FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


私自身、今まで交通事故に巻き込まれた事はあっても自分が加害者となって交通事故を引き起こしたことは
幸いにしてありませんので、その点は今後もハンドルを握る限りは無事故無違反を心がけていきたいと思います。
8月の記事でも書いた通り、今年の私は累積点数により免停処分を食らってしまい、違反者講習を丸一日受講する羽目に
なってしまいましたので(汗・・)
とにかく常日頃から注意と目配りには留意していきたいと思います。

先日なのですけどかなり久しぶりに目の前で「交通事故」を目撃してしまいました。

以前目撃した交通事故というのは、停車している自動車に後続車両が突っ込み玉突き事故みたいな感じで4台前後の車両が
損傷を受けていましたけど、あの時の私は、反対車線に位置していて、やはり私自身も信号で停車をしている状態でしたので、
その衝突の瞬間と玉突きの瞬間をまさに目の前で目撃していたという感じでした。
その事故現場が山梨の国道20号線沿いという事もありましたけど、まーとにかく気性が荒い県民性で
俗に「山梨ルール」みたいな結構強引なローカルルールが存在するところという事で、
その事故発生直後に玉突き事故を起こした方と起こされた側の数名のドライバーさんが路上でかなりの罵り合いの
大喧嘩を始められていたのは「いかにも荒っぽい山梨らしい話だなぁ・・」と当時感じていたものでした。

先日の事故なのですけど、信号機がある交差点にて、私が赤信号で停車をしていた所、当然青信号側の道路は
普通に車両が通行していたのですけど、赤信号で停車していた私の車の脇をするする~っとご年配の奥様らしき方が
乗った自転車が通り過ぎていき、赤信号なのになぜか信号無視してその交差点を通過しようと思った瞬間に
青信号側の車両のもろに正面側に接触し、ガッシャーン!という凄まじい音を立てたと同時に
そのご年配の奥様の自転車がバタンと倒れ、その方はそのまんま道路に倒れ込んだまんま、動かなくなっていました。

しばらくたってからパトカーと救急車が現場に駆けつけ、私自身も、ま・・ある意味迷惑な話でもあるのですけど
目撃者という事でその場で事情聴取される羽目になってしまいました・・
というか、あれは、ほぼ100%赤信号無視という自転車での危険運転をされていたあの婆さんが悪いのとは
思いますけど、こういう場合の事故処理って、運転手の方にも「注意義務違反」があるという事で、
必ずしも0対100り過失割合にならが、10対90程度の過失割合になってしまうのは気の毒としかいいようがないと思います。

道路に倒れていたそのお婆さんは救急車で搬送されましたけど、その後の新聞を見ても当日の交通事故死亡者は0でしたので
命に別状はなかったと思いますので、その意味では幸いだったと思います。

私自身も仕事やプライヴェートで車を使用する事は多いですけど運転はたまに怖い時があります。
以前ですと、小さいお子さんとか中学生・高校生のしゃべりながらの並列運転が怖い感じはしたものですが、
最近は高齢者の方が怖いように感じます。
70歳以上の高齢者の方が自転車に乗って片手で傘を持ち、後ろと前かごに買い物で購入した荷物を一杯くくりつけた状態で
フラフラ運転されている時は、運転しているこちらが妙に緊張する場面もあったりします。
そうした高齢者の方は、周りの状況があまり見えていないせいなのか、
後ろに車が何台もつかえている状況でも、道路のど真ん中をフラフラと蛇行される方が非常に多く、
クラクションを鳴らしても気づかれないし
追い越そうとすると、かえって何か危ない・・・
仕方なく高齢者の自転車の背後でゆっくりと走らざるを得ない状況になることも結構あったりもします。

こうした事故現場を偶然目撃してしまうと「やっぱり事故は怖いね・・」と実感しますし、
これからの日本の更に一層進展する高齢化社会の中では、こうした高齢者の自転車のフラフラ運転とか
ルール無視の走行には十分気を付ける必要がありそうですね・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

歩道を歩いていると後ろから自転車にのったおじさんにぶつかりそうになったことあります
ベルを鳴らしてくれたらよかったのにと思いますが
咄嗟には出来ない(この年齢になると)と聞かされこっちが気をつけなきゃいけないのかとげんなりしますがしょうがないですね
お年寄りは骨が弱いですからぶつけた方が怪我をしてしまうという状態になる可能性がありますし( ̄▽ ̄;)

このところ、高齢者の事故って多いですよね。
それも加害者、被害者ともに…
視野も狭くなるし、反射神経も鈍くなるし
それは仕方ないと想うのですが
信号無視は…ねぇ。
自分の身は自分で守らないと…

厳しいギョウカイのようです

嫁用のVistaノートが、遅くなり使い物にならないとの事。
新しいノートが欲しいと仰います。
現在のメインたる、デスクトップとノートを誂えた店が何と閉店。
昨今、スマホ全盛で、パソコンの売れ行きが芳しくないらしいですね。
一応拘りがあるので、パソコンはパソコン屋で買う事にしているのですが・・・・・。
山梨は、ご承知のように田舎ゆえ、細かい事ができるパソコン屋が他に有りません。
困りました。
通販で何とかする以外なさそうです。
プリンターも仰るようにインクが高くて困りますね。
あまり使わないので、印字チェックだけは欠かさないようにしています。

高齢者は予測不能・・?

みけねころんそう 様


ご指摘の通り、私自身が歩行者でも車を運転していても自転車に乗っている時でも
フラフラと道路のど真ん中を平然と走っている高齢者が一番こわいです・・(汗・・)

あの皆様たちの交通ルールなんてしったこっちゃないというマイルールには恐ろしいものがあるのですけど、
人間年を重ねて判断力が鈍るとあのようになるものなのですね・・

うーーむ、これは「人のふり見て我が振りなおせ」ではないけど、まさに「自戒、自戒!」という領域ですね・・

高齢者の運転はこわい・・

napo 様


以前ですと自分が運転する際に一番こわいと感じたのは小さいお子さんの自転車だったと思うのですけど、
最近は高齢者のフラフラ自転車運転が恐ろしいです・・
判断力が鈍るとあそこまで大胆になるものなのかっ!と感じるのですけど、
それは将来のわが身を考えると人の事は言えないのかもしれないですね・・(汗・・)

とにかく高齢者は要注意です! ああやって平然と赤信号でも突っこんでいく姿を目撃してしまうと
尚更ですけど「車はこわいねぇ・・」と感じてしまいますね・・

最近は・・・

MK 様


最近ニュースで話題になっていましたけど、あの安売りのドンキホーテがPB商品として
ノートパソコンを19800円で12月より発売開始すると発表していましたが、
1999年辺りに一台23万程度もしたPCがここまで安くなるとは時代の進化もすごいものがあるなぁと思いました。

プリンター本体は安いけど、インク代がバカにならないものでして、ああした巨大なタンク方式というのも
一つの方法なのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3955-5ba8ffdd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |