FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


私の自宅から会社までドアtoドアで25分程度ですし、電車はわずか4駅・10分程度しか乗っていませんので
首都圏でよく見られがちな長距離通勤を余儀なくされている皆様に比べていると「ちょっと恵まれているかも・・」と
感じてしまいます。
以前でしたら、4駅程度で乗っている時間が10分程度だったら「座席に座るなんてみっともない」みたいな
感覚が大変強かったのですけど、
ここ数年は、わずか4駅・10分でも空いている座席があればついつい座ってしまいますね・・・(汗・・!)
10代~30代前半の頃は、空いている座席があっても絶対に座らないというか
「座ること」=「年寄り」みたいな妙な意識があったりして通勤時に座るという事に頑なな抵抗感があったのですけど、
最近は年のせいなのか(?)そうした抵抗感は全くなくなってしまいました・・・(汗・・)

以前ですと、空いている席があって、その空席に向かって突撃していくおばさんなんかを見たりすると
「やっぱりああいうばあさんみたくはなりたくないね・・、ああいうのはなんか見苦しいよね・・」みたいに
感じたものですけど、今現在は、そう言っていた当人がまさに
「そうした見苦しい人」(汗・・)になっていますからね・・・

前述の通り、私自身はわずか4駅しか電車に乗っていないのですけど、座って目を閉じている間にうとうと寝てしまい、
乗り過ごすという失態もここ一年では2~3回程度もやらかしていて
我ながら「いつまでも若さというものは続く訳ないよね・・」と痛感したりもしています。

つい先日の話なのですけど、京浜東北線の南浦和駅にて私はAM8:01発大宮行きの京浜東北線に乗り、
運よく座席が空いていましたのでそこに座ってポケッ・・としていました。
降りる駅は4駅先のさいたま新都心駅なのですけどいつもでしたらAM8:10には到着しています。
だけどその日、さいたま新都心駅に到着した際に何気なく携帯の時間を見てみたらAM8:20になっていました・・
「あれれ・・なんで10分時間がいつの間にか過ぎているの・・? いつもだったら8:10に到着しているのに
どうしてここで空白の10分間が発生しているの・・!?」と少し不気味に感じたものでした。
どこかで瞬間的にタイムスリップした・・? 浦和→北浦和に向かう際に実は電車が止まってしまいその止まっていた時間を
ずっと爆睡していた・・?
携帯の時計機能が壊れた・・?
瞬間的に色々な説が頭の中を駆け巡りましたけど、さいたま新都心駅に到着した際のホームが上り方面に
なっていましたので、ここで「なるほど!」と謎が解けたものでした! (笑)
正解は、当日下り電車にて大宮方面行の電車に乗っていて本来は大宮の一つ手前のさいたま新都心で降車すべきところを
私はなんと爆睡して乗り過ごしてしまい、そのまんま終点の一つ先の大宮駅に到着していました。
ここで3分経過という事になります。
そして電車はそのまんま大宮駅で折り返し運転という事になり、大宮駅で約4分程度停車時間があり、
そして上り方面の電車として大宮始発の電車が出発し、次の駅のさいたま新都心に到着・・
この時点で多分私は目覚めたのでしょう・・
そして気が付いたら「あれれ・・? この空白の10分間は何なの・・?」という事になったのですけど、
実はそれは何という事も無い・・単なる私の乗り過ごしと折り返し電車の停車時間がこの10分間の空白の真相
だったのでした・・! (汗・・)

とにかく最近の私は電車で座ってしまったら1分後には寝てしまう可能性すらありますし、夜寝る際も
布団に入ったら30秒後には夢の中・・というパターンが多いみたいですね。
10~20代の頃ってとにかく寝つきが悪くて、昼寝はおろか電車の中での短時間睡眠なんてほとんどできなかったのに、
やはりここにも「私の高齢化」が実はあったりするのかもしれないですね・・(汗・・!)

社会人になって間もない頃、当時は千葉の京成電鉄の船橋から佐倉まで約40分程度の通勤時間でしたが、
あの当時は「朝の通勤時に座る」という意識は全然なかったです!
当時の私自身の美意識(?)の一つとして「朝からそんな座席に腰かけてうとうとしているようじゃだめじゃん!」
みたいなものは間違いなくあったと思います。
だけど、現在はわずか4駅でも、空いている座席があればさっと座ってしまうこの体たらく・・・
うーーん、やはりこれも「年」ですかね・・・・(苦笑)
あの当時は、会社の船橋の寮に住んでいたのですけど、船橋駅からその寮までがとにかく無茶苦茶遠かったですね・・
徒歩だとまともに歩いて30分程度は掛かっていたと思います。
一応バスはあったのですけど、本数が少ないし、バス停まで行くだけでやはり10分程度も掛かってしまうし、
とにかく「陸の孤島」という印象しかない辺鄙な所でした・・(泣・・)
船橋駅とか船橋の駅周辺はかなり賑わっているのですけど、ちょっと駅前を離れた住宅街になると
とてつもなく不便さを感じてしまうようなところだったと思います。
勿論、それはバブル以前の話ですし、現在は多分ですけど相当変わっていると思いますけどね。
朝、うっかり朝寝坊なんかしてしまうと、冗談抜きで朝から、寮から駅周辺までダッシュする羽目になる事も何度か
あったものですし、
そうそう・・京成船橋駅は、JR船橋駅構内にある訳では無くて、JR船橋駅から更に離れた場所にありましたので、
そのちょっとした距離ですら、そうした場合は恨めしく感じていたものでした・・
京成電鉄ですけど、職場の最寄駅は「臼井」という本当に何もない所でしたので、電車は各駅停車しか停車しません。
そのため、勝田台・津田沼・八千代台みたいに大きな駅に停車している時は、
本土の場合、スカイライナー・特急・急行が通過するのを待たないといけなくて、そうした「通過時間」が結構長かったですし、
帰宅が深夜になってしまい「早く帰りたい」と思っている時に、ああした長時間の通過待ち合わせ時間というものには
本当に当時泣かされていたものでした・・
大抵の場合、そうした待っている間のドアは開けっ放し状態ですので、冬なんかは冷たい風がビュービュー
入ってきてめちゃくちゃ寒かったですね・・

学生の頃、アパートと学校と吹奏楽部の練習場とアルバイト先は全て「中央線」に集約されていました。
その関係でほぼ毎日中央線に乗っていましたけど、
ある日の飲み会の後、中央線の水道橋駅で乗り、中野駅で降りようとしていましたけど、
何か眠かったので座ってウトウトしていたら、いつのまにか「爆睡」してしまったようなのです。
気が付いたら、なぜか「御茶ノ水」駅でした。
「あれ、なんで下り電車なのに、上り方面の駅にいるんだ・・・」とボーーッとした頭で考えたら、
時間の経過から判断してみると、
降りる駅の中野を乗り過ごし、終点の高尾にまで行ってしまい、
そのまんま折り返し運転で、高尾から続けて乗ってしまい、お茶の水で目が覚めたという事になりそうですね・・(汗・・)

うーーむ、こういうたまにやらかす寝過ごしとか折り返し運転での爆睡は昔も今も変わらず・・という
感じなのかもしれないですね・・

関連記事
スポンサーサイト



コメント

お疲れなんではないでしょうか^^;かくいう私も、最近は電車に乗ると、座ってしまいます。実のところ、電車で眠るって結構気持ち良いですよね^^空白の10分間。私も最近それに近い経験しました^^;

疲れてはいないけど・・

八咫烏(全力稼働中) 様


まだ師走じゃないのでさすがに仕事等のお疲れモードはまだ早いのかも・・という感じですけど、
朝や帰りの電車ってなんか知らないけど時折瞬間的なうたた寝みたいな感じになってしまいますね・・・

人間って面白いものでして、1~2分間という極めて短時間の睡眠でも寝た事によって疲れが吹っ飛んでしまう事があるのは
なんか不思議なものですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3937-41be3fa9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |