FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


おにぎり・お弁当・炊き込みご飯・丼ものといった「お米」もとっても美味しいと思いますし、
私自身はどちらかというとパン派よりは圧倒的にごはん派です! (笑)
だけどそうはいってもパンもとっても美味しいと思いますし、むしろ最近においてはごはんに次ぐ日本人の主食は
誰が何と言ってもパンなのだと思います。
パンというと菓子パンやロールパンとか惣菜パンももちろんとっても美味しいのですけど、主食として食べるパンの定番は
やっぱり食パンなのかもしれないですね。
昔の感覚で言うと食パンというのは「朝トースターで焼き上げるトースト」というイメージもあったかとは思うのですけど、
最近の食パンはふんわり食感というのかトースターで焼かなくてもそのまんま食べちゃったとしてもとても美味しいパンが
主流になってきているのはちょっと驚きです!
食パンというとそうですねぇ・・学校給食で出されたあの激マズ食パンというイメージもあり、
あの激マズ食パンを主食にしてひじきの炒り煮とかイカと里芋の煮っ転がしみたいなおかずをかつて散々食べさせられてきた
昭和育ちの人間からすると
「時代は変わったよなぁ・・」としみじみ実感したりもします。
独身寮に入っていた頃の朝食というのは、食パンが出される事が多々ありましたけど、あの寮の食パンも
「固い・・・生でなんかとても不味くて食べられやしない・・トースターで加熱しないと激マスで食べられやしない・・」みたいな
イメージもあったかとは思うのですけど、とにかく最近の食パンのあのふわふわ感・柔らかい食感、そしてなによりもあの美味!!
うーーむ、やはり日本の食生活の進化は止まらないと思いますし、
こうした日本の「きめ細かい文化」は世界に誇りうるべき文化なのだと思います!
最近のそうしたふわふわ食感の食パンはそのまんま食べてもとても美味しいし、そこに普通にマーガリンを付けて食べても
尚美味しいと思いますし、そこにジャム等があればもっと美味しくなると思います。
そしてトーストして食べる食パンもとっても美味しいと思うのですけど、私の感覚としては、トーストはバターだけで
十分に美味しいと思いますし、あの焼きたてトーストにバターを少し乗せてバターが溶けかかったところをガブリと頬張る際の
幸せほど充実したものは無いようにも感じられます! (笑)

さてさて、そんな食パンなのですけど、皆様がスーパー等のパン売り場でよく目にする食パンは何枚切りですか?
実はなのですけど、「売れる食パンの厚さ」は関東と関西では違うというのも大変興味深いものがありますし、そこには
関東と関西の「文化の違い」というのもあるのかもしれないですね。
ちなみに私自身は東北生れの東北と関東育ちで現在住んでいる埼玉には通算21年以上住んでいますので、
私自身の文化圏は当然ながら関東の文化圏です・・(笑)

食パンの重量は「斤(きん)」で表され、1斤は一般に350~400gとされています。
スーパーなどでは、この1斤を4枚~8枚にスライスして販売しています。
サンドイッチ用として売られている食パンはさらに薄く10枚~14枚にスライスされ、
耳を事前にカットされているため調理の際にはかなり重宝されていると思われます。

関西で最も売れているのは5枚切りなそうです! つまり関西におけるトーストは「厚め」というのが一つの定番なのだと
思われます。
そして関西において5枚切りに次いで人気が高いのは6枚切り、そして4枚切りと続き、
8枚切りは全体の数%程度との事です。
それに対し、関東では最も売れている6枚切りが半数を占め8枚切りがそれに続きます。
一方4枚、5枚切りの人気は関東においてはい今一つとされているみたいです。
8枚切りの需要が大きく異なる点からも、関西は厚切りを、関東は薄切りを選ぶという嗜好の違いはやはりあるのだと
思われますし、こうした点からも関東と関西では文化面でもいろいろとすてきな違いがあるという事なのかもしれないですね!

参考までに、5枚切りの標準は24ミリ、6枚切りは20ミリとされ、たった4ミリの違いなのですけど、この4ミリの違いは
案外大きいと言えるのかもしれないですね。

戦後、アメリカの進駐軍の兵士がサンドイッチを食べることから、
東京の製パン会社に8枚切りのパンを作るよう依頼があり、この影響で関東では8枚切りが根付いたともいわれています。
それに対して関西では5~6枚の厚切りが主流となっていますけど、
この厚さの嗜好の違いはどこにあるのかな・・?
関東人の勝手なイメージですけど関西人はドケチが多いという話もありますし、ドケチだからパンの厚さもケチって
うすめの厚さのパンを食べてガッツリ節約に廻すみたいな印象も無くは無いだけに(汗・・)
関西の皆様の「厚い食パン好き」というのはなんとなく意外な感じもあったりしたものでした・・
東西で嗜好が大きく異なる理由について、敷島製パンとフジパンはともに
「お好み焼きなど粉もん文化の関西はもっちりした食感の5枚切り、
パリッとした煎餅文化の関東はさっくりした食感の8枚切りが人気」と分析しているようですけど、
これはなんとなくわかるような気もしますね。
厚切りのもっちりとした食感が関西人好みというのは、確かにお好み焼き、うどんなどもっちりした粉もんグルメを愛する文化が、
関西には伝統的に根付いているような感じもあるのですけど、
外がカリカリ、中がふんわりの厚焼きトーストというのは「たこ焼き」にも通じる食感と言えるのかもしれないですね。

まとめてみると、関東は間食=薄切り、関西は食事=厚切りといえるのかもしれないです。

関東と関西の違いはともかくとして、トーストというのは厚切りでも薄切りでもどちらにもそれぞれの美味しさと魅力が
あると思います。
厚切り食パンの魅力は、「1枚でお腹に溜まる」「ふわふわ感がある」「食感がもちっとしている」などかな・・?とも思いますし、
トーストにしたときバターがたっぷり染み込むから」という意見一理あると思います。
一方薄切り食パンの魅力といえば、「カリッとした軽い食感」「おやつにちょうど良い手軽さ」「サンドイッチにしやすい」などが
挙げられると思いますけど、要はどちらの食べ方も美味しいという事なのかもしれないですね!






繝医・繧ケ繝・convert_20171029192509





私のトーストの好みは、私が関東育ちというのも大きいと思うのですけどいうまでもなく「薄切りトースト」です!

元々朝食を食べる習慣がそれほどない上に、社会人になって間もない頃に会社の寮に入っていた頃
よく管理人から「朝食は絶対に食べてから出勤しろ!」と煩く言われていたせいもあり、当時はしぶしぶ朝食を食べていましたけど
ギリギリまで寝ているため、朝食をゆっくり取る時間は毎日ほぼ皆無で毎朝慌ててトーストとコーヒーとチーズを
口に流し込むという感じでもありましたので、さすがに関西で主流のあんな分厚いトーストを食べていたら
遅刻していたかもしれないですね・・(汗・・)
そうしたせいもあり、薄いトーストをサクサク食べるというのが習慣になっていったのかもしれないです・・・
(実家にいた頃の高校生の頃も吹奏楽部の朝練習が毎日ありましたので、ギリギリまで寝ていた私は、
朝食を取らないでそのまんま自転車に飛び乗って学校に向かって一心不乱にペダルをこいでいましたし、
ひどい場合は、片手にうすいトースト、片手で自転車のハンドルを握っていました・・汗・・!)

私個人の嗜好としては、8~10枚切りのうすい食パンを軽くトーストさせてその上にバターを乗せるとか
薄い食パンの上にチーズとハムを乗せるとか
はたまた薄い食パンの上に半熟卵を乗せてその上にマヨネーズを掛けてトースターで加熱する食べ方が大好きです!
半熟卵がとろ~っとパンの上に流れるあの食感がたまらないと思います! (笑)





縺ゅ°縺ュ_convert_20171030160711





そういえば関東と関西の違いと言えば「スマイルプリキュア」第3話においてもそうした事が一部で論争に
なっていた事もありましたね・・(笑)
校内美化ポスター作りに応募する事になったやよいのために「お好み焼き」を差し入れするあかねちゃんは天使でしたね!
そこで問題になったシーンは何かと言うと、関西出身で関西弁まる出しのあかねちゃんがお好み焼きをみんなで分けるために
切った際のその切り方でして、あかねちゃんはこの時、ピザを切るように放射状に切っていたのですけど、
これが関西方からは「その切り方は関西では絶対にありえない切り方・・」と一時期話題になっていた事もありました。
ちなみにお好み焼きを切る際には関西では四角く切るのが一般的なそうです・・
これって「お好み焼きの切り方」を巡る関東と関西の違いというのか、要は「文化圏の違い」という事なのかもしれないですね・・

それゆえ、「あかねちゃんは本当に関西出身なのか? 実はニセモノ関西人ではないのか」という疑惑(?)が
一部でネタにされていたのは何か懐かしい感じがしますね。

ちなみに私がよく行くイオンは関東というせいもあるのかもしれないですけど、パン屋で販売されているピザを小分けにした際の
切り方は四角ではなくてピザ屋さん切りみたいな放射線状切り方が普通です。
会社の打ち上げや忘年会等でピザ屋さんに出前を注文する事もたまにありますけど、その際の切り方も
四角ではなくてピザ屋さんみたいな切り方でした。
あかねちゃんは関西からの転校生でもありますので「郷に入れば郷に従え」という事で、ああした切り方をしたと言えるのかも
しれないですよね・・(笑)

あかねちゃんのスマイルプリキュア第3話のお好み焼きの切り方は、
中心からピザやホールケーキを切るように切るいわゆる「ピザ切り」だったのですけど、
関西人の皆様の中には、
「お好み焼きをピザ切りするなんて邪道」
「お好み焼きは四角く切るもの」
「あの切り方はなんでやねん! 」
「放射状にお好み焼き切るとかありえへん」
「四角く切るでしょ」
「関西では格子状に切るのが普通」
みたいな声が当時多数寄せられていたとの事ですけど、うーーむ、これも上記の食パンの厚さじゃないけど
関東と関西のすてきな文化の違いの一つと言えるのかもしれないですね!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

昔は6枚切りにジャムつけて食べるのが普通でしたが
今は5枚 4枚切りに薄いチーズのせたり目玉焼きのせたりしてますね(^q^)
分厚いほうが食べごたえあります(  ̄▽ ̄)

そうそう、こちらは5枚切り!
5枚がない時は、4枚を買うかな。
実家に帰ると8枚切りで、ペラいな~と
物足りなさを感じる…
むこうにいるときは、それが当たり前
だったのに、関西人になってきたのかな〜

5枚切り?

おはようございます。
山梨県在住の私は、未だ5枚切りの食パンを知りませんでした。
私が時々買い物に行く店にはありません、と云うか気が付かない??。
拙宅で食卓に上るのは6枚切りです。

私は関東。薄切りを好みますね~^^
餅もそうですが、関東と関西では食文化でも大きく違いますね。その昔、織田信長が京都の薄い味付けを好まず田舎者扱いされていたと言いますが、昔からそういった違いがあったことを考えると、これはなかなか根の深い問題なのかもしれませんね^^

関東と関西の違い・・

みけねころんそう 様


こうしたパンの厚さとか枚数一つとっても、関東と関西では「文化の違い」が如実に表れるのが
大変面白いものがありますよね! (笑)

正直・・4枚切り・5枚切りの分厚いトーストというのはあんまり想像しにくいですね・・

関東のモーニングなんて、うすいトーストにゆで卵とバターとサラダにコーヒー程度なのですけど、
関西は朝からパンという粉ものをガッツリ食べて朝からパワー全開!という
感じなのかもしれないですね・・

慣れ・・

napo  様


napo 様は長野のご出身ですので、静岡と並んで長野は、関東と関西の文化の緩衝地帯というのか中間地帯というのか、
東西どちらの文化も巧みに自分たちの生活に取り入れるという感じでもあるのかな・・?と思うのですけど、
napo さんご自身か関西の文化に慣れ始め溶け込んでくると、
そうした折衷としての文化とか関東の文化というものよりも関西の文化がしっくりと馴染んできたという
感じなのかもしれないですね。

要は「郷に入れば郷に従え」という事なのでしょうね。

甲州は独特・・!?

MK 様


よく言われる話ですけど関東と関西の文化の中間地帯というのか緩衝地帯というのか
東西の文化が巧みにブレンドされているエリアは静岡あたりだと思うのですけど、
山梨と言うのはその点異彩を放っていると思います。
関東でもないし関西でもないしという独特の文化とか生活スタイルや考え方を有しているのが
甲州文化なのかもしれないですね。

私も最初に山梨に異動したころ、あの「いっちょし」とか「づら」とか「やせったい」みたいな独特の言葉とか
無尽という独特の金融文化の存在に度胆ょ抜かされたものでした!

食パンに関しては、山梨は東京と隣接という事で「6枚切り」が定番なのかもしれないですね。

文化の違いは興味深いですね・・

八咫烏(全力稼働中) 様


狭い日本とよく言われますけど、東西の文化の違いを見ると
「日本はそんなに狭くないのかもしれないし、狭い中にもこうした文化の多様性がある国なんだ・・」と
改めて気が付かされる話の一つが食パンの厚さなのかもしれないですね。

これは後日記事でも掲載しますけど、灯油のポリタンクの色も、関東→赤 関西→青という事で
こうした事でも色々と興味深い「違い」があるのも面白い話なのだと思います。

5枚か4枚です。

なるほど…。
私は西日本なので厚切りなのですね。
実家は4枚切りでしたが、現在は5枚切りを使っています。
封を切ったばかりの食パンを、トーストせずに食べるのが好きだったりする私。
翌日に残ったパンを食べる時は、ちゃんとトーストして頂きます。
ちなみに、スライスせずに買った食パンを、好きな厚さに自分でスライスして食べるのが一番好きです!!

私も8枚切りの食パンをトーストして食べるのが好きです!
というか、今朝も食べました(笑)
なぜか何台かトースターがうちにあるのですが、4枚切だと厚みでパンがセットできないトースターもあります。
もしかしたら関東人向けに作られたトースターなのかもしれませんね(笑)

そういえば・・

mama.ikuko 様


そう言えば当たり前の話ですけど広島は西日本で関西圏といえますから厚切りパンが主流と言うのも
当然の話ですよね!
関東では4~5枚切り食パンは多分それ程馴染みがないと思いますけど、パン一つとっても東西の違いがあるというのも
面白い話ですね。

最近の食パンはトーストする必要がないくらいあのふわふわ感は素晴らしいと思います!

私も買った当日はそのまんま食べて翌日以降にトーストしちゃいますね! (笑)

言われてみると・・

すいか 様


あ・・! すいかさんはきちんと毎朝、朝ご飯をとられて出勤されるのですね!

朝はごはんやおにぎりもいいけどうすいトーストも美味しいですよね!
うすいパンにチーズや目玉焼きをのっけてトーストすると朝からパワーを貰えた気分になれそうです!

確かに・・

うちにあるトースターも4枚切りはおろか多分ですけど5枚切りでも厚みが邪魔してトースターの中に入らないと
思います・・
厚切り用トーストというのは関西方面で主に生産販売されているのかもしれないですし、
こうした東西の文化の違いと言うのも面白いものがありそうですね!

食パンは西のほうが厚いのが好まれて、東の方が薄いのが好まれるみたいですね~!
そんな私も8枚切り派です(*´∀`)薄いのを軽やかに食べたい派!(笑)

サンドイッチの感覚

めろ子 様


めろ子さんは最近までうどん県の住人でもあられましたので、こうした東西の文化の違いというものは
多分誰よりも実感されているのかもしれないですね。
四国もやはりどちらかというと、厚切りの方が主流なのかな・・?

私もめろ子さんも基本的には東に属しますので、私もそうですけど食パンというとサンドイッチみたいにうすいタイプに
バターとかハムとか目玉焼きを乗っけて
食べるのが好きですね! (笑)

狭い日本ではありますけど、こうした東西の文化の違いというのも面白いものがあると思いますね。

関西・兵庫県では(庶民の笑)主流は6枚ですが、5枚4枚も普通としてスーパーにならんでいます。
なので、東京に住みだしてからは違和感ありました。
でも8枚切りのパリッと感が今はちょうどいいですね。
関西で5枚切とか食べると、ずっしり来ます。

関西住まいのころは10枚切りは「サンドイッチ用」としていたような気がします。。。

文化の違い

まつたく 様


私自身は東北生れで育ちは東北と関東なので、正直食パンの4枚切りと5枚切りは
「それってありえないじゃん!」という感覚ですね! (笑)
以前ですけど名古屋で食べたあんことマーガリン付のモーニングサービスのトーストは、4枚切り並の分厚さ
でしたけど、正直あれは口の中に入りきらなくて、ちぎって食べていたような記憶があります・・(笑)

やっぱり私は8~10枚切りの方がしっくりきますし馴染みがありますね~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |