FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日の当ブログの記事において、ローソン×ごちうさ×不二家のカントリーマァムのとってもすてきなコラボ企画の記事を
掲載させて頂きましたけど、不二家で私が子供の頃からとっても親しみがあり馴染み深い会社だったと思います。
今現在は、コンビニでもスーパーでも普通に何気なくショートケーキ・カップケーキ・シュークリーム・プリン・エクレア等の
洋菓子が販売されていますし、こうしたケーキ等は買おうと思っていてもすぐに買えちゃうものなのですけど、
私が小さい頃のケーキってどちらかと言うと、お誕生日・クリスマス・七五三・来客時等なにか特別なイベントがない限りは
家庭内でそんなやたらめったら食べられるものでは無かったと思いますし、
年に数回程度の家族全員でのレストラン等での外食時にたま~に食べる事ができるどちらかというと「高嶺の花」という
雰囲気もあったかのように感じられます。
ま・・、こんな事書いてしまうと「やっぱり昭和育ちはなんか古いよねぇ~」と今現在の若い世代の皆様とか平成育ちの皆様からは
失笑を食らいそうですね・・(汗・・)

とにかく1970年代あたりまではケーキとかシュークリーム自体どちらかというと「ささやかな庶民の贅沢品」という感じ
だったのかもしれないですね・・
でもなぁ・・最近のコンビニとかシャトレーゼなどは100円でもあんなにめちゃくちゃ美味しいシュークリームとかエクレア等を
販売していますので、やはり「昭和の頃とは時代が変ったよなぁ・・いい意味で・・」と感じていますね!

そうした中、子供の頃の私にとって「不二家」というと眩しい存在だったと思います。

あのペコちゃんのドールもそうでしたし、不二家のケーキやシュークリームをたま~に食べる度に
「不二家のケーキってとつても美味しいよねぇ・・!」と感じていたものですし、ケーキ以外でも
ミルキーとかチョコレートのルック等は例えば遠足で持っていくお菓子の定番の一つだったと思いますし、
その後登場してきたカントリーマァムとかホームパイなどの洋菓子お菓子も私の昔も今も大のお気に入りだったりもします。

ちなみにですけど「不二家」の社名の由来ですけど、
創業者である藤井家の「藤」と日本のシンボルである「富士山」、そして「二つと無い存在に」(不二)との意味から付けられた
社名との事です。
へー、実はこれは最近まで知りませんでした。
てっきり創業一族の名前に由来するものだと思っていました。
社名にも創業当時のメンバーの皆様の「想い」が詰まっているような感じもありますよね・・
「サンガリア」の社名と言うのは「国破れて山河あり・・」が由来と言うのもなんか面白いものがあると思います。
これは、敗戦によって国土が一時的に荒廃してもきっと日本は復活し、甘いジュース等が普通に飲まれる時代がやってくる
みたいな事を意図されていたのかもしれないですね。
不二家のシンボルマークである「ファミリーマーク」のFには、不二家のイニシャルのほか、
ファミリア(親しみやすい)、フラワー(花)、ファンタジー(夢)、フレッシュ(新鮮)、ファンシー(高級な・かわいらしい)の
5つの意味が含まれているそうですけど、これもいかにも不二家らしい話なのだと思います。

だけど不二家も決して順風万帆の歩みではなくて、皆様ご存知の通り、2006年のあの「期限切れ原材料使用問題」によって
不二家はかなりの経営危機に見舞われ、結果としてフランチャイズ店の地元の不二家の看板を背負ってきた洋菓子店が
かなりの店舗数が閉鎖・廃業を余儀なくされていましたし、
例えばですけど、私が住んでいる川口周辺でも西川口駅前と蕨駅前にあった不二家の店舗は既に廃業済みで
今現在は別のお店になっているようです。
浦和レッズが以前ホームグラウンドで使用していた駒場スタジアムのすぐ近くにあった不二家もいつの間にか
埼玉県内ではかなり有名なラーメンチェーン店の青木亭に姿を変えていましたっけね・・・(泣・・)
昭和の頃の日本ですと、こうした不祥事が一つぐらい発生したとしても
マスコミ等があんなにもまるで鬼の首を取ったかのような極端なパッシングを受けることも無く、あの頃の日本というのは、
どことなく「まっいっか・・」みたいなおおらかさとか寛容さが残っていて
日本人特有の「人の噂も75日」ではないけど、不祥事一つでそんなに目くじら立てなくてもいいじゃん・・みたいな感じでしたけど、
1990年代の雪印ブランドの不祥事から潮目が変わってきたというのか、当時は既にネットの「口コミ社会」に既に
入りつつありましたので、企業のたった一つの不始末が企業全体の信用を失墜させ結果的にその企業全体の存続すらも
許容されなくなるという時代に入っていましたし、不二家もそうした「時代の流れの変化」を企業として今一つ
認識していなかった事は大変惜しまれるものがあったと思います。

そして結果的に不二家は、山崎製パンの支援を受け山崎製パンの子会社に入る事で、企業としての存続が許されましたけど、
店舗数の減少と企業イメージの失墜という「失ったものの」の代償はあまりにも痛かったですね・・・

不二家がそうした不祥事で営業自粛をして以降は、店頭からケーキ・シュークリームが消えた際も
ルックやとかカントリーマアム等の焼き菓子は、細々と生産・販売されていました。
あの時の不二家は結構マスコミから気の毒なくらいバッシングを受け続けていましたけど、
子供の時から「不二家のケーキ」とか「ペコちゃん」が大好きな私としては、大変苦々しく感じていましたし、
「早く平常な状態に戻って欲しいなぁ・・」と感じていたものでした。
あの当時は、スーパー等からも「ケーキ部門」ではないのにカントリーマアムとかルック等が撤去されていて
大変遺憾に感じていたものですけど、実は全小売店からカントリーマアムが消えた訳では無くて、
一部の小売店では細々とではありましたけど、カントリーマアムも引き続き販売されていて、
私も「応援・・」とか「早く改善点を見出して心機一転頑張って欲しい!」という意味で、カントリーマアムだけは
購入をし続けていました!

だけどあの不祥事から既に10年以上の歳月が経過し、皆様の脳裏からも大分あの負のイメージは忘れつつあるという
感じになっているのかな・・?
最近では、レストラン部門もケーキ部門でも以前のようなお客様の賑わいも戻っていますので、不二家大好きの私としては
とても嬉しい限りですし、
不二家が「ご注文はうさぎですか?」とのコラボキャンペーンにて、ごちうさのとってもかわいいあのココアと
カントリーマァムのココア味をコラボさせてくれた商品を企画してくれた事はとっても嬉しいものがあります!!












そうした不二家ですけど今年はなんと! 創業107周年なそうです!

確かに上記のようなあの不祥事が残した傷やその痕跡は永遠に消えることは無いとは思いますけど、
こんなにも多くの皆様から愛されている会社ですし、シンボルマークの「ペコちゃんドール」の根強いファンも多いと思いますし、
なによりも不二家のケーキ・シュークリーム・ペコちゃんのほっぺ・ルック・カントリーマァム・ホームパイ等は
とても美味しいですし、昔も今も多くの皆様に愛されているすてきな商品なのですので、これからも紆余屈曲はあるかとは
思いますけどとにかく今後も頑張って頂きたいですし、
不二家さんの更なる飛躍と発展、および永遠なる企業としての存続を心よりご祈念申し上げたいと思います。

ちなみにですけけど、不二家は今現在創業107周年記念企画として
1,500円(税込)以上お買い上げのお客様に、先着で「ペコちゃんスケジュール手帳&ボールペン」を1セットプレゼントという
キャンペーンを実施しています!
また同時に、1,500円(税込)以上お買い上げのお客様の中から、抽選で500名様に「園児服を着たペコちゃん人形」をプレゼント
というとってもすてきな企画を実施しています。
またエリアによっては、上記ちらしのクーポン券持参の人に「ペコちゃんのほっぺ」を一つプレゼントという
キャンペーンを展開している所もあるようです。

不二家を今後とも応援したいと思っている皆様は是非ぜひ不二家にGO! という感じですね・・・(笑)












こちらは我が家に今現在も現役の目覚まし時計として使われ続けている不二家のミルキーのペコちゃん仕様の
目覚まし時計です。
ちなみに私自身は、朝目覚める際には、このペコちゃん目覚まし時計と携帯アラームの時間差攻撃によって
起きるようにしております・・(笑)






CIMG0873_convert_20171107200912.jpg


CIMG0872_convert_20171107200840.jpg






それにしても不二家の「カントリーマアム」は定番ロングセラー商品ですよね!

ミルキーは「ママの味」とも言われていましたけど、「カントリーマアムもお母さんの味」なのだとも思います。
ミルキーはどちらかというと人工的な味みたいな感じもなくはないのですけど、
「カントリーマアム」は、どことなくあの「手作り感」みたいな味があるのが素敵だと思います!

カントリーマアムってあのしっとりとしたやわらかさと甘さが本当に素晴らしいですよね!

裏面のパッケージは2種のうち一つがココアの単独デザインですけど、やはりココアはとってもかわいいですよね!

カントリーマアムの味というと定番はやはりバニラ・いちご・チョコ味だと思うのですけど、
今回どうしてココアが単独デザインになっているのかな・・?と思ったら、このカントリーマアムの味は
バニラやいちごでもなくて「ココア味」だからに他ならないのでしょうね・・(笑)
森永製菓のココア缶と言い、このカントリーマアムのココア味と言い、ココアは自分の名前に感謝しないと
いけないのかもしれないですね・・(笑)

あえて注文を付けさせて頂くと、もしもカントリーマァムとごちうさのコラボ企画を展開される場合、カントリーマァムには
ココア味の他にも抹茶味というのも季節限定で存在しますので、
その際には是非是非パッケージデザインとしてごちうさのメインキャラの一人でもある宇治松 千夜(うじまつ ちや)の
単独デザインを実現して頂きたいと思います! (笑)












上記の創業107周年のちらしの中にペコちゃんのほっぺを一つプレゼントというものがありましたけど、
「ペコちゃんのほっぺ」というと、カスタードクリームがやチョコクリームが定番なのでしょうけど
以前季節限定という事でしたけど熊本県のヒーロー(?)、「くまモン」とのコラボという事で
中身が「くまもとみかん味」のクリームを使用したペコちゃんのほっぺという商品もありました!

これとっても美味しくて今でもとっても印象に残っています。是非これは季節限定で構わないので復刻してほしい商品の
一つでもありますね!






002_convert_20171112181343.jpg






最近買った不二家の「ホームパイ 大人のリッチチョコ」はとても美味しかったです!

甘さ控えめのショコラ風味の生地に自家製ミルクチョコを絡めたこのパイはとっても美味しいです!

定番のバターパイもとても美味しいですけど、ここにチョコがコーティングされるとまさに無敵ですよねぇ~!

パイの食感はサクサクとあのいつものおいしい食感です!
チョコは甘さ控えめでカカオの香りがほのかに分かるくらいの濃さだと思います。
予想以上にすっきりとした味わいで確かに大人向けのようなホームパイなのだと思いました!





CIMG0888_convert_20171111145614.jpg



CIMG0889_convert_20171113205705.jpg







最後に・・・

不二家と言えばやはり一番最初に思い浮かぶのはこの「ペコちゃんドール」なのかもしれないですね・・!

今現在はどうか不明ですけど、例のあの不祥事以前は店舗によってはポイントカードを発行してくれていて、
カードが3冊溜まると上記の「ペコちゃんミニドール」が貰えた店もありましたけど、
やっぱりこうやって見てみると、ペコちゃんは不二家の顔なのですね~!! (笑)

ごちうさキャラもみ~んなとってもかわいいけど、ペコちゃんもとっても可愛いですよね!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

私の実家のある駅の駅前にも、不二家がありました。私も昭和世代ですので、誕生日ノケーキは基本的に不二家で買ってもらっていましたよ^^不二家の名前の由来は知りませんでした。そういった意味合いがあったんですね~。ぬくぬく先生様も仰られておりますように、昔はシュークリームとか結構高価なお菓子だったんですよね。あの店頭のぺこちゃんも懐かしいです。
全然関係ないですが、私は起床の際、携帯と目覚まし二つを使っております^^

思い返すとドールって意外に身近にありますよね。ペコちゃんしかり、カールおじさんや食い倒れ人形、キューピー人形など、意識しないところでも馴染みあるわけですね。ただ子供の頃はドールが欲しかったとしても、男の子だからという理由で入手出来なかったことでしょう。だからこそ、いい歳したおっさんがドールやっているのだと思ってます。
あとデルタースオリジナルよりも、ミルキー派です(o゚▽゚)o。ただよく歯や銀歯が取れるのはお馴染みでしょうか。

不二家凄い・偉い

現在食べられている、クリスマスケーキの本家は、不二家さんです。
他の洋菓子屋さんは、それに追随してるだけ。
私の年齢だと、やっぱりミルキー好き!!。

ペコちゃんのほっぺ

八咫烏(全力稼働中) 様


昭和の頃の洋菓子って真っ先に「不二家」を思い浮かべたものですけど、最近はやはりコンビニスイーツの目覚ましい発展等も
あり、ケーキやシュークリーム自体が「普通の存在」になったような気さえしますね。
ペコちゃんポコちゃんは不二家の顔でもありますけど、こうしたキャラが確立されているブランドという印象もあります。

最近はシュークリームに似た商品の「ペコちゃんのほっぺ」と言うのもあるのですけど、これがめちゃくちゃ
美味しいと思いますね!
まさにほっぺがおちそう・・という感じです!

ペコちゃん

さつき 様


ペコちゃんって不二家の顔ですよね~!
店頭では季節ごとに衣替えしているのがとても楽しいですし、最近では七五三ヴァージョンもかわいかったです!

ドールといえば、薬局の前には以前はカエルのコルゲンコーワのケロちゃんも置かれていて、
そうした身近な存在だったのかもしれないですけど
最近あまり見かけなくなりましたね・・

ドールもキャラクター商品もフィギュアも本質は同じという事なのかもしれないですね。

ミルキーは「ママの味」ですので、私もあの懐かしい味は大好きです!

不二家は偉大です!

MK 様


全くの同感です!

不二家のケーキ・シュークリームこそが現在の日本の洋菓子の先駆的存在だと思いますし、あの味とブランドは
この先もずっと受け継がれていって欲しいものです!

ミルキーはママの味ですので、どこか懐かしい味と言えるのかもしれないですね!

不二家は、時代ごとに地味に良い商品を出してますね。
当方の街には不二家専門のアンテナショップがあります。
コツコツと消費者のニーズを探ってるのが廃れない秘訣なのかな?

不二家

sado jo 様


不二家は定番商品がきっちり決まっている他に更にそうした新開発商品を常に模索し続けている企業姿勢が
皆様から愛されている事に繋がっているのかもしれないですね。

これもすてきなひとつの日本のモノづくりと言えるのだと思います。

これからも不二家はみんなの不二家さんであり続けて欲しいものです!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |