FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


埼玉~群馬方面の方でないとあまりピンと来ないのかもしれないですけど、この時期は「秩父夜祭」の真っ最中でも
あります。
秩父というと埼玉でもちょっと特殊というのか浦和・大宮という埼玉県の中心部の視点で見てみると
「あまりにも遠すぎるし交通の便が悪いからあまり馴染みがない観光地」という感じなのかもしれないです。
秩父に行くには、西武線を使うしか手がないし、車で行くとしたら国道299号線をひたすらまっすぐ行って正丸峠を超えて
飯能から一時間~一時間半程度掛かりますし、浦和から車で行った場合は2~3時間程度は覚悟したほうがいいかも
しれないです。
秩父というと地理的には山梨県に近く、埼玉県の中では「限りなく僻地」という感じなのかもしれないです・・(汗・・)

だけどそうした中、「秩父夜祭」は「何もないない何も名物もない」の埼玉県にあっては数少ない由緒正しきお祭りの一つであり、
歴史的価値も大変高く、日本のみならず世界各地からこの大変盛り上がり華やかなお祭りを見ようと観光客が
押し寄せるお祭りなのだと思います。
私も一度だけこの秩父夜祭を見たことがありますけど、とにかく壮観で圧巻で幻想的な光景だったと思います!
祭礼当日は絢爛豪華な2台の笠鉾と4台の屋台が曳行されます。
クライマックスは3日の夜で、最大20tもある屋台・笠鉾をお旅所への急な団子坂を引き上げる様子は大迫力だと
思います。

だけどこのお祭りの欠点はとにかく帰る際の国道299号線の半端ない凄まじい渋滞なのだと思います!
普段ですと秩父駅前から飯能駅前って車で一時間前後ぐらい掛かるのですけど、秩父夜祭の日は
3時間以上は覚悟したほうがいいと思います。

秩父夜祭は、ユネスコ無形文化遺産に登録されている埼玉県秩父市にある秩父神社の例祭であり、
12月2日が宵宮、12月3日が大祭であり、提灯で飾り付けられた山車(笠鉾・屋台)の曳き回しや、
冬の花火大会はテレビ映像でもおなじみの方も多いのかもしれないです。
秩父夜祭は、京都の祇園祭、飛騨の高山祭と並んで日本三大美祭及び日本三大曳山祭の一つに数えられるそうですけど、
埼玉県に在住している私の視点からは
「へー、そーなのかー」とまるで東方のルーミアみたいな感想になってしまいますね・・(笑)
「秩父夜祭は確かに名高いけど京都の祇園祭と並ぶ三大祭にカウントされているだけでなんか恐れ多い・・
京都にかえって申し訳ない感じ」というのもあるのかもしれないですね・・(汗・・)
だって普段の秩父なんて「埼玉の中心部から見るとあまりにも遠すぎる僻地」以外の何物でもないのですけど、
そうした遠隔地の神聖なるお祭りだからこそ価値が高いといえるのかもしれないと思います。

秩父夜祭の笠鉾・屋台は、釘を一本も使わずに組み立てられているそうです。
金色の飾り具や極彩色の彫刻、後幕の金糸の刺繍で装飾された笠鉾・屋台は「動く陽明門」といわれるほど豪華絢爛で、
国の重要有形民俗文化財に指定されているとのことです。

先ほどルーミアの名前が出てきましたけど、同じく東方キャラの博霊神社のすてきな巫女さんの霊夢の視点から
こうした秩父神社の秩父夜祭を眺めてみると
「お賽銭が一杯集まりそうだし、お守り等のグッズがたくさん売れそう・・! こりゃ一儲けだぁーー!!」という感覚なのかも
しれないですね・・・(笑)

あ・・今は吹奏楽カテゴリの話で行進曲「SLが行く」の話でしたね・・

話が例によって最初からそれまくりでした・・(汗)

このブログでも何度か書いたことがあると思いますが
私自身、1988年~2001年は金融関係 2001年以降は木造住宅メーカー等の住宅・建築関係の仕事に関係しているのですけど
2004年~2005年の頃の話ですけど、私の顧客が秩父で親と同居用の「セカンドハウス」を建てる事になり
その建築計画に営業担当として最初から建物完成、そして入居までその全てに関わる仕事を担当していたこともあります。
当時、私は所沢の「総合住宅展示場」にて営業担当として勤務していましたけど、所沢から秩父はとにかく遠かったですね!
車で片道2時間半程度は掛かったと思います。
仕事上、秩父から所沢に戻る際、既に真っ暗になっている事も多く、
その際に、「何かが出る・・・」と噂が非常に強かった「正丸峠」のトンネル内を通過する際は
私自身実はかなりビビりながら通行したものです・・(汗・・)

そのお客様のセカンドハウスの施工場所は、秩父鉄道の線路沿いでして、
確か単線だったと思いますし、電車によっては「一両編成」みたいなものもあったような記憶があります。
単線を一両編成の電車が通過するだけで何とも言えないのどかな雰囲気を感じていたものでした。

そのお客様が無事に地鎮祭を迎えられ、私自身も設計担当・工事監督と共に地縄立会い→地鎮祭に参加し、
神主さんが「かしこみ、かしこみ・・・・」などと祝詞を唱えられていると

なんと・・・・!

目の前の線路で昔ながらの蒸気機関車・・・、そう! 「SL」が煙をもくもくと立てて目の前を通過していきました!!

正直、あの時はとても驚きましたし、まさかSLをこんなに間近で見られるなんて夢にも思わなかったですし、
既に「過去の遺産」と思っていた蒸気機関車、SLをあんな間近で見られた事はとてつもない幸運だったと思いますし、
あの時は何か妙にテンションがあがって、
何か地鎮祭どころではありませんでしたね・・・・(汗・・)
私自身、SLが実際に煙を吐き出しながらお客さんを乗せて通行している光景は後にも先にも今のところ
秩父のあの地鎮祭以外は体験したことがないです。
それだけに大変貴重な経験だったと思いますし忘れがたい地鎮祭になりました!

後で聞いた話では、
「パレオエクスプレス」は秩父鉄道が1988年3月より運行しているSL列車で、
秩父地方で発見された海獣「パレオパラドキシア」の化石にちなんで、この名前が付けられたとの事です。
土・休日や春休み・夏休みの時期を中心に、熊谷駅から奥秩父の三峰口駅までの間を1往復し、
C58型蒸気機関車が12系客車4両を牽引していたとの事で、私が地鎮祭の際に目撃したSLは、まさにそれだったのでした!!

大宮から仙台まで新幹線で行くと1時間20分を切る「スピードの時代」の中にあっても
こうした「のんびりとゆったりとしたSLの旅」というのも何かすてきなものを感じます。
見ていても、あの轟音と煙は、何か「郷愁」みたいなものを感じてしまいますね・・・・





SL縺瑚。後¥_convert_20141216190456





かつて、全日本吹奏楽コンクール課題曲でも「SL」をテーマにしたすてきな曲がありましたね・・

そう、それが2001年度課題曲Ⅳ/行進曲「SLが行く」なのですけど、
この年は課題曲Ⅰ/栄光を讃えて に人気が集中してしまい、
どちらかというと「小編成」での演奏を意識して作られたこの課題曲が全国大会で演奏される回数は
かなり少なかったのは何か勿体ない感じはありました。
この年の課題曲Ⅲ/あの丘を越えては、スコアを見た限りでも演奏を聴いた限りでも
かなり難しい要素はあったと思います。
マーチであそこまで高度な技術を求められるのは少し珍しいかもしれないです。
だけど対照的にこの課題曲Ⅳ/SLが行くは
技術的にも平易だし、シンプルな構成だし、何よりもその「分かり易さ」が実に素晴らしかったですね。
演奏時間も確か2分半程度のかなり短めだったのもジュニア向きを意識したのかもしれないです。

この課題曲、何が素晴らしいかと言うと、そののどかな雰囲気・・・・

あののどかな雰囲気は、まさに私が見た「地鎮祭での秩父でのSL」そのものでした。

この課題曲を聴くと、なぜかいまだにあの時の秩父での地鎮祭ののどかな光景を思い出し
何かいまだに「くすっ」となってしまいます。

そうそう、この課題曲、
打楽器はティンパニは使用せず、小太鼓・大太鼓・シンバル・グロッケンのみの非常にシンブルな構成でしたね。
この課題曲は、
浜松交響吹奏楽団のテンポ設定を比較的遅めに設定した「優雅なおとなっぽい雰囲気」と
磐城高校のテンポ設定を速めに取り、若さ溢れる躍動感をイメージさせた
二つの対照的な演奏スタイルがとても強く印象に残っています。

何かこの曲の事を書くと
「あー、たまには秩父にでも行きたいな・・・」と思ったりもするのですけど
秩父は同じ埼玉でも別世界・・・・
冬は積雪が大変だし寒いし、やはりあの「遠さ」がネックなのかもしれないですね・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

現役最後の課題曲

お久しぶりのコメント失礼しますm(_ _)m

また懐かしいですね(^^)
この曲が課題曲だった2001年は丁度高校3年生だったので、現役最後の吹奏楽コンクールへの挑戦でしたね(笑)

曲自体も平易な内容の曲だったので、この曲が課題曲でもよかったなって思ったのですが、結局栄光をたたえてになりましたね(>_<)💦
(他の課題曲も平和への行列はチューバ、低音の出番が少なくて不満があり、あの丘を越えては難易度が高くてバンドカラーには合わないので無理があるなって感じでしたね(>_<)💦)

この年の課題曲も比較的バランスが取れていたので4曲とも課題曲として成立していたのはまた嬉しい話ですね(^^)

近年の課題曲と比べると捻りや高い技術を求めるといった小細工がないので、ある意味課題曲としてちゃんと成立している曲ですね(笑)

この年のコンクールを最後に吹奏楽奏者としての生活から数年離れてましたが、数年後にまた現役復帰してると思うと不思議でならないですね(笑)

こういうシンプルな曲も、たまにはいいですね(^^)

esakui69 様、おひさしぶりです!

esakui69 様


ご無沙汰しております! お元気そうで何よりです!

ちなみに当ブログは多分ですけど12/25前後に「累計4000記事到達」という節目を迎える予定ですので、
どうかこれからも宜しくお願いします。

SLが行くは、大変シンプルでこんなにチャーミングでわかりやすい曲も珍しいとすら感じてしまいます。

こういうすてきなマーチも私も現役時代は演奏してみたかったです!

2001年のマーチ4曲はいずれも名曲揃いだったと思いますが、私としては
「どうしてⅠばかり人気が集まったのかな・・? ⅢやⅣも素晴らしいのに・・」と当時不思議に感じていたものでした。
だけどⅢの「あの丘を越えて」の技術的な難解さは際立っていたと思います。

そうした中でのSLが行くのわかりやすとさ平易さは素晴らしかったと思います。

最近の課題曲は万人向けのわかりやすい曲が少ないだけにこうしたすてきな課題曲は忘れることなく後世でも
演奏され続けて欲しいと思います。

課題曲が課題曲として機能していた貴重な時代

年内に4000記事到達は素晴らしいですね!!
まさに継続は力なりですね(^^)

確かに2001年は課題曲が課題曲としてちゃんと機能した最後の年ですね∑(゚Д゚)💦

翌2002年はほとんどの団体がラメントを選んで面白味に欠けたコンクールだったし、近年のコンクールを見ても勝ちにかかっているのか無難な演奏に成り下がっているのは残念でならないですね(~_~;)💦

私自身もコンクールバンドでの活動は卒業しましたが、毎年課題曲は参考音源を視聴させて頂いてますね(^^)

何だろう…? 現役時代の様なときめきは少なくなりましたね(>_<)💦

コンクールに参加されるバンドの考えが時代と共に変わって来ているのも残念でならないですね∑(゚Д゚)💦

課題曲が課題曲として機能していた貴重な時代

年内に4000記事到達は素晴らしいですね!!
まさに継続は力なりですね(^^)

確かに2001年は課題曲が課題曲としてちゃんと機能した最後の年ですね∑(゚Д゚)💦

翌2002年はほとんどの団体がラメントを選んで面白味に欠けたコンクールだったし、近年のコンクールを見ても勝ちにかかっているのか無難な演奏に成り下がっているのは残念でならないですね(~_~;)💦

私自身もコンクールバンドでの活動は卒業しましたが、毎年課題曲は参考音源を視聴させて頂いてますね(^^)

何だろう…? 現役時代の様なときめきは少なくなりましたね(>_<)💦

コンクールに参加されるバンドの考えが時代と共に変わって来ているのも残念でならないですね∑(゚Д゚)💦

最近の課題曲は覚えにくい・・(汗・・)

esakui69 様


ありがとうございます! 当ブログの4000記事到達のXデーは12/25を予定しておりますので、その際には是非
お祝いメッセージでも頂けるとありがたいです! (笑)

ご指摘の通り、最近の課題曲は印象度&感銘度はうすいようにも感じられますし、メロディーラインが
なぜか覚えにくいようにも感じられます。
これは私の加齢が原因なのかもしれないですけど・・(汗・・)

吹奏楽コンクールの最近のCDを聴いても精華女子以外はあまり心がときめかないような気もしますね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |