコメントしていたのは覚えています。
対して吉田公彦さんの課題曲A「吹奏楽のためのカプリチオ」へは「なぜこのようなサウンドが薄く平坦な曲が課題曲に採用されたのか理解に苦しむ」みたいな酷評をしてしまい、確かに当時はあの曲をあまり好きではなかったんですが(ホルンを中心に難しい曲でもあったらしいです)「上野先生、さすがにそれは言い過ぎでしょう。いくらなんでも吉田さんに失礼でしょう。。。」と中学生ながらに思いましたね・・・。「サンライズ・マーチ」のトリオの部分は仙台の高校生さんお二人が原曲を作られたのは一応知ってましたが、「並の普及品」なんて書かれてたから、ショックだったかもしれないですよね…。(しかもその高校・作曲した生徒さんたちの演奏の審査をしてるんですよね…)
山王中学校にもかなり辛口な講評だった記憶があり、特に課題曲にかなりきつい講評をしていたようで、講評の最後には「この学校に注文したいのは表現力である」的な感じで書かれていて、当時は「羽川誠先生」が顧問の時代でしたが、もしかしたらバンド・ジャーナル読んで羽川先生は「この上野というヤロー、俺にケンカでも売ってるのか?」と思ったかもしれませんね……。
一方で、「座布団3枚!」とか「皆さんの演奏に松阪牛差し上げます(笑)」みたいなふざけた講評書いたり、講評の9割が自分の専門楽器のことばかりだったりすると、「審査員の資質」も考えてしまいますねぇ。。。

上野晃先生は、プロにもアマにも、そして自分自身にも厳しい先生でした・・

一秋田県民 様


確かに・・・BJの1982年12月号も激辛でしたけど、上野先生はどの時代の講評記事でも激辛コメント炸裂しまくりですので、
そうした先生なのかもしれないですね。
私自身のあくまで感想ですけど、82年のカプリチオに関しては上野先生と全く同意見でして、
私自身もどうしてあんなに内容も無い駄作が公募で選ばれたのか今でも全く理解できないですね・・

上野先生は、私自身がその後クラシック音楽の世界にはまりだした際、私が聴いたプロのオケの演奏会の講評を
音楽の友等でされていましたけど、BJと同じようにかなりの激辛です。
現在著名な音楽評論家のとある先生も若かりし日に上野先生が書かれた「ストコフスキーに関する記事」に激高されて
上野先生のご自宅にまで押しかけて、上野先生から
「それはあなたの感じ方、音楽というものは多様なんだから、私の考え方も一理あるしあなたの考え方も一理ある。
絶対的な正解など存在しない」とたしなめられたというエピソードがあるそうです。

上野先生の本や雑誌を読むと、音楽に対する並々ならぬ愛情が伝わってきますし、
本当に音楽が大好きな人であったことがよく分かりますし、
相手がアマでもブロでも決して妥協しない先生だったと言えるのかもしれないですね。

仙台第一の「サンライズ・マーチ」は、あれはあくまでトリオの一部分のメロディーを作ったに過ぎませんし、
そんなにはショックとも感じていないと思いますよ・・
仙台第一としてはそうした事よりも「全国大会初出場」を果たせたことの方が嬉しかったと思います。
前年度の81年は「天使ミカエルの嘆き」で県大会ダメ金止まりだった事を考えると、喜びもひとしおだったと思います。

余談ですけど、仙台第一のOBで最近まで仙台第一を指導されていた宮城県内では有望で有能な先生が、
実は現在私の母校を指導されていて、今年はなんと・・!
創部以来2回目の東北大会出場を果たし、初出場は銅でしたけど、2017年度は「ディオニソスの祭り」で銀賞を受賞し
OBとしては感涙しております!
もっとも、現在の母校は学校統廃合で男女共学となり、今現在のメンバーはほとんど女の子ばかりですので、
当時男子校だった私の視点から見ると
「嬉しいけど、男子校としても念願の東北大会は出場して欲しかったなぁ・・」と贅沢なぼやきを
しております・・(汗・・)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3956-23aaeabd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |