FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム


チルノ時計


鴨肉ってとっても美味しいですよね~!

お蕎麦屋さんに入ると鴨南蛮蕎麦というのは定番メニューだと思いますし、鴨肉をローストしたものも美味しいですし、
鴨鍋というのも寒い冬に食べるととても温まる美味しい鍋の一つだと思います。
最近のお蕎麦のカップヌードルでも天ぷらそば・きつねそばと並んでこの「鴨南蛮そば」は日清とか東洋水産等でも
もはや定番の一つなのだと思います。
鴨南蛮つゆってそば屋さんで食べてもそうしたカップヌードルで食べてもとても美味しくて、
私なんかはラーメン店に入ってもスープを言ってき残さず飲み干すという事はまずないと思うのですけど、
スープも含めて完食してしまう麺類の一つがこの鴨南蛮そばなのだと思います・・(笑)

鴨を素材にした料理というと真っ先に思い浮かぶのは「鴨肉のオレンジソース掛け」なのかも・・?

この料理を最初に頂いたのは、会社の同僚の結婚式の披露宴で出されたものなのですけど
最初に食べたとき、「えーー、鴨とオレンジみたいな柑橘類の相性ってこんなにいいもんなんだぁー」と感じ
そのおいしさに一目ぼれという感じでもありました。
フランス料理なんてそんなに日常的に食べるものではないのですけど、
当時の私はまだ独り者でして「もしも自分の結婚披露宴の際にはこの鴨のオレンジソース掛けを提供したい!」
なんていうささやかな(?)夢もあったものですけど、
私自身はこのブログでは何度か書いた通り、諸々の事情により、結納・挙式・記念写真披露宴・婚約指輪・新婚旅行等の
イベントは一切やっておりませんので(汗・・)
「鴨のオレンジソース掛けを披露宴のメニュ-として提供する」という事は実現できませんでした・・

ま、それはどうでもいいとして、鴨肉というと「鴨鍋」もとても美味しいと思いますし、
鴨鍋に不可欠な具材というとやはりネギなのかな・・?とも思います。
日本の故事として「カモがネギを背負ってやってくる」というものがありますけど、これにはやはり「鴨鍋」も多少は
絡んでいるようですね。
「カモがネギを背負ってやってくる」という故事ですけど、カモは本当にねぎを背負っているのでしょうか?
それとも鴨自体がネギを好んで食べるからその様に言われているのでしょうか?
全世界のどこに住んでいる鴨を見ても、鴨はネギを背負ってなんかいる訳ないですし(苦笑・・)
鴨が食材として自らネギを食べる事もないようです。
ちなみにですけど、鴨自体は穀物・水生植物・水生小動物などを好んで食べているとの事です。

それではどうして「カモがネギを背負っている」という故事があるのでしょうか?
これは江戸時代の食文化にルーツがあるようでして、鴨は肉質の柔らかさや脂の甘みがとっても人気の食材でしたし、
鍋用の食材としても古くから重宝されてきた経緯があります。
ですけど、野鳥特有の匂いがありましたので、ねぎでその匂いをカバーして食べていたとの事らしいです。
そうした訳でこの故事の由来と言うのは、鴨とネギですぐに美味しい鴨鍋ができるという自分にとって都合の良い事が
二つ同時にやってくるという意味なのです。
だけどこの「カモがネギを背負ってやってくる」という故事・・略してカモネギという言葉なのですけど、
決していい意味で使用されている訳ではないと思います。
「だまされやすい人が、だまされやすいシチュエーションに、自ら乗っかってくる」という意味で使用される事の方が
現実的には多いのかもしれないですね。

カモは簡単に捕まえやすい鳥なので、捕まえやすい人=騙されやすい人を「カモ」と呼ばれる事が多いとも
思いますし、それを動詞化して、人を騙したり、利用したりして利益を得ることを「カモる」と言い、
騙されてお金をとられたりすることを「カモられる」みたいな俗語もあるみたいですね。
つまりまとめてみると、「カモがネギ背負ってやってきた」というのは、鳥の「鴨」と騙しやすい人の「カモ」をひっかけて、
「騙すしやすい人が、自分から(財布持って)ノコノコやってきた」という意味へといつの間にか変容していったと
言えるのかもしれないですね。
今現在はそうした事も大分減ってきたとは思うのですけど、大変評判の悪い極悪リフォーム業者に対して
その業者の悪い評判を全然知らずにひょいひょいと軽いノリで見積もりを依頼した所、結果的に必要のない工事まで
させられてしまって全財産を搾り取られたみたいな事例は、結構あったと思うのですけど、
そういうのって大変表現が悪くて申し訳ないのですが、悪徳業者の視点で見てみると
何も知らずに見積り依頼をした時点で「カモがネギを背負ってやってきた・・」みたいな感覚になってしまうのかも
しれないですね・・(汗・・)
それは同じく建築・住宅業界に属し、建前上も実質的にもそうした何も知らない方・お年寄りを騙す悪徳業者では
断じてないうちの会社の視点から眺めてみると「とんでもない話」であり、「カモネギ」という言葉が
いまだに存在している事自体、業界全体としては「不本意」という感じなのかもしれないですね・・・(滝汗・・)






繧ォ繝「縺後・縺酸convert_20171105231328





上記の話は一旦置いておいて、鴨とネギの組合せはとても美味しいと思いますし、やはり冬の「鴨鍋」というのは
鍋料理の一つの定番と言えるのかもしれないですね。
だけど鴨鍋という料理は案外一般家庭ではなかなかメニューにしにくいような気もしますし、
鴨肉のやはりちょっとあの独特の臭いが「家の中ではね・・」という感じになるのかもしれないです。
私の感覚としては、鴨鍋のあの香りというのは「いのしし鍋」の香りに少し近いような感じもあるのかもしれないです。

さてさて・・そうした中、先日なのですけどとあるスーパーにて「鴨肉のスライスと玉ねぎのスライスのサラダ」というものが
販売されていて、しかも・・・!
閉店間際というせいもあったのですけど、定価400円とちょっとお高めのサラダがなんと・・! 140円で
叩き売りされていました!
「これは安い!」と思わず衝動買いをしてしまったのですけど、家に帰ってきてよく見た所、この鴨肉と玉ねぎのサラダには
ドレッシングも何も付いていないものでした・・(汗・・)
鴨と玉ねぎに合いそうなドレッシングってなんなのだろう・・?と考えてみたのですけどあんまりピンとくるものが
ありません。
そのため家の中に合ったありとあらゆる調味料とドレッシングを色々と試してみた所、この日の結論と言うものは、
「鴨肉と玉ねぎスライスに適した調味料というものは、わさびマヨネーズに和風ドレッシングを混ぜ合わせたものでした!
これって感覚としては、かつおのたたきを、マヨネーズをたらした醤油で頂くという感覚に近いものがありそうな気もした。
食べ方としては確かに邪道なのかもしれないですけど、
「鴨の脂とマヨネーズの油が意外と合うのかも・・? そしてわさびがいいアクセントになっているのかも・・?」という
感覚で私としてはそんなに不味いものではなかったという食感です。
鴨肉も玉ねぎもどちらの食材もそのまんま食べると「ちょっと生臭い・・」という感じがあるのかもしれないですけど、
わさび・マヨネーズ・醤油の味に近いドレッシングが加わる事で、生臭いという感覚がほぼ無くなっているみたいな
感じもしたものでした。
玉ねぎはネギではないけどネギに近い食材と言うイメージでは「カモがネギを背負って・・」という故事を
イメージしたようなサラダであったのかもしれないですね・・(笑)

カモというとちょっと古い話なのかもしれないですけど、1990年代の終わりにトヨタ自動車がサービスの一環として
提供していた「こするカモ保証」といってトヨタの新車を購入した場合、うっかりガレージとか樹木とか壁とかに車が少し接触し
車体を軽くこすってしまった場合はこの「こするカモ保証」によって修理費用を負担しますみたいな事もやっていましたけど、
あれはいつの間にかなくなってしまったようですね・・・
CMで確か奧菜恵が出演していたと思うのですけど、いつの間にかなくなってしまったというのは
期間限定サービスだったか、あまりにもおっちょこちょいの車と壁をぶつけてしまうといったユーザーがトヨタの
予想以上に多くて採算が取れずにいつの間にか終了させたのかもしれないですね・・
トヨタにとっては「へなちょこ運転のユーザーによっていいカモにされてしまった・・」という感じなのかもしれないですね・・(汗)

最後に、私自身も一度だけですけど「カモがネギを背負ってやってくる」を絵に描いたかのような経験をした事が
あります。
なにかと言うと、住宅展示場のモデルハウス営業時代の話なのですけど、
こうした住宅展示場の平日で雨の日という場合は、来場者も皆無でまさに閑古鳥が鳴いている閑散とした状態でも
ありました。
そうした平日の日で
(営業担当は基本的に火曜と水曜が公休日でしたけど、展示場はオープンしているもので、
営業担当は交代交代で休日出勤を義務づけられ、平日のモデルハウス来客者に対応する事が求められていました・・)
雨の日というのは来場者が来ること自体奇跡なのですけど、
たまたまその日が当番だった私が何気なく外を見てみると、先ほどから困ったようにとぼとぼと歩いているご年配の奥様が
一人いました・・・
住宅展示場の絶対的ルールとして「外にいる見学者を個別勧誘してはいけない」というものがあり、
「あの人・・何やっているのだろう・・、なんかあの様子気になるな・・、なんとかうちのモデルハウスに入ってくれないかな・・?」と
思っていたら、私の願いが通じたのかその御方がモデルハウスにふらっと入ってきて頂けました!
こういう時は、下手に商売っ気とか出さずに、丁寧にわかりやすく親切にご案内させて頂くのがセオリーですし、
私もキャンペーンとか是非一度当社でご相談させて頂けませんか・・?みたいな言葉が喉まで出かかっていたのをぐぐっと堪えて
ひたすら丁寧にていねいにご案内させて頂いたところ、その奥様がやっと心を開いて頂けて、
「実は・・」と切り出されてきました。
そのお話はある意味前述の「カモがネギを背負ってやってくる」みたいな話しそのものというのか、
相続の関係から大至急古い家を取り壊しそこに新しい家を建築する必要がある、しかもその奥様のご主人というのが
海外単身赴任中で、そのご主人から
「お前に全てを一任するから、とにかく、×月×日までに建築する業者を選定し、大至急その土地に新居を建築しなさい・・
自分は来年の△月末に日本に戻ってくる予定だからその時までに新居が完成しているように・・」と厳命されているとの事で、
建築とか家とか税金の事なんかなにも知らないというその奥様にとっては
「とにかくどこでもいいから安心して任せられる日本のハウスメーカーに今日中に依頼しよう!」という気持ちで
総合住宅展示場に来場されたはいいけど、展示場内にはたくさんの住宅メーカーがあり
「どこに相談すればいいのかよく分からない・・」と困り切っておられたとの事でした・・・

そして話はとんとん拍子にまとまり、ご主人が単身赴任から戻られる一か月前に無事に工事も完了し、
「ありがとう・・!」と大変感謝されたのは私にとっても忘れ難い一棟になったと思います!

うーーむ、長い間社会人やっていると、こうした信じられない話も一つか二つ出くわすものなのかもしれないですね・・!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

鴨がネギを背負ってやってくる。まあ、鴨にしてみると、実に迷惑な話かもしれませんね^^;でも、鴨肉のおいしさには定評がありますね^^日本語的にも、〇〇かも、って言いやすいせいか、色々なところで登場する鴨君であります^^なんか、サギかなんかの警告のポスターで〇〇かも~って緑色のかわいらしいカモのマスコットがいましたが、いまだにあれが頭から離れない私でした^^;

カモにとってもいい迷惑なのカモ・・?

八咫烏(全力稼働中) 様


鴨肉はとっても美味しくて、そば屋さんの鴨南蛮は私も大好きです!

「カモネギ」という言葉自体カモにとってはいい迷惑なのかもしれないですけど、鴨はカラスと違って
そんなに頭がいい感じてなくて鳥頭ですので、学習能力が無いゆえに人間に捕まってばかりなのかも
しれないですね・・(汗・・)

カモはご指摘の通り、ポスターの文言とかゆるキャラでも使用されやすく、親しみやすさは鳥の中でも
群を抜いているのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3941-0ecce416
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |