FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計








今回も冒頭からいきなりアミグリさんが描かれたイラストから開始をさせて頂きたいと思います。

今回も「名作アーカイブス」という事で、アミグリさんが過去に描かれた素晴らしいイラストの「名作プレイバック集」
という事で過去の名作イラストを改めて冒頭にご紹介をさせて頂きたいと思います。
やっぱり素晴らしいイラストは、たとえ過去に既に掲載済であっても、時を変え掲載する場所を変え、
色々な人たちにもっともっとたくさん見て頂きたいものですねっ! (笑)

上記の作品は、アミグリさんが2016年12月に描かれた幻想郷のすてきな「妹様」のフランちゃんです!

フランちゃんというと「あどけなさ」・「少し気のふれた幼女」・「壊れた妹」みたいな雰囲気でもって多くの東方絵師様が
描かれる傾向がある中、アミグリさんが描かれたこのフランちゃんには、そうした「気がふれている」とか
「頭が少しおかしい少女」みたいな雰囲気はほとんど感じさせず、
むしろ逆に健康的で明るい少女とか「上品さ」・「大人っぽい雰囲気」が見事に表現されていると思います。
ここには一人の「何の穢れも無い素晴らしい美少女」がいるのだと思います!

特にこの繊細なフリルとか透明感のある美しい羽の描き方が素晴らしすぎます!

まさにアミグリさん会心の一枚、同時にアミグリさんの「魂」というか「気迫」がストレートに一枚の絵の中に
表現されていて、
「アミグリさんはやっぱり素晴らしき東方絵師様!!」と認識させる素敵な一枚になっていると私は確信しております!!

アミグリさんがよく描かれる「背景」をあえて描かなかったことで
フランちゃんの美しさがより強く強調されているようにも感じられます。

さてさてそうしたフランちゃんなのですけど、フランちゃんは今更言うまでもない事ですけど、
吸血鬼のレミリア様の唯一人の実妹です。
レミリア様と言うと恐怖・畏敬・カリスマという言葉が似合いそうな気もするのですけど、同時にカリスマブレイクとかおこちゃま
みたいな畏敬に対する正反対の評価も出来そうな気がする幻想郷においてもかなり異彩を放っているキャラの一人だとも
思われます。
そうした姉のレミリア様の視点から見てみると実妹のフランちゃんをどのように見ているのかは結構興味津々な所は
ありそうですね。
フランちゃんというとファンの中では「妹様」みたいに呼ばれる方も実は結構いたりもします。
妹様というとどういう感じなのかと言うと
偉そうな妹に対する皮肉を込めた呼称であるとか、はたまた妹に頭が上がらない情けないお兄ちゃん(お姉ちゃん)が、
妹に対してへりくだって使う呼称とも言われていたりもしますけど、
レミリア様なんかは実際の所フランちゃんをどのように感じているかについては公式でもほぼ描写が無いため
このあたりは東方ファン一人一人の脳内妄想に委ねられてしまうのかもしれないですけど、
私としては、レミリア様というのは意外とフランちゃんの真の力や秘められた力についてうすうすと感づいていて
「フランドール・・・? うーーん、あの子は実は私なんか目じゃない程の隠された力を秘めている・・
あの子自身自分のそうした力に何も気付いていない・・
だから私はあの子を紅魔館の中から出さないようにしているし意図的に幻想郷内の人々から接触を断たせている・・」
みたいに思われているのかもしれないですね。
そして上記の「妹様」じゃないけど、レミリア様の本音としては、フランちゃんに本気を出されて自分に闘いを挑まれたとしたら
自分なんか到底勝てやしないのが分かっているからこそ、
フランちゃんに対しては、「情けない姉」を演技するかのようにフランちゃんに対して頭が上がらないように
表面的に見せかけて、フランちゃんの暴発を抑えて、「今日も紅魔館が平和でありますように・・」と実は内心ビクビクと
されているのかもしれないですね・・・
フランちゃんを刺激しないように暴発させないように、普段から咲夜さんをうまく使ってフランちゃんを意図的に
腫れ物に触るような感覚でコントロールさせることに日常的に腐心されているのが実はレミリア様の真の日常という考え方も
成り立つような気もします・・・

それにしてもフランちゃんは見た目にはとっても可愛いですよね!!

フランちゃんの真の能力とかその「ありとあらゆるものを破壊してしまう程度の能力」というものを一旦無視して考えると、
フランちゃんを見てしまうと
「あ――、なんか自分もこんな可愛い妹が欲しいよなぁ――!」と心の底から思ってもしますいますよね・・(笑)
私自身、一回り近く年の離れた兄と姉がいるのですけど、実際10歳近く年が離れていると、兄や姉と言う感覚は全く無く
叔父さん・叔母さんという感覚しか今も昔も持ち合わせていなかったですね・・
だからこそ、実は今でもたま~にですけど
「例えば東方で言ったらフランちゃん・こいしゃん・チルノ・アリス、艦娘で言ったら春雨ちゃんとか五月雨ちゃんとか夕張ちゃん
みたいな可愛いかわいい妹が欲しかったよなぁ・・」と思ってしまう事は多々あったりもしますね・・(汗・・)
だけどもしも私がそうした可愛い妹を持ったとしても「ダメ兄貴振り」を遺憾なく発揮しまくり
妹から「だからお兄ちゃんはダメなんじゃん!」とか言われまくって、実は優秀な妹に対して全く頭が上がらない状態になり、
妹の事を「妹様・・!」みたく妹にひたすらペコペコと平身低頭しまくっている自分自身がいそうな予感も
実はあったりもします・・・(汗・・)

だけど上記で書いた通り意外とレミリアお姉さまと咲夜さんだってとっくの昔に
「自分達には到底手が届かない特殊能力の塊り・・」みたいな感じでフランちゃんに対して表面的には隔離する事で
かろうじて姉としての威厳を保ちながらも陰では「妹様・・・!」みたいな感じでフランちゃんを見ているのかも
しれないですね・・・

ちなみにですけどフランちゃんに対して「妹様」という表現を最初に使用したのは意外にもパチュリーさんです!
公式作品では紅魔郷のExステージにおいて、パチュリーさんが初めてこの呼称を用いています。

それではどのあたりにフランちゃんの「真の能力・秘められた力」が垣間見えるのかと言うと
実際問題フランちゃんは公式においてはレミリア様と異なりほとんど登場機会が無いものでして、語りたくても
語りようが無いという感じでもあるのですけど、それを示唆しているのが「東方文花帖」におけるあやや=射命丸文との
インタビュー記事ではないのかと思われます。

フランちゃんというと、公式におけるセリフは、紅魔郷と文花帖の二つしかないのですけど、
その数少ない出番の中でのフランちゃんの有名な名言と言うと
魔理沙に対して発した「あなたが、コンティニューできないのさ!」 と
あややとのインタビュー中に発した「きゅっとしてドカーンね 」 だと思います!
その「きゅっとしてドカーンね 」 というのは、
あややが作成した文々。新聞(第百二十季 弥生の四刷)の文面上では「きゅっとつつけばドカーン」と書かれていますけど、
あややによる追取材の際には、

あやや: 「 本当に隕石を爆発させたんですよね? 」
フラン: 「 きゅっとしてドカーンね 」

というあまりにも有名なセリフが登場しています!

それも考えてみると凄い話ですよね・・・(笑)

「運命を操る程度の能力」をお持ちのレミリア様のお話としては、幻想郷全体というのか、紅魔館に向かって
巨大隕石が落下してきて、「紅魔館、まさかの崩壊の危機?」みたいな時に
「全てを破壊してしまう程度の能力」をお持ちのフランちゃんが、前述の「きゅっとしてドカーン!」の如きも
なんとその巨大隕石を一瞬のうちに空中爆破させてしまうのです!

東方Projectの世界では、よく「では結局幻想郷内の最強キャラは誰なのか・・? 霊夢・・? ゆかりん・・? 永琳・・?
はたまた、お空・・? 意外と・・あのヘンなTシャツヤローの地獄の女神様・・? そういえば綿月依姫もいたよね・・」
みたいな強さ議論が起きたりもするのですけど、
このフランちゃんの「きゅっとしてドカーン」ネタを見てしまうと、
「フランちゃん、可愛いのに恐るべし・・」とやはり感じてしまいますよね!

レミリア様の御言葉によると、
「あの隕石ははじめから紅魔館の真上に落下する事が予定されていて、妹がそれを破壊する事も
あらかじめ決められていた」との事らしいです・・・
ま、これに関しては、フランちゃんによると・・・・
「隕石落下と破壊が予定されていた・・・? そんなのある訳ないじゃん・・・
あいつはなんでもかんでも最初から判っていた振りをするの。運命が分かるとか何とか言って・・」
とあややとのインタビューで言っています、
そうですね・・・それ以前に、フランちゃんがレミリア様を「あいつ」呼ばわりしている事の方に
なんか興味がそそられますね・・・(笑)
フランちゃんがレミリア様の事を「あいつ」呼ばわりしていたその瞬間に、フランちゃんの背後にいたのは・・
そう・・レミリア様自身だったのですけど、
その際のレミリア様の「こらこら、お姉さまをあいつ呼ばわりするんじゃないの・・」と諭されていたのは
面白かったですし、フランちゃんの「あら、お姉さま、いつからいらしたのですか・・?」とあいつからお姉さまという
呼び方に瞬時に切り替えられていたのは素敵でした!
ま、確かにああいうフランちゃんを見てしまうと「フランちゃん=気がふれている」というのは
「ありえないな・・」と思ってしまいますね・・(笑)
「東方紅魔郷」における霊夢VSフランちゃんのバトル時において、霊夢が間違えてレミリア様の事を
「レプリカ」と呼んだ際は、はっきりと「レミリア! レミリアお姉さまよっ!」と訂正を求めた際の様子からして
フランちゃんとしては、やっぱりお姉さまのレミリア様の事は、なんだかんだ言って慕っているし大好きなんだなぁ・・と
感じさせるものでした!

そうですね・・やはり私としては、是非是非今後の東方シリーズにおいて、レミリア様-フランちゃんの
スカーレット姉妹の大活躍を一一度くらいは見てみたいものがあります!!

そうそう、このフランちゃんの「 きゅっとしてドカーンね 」 という言葉なのですけど、人って日常的に使っている言葉が
思いがけない所で出てしまうという事はよくあるとは思うのですけど、先日の会社の月初における全体朝礼において
先月の総括と課題という一人1分程度の発表の際に、私自身、「先月は長雨の影響で工程が予定通り進捗しないとか
足場がいつまでたっても外れず施主様が自宅の敷地内の駐車場を使う事が出来ずに施主の不満がドカーンと
溜まってしまった・・」と本来言うべきところを、こうやって日常的にブログで東方記事を書いていると、その際のいつものクセ
というのか表現がついついポロッ・・と出てしまい、
「施主の不満がきゅっとしてドカーンと出てしまった」と思わず口走ってしまい、私自身瞬間的に冷や汗を
かいたものでした・・(滝汗・・)
もちろん社内の人間に一人として東方の事を知っている人はいそうもないせいか「 きゅっとしてドカーン」と口走っても
スルーされてしまったのは幸いでもありました・・・






hapiba-de-huranchan!_convert_20150424132951.png





さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
dream fantasy の管理人様のアミグリさんの
素敵なイラストのご紹介コーナーです!
本日は上記と下記にて二つの作品を転載&ご紹介させて頂きますが、いずれもアミグリさんが描かれた
「妹様」のフランちゃんです!
まず上記のイラストは2015年4月にアミグリさんが描かれたフランちゃんです!

お~! このフランちゃんはやばい! やばすぎると思います! これはとにかくめちゃくちゃかわいい妹様だと思います!

東方キャラで妹というとさとり様の妹のこいしちゃんとかプリズムリバー3姉妹のメルラン・リリカとか綿月依姫とか
色々いるのですけど、やはりフランちゃんの可愛らしさはたまらないものがありますよね!
東方における絶対的な妹様キャラの双璧というと誰がなんといってもフランちゃんとこいしちゃんなのかもしれないですよね!
綿月依姫というポニーテールのとっても可愛いキャラもいたりもするのですけど、依姫は、
東方キャラの中で主人公格と言える霊夢・魔理沙・レミリア・咲夜さんを東方儚月抄で撃破させてしまった事で逆に
その人気と存在感は今一つ・・という感じもある不遇キャラ扱いと言うのはなんかちょっと気の毒な感じでもあったりします。

上記のフランちゃんは気がふれた妹とか悪魔の妹みたいな公式設定を軽く吹っ飛ばしてしまう程の破壊的な可愛らしさが
あると思います!
とっても可愛くてキラキラとしたとっても可愛いフランちゃんがここにいると思いますし、このフランちゃんを見てしまうと
どんな姉・兄だってたとえフランちゃんがいくら無理難題を言ってきたとしても
「うん、いいよー」と思わず言ってしまいそうな可愛らしさに満ち溢れていると思います!

とにかくめちゃくちゃ可愛いフランちゃんで、「東方で妹にしたい候補!」という感じですね!!






gosick-huranchan_convert_20150425184734_convert_20171030234225.png





続きましてアミグリさんが2015年4月に描かれたフランちゃんをアミグリさんご自身が先月・・2017年10月に
「色違いフランちゃん」として dream fantasy
掲載をされていた「色違いフランちゃん」です!

アミグリさんは過去に何度か例えば色違いの「赤霊夢・青霊夢」などのように色違い作品を発表されていましたけど、
あれって毎回感じるのですけど「色が違うだけで随分と見ている人に違いを伝えているものだよなぁ・・」と
感心させられちゃいますよねっ!
上記の2015年4月版のフランちゃんとは素材・ポーズは同じなんですけど「色」が異なるだけで
随分と「異なる印象」を私達に提示しているようにも改めて感じたものでした。
こうした色違いのフランちゃんでも「可愛らしさ」をしっかりと伝えていると思います!
帽子と袖が2015年版と違う配色の黒という事で、
なんとなくですけどお姉さまのレミリアさまっぽい雰囲気を醸し出しているような感じもありますけど、
フランちゃんのこうした笑顔にレミリア様っぽいカリスマとかちょっと怖そうな雰囲気も吹っ飛ばされたような気もしますね・・! (笑)

上記の三枚のフランちゃんは、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

当ブログだけではなくて、是非、アミグリさんのブログ dream fantasy の方もご覧頂けますと、
当ブログの管理人は泣いて喜びますので、こちらの方も何卒宜しくお願いいたします。

さてさて、今週の土日の記事はいずれも東方関連です!
一つは幻想郷屈指のあの大泥棒に関する事で、もう一つは先週の続きですけど、アミグリさんが描かれたアナログ作品の
特集第二弾です!
どちらの記事にもアミグリさんが描かれたすてきな東方イラストがてんこ盛りですので、是非ぜひ今度の土日も
当ブログを覗きに来て頂けるととっても嬉しいです!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

今日の記事を読むとつくづく恐ろしい姉妹だと思いますよね~^^隕石のくだりなんて、あわわ^^;って感じです。姉妹して能力がぶっとんでいますものね^^で、実際に私には妹がいるのですが、なんつーか、妹様って感じです^^;まあ、もうおばさんになりましたのでおとなしいですか、子どものころはまさに暴君みたいなものでした。でもまあ、やっぱりかわいいものなんですよね。レミリアも案外そんな感情なんじゃないかと。

フランちゃん!!

私には姉がいまして、私は妹なので、
同じ妹同士のフランちゃんに親近感がわきそうです!

だけど、あの可愛らしい見た目とは逆の「ありとあらゆるものを破壊する程度の能力」はいつ聞いても「恐ろしい…」と思ってしまいますね。

そして3枚フランちゃんのイラストを素敵にご紹介していただき感謝感激です!
本当はあどけない雰囲気とかで描きたいんですけど
どうしても大人っぽくなってしまうのですよねぇ(泣)

やっぱり東方で私が大好きな妹キャラはフランちゃんとこいしちゃんですね!
公式でもフランちゃんの活躍が見てみたいですね~!!


妹様!

八咫烏(全力稼働中) 様


そう言えば、カラス様にはお姉さまと妹様がいらっしゃいましたね!

私には妹はいませんけど、もしも妹がいたとしたら、多少暴君やガサツであったとしても
「やっぱりかわいいね!」と間違いなくなると思いますし、妹様がいらっしゃるというのは羨ましい事ですね! (笑)

東方のフランちゃんとレミリアのスカーレット姉妹というのは、古明地姉妹と並んで東方屈指の人気姉妹ですけど、
あの二人が本気を出したら、幻想郷の一つや二つ、軽く吹っ飛ぶ程度の力は秘めていそうな気もするのですけど、
そうした畏敬やカリスマとあのロリっぽいかわいらしさのギャップがまたまたたまらない魅力の一つと
言えるのだと思いますね!

吸血鬼姉妹なんだけど、二人の背中の羽の描かれ方が全然違うというのも大変面白いものがあると思えます。

アミグリ 様、ありがとうございます!

アミグリ 様


そうそう、アミグリさんもそう言えば「妹様」でしたね! (笑)

アミグリさんが東方キャラでは比較的、こいしちゃん・フランちゃんを描かれる事が多いのも
妹同士というのも影響があるのかもしれないですね!

いえいえ、こちらこそいつもアミグリさんのとってもすてきなイラストの転載を快諾して頂ける事に
大変感謝しておりますし、ありがたいことだと思っています。
今回の3枚は少しおとなっぽい雰囲気もありますけど、やはりそこにはアミグリさんのらしい可愛らしさと美しさが
十分醸し出されていると思いますし、フランちゃんとしての「あどけないかわいらしさ」も見ている人に
間違いなく伝わっていると思いますよ!
とにかく素晴らしい3枚だと思います。
それにアミグリさんの過去の作品では、デフォルメしたフランちゃんとか幼女化フランちゃんとか
あどけない雰囲気のフランちゃんとか描かれ方が多岐に渡っているのが
大変立派だと感じています。

なんとか公式でもフランちゃん大活躍!というシーンを是非私も見てみたいです!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3930-2b2ba1c0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |