FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


上記記事でも記した通り、本日は立冬ですけど同時に「ココアの日」でもあります!

ココアというともちろん上記記事でも散々書いた通り「ご注文はうさぎですか?」のヒロインの一人のココアがとっても
かわいいと思いますけど、それと同じように飲み物としてのココアもみんなに愛される存在なのだと思います。
夏場に冷たいミルクに溶かして飲むアイスココアもいいのですけど、やはりココアというと冬の寒い日に帰宅した際に
家でのんびりとこたつにあたりながらクッキーやケーキと共に頂く「ホットココア」がとってもおいしいと思いますし、
あの寒い日に温かいココアを飲むと、ごちうさではないけどまさに「こころ、びょんびょん」になりそうですね!

市販されているココアには実は二種類あり、一つが調整ココアといってココア・砂糖・クリームが既にミックス・調合されていて
あとは熱湯を注げばおいしいホットココアになるというものです。
この調整ココアのよいところはその手軽さもそうなのですけど、お湯に溶けやすいということで
純ココアにありがちなココアの塊がダマになることはほとんどないということなのだと思います。
そして二つ目が「純ココア」です。
純ココアとは何かというと、早い話が「ココアパウダーそのもの」であって調整ココアのような砂糖やミルクを加えない状態を
言います。
だけど純ココアそのものははっきり言っておいしくないと思います・・(汗・・)
否! 不味いというよりはまるでコーヒー並みに「苦い」ということなのだと思います。
だから私たちにとってなじみが深いココアというと既に砂糖やミルクが入った調整ココアというイメージがあるのだと
思いますし、一つ後の記事で登場した「ご注文はうさぎですか?」とのコラボ缶としてのココア缶に入っている
ココアスティックは調整ココアです。
スーパー等に行くとココア売り場にはもちろん調整ココアが主流となっていろいろな商品が販売されていますけど、
その中に混じってこの純ココアも販売されています。
それではこの純ココアのメリットとは何かというと、一つ後の記事でも既に書いた通り、ココアには素晴らしい健康効能もあり、
その効果には目を見張るものがあるものの、砂糖を入れすぎちゃいますとココアの長所が消されてしまいがちにもなりますし、
自分で砂糖の量を調整することでよりココア本来の味を楽しみながら
ココアのそうした健康効能のメリットも受けられるというのが挙げられると思います。
そして純ココアを使用することで、例えばはちみつとかバターとかしょうが等のちょい足しみたいな事も可能になりますので、
ココアを飲む楽しみというものがもっと広がるということでもあると思います。

上記で書いた通り純ココアそのものは苦いしあんまりおいしくないもので、やはり砂糖やミルク等をここに加える必要は
あります。
だけどここであんまり大量の砂糖等を入れてしまうと市販されている調整ココアとほとんど変わりがなくなってしまいますので
注意は必要だと思います。
そして純ココアに適量の砂糖とミルクを加えて熱湯またはミルクを注ぎホットココアを作る場合に
ちょっとやっかいな問題も出てきます。
それが何かというと上記でちらっと書きましたけどココアパウダーの塊がダマになりやすく、カップの底に
こぴりつきやすいということでもあります。

さてさてそうした問題をクリアしおいしくココアを飲むにはどうすればいいのでしょうか・・?

実はその方法はそんなに難しくないです! 誰にでもすぐ出来ますのでいますぐ純ココアを使用しておいしいホットココアを
楽しむことができると思います。

その方法を簡潔に記すと・・・

1.小鍋に純ココア(ココアパウダー)・砂糖・適量のお湯を入れて、これらを練りに練ってパウダー状にしていきます。
  練ることで粉っぽさがなくなり、コクと香りも増します。

2.弱火に掛けて更に練っていきます。

3.完全にペースト状になったら、ここに少しずつミルクを加えていきます。

4.混ぜながら温めていき、沸騰直前になったら火を止めます。

これでとってもおいしいココアを頂くことができます!

カップに純ココアと砂糖を入れて溶かしてもどうしてもダマは出来がちなのですけど、この原因はお湯またはミルクの
温度が低いこととか純ココアの量が多すぎることが原因なのかもしれないです。
だけど上記のように小鍋を使った方法ならぱダマになることもありませんので、少し面倒かもしれないですけど
純ココアを使用する場合はそうした方法の方がより美味しいココアを頂けると思います。

そうしたココアに、はちみつとかバターほんの少量とかしょうがを隠し味程度に入れてもすてきなアクセントに
なると思います。










だけどそうはいっても純ココアから作るホットココアも確かにおいしいのだけど、やはりちょっと面倒なのかも
しれないですね・・・(汗・・)
そういう方はやっぱり市販の「調整ココア」で是非ぜひ気軽にホットココアを楽しんで頂きたいと思います!

私も森永製菓のこのごちうさコラボ商品のこのミルクココアでホットココアを楽しみたいと思います!

やっぱり冬の温かい飲み物の定番は「ホットココア」だと思いますし、そしてごちうさといえばココアですよねっ! (笑)






CIMG0839_convert_20171030191057.jpg





あれれ・・? どうしてここに水着のココアのフィギュアがいるのかというと、そうですね・・
これに関しては今月中に「水着ココアのレビュー記事」を書かせて頂きたいと思います・・(笑)

ココアというと先月発売されたばかりのメーカー正規品のココアのラビットハウス制服版のフィギュアも大変素晴らしいけど、
プライズ系ですけど、この水着ココアもとってもかわいいと思います!!


関連記事
スポンサーサイト



コメント

ココアが美味しい季節になりましたね♪
"ホッ"とします♡

ココア

napo 様


本日は立冬で同時に「ココアの日」でもありますので是非是非ココアをお楽しみ頂きたいと思います!

冬の寒い日にココアを飲むとホッ・・としますよね!

ごちうさ

こんにちは。

ごちうさの劇場版が今週から封切りですが。
ココアちゃんとくれば、中の人が艦これでは川内さんと同じ方。
ボイストーンにいたっては那珂ちゃんですねぇ。

ちなみにボクは、ごちうさのキャラで好きなコはリゼちゃんです。
ローソンではバンバンとコラボしてますけど。
こころがぴょんぴょんする反面、サイフが寒くなります・・・。

こんばんは。

純ココア、現代では「作るのが大変・・・」で、手軽な調整ココアが売り場の大半を占めていますね。

数年前、ジャンポールエヴァン(だと思います)のショコラ・ショーを飲んだ時に、「こだわるとやはり違うものなんだな」と思いました。 

ココア

五航戦の愛鷹 様


本日は「ココアの日」という事でごちうさの公式HPにおいても森永製菓とのコラボ企画の一環という事で
ココアのボイスが一日限定という事で流れていましたね。

ごちうさ×ローソンコラボというと11/14から開始される期間限定&先着順のステッカー配布というのもありますので、
ここは是非ココアを入手したいと思っています。
これは後日の記事でも書きますけど、ローソン×ごちうさ×カントリーマアムのコラボ企画にて
通常のカントリーマアムの2.5倍ほど高いカントリーマアムが販売されていて、この中にミニ色紙が入っていますけど、
私が引き当てたのはリゼでした!

確かに・・こうしたコラボはこころぴょんぴょんですけど、お財布的には寒そうですね・・(汗)

純ココア

冬音 様


確かにご指摘の通り現在のスーパー等での主流は調整ココアなのですけど、純ココアを本格的なお店が本格的メニューとして
提供すればさぞかし本物の味になるという事なのかもしれないですね。
純ココアをあえて使用される皆様の心意気とかプライドというものには、「誇り」があるといえるのかも
しれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3929-5f002aa5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |