FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


ファリアの「三角帽子」は何度も生の演奏会で聴いた事があったのですが、
同じ作曲家の「恋は魔術師」はつい最近まで生で聴く機会には恵まれていませんでした。
東京交響楽団の東京芸術劇場シリーズの定期演奏会で
「恋は魔術師」とかヒナステラのバレエ組曲「エスタンシア」などという比較的珍しい曲を
まとめて聴くことが出来て良かったなーと思いました。
それにしてもエスタンシアの終曲の踊りは、豪快な音楽でとても聴いていてゾクゾクしたものです。
アンコールでも、終曲の踊りだけを演奏し、一回の演奏会で同じ曲を二度楽しめるという
珍しい経験もさせてもらいました。

昔、中学生の時、給食の時間とか放課後の掃除の時間によくなぜか
ポールモーリアの曲がかかる事が多く、エーゲ海の真珠とかオリーブの首飾り・ペガサスの涙・
涙のトッカータなどの曲がかかっていましたが、その中で当時曲名は知らないのだけど
すごーく印象的で気になった曲が一つありました。
それが後に知ることになるのですが「火祭りの踊り」なのです。
高校に入って、吹奏楽部の仲間に、「このポールモーリアの曲、何て言うタイトルなの?」と
聴いたら、そいつが「ひのとり」とか言っていましたので、
自分自身は恥ずかしながら、約1年ほど、このファリアの「火祭りの踊り」を
ストラヴィンスキーの「火の鳥」と勘違いしてしまう事になるのです・・・
後日その勘違いに気が付いて、すごく恥ずかしかったです・・・
誤解の原因となったそいつに後で聴いてみると、
「俺は確かに火の踊りと言ったはずだ・・」と開き直っていましたが、
自分がもしかしたら、「ひのおどり」と「ひのとり」を聞き間違えたのかもしれません。

吹奏楽コンクールで、最近では滅多に演奏されませんが
「恋は魔術師」より、パントマイム・火祭りの踊りを演奏するチームもありました。
(1981年の城陽中学校が印象的)
その際、パントマイムのけだるさ、火祭りの踊りの暗い情熱にすごく魅かれたものですが、
改めて原曲を聴いてみると、
「三角帽子」の明るさ・庶民の底力の躍動感に比べると、さすがに「男の焼きもち」を取り扱った作品
だけに、全編を通じて「どす暗さ」・「怨念」・「鬱積」といったものを強く感じてしまいます。
三角帽子もソプラノが入りますが、恋は魔術師もソプラノが加わります。
だけど、このソプラノも何かけだるさと暗さが同居したみたいな感じがして、
三角帽子みたいな「スカッ」としたものは少ないというのが正直な感想です。
でもそれがまたいい所です。

この「火祭りの踊り」だけならたまに演奏会のアンコールで聴くこともあります。
大体3分前後の曲で時間的に丁度いいし、曲のコントラストを付けやすいし、表情が出やすい曲
なので、アンコールにはうってつけなのでしょう。

「火祭りの踊り」はピアノ版もありますが、これは管弦楽版とは別の意味で
魅力があります。
個人的には小山実稚恵さんの演奏がいいなーと思っています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/394-9bbe9037
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |