FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


自分が仙台から上京してきたのは1984年(厳密には都内ではなく埼玉県大宮市でしたが・・)
当時の演奏会ホールというと、東京文化会館とNHKホールぐらいしかめぼしいものはなく、
現在のように、サントリーホールとか東京芸術劇場とかオーチャードホールとか文京シビックとか
オペラシティーなどのような立派なホールで演奏会が開催される訳ではありませんでした。
必然的に、ほとんどの都内のオケは、東京文化会館で演奏会を開催する事が多く、
東京文化会館に一極集中しているような時代が長く続いていたと思います。
まれに、読売日本が新宿厚生年金会館で名曲コンサートを、東京交響楽団が五反田の簡易保険ホールで
演奏会を開催する事があった程度だったと思います。

そんな訳で自分自身も上京して初めて生の演奏会を聴いた時のホールは東京文化会館でした。

この時のオケは読売日本で、指揮はハインツ=レークナーでした。
前半のプログラムは全然記憶にないのですけど、後半のベートーヴェンの交響曲第7番が
これがまた素晴らしい演奏でしたので、今でも印象に残っています。
実はこの交響曲は、この時初めて聴いたのでした。
ベートーヴェンの交響曲と言うと、運命とか田園くらいしか聴いた事が無く、この2曲は当時は
正直それほど好きという訳ではなかつたので、第7番を聴く際は、あまり大きな期待もせず
聴いたのですが、第一楽章のオーボエの甘い伸ばしの音から始まる「とろけるような音楽」に
すっかり魅了されてしまい、第二楽章の重々しいけど美しい世界、第三楽章のホルンの雄叫びに
メロメロとなり、そして圧巻の第四楽章のリズム感にすっかり圧倒され、
一発でこの交響曲が大好きになったものです。

あの第四楽章は、現在の「ダンスミュージック」にも匹敵するような躍動感・リズムの鋭さが
あると思います。
同時に自然と体が揺れるというか、思わず踊りたくなってしまうような「ノリノリ感」がたまらない
魅力だと思います。
クラシック音楽というと、しかもベートーヴェンというと、どうしても深刻・重厚長大・真面目という
イメージがあるのですが、こんな「ノリノリ」の曲を書けてしまう所が、さすが偉大なる作曲家という
感じですよね。
あの第四楽章は、ディスコとかクラブのダンスミュージックに勝るとも劣らない「熱気」が
あると思います。
もしかして、ベートーヴェン自身も一杯ワインをひっかけながら、悪酔い気分でこの交響曲を
書いたのかも・・・??

この曲は色々な名演を聴いたものですが、特に印象に残っている演奏は
プロムシュテット指揮のN響とデブリースト指揮の都響の演奏ですね。
前者の端正な響き、後者のリズム感の切れが極めて印象的です。
番外編として、沼尻竜典指揮の日本フィルかな・・・
指揮者のオケをあおってあおってあおりまくる強引なドライヴが豪快で聴いていて極めて
楽しかったです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/393-2d3222e6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |