FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日の当ブログの記事において「売れる食パンの厚さ」は関東と関西では違うという記事を掲載させて頂き、
関西では4~5枚切りの食パンが人気があり、関東では6~8枚切りの食パンの方に人気が集まり、
関西は厚めの食パンを好み関東は薄めの厚さの食パンを好む傾向にある」といった記事を書かせて頂いたところ、
皆様より色々なコメントを頂戴したのですけど、やはりここにも東西の意見の差・好みの差は鮮やかにはっきりと
出ていたのが大変興味深かったです。
やはり関西の方は「厚い方がええとちゃう?」みたいな感じでしたし、関東方面の皆様は「薄い方がいいじゃん!」とという
感じだったのは、「日本の文化圏は東西でかなり違いがあるのかも・・?」という感じだったと思います。

さてさて、そうした関東と関西の「文化の違い」というものは、好まれる食パンの厚さだけではなくて
色々な所に表れているのかもしれないですね。

少し一例を挙げてみると・・


1.新しい服を買って着ていった時、関東と関西での反応の違い

関東では「それどこで買ったの?」と質問する事が多いような感じもしますけど、
関西では「それなんぼで買うたん?」といった感じの聞かれ方がされることが多いような感じもします。

関東人はおしゃれな物が置いてあるお店に興味津々という感じなのに対して
関西人は「いくらで買えたか」に興味があるというのは、「モノを買う時は値切らないとあかん!」みたいな関西の皆様の
お金に対する気質を示唆しているようにも思えますね・・(笑)
相手がおばちゃんだと「ほんならもっと安ぅ買えたはずやでぇ~!」と言いそうな雰囲気もありそうですね・・! (笑)


2.お煎餅の違い

お煎餅といえば、関東ではこいくち醤油の固い米菓子というイメージが濃厚です。
一口サイズに割ってから食べないと固すぎて食べづらいという食感で、その代表例が埼玉の「草加煎餅」と言えるのかも
しれないですね。
関西ではおせんべいというと揚げせんべいが主流じゃないのかな・・?
「ぼんち揚げ」が代表的だと思うのですけど、
手で割らないと歯が痛くなるような固さではなく、サクッとした歯ごたえなのが特徴だと思います。

煎餅ではないけど、関東では単に「飴」と呼ぶことが多いけど、関西のおばちゃんは「飴ちゃん」と呼ぶことが多いのは
これもちょっとした東西の文化の違いなのかもしれないですね。
そう言えば、スマイルプリキュアの修学旅行回においても関西のあのおばちゃん達はみゆきに
「飴ちゃんあげるでぇ~」と何度か言っていましたよね・・(笑)


3.ソースの違い

関東ではコロッケにもとんかつにも、お好み焼きにも焼きそばにも同じソースをかけるという人が多いように思えます。
関東人の私もそんな感じです。
というか、そんなにソース自体にこだわりを有していないというのが関東人の特徴なのかもしれないですし、
第一関東の皆様は焼きそばにソースはかけないと思います・・(汗・・)
関東でソースといえば「ブルドッグの中濃ソースで決まり!」という感じもあり、
これ1本で何にでも合わせられるような気もしますし、関東のスーパーではブルドッグソース以外のソースは、
それほど多くの種類を売っていないような気もしますし、関西ではお馴染みの「オタフクのソース」自体が店頭に
置かれていない事は別に珍しくもなんともないような気さえします。
一方で関西はソース文化ですよね・・!
(関東~東北で一番馴染み深い調味料は醤油と言えるのかもしれないですね・・)
関西の皆様が同じソースで済ませるなんてありえないのかもしれないです。
さらっとしたウスターソースと、どろりと濃いとんかつソースを使い分けるのは当たり前として、
オタフクのお好みソースや焼きそばソースはスーパーでよく売られていて、関西人の食卓を彩っているのだと
思われます。





繝昴Μ繧ソ繝ウ繧ッ_convert_20171108194709





4.灯油ポリタンクの色

灯油ポリタンクの色は、関東が赤、関西が青というのが主流のようです!

東北生まれで関東育ちの私は、灯油タンクは「赤」以外正直見た事もないですし、私の感覚としては
「灯油タンクは赤以外ありえないでしょ・・」という感じだと思います。
それに、これだけ各家庭に一室に一台エアコンの普及が進んでいると、石油ストーブとか石油を使用する暖房器具自体を
使用しなくなりましたし、それゆえに以前ほど灯油ポリタンクは見かけなくなってきた・・という雰囲気も
あるように思えます。

灯油缶は太陽光の紫外線で灯油劣化を防ぐために、JIS規格による製品規格はあるようですけど
「この色にしないといけない」といった指定はないようです。
そのため、関西は青の灯油タンク、関東は赤の灯油タンクという違いが生まれる背景があったようです
前述の通り、関東ではほぼ全て赤です!
ガソリンを入れる容器や消火器など、「火気」な物は赤と言うイメージが関東では強いように感じられます。
赤色は、消防車や赤信号などがイメージさせるとおり、危険であることを表す色として相性がよく、
そうしたイメージの下、関東では赤の投与タンクが普及・定着したのだと思われます。

一方で関西の灯油ポリタンクは青が主流のようですね!

なぜ東と西で色が違うのかというと様々な説があるようですけど、
もっとも有力なのは、ポリタンクを製造する際、色付けに使う塗料は青色のほうが価格が安く、
「値切ってナンボ」の関西では、原材料の価格を抑えるために青色のポリタンクが主流になったという説も
根強くあるようですね。

こうした灯油ポリタンクの色だけ見てもこうした東西の文化の違いが如実に表れるというのは、とても面白いものがありますし、
その背景等を考えると東西の人たちの考え方か気質の違いも垣間見えるものがあり実に興味深いと思えます。






hakureisama_convert_20130809111402.png




hakurei-reimu-2015_convert_20150624165611.png





さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが描かれたイラストのご紹介コーナーです!

上記にて関東→赤の灯油タンク 関西→青の灯油タンクという事を記させて頂きましたけど、
それにちなんでアミグリさんが描かれた「赤霊夢・青霊夢」を皆様にご覧になって頂き、そうした赤と青の違いを
楽しんで頂ければ幸いです! (笑)

上記の赤霊夢・青霊夢は「色の違い」だけでなく、背景や霊夢の表情も大きく異なっていますので、
その違いは明瞭なのだと思います。
赤霊夢の方は2013年8月に描かれ、青霊夢の方は2015年6月に描かれています。

一般的には、赤→派手・熱血・楽しさ 青→クール・知的・ひそやかさみたいなイメージもあるのですけど、
この赤霊夢・青霊夢に関しては、そういたイメージが少し反転し、
霊夢の表情も大きいのですけど、赤霊夢に比べて青霊夢の「楽しさ・喜び」みたいな雰囲気がより強く感じられるのは
大変面白いと思いますし、やはり「色の違い」は大きいものがあると思います。

先日、色違いによるフランちゃんイラストを転載させて頂きましたけど、
「色」というのはとてもすてきな「魔法」といえるのだと思います。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  も
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越し頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

上記の赤霊夢と青霊夢はアミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですのでくれぐれも宜しくお願い申し上げます。

今週末の土日の当ブログの記事は、ごちうさ関連と東方ですけど、どちらにもアミグリさんの描かれたイラストが
登場してきますので、
是非また今度の土日で皆様と再会出来る事を楽しみにさせて頂きたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

これからポリタンクには散々お世話になるわけですが…青いポリタンクは初めて見ました!これは新鮮ですね~。こちらではホームセンターでも全く青は見かけません。
そしてアミグリ様の霊夢2カラーで来るとは…流石ぬくぬく先生様ですね(^^♪背景の変化が付いていて細かいですね。

赤が主流で青と緑がありましたね
灯油必須だから20個くらいあるので変な色が混ざってました

お、霊夢の2Pカラーですねって、違いますか^^;
灯油のタンクですか?赤しか見たことがないです。というより、青があったこと自体知りませんでした。正直、ちょっと衝撃であります^^;
前回の食パンの話にしても、ソースにしても何にしても、随分と関東と関西で本当に違うもんですね。狭いようで、狭くない日本って感じでしょうか^^

うちは赤のポリタンクよ。
(今は使ってないけど)
青は知らなかったわ~
今は変わったのかしら??σ( ̄^ ̄)

ほんとだ…

私は現在、青いポリタン地方に住んでおりまして、確かに一つ残らず、青いですね。
赤いのは…フォッサマグナ以東、確かに。言われてみれば間違いなく納得できる話でした。
改めて、意識するとおもしろいですね。

こんにちは。
うちは関西ですが、赤と青両方ポリタンク持ってます。
赤のタンクは写真のような形で、青の方は丈が高くて奥行き?が薄くて、上に積見重ねられない感じです。
ソースも常時7種(お好み、たこ焼き、焼きそば、ウスター、とんかつ、どろ、激辛)と使い分けてします。

最近は赤もあるけど

そう言われたらそうかも。
我が家は青いわ。
最近は赤も売ってるけど、赤は背が低いんですよね。
でも、初めて知りました~。

ちなみにソースは、大量にあります。
いつでも、どこでも、なんにでも(笑)
疲れたらとりあえずソース味ですよ!!

ごにぎり 様、ありがとうございます!

ごにぎり 様


私も東北出身ですけど赤のポリタンク以外は見た事ないですね~

だけど今回多くの皆様から頂いたコメントを拝見すると、やはり関西方面は青のポリタンクが主流という事で
日本は狭いようで案外広いものだと感じたものでした。

いつもアミグリさんの描かれたイラストを褒めて頂きありがとうございます!

あの赤霊夢と青霊夢も関東と関西ではないですけど、それぞれにすてきな美点がたくさんある素晴らしい作品だと
思いますし、色だけでイラストもそうですしポリタンクもそうですし、印象が変化するというのは
色と言うのも一つの魔法なのだと言えそうですね。

たまに緑やオレンジ色もあるみたいですね!

名無し 様


灯油のポリタンクは、赤と青以外にも緑・オレンジがあるみたいです。

いろんな色がたくさんあるという事はカラフルで見ているだけで華やかな気分にも
なれそうですね・・(笑)

東西のすてきな違い

八咫烏(全力稼働中)


前回のパンの厚さもそうでしたけど、ご指摘の通り日本は狭いようで案外広いという事なのかもしれないですし、
東西の文化の違いというものは意外と大きいと言えるのかもしれないですね。
それは一言で言うと上方文化と江戸文化の違いともいえそうですね。

灯油のポリタンク一つとっても東西での違いは一目瞭然のようですし、本記事で皆様から頂いたコメントを拝見しても
関西→青 関東→赤というのは比較的はっきりと表れていて
東西の文化の違いというものはこうした身近な所でも一目瞭然と言えるのかもしれないですね。

奈良方面は例外・・??

napo 様


本記事で皆様から頂いたコメントを拝見した限りでは、関東→赤 関西→青というのはやはり定着しているのだなぁと
感じたものですけど、
同じ関西でも奈良京都というお公家さん文化エリアは違うのかもしれないですね・・(笑)

日本は狭いようで案外広いといえそうですし、東西の文化の違いというものは大変興味深いものが
ありそうですね!

確かに・・

まこ 様


日本は狭いようでいて案外広いものなのかもしれないですね。

灯油のポリタンク一つだけで東西にこんなにも違いが出るというのも大変興味深いものはあるのだと思います。

あ・・・確かに・・!

ご指摘の通り、東西というよりはフォッサマグナ以東と以西の違いと言うのもあるのかもしれないですね。

それは「おそばのつゆの濃さ」にも同じ事は言えそうな話でもありますね・・(笑)

すてきな違い

宙海 様


灯油のポリタンクの色に限らず日本の東西の文化の違いは結構違いと言うのか多様性が感じられ、
日本は狭い狭い言われるけど「文化的には意外と広い国なのかも・・?」みたいに
感じてしまいそうですね!

関東では定食屋さん・洋食屋さん等でもソースは1種類しか置かれていないことが多いと思いますし、
それは食卓でも同じとは思うのですが、
関西では「そんなのありえへんとちゃう・・?」みたいな感じになりそうですね・・(笑)

カープの県なのだけど・・(笑)

mama.ikuko 様


本記事で皆様から頂いたコメントを拝見すると、関西→青タンク 関東→赤タンクというのが一目瞭然という印象を
受けたものですけど、
私的には「広島はカープの県なのだから灯油ポリタンクも赤なのかな・・?」と思っていたら
やはり青なのですね! (笑)

広島は大阪以上にソースにはこだわりがありそうですね!

関東の食卓にはソースの種類も在庫量もそんなに置かれてはいないと思うのですけど、
やはりそこは「お好み焼きの県」のプライドがあるのかもしれないですね!
それにしてもソースにこんなにも種類があるなんて関東人の目から見ると「意外なのかも・・」という感じですけど、それも
「すてきな文化の違い」といえそうですね!

食パンはその時によって違いますが、
5枚切りが美味しいです。
でも、関東ではあまり置いてないですね(^_^;)

あんなに沢山のポリタンクが赤青一緒に置いてあると、
何故か気持ち悪い気がします💦(笑)
青は見たことがないです。

ソースは家にあっても3種類くらいですね。
あ、でも今は4種類あります(笑)
珍しいものがあると試したくなります(^ ^)

でも、関東と関西だと違いが沢山あって、
面白いですよねー(^。^)

すてきな文化の違い

kirakiya.rumari 様



関東と関西では何かとすてきで面白い文化の違いがあるのは興味深いものがありますよね!

何となくでしたけどkirakiya.rumari さんのイメージって関東方面から西にお住いの御方なのかな・・?みたいな
イメージもあったものですけど、そう言えば関東方面にお住まいでしたね・・(汗・・)

食パンですけど、私自身は買うとすれば8~10枚切りばかりですね・・

だけど厚いパンも喫茶店のピザトーストみたいでそれもまた美味しいそうだと思います。

ソースとか灯油ポリタンクも含めて東西の文化の違いというのも大変興味深い話であり、日本は案外と
狭いようでいて広いと言えるのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3947-a962a771
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |