FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近の全日本吹奏楽コンクールの課題曲は、マーチもマーチ以外の書下ろし曲も、内容的にも技術的にも
大変高度なものになり、そのレヴェルの向上には目を見張るものがあると思います。
聴いていて「この曲、聴くのも嫌だ・・・」というのが少なくなっているのは大変素晴らしいですね!
私が高校生の時の課題曲の一つであった1982年課題曲A「吹奏楽のためのカプリチオ」は、本当に
歴代課題曲の中でも確実にワースト3に入れる駄作だと思います! (汗・・)
何であんな何の中身もない曲が公募として選ばれたの今でも不思議で仕方ないです・・

あくまで私個人の感想ですけど、86年/嗚呼! 89年/風と炎の踊り 91年/斜影の遺跡
94年/雲のコラージュ 96年/般若 96年/交響的譚詩 00年/をどり唄は苦手の部類に入ります・・(汗)
特に94年のあの伝説の異常に課題曲の演奏時間が長かった年においては、かなりのチームが「雲のコラージュ」を
課題曲に選んでいてあの課題曲を聴く事は私にとっては苦痛でした・・
(福岡工大付属・札幌白石・浜松交響などのように上手なチームが演奏すると全然苦痛に聴こえないのは不思議です・・)
そしてその最たるものは1996年の課題曲でしたね。
あの年の課題曲ⅠのソナタとⅡの般若とⅤの交響的譚詩は苦痛を通り越して「聴くだけで拷問」状態でして、
特に課題曲Ⅴの「交響的譚詩」は今でも大嫌いですし、冒頭を聴いただけで虫唾が走りそうです・・
この課題曲は感覚的には「生理的に受け付けられない・・」というレヴェルの課題曲でもありました・・(汗・・)
だけどこの課題曲Ⅴ/交響的譚詩は、この年の課題曲の一番人気で、出場チームの大半がこの課題曲を演奏していましたけど
「吹奏楽コンクール大好き!」の私ですら、1996年の吹奏楽コンクールはほとんど記憶に無いというのは
この課題曲の存在がほぼ全ての理由といっても過言ではないと思います・・

中には、1990年のように課題曲AからDまで全て名曲揃いという素晴らしい年もありましたね!
(特にランドスケイプとカタロニアの栄光は本当に大好きです!!)

長い吹奏楽コンクールの歴史の中では、かなり不人気な課題曲があったのも否定しようも無い事実でしたね。

少し振り返ってみると・・

1975年

中学の部以外は、課題曲CとDの二曲から選曲しなければならなかったのですが、
高校の部では、課題曲Dを選んだチームは一つもありませんでした。
演奏団体が全て同じ課題曲というのは、審査員にとってはやり易かったのかもしれないですね。
課題曲Dはポップス系だったから、敬遠されたのかもしれないです。
(一般の部・職場の部ではこの課題曲Dは普通に選ばれていましたので、高校の部におけるあの不人気ぶりは
少し気の毒でもありました・・)

1979年

この年は「フェリスタス」という素晴らしい課題曲のせいか、マーチの二曲が不人気という意外な年でもありました。
Eの「朝をたたえて」は、確か阪急と伊丹東中だけしか演奏されていなかったのは意外な感じもあります。
Dの「青春は限りなく」は、高校の部では、福岡工大付属だけというのもこの課題曲自体の出来は決して悪くないだけに
やはり少し気の毒な感じもあります。
(レコードの高校の部の課題曲編における課題曲Dの演奏は、銀賞にもかかわらず福岡工大付属でした・・)

※当時は、現在のCDのように課題曲・自由曲両方の演奏は収録されず
 課題曲は、金賞の中から一団体程度、課題曲編という形でしか収録されていませんでした・・・

1983年

阪急とか嘉穂高校のように課題曲にマーチを選ぶ事が多いチームですら
課題曲Dの「キューピットのマーチ」は避けていましたね。
全国大会では、この課題曲Dは、青森県信用組合と長岡吹のみ演奏しています。

1985年

課題曲Cの「シンフォニックファンファーレとマーチ」を選んだチームは極端に少なかったですよね。
この課題曲での金賞受賞はゼロだったというのも意外です。
この曲を選んだブリジストンタイやもこのチームらしくない冒頭のファンファーレがスカスカの演奏で
当時は驚いたものでした。
だけどこの課題曲においては、チューバのソロという大変珍しい見せ場も用意されています!
課題曲のNo.1は、間違いなく雄新中学校だと思います。
(自由曲のこうもり序曲と合せて、どうしてあの演奏が銀賞なのかいまだに理解できないものがあります・・)

1987年

A(風紋)とE(マーチ「ハロー!サンシャイン)に人気が集中し、B~Dは気の毒なくらい
不人気でしたね。
高校の部では、Bの渚スコープは関東代表のチームだけ
Dは淀川工業のみ
Cは下松だけでしね・・・

1989年

課題曲C/爽やかなれ、清らかなれが圧倒的に不人気課題曲でした!
この課題曲を演奏したのは、阪急と茨城大学のみでした。
作曲者の別宮貞夫先生は、クラシック音楽作曲の重鎮の大先生でしたけど、
吹奏楽コンクールでは人気なしというのも興味深いものを感じます。
(別宮貞夫と並んで重鎮の間宮芳生の課題曲は、カタロニアの栄光を含めて今でも人気と評価が高いのとは極めて
対照的でした!)
別宮貞夫は、当時中央大学の大学教授も務められていましたけど、お膝元の中央大学の吹奏楽団からも
この課題曲C/爽やかなれ、清らかなれは課題曲として演奏されることはパスされていたのも
なんだか皮肉なものを感じたりもします・・
この年の中央大学は「この年に全国大会で金賞を受賞すれば、悲願の5年連続全国大会金賞を達成」という年でも
あったのですけど、全国大会に出場どころか都大会銅賞という結果に終わった事は、
当時一部で「あれは別宮先生の課題曲を選ばなかった呪いだ・・」みたいな事も言われていたのは、
今となってはなんだか懐かしいお話でもありました。

だけどこうした「不人気課題曲」が出てしまう事はある意味仕方のない事なのかもしれないです。
全ての年で全ての課題曲が「当たり」という事を期待する事にもしかしたら無理があるのかもしれないですね。

とにかく今後も素晴らしい課題曲が出てくるのを期待しています!

だけど長い吹奏楽コンクールの歴史の中で「これぞ最大かつ究極の不人気課題曲」というものが実はあったりもします。

それが1978年の課題曲B/カントという曲なのです!

1978年の課題曲は、極端に課題曲Aにばかり人気が集中する結果になってしまいました。
吹奏楽連盟は、当時の吹奏楽オリジナル曲としてはかなりの人気を誇っていたジェイガーとマクベスという
二人の巨匠に吹奏楽コンクール課題曲を委嘱したものの、その結果は、
なんと、マクベスの課題曲B/カントは、全国大会で演奏したチームは全部門を通して0チームという結果になってしまい、
「歴史に残る人気の無い課題曲」となってしまいました! (汗・・!)
支部予選でもカントはほとんど演奏されませんでしたし、
聴いていても「さくら、さくら」がやたら引用される何を言いたのかさっぱり分からん曲・・・という感じでしたから
人気が無いのは仕方が無かったですね・・・・
当時の吹奏楽連盟としては、
「マクベスという大先生に恥をかかせてしまった!」みたいな「やっちまった感」はかなりあったのかもしれないですね。

この年の高校の部は、22団体中、実に18チームがこの「ジュビラーテ」を選んでいました!

あまりにもAのジュビラーテに人気が集中し過ぎるせいで
A以外の課題曲Cとか課題曲D/行進曲「砂丘の曙」を選ぶチームも少なくとても気の毒な感じもしました。
課題曲C/ポップス変奏曲「かぞえうた」は、もしも他の年ならばもう少し取り上げるチームも増えただろう事を考えると
勿体無い気はいまだに感じたりもします。

ちなみにですけど、1978年の全国大会にはジェイガーとマクベスも招待されていたと聞いたことがありますが、
ジェイガーは「してやった顔!」という感じで、
マクベスは「ジェイガーにこんなにも差を付けられてしまった・・」みたいな不本意感はあったのかもしれないですね・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんは!がみです。

うはは、手厳しいですね(^^;;
1982年について調べると、他は、序奏とアレグロ、アイヌの輪舞、サンライズマーチでしたか……
吹奏楽のためのカプリチオを演奏できる楽団なら、序奏とアレグロも演奏できるでしょうから、どちらを選ぶか?!
……カプリチオは冒頭のObソロが嫌われそう?序奏とアレグロは、機械的に演奏できてしまいそうな?……マーチで良いんじゃ?(^^;;冒頭のシンバル緊張するけど。
今聴くと、序奏とアレグロの途中には、「春の祭典」的な響きの箇所が有りますね?

1984年は土俗的舞曲でコンクール出場しましたが、変容ー断章には馴染めませんでした。今聴くと、何でもない現代曲だと思いますが。
最近は吹奏楽コンクールからは離れているので、今の傾向わからないですけどね(^^;;

続いてコンクール課題曲ネタで……

これ、確証を得られていないんですが……
1983年夏の高校野球、甲子園に観に行ったとき、天理高校の応援団が試合前にアルプススタンドで「白鵬狂詩曲」を演奏してたと記憶しています。
当然のように、上手かったんですよ!
でも、この年、天理高校は全国大会に出場できておらず、課題曲になにをやったかがわからなくて、長年謎だったのです。
……でも、今回、天理高校吹奏楽部の歴史がWebで辿れたので調べてみると、春?に課題曲クリニック?に出ているみたいなので、演奏できても矛盾しないのはわかりました。
でも、真偽は?!

……関係者の方、ここを観てないですかねぇ?!(^^;;

土俗的舞曲

がみ 様


1982年の課題曲はBとD以外はもう少しなんとかまともな曲を出して欲しかった感じはありますね・・(汗・・)

Aのカプリチオはホルンの高音が奏者の方は大変だったと思いますし、曲の構成はゆったりとした序奏から
ティンパニの気まぐれ的一撃で曲がアレグロに動いていく感じでしたので、
ホルンとティンパニの方は大変だったのかもしれないです。

私も大学一年の時の課題曲が土俗的舞曲でしたので、当時は同じ課題曲を演奏されていたという事に
なりますね・・(笑)
土俗的舞曲は当時まさか「管弦楽のための民舞組曲」という曲の実は第一楽章であったという事は知りませんでしたけど、
中間部の鄙びた雰囲気は私も大好きでした!
変容-断章は、ティンパニ奏者が途中でマレットをマラカスに持ち替えて、カタカタ鳴らしながら叩く奏法が
とても印象に残っていますし、ピッコロの「和の雰囲気」が結構好きだったりもします。

ちなみにですけど後日記事で、サンライズマーチとかオーパスワンについても触れる予定です。

1983年の天理

がみ 様


1983年の天理の課題曲はAのインヴェンション第一番で自由曲は鈴木憲夫の「シンフォニックラプソディー」という
大変地味な曲を演奏し、関西大会でダメ金となっていました・・

天理の甲子園での金管セクションのあの澄み切った音は素晴らしかったと思いますし、当時テレビの実況中継を見ていて
天理の試合よりも天理の吹奏楽部のあのサウンドのきらめき感にうっとりさせられていたものでした!

参考までに・・・

「吹奏楽コンクールデータベース」というサイトを見てみると、昭和30年代~現在の支部予選・全国大会、場合によっては
県大会あたりの課題曲・自由曲・賞・指揮者等が分かりますので、
これは大変貴重な情報になると思いますよ!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3925-d5a64690
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |