FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


皆様から頂くコメントの中に
「ほぼ毎日のようにこうした長文記事を二つも掲載してのは大変でしょ・・」みたいなお声も頂く事があるのですけど、
これは以前も書いたことがあるのですが、
実は管理人の私自身は、毎日は記事は書いていないのです・・
というか、いくら私でもああした長文記事を毎日書く事は出来る訳ないですよ・・(笑)
私もポンコツ社員ですけど一応は社会人をさせて頂いておりますし、「感情」を有している生身の人間ですので、
「体調があまりよくない」とか
「今日は眠くて仕方が無い・・」とか
「どうしても見たい深夜アニメがある」とか
「今日は昼間に色々と不快な事がありとてもじゃないけど更新記事を書く気分になれない・・」
みたいな感じで記事を書けないという事も実は多々あったりもします。

ではどうして表面上はほぼ毎日記事の更新が出来ているのかと言うと、
休みの日とか気分が乗っている時にまとめて集中的に「予約記事」として書いているからに他なりません。
だけどこうした「予約記事」というのはある意味大変ありがたいですし、
気分的にのらなくて「記事を書きたくない・・」と思っている時でも、以前に書いておいた予約記事のある程度の
ストックさえあれば、勝手に自動的に毎日AM00:00前後に記事が更新されていきますので、
管理人の私としては放置状態でも記事が更新されていきますので、ブログの管理運営と言う戦略的には
大変便利なものであると言えると思います。

私が言うのもなんですけど、こうした予約記事のストックがある程度出来ていれば、余裕があり計画的な更新も
出来ると思いますので、私的にはお勧めしたものはあると思います。

たまにですけど、管理人の私自身が過去記事を読み直してみる事もあったりするのですけど、
最近の記事はともかくとして、初期の頃の記事・・特に2013~14年頃の過去記事を見たりもすると
「えー、私・・こんな妙な事を口走っていたんだ・・なんかこっ恥ずかしい・・」みたいに感じる記事も多々あったりしますね・・(汗・・)
だけど過去においてそうした記事を確かに書いていたのは間違いなくこの管理人の私ですので、
「そういう時もあったね・・」と自分で自分を慰めるようにしております・・(笑)
「今の自分も自分たけど過去の自分も自分・・、そうした過去の自分も決して否定することなく受け止めたい・・
人と言うものは未来は自力でチェンジさせられる可能性はあるけど、過去を今更変える事は出来ないからね・・」という
気持ちにたまになったりもしますね・・(汗・・)

「どの過去の自分も他ならぬ私自身・・」という気持ちは忘れないようにしたいものです。











「どの過去の自分も他ならぬ私自身・・」というと歴代プリキュアの中で思い出すのはキュアスカーレットですし、
2015年後期EDの歌詞の中に登場していたあるフレーズが今更ながらとても印象的であったりもします。


どの過去も生きるチカラに

私の炎、誰にも消せない

つないだ手、永遠に信じて

特に特に・・・あの「どの過去も生きるチカラに」
のフレーズにとっても胸を打たれるものがありますね!

そうなんですよね・・・

人間と言うものは、現在と未来は「自分の気持ち」次第でいくらでも変える事は出来る可能性はあると
思うのですけど
「自分自身の過去」は絶対に変えられない・・・
そんな「辛い過去」でもそれをしっかりと自分自身で認めて全てを受け入れる事で
その「辛い過去の記憶」から何か「生きるヒント」になるものはあるはずだと思うのですよね。

でもそうした「どの過去も生きるチカラに」というのは、別にトワ=キュアスカーレットだけの専売特許ではないとも思います。

歴代プリキュアの中には、過去の様々なトラウマとか悩みとかコンプレックスを抱えている人達は
たくさんいたと思いますし、
そうした意味においては、ハピネスチャージプリキュアのメンバーも例外ではなかったのだと思います。

初期の頃はとにかくポンコツだったひめ・・・

物語の中盤まで意外と「自分自身」を大切にする意識に幾分欠けていためぐみ・・・

初期から中盤までは、ひめを一切認めなかったいおな・・・

色々と「過去」はあったと思います。

そしてそれを皆乗り越えてきた・・・・その乗り越えられるチカラこそがプリキュアを見る一つの醍醐味のようにも
思えますし、
あの歌詞がなんか心に響く要因にもなっているようにも感じられたりもしますね!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/
ぬくぬく先生様の記事はボリュームもあって、休みの日とはいえストックを書き溜めておくのは大変な事だと思います。私は行き当たりばったりなのであらためて尊敬いたします(^^♪
過去記事はチェックの為等に読み返したりしますが、ブログを初めて間もなく2年…成長したのかいまいちわかりません(-_-;)色んな方々にブログを通して出会えたのが1番の宝ですけどね。
プリキュアは一貫して少女達の成長物語ですよね。どの作品も後半で成長が実感できる辺り、やはりプリキュア素晴らしいシリーズだと感じます!

さすがにこの長文記事を毎日毎日こなすのは至難の技ですよね
この人寝ているのか!?と想ったときがありました はい(遠い目)

いやぬくぬく先生ならもしかしたら・・・(^q^)

自分のブログを読み返すのは確かにこっぱずかしいですね
あーこんなの描いたっけー(°▽°)とか 浸ってみたり
最近見たらなんか表示されないイラストが複数あったり・・まあそこは追々

成長したかはわかりません
だがこれを多くの人が見てるのかと再認識したら身が引き締まる想いであります!(*ノ▽ノ)

過去記事でその時の自分と出会うって
ありますよね。
ぬくぬく先生が過去記事のコメントを
して下さるので、あんなこともしてたしてたと
懐かしく思いつつ、自分に感心したり(笑)

いいじゃないですか〜
恥ずかしい自分もまた自分♪(^-^)

昔の記事を見て、うわーっってなることは私も多々あります。昔の写真なんか、今見ても被写体様に失礼なんじゃ^^;ってレベルのものもあります。まあ、今もたいして変わらないような気がしますが^^;でも、そういうのも大切な思い出ですよね。そのころがあるから今があるのだなと再認識しました。むしろ、この先がまだまだあるなら、自分がどんなブログを作っているのか、ちょっと期待したいと思います。その実、今と変わらないかもしれませんが^^;

一つの自分史・・?

ごにぎり 様


いやいや、ごにぎりさんの記事はあれだけ素敵な写真がたくさんあり記事も内容的に大変優れたものがあり、
私の方こそ「すごいなぁ・・」と感心させられるばかりです!
こうしたブログ管理運営というのはある意味「自分との対話」みたいな感じもあり、それが蓄積されていったものが
一つの「自分史」という事になるのかもしれないですね。

とにかくお互いにこれからも日々の更新を頑張っていきましょう!

プリキュアは特にのぞみとめぐみが顕著だったと思うのですけど「夢を探して夢を最終的に見つけていく物語」とも
言えるのかもしれないですね!

成長の痕跡

みけねころんそう 様


いやいや、いくら私でもさすがにあんな長文記事を二つも書けないですよ・・(汗・・)

予約記事がほぼメインなのですけど、そうですね・・例えば今現在ですと大体11/15前後の記事を書いているという
感じでもありますし、掲載順序をよく入替えしているせいもあり、改めて見ると
「あれれ・・これ話の時系列があってないじゃん・・」と感じさせるものが実はあったりするのもこの予約記事が
最大の理由なのかもしれないです・・(汗・・)

過去記事は確かにこっ恥ずかしいものばかりですけど、これが数年続けられるとこれはこれですてきな「自分史」にも
なると思いますので、この中に少しでも「成長の痕跡」があれば嬉しいものですね!

みけねころんそう や アミグリさんなどのような絵師様がこうやって定期的に絵を掲載され続けている事は
絵心が全く無い私にとってはとても眩しく感じられますね!

どうかこれからもすてきな絵を描き続けて頂きたいと思います!

過去の自分との遭遇

napo 様


私もたまにですけど頂くコメントの中で5年前に書いた記事のコメントを頂く事もあったりして
「あれれ・・? 私以前そんな事書いていたんだ・・」と思ってしまう事もあるのですけど、
温故知新じゃないけど昔の自分を振り返って今の自分を顧みるというのも悪くは無いのかもしれないですし、
これは「過去の自分との対話」みたいなものなのかもしれないですね・・

ご指摘の通り「そうしたちょっとこっ恥ずかしい記事を書いたのもまた自分なり!」という事なのかも
しれないですね!

そんな事ないですよ!

八咫烏(全力稼働中) 様


昔の写真なんか、今見ても被写体様に失礼なんじゃ^^;ってレベルのものもあります

→いやいや、そんな事ないですよ!
カラス様の記事と写真は「すてきな愛」に溢れていると思いますし、ああした愛がなければあんなすてきな
 踊り手さん等の写真は撮れないと思いますよ!

そうやって過去の記事や写真を見ながら「これからの課題とか方向性」を模索していくと言うのも素敵な事だと
 思いますし、そうやってブログとして積み重なっていったものが
「一つの自分史」という事になるのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |