FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日、11/12(日)のさいたま市内は、「第3回さいたま国際マラソン」の大会当日で、
朝から沿道にはたくさんの観客が応援に駆け付け、ランナー達が大勢走っていました。
早朝から「お疲れ様・・」とお声を掛けてあげたい気持ちで一杯です。
私は日曜日というと例によって出勤なのですけど、うちの会社の目の前の道路も、このマラソン大会の沿道コースと
なっておりまして、夜のテレビ埼玉のローカルニュースを何気なく見ていたら、
当たり前の話ですけど瞬間的にうちの会社とか
歩道に立ててあるのぼりなんかもちらっとテレビに映っていました! (笑・・)

こうした大々的なイベントは「何も無い無い」のさいたま市においてはすてきな定例イベント行事だと思いますし、
今後も是非定着・発展して頂きたいものですけど、一つ困った事は、
さいたま市の「大動脈」とも言える産業道路・旧中山道・国道463号・国道17号が
部分的または全面的に通行止めとか一時封鎖になってしまい完璧に交通が麻痺してしまう事です。
またその通行止め道路周辺道路においても、警備員たちが何人も警備を重ねていて迂回を指示してきますので、
とにかく当日はさいたま市内の道路は大混乱という感じだったと思います。

私のように「日曜出勤」の人間にとってはある意味死活問題だったと思います。






003_convert_20171112181404.jpg






普段ならば、例えばさいたま新都心界隈からさいたま市緑区東浦和方面に行くのには車で15分程度で到着しますけど、
国道463号線や旧中山道が通行止め状態になってしまうと、目的地にたどり着く事自体が困難にもなってしまいます。
幸いにして今回は第二産業道路が通行止めになっていませんでしたし、こういう時、地元の人間の「土地勘」というものは
活きてきますね!
緑区芝原近辺には国道463号が部分的に陸橋になっている箇所がありその下はトンネルになっている関係で
この部分は国道463号を避ける事を知っていた私はどうにかこうにか交通規制をかいくぐり、
当日の行動予定をなんとか消化する事は出来ました・・
昼過ぎ以降はほとんどの通行止めは解除されていたものの、当日は迂回の連続で
「なんか疲れたぁ~」という感じでもありました。

こうしたマラソン大会は毎年この時期の定番なのですけど、こうしたさいたま市内のど真ん中をコースに設定するのではなくて、
出来れば見沼とか岩槻みたいな交通量が少ないちょっと田舎のエリアをコースにすれば多少は交通麻痺を防止できるのになぁ
と思ってしまいますね。
それと、最近はさいたま市周辺においては、自転車レースのツール・ド・フランスさいたまクリテリウムが開催されていて
やはり旧中山道周辺に交通規制が敷かれていましたし、
今回のマラソン大会に二週間前にも駅伝大会が開催され、同様の規模の交通規制が敷かれていましたし、
先日のトランプ大統領来日時に埼玉の川越で首脳ゴルフをやっていた時には国道16号でも規制が敷かれていましたし、
なんだか最近のさいたま市周辺は「交通規制」ばっかりでしたね・・(汗)

こんなローカルな記事書いても、さいたま市周辺に住んでいる方以外は「何の事やらちんぷんかんぷん」という
感じかもしれないですね。
ローカルな話題、大変失礼しました・・・(汗・・・)

私自身は子供の時から不思議と水泳でも陸上でも、短距離走はそんなに速くは無かったのですけど、
長距離レースは得意でして、長距離走は昔から結構好きな方でもありました。
高校時代、毎年秋になると10キロの校内マラソン大会が開催され、
運動部の人は、大抵「150位以内に入らないと練習禁止」とか「追放」というノルマもあったようで
ほぼ全員本気モードでした。
文化部は逆に全員テキトーでしたが、私が所属した吹奏楽部は数少ないノルマ設定部
でしたので、本気モードにならざるを得ない感じでした。
私の母校は、山の上にある学校でしたので、10キロともなるとアップダウンの激しい
かなりきついコースを走るのですが、特にラスト1キロで現れる
名物「心臓破りの阪」というものがあり、毎年毎年これに苦しめられていました!
あれはまさに「悪夢」以外の何者でも無かったですね!

当時は若かったし体力はありましたので、
10キロを一年の時は50分だったものの、三年生の時には45分を切る事が出来、
順位も校内で50位以内に入る事が出来たのは、自分でも「出来すぎ」だったと思っています。
というか文化部員で50位以内に入れたのは周囲の運動部員からも「文化部なのにすごい・・」と称賛されていましたっ!

その約10年後に、山梨県内のとある金融機関に在籍をしていた頃、当時山梨県昭和町にて
「ふれあいマラソン大会」が開催され、そこの10キロ部門に私自身がほぼ強制的に
出場する羽目となり、久しぶりに10キロを走った事があります。
だけど当時はもう既に高校時代の面影は全く無かったですね・・・(汗・・)
走っても走っても全然足がついていかないし、息切れするし、とにかく散々なものでした!
完走できただけで御の字という感じでした・・・(苦笑・・)
記録は確か55分前後だったと思います。

だけど、あれから更に歳月は過ぎていき、現在の私自身に「10キロ走れ!」と言われても
多分完走すら出来ないと思います! (汗・・)






004_convert_20171112181424.jpg





こうしたマラソン大会の参加者の皆様の最大の楽しみはゴールに到着した際のあの達成感なのだと思いますが、
走っている最中の楽しみの一つと言うと給水所の水分補給とか給食所での食べ物の差し入れなのかも
しれないですね!

今回のさいたま国際マラソン大会の迂回マップを見てみると、バナナ・塩飴・パン・ミニトマト・クッキー・芋ようかん・煎餅・
あんこ玉、そしてなぜか漬物・・!等結構バラエティーに富んだものが準備されていたようでした。
ランナーの皆様も給食所にてそうしたものを口にすると「よーし、なんとかゴールまで頑張ってみよう!」と思うのかも
しれないですね。

そうした中、よく見てみると「あ・・このメニューはやっぱりさいたまらしいなぁ・・」と感じたのは、
この給食メニューの中に、当ブログの「浦和の調ちゃん」カテゴリでお馴染みのあの「うまい、うますぎる」の十万石まんじゅうと
彩果の宝石も加わっていた事でした!(笑)






十万石




こちらは現物の十万石まんじゅうです! お味は、まさに・・うまい、うますぎるです!!
(日持ちはしませんけど・・)

当日のマラソンのランナーの皆様も走りながら「うまい、うますぎる」と感じていたのかも・・? (笑)






892d57bc_convert_20150424144903.jpg


こちらは埼玉県ローカルショートアニメ「浦和の調ちゃん」の主人公・高砂調(たかさご うさぎ)による第三話での
十万石まんじゅうへのオマージュです! (笑)

この第三話にて、調が例のあの「うまい、うますぎる」のフレーズを言う前には、その元ネタのCMの尺八のほわ~んという
音まで入っていましたので、元ネタのCMを知っている埼玉県民が見ると「くすっ・・」となってしまいそうですし、
元ネタを知らない人が見ても「あんまりおもしろくない・・」と感じるのかもしれないです。

十万石まんじゅうは埼玉を代表する銘菓の一つですけど、そうした銘菓のあのフレーズを
埼玉県ローカルショートアニメのこの「浦和の調ちゃん」がものの見事にパクりパロディー化していたのは、
実に埼玉らしい話でもあると思いますし、
十万石まんじゅうも浦和の調ちゃんも埼玉県民にとっては一つのシンボルと言えるのかもしれないですね!





縺輔>縺祇convert_20170817024944





こちらは彩り鮮やかな「彩果の宝石」です!

ゼリーよりもしっかりした歯ごたえがあり、グミよりは柔らかい絶妙な食感だと思います。
ゼリー菓子なので基本的には甘いのですが、それが思ったよりくどくなく、
甘さより果物のジューシーな爽やかさが上回っていると思います。

とにかく上品で素敵な銘菓だと思います!

味の種類として、りんご、ぶどう、マスカット、パイン、レモン、あんず、ラズベリー、いちご、オレンジ、もも、
ビクトリア苺、グレープフルーツ、青うめ、赤うめ、プルーン、そして・・・「メロン」ももちろん
含まれています!

十万石まんじゅうもとっても美味しいけど、この彩果の宝石も負けず劣らず美味しいですし、何よりもこの美しい見た目が
実に秀逸だと思います!!

さいたまは「浦和レッズ以外は何も無い無い」が一つの売りなのですけど(汗・・)
こうした数少ないさいたまの名物・銘菓をさいたま国際マラソン大会でも給食メニューとして提供されていた事は
主催者の埼玉愛というのか粋なものを感じたりもしますね!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

日曜日は大変だったんですね。仕方ないこととはいえ、そのイベントに参加しない側からしてみると、ちょっと迷惑だ、って感じになってしまうのも仕方ないことかと思います。私自身はマラソンなどはあまりやったことがないのですが、随分と色々なものを口にする機会があるのですね^^秋の空気のなかをおいしいものを食べながら、自分のペースで気持ちよく走ってみる。悪くないな~って思っちゃいました^^

マラソン

八咫烏(全力稼働中) 様


たまにはこうしたマラソンをやってみるのも単に応援するのも楽しいものがあるのかもしれないですね。

出来ればもう少し朝早く開始させて、足切りルールを徹底して来ればこんなにも足止めとか過剰な規制も
回避できると思うのですけど、年に一度だから仕方がないのかもしれないですね。

走者だったら、休憩を兼ねたこうしたおやつみたいな食べ物補給も「走る楽しみ」の一つになりそうですね! (笑)

ぬくぬく先生さんさんは長距離が得意だったんですね~すごいです。
私も学生の頃田舎道を走らされましたが、だいたい歩いていました(笑)
しかし、走るのはいいことですが、交通への影響は少し嫌ですね。
いろんな人が参加するイベごとだから、仕方ないことかもしれませんが…。

今は当時の面影まるでなし・・・!? (汗・・)

すいか 様


吹奏楽部って昔も今もよく「走る文化部」と揶揄されるくらい日常的な体力作りのトレーニングはさせられていましたので、
必然的に長距離が得意になったのかもしれないですね。
それと中学の頃は片道5キロ 高校の頃は片道18キロ近い道を自転車にて通学し、結果的にどちらも皆勤賞を
頂きましたけど、あの自転車通学でかなり足腰は鍛えられたと思います・・(笑)

だけどそれは昔の話でして(汗・・)
今現在は一キロ走れ!と言われても多分無理だと思います・・
既に当時の面影の片鱗も無いですね・・(汗・・)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |