FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


こうしたブログの管理運営を6年近くもやっていると時折ですけど
どうしようもなく「今すぐブログをやめたい、閉鎖したい!!」みたいな感情に襲われることも多々あったりもします。
理由は色々とあるのですけど、
記事を書いても書いても私的には反応が今一つであったり、なんとなくですけど「テニスの壁打ち」のように
ひたすら無意味に空虚に「ネットの空間」という場所にボールを打ち続けているような感覚もありますし
「ブログなんて所詮は労多くして実りが極めて少ない自己満足に過ぎないもの・・」みたいな感覚にも陥りがち
なのかもしれません。

テニスの壁打ちというと相手というのは「物言わぬ壁」なのですけど、
ブログというのもある意味似たような側面もあったりして、「ネットの空間」という相手が見えない場所に
ひたすらボールを打ち続けても全くの無反応とかスルー状態みたいな感じが絶え間なく続いているような
錯覚すらも覚えるときもあります。

こういう感覚に陥ってしまうと、ついつい「自分のやっていることに果たして何らかの意味はあるのかな・・」みたいな
疑問が次から次へと湧いてくるみたいな悪循環に陥りやすい感じでもあります。

もちろん、ブログというのは所詮は「自分のために何か記録として残しておく」とか「自己満足」みたいなものではあるのは
百も承知ですし、
こんな妙なブログでもお越しいただける皆様の存在は大変ありがたいものであるという気持ちに変わりはないのですけど、
時折ですけど「ちょっとそれでもね・・」という感情にはなってしまいます。

11/5の記事で少し触れたように、最近頂いた匿名非公開コメントの
「自分で絵を描かない奴が絵についての記事書くな! バーカ!!」みたいな私にとっては結構きつい言葉のダメージが
いまだに実はかなり強く尾を引いているせいも多少はあるのかもしれないです・・・
一応お断りしますけど、あれ以降当ブログでは、非公開コメントは受け付けない設定にしておりますけど、
本来そうした設定をあえてするのも嫌なもので少し不本意なものはあります。
当ブログではそうした絵・イラストのご紹介というものもさせて頂いておりますけど、そういえば昨年の12月頃にも
「こうした紹介記事というものは適度なタイミングで書いて・・」みたいな思いがけない事を二度に渡って書かれてしまい、
「紹介記事が必ずしもみんながみんなウェルカムではない」という事に気づかされたという事もあり、
実は結構未だにその事を引きずっている面が多々あり、昨年12月頃の私は結構思いっきり凹んでいたものでした・・

とにかくブログの管理運営というものはある意味面倒でやっかいのことなのかもしれないですね。

それでも私自身は、あくまで「私」のためと「生きている間はなにか常にメッセージみたいなものを発信続けたい」という
事のためにブログ管理運営というものは
これからも細々としたものになる可能性はあるかもしれないですけど、続けていきたいと思っています。
この記事に関する意見・感想・コメント等は別記事でもご遠慮下さいね・・
私も一応は生身の人間で「感情」を有している人間ですので、たまには毒みたいなものを吐かせて頂ければ
幸いです。
関連記事
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |