FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


人間って生きる上ではなにかと「痛み」はあるものですよね・・

そこには「心の痛み」というのもあるとは思いますし、体の不調や病気・事故等による「からだの痛み」というものも
あると思います。
心の痛みというものは時間がある程度解決してくれる場合もありますけど、からだの痛みというものは、症状によっては
生涯そうした「痛み」とお付き合いせざるを得ない事もありますので、出来ればそうした「痛み」とは関わりあいたくないなぁ・・
とも思うのですけど、人と言うものは生きていく上ではメンタル面もそうですけど、
病気・事故・怪我による身体的な痛みには何度かは遭遇せざるを得ないのかもしれないですね。

さてさて、2012年頃の話ですけど、とあるサイトにて「人間が感じる事のできる激痛ランキング」と言うものが発表され
一部で話題になっていましたけど、見た感じどれも激痛という感じで、出来れば一つたりともそうした痛みを経験したく
ないよなぁ・・という痛みばかりでした。

そのランキングの一部をご紹介させて頂きますと・・・


第18位 タンスの角に小指または弁慶の泣き所を思いっきりぶつける

第17位 こむら返り

第16位 骨折

第15位 爪はぎ

第14位 睾丸強打

第13位 痛風

第12位 骨髄注射

第11位 スズメバチに刺される

第10位 睾丸破裂

第9位 肺炎

第8位 癌(特にすい臓ガン)

第7位 陣痛

第6位 椎間板ヘルニア

第5位 パラポネラ → これはアリに刺される事です。サソリの何百倍もの痛みを引きおこすらしいです・・

第4位 心筋梗塞

第3位 尿路結石

第2位 群発頭痛

第1位 歯にフッ素を塗る

うーーむ、改めてこのランキングを見ても「どれもこれもぜんぶパスしたい・・」という感じの痛みばかりですね。
ちなみにですけど、第2位の「群発頭痛」についてですけど、この言葉が一般的にあまり馴染みがないかもしれないので、
少しフォローさせて頂きますと、頭痛の中でも最大の痛みと呼ばれるのが群発頭痛なのです。

この群発頭痛についての解説書をそのまんま引用いたしますと・・

「頭痛なのに、眼球の裏から痛みが現れ、まるで目玉をくりぬかれるような痛みに襲われる。
その痛みは一度起こると1時間は収まらないため、気が狂ったように患者は暴れる。
最悪な例として、気がくるってしまい2階から飛び降り自殺した例もあるくらいの頭痛。
「たかが頭痛」と甘く見ていて、病院に行かず「群発頭痛」の発見が遅れるケースもある。
また、最初に発症したのと毎日同じ時刻に必ず起こるため、その時間が近づくと表現しにくい恐怖感が襲う。
さらに3~4年周期で起こるため、本人が症状を忘れて、落ち着いた頃に再びやってくる憎たらしい病気。
遺伝は関係なく、老若男女誰にでも起こりうり、生活習慣は一切関係ない。
誰にでも起こる可能性があるので、非常に怖い。」との事らしいです。

この群発頭痛の人間の我慢の限界をとっくに超越した痛みはとにかく想像を絶するとの事ですので、
「たかが頭痛じゃん・・」と思ってなめてかかると痛い目に遭いそうですね・・(汗・・)

さてさて、私の場合ですけどこれまでの生涯でそりゃー何度も痛い目に遭遇しています・・

その中で私が「これは堪らないね・・まさに痛さの極限だよね・・」と感じた過去の痛みの中で、
生涯で一番目と二番目に痛かった事は何かと言うと、その第2位は
上記のランキングで3位に入っていましたけど「尿路結石」であり、輝かしい(?)第1位は、
上記のランキングでは第16位 骨折と第15位 爪はぎに少しばかり近いのかもしれないですけど、
バイク走行中に雪道でスリップした際の「手の甲の中指の付け根部分の断裂」でした!
確かに結石ものたうちまわるような痛さがあったのですけど、中指の付け根部分が避けてしまい、
多分最初で最後の経験なのかもしれないですけど、「自分で自分の骨をはっきりと見えた!」と言える流血大惨事事故であり、
結果的にこの怪我によって手の甲の中指の付け根という人間にとって大変薄い皮で覆われた大変デリケートな部分を
5針縫ったあのとてつもなく激痛の経験が今の所、「人生最大の痛み」と言えるのかもしれないですね! (汗・・)

「尿路結石」の激痛は、正直発症した人でないと分からないと思います。
とにかく、のたうち苦しむ痛さです!
「死ぬほど痛い」という言葉しか出てこないです・・

結石というのは、生活習慣も大きな要因ですけど「遺伝」という要素も大きいそうですね。
私のの亡き両親・兄・姉、全員一度は「結石」が発症し家族全員一度はあの激痛を体験している事になります・・
そういう私自身も、2003年の真冬に尿路結石を発症し、あまりの激痛ぶりに我慢が出来ず、
今の所の生涯で唯一「救急車」で搬送される羽目になってしまいました・・・(汗・・!)

発症したのは、12月でとても寒い朝でしたが、
あまりの激痛に、冬だというのに脂汗が止まらず、全身汗まみれになるほどでした。
救急車の中で、搬送先病院が中々決まらず、隊員の人達が5~6箇所くらいの病院に一生懸命電話をかけたのですが、
どこからも受け入れてもらえず、結局、救急車の中で20分程度受け入れ先が見つからない状態で
ずっと待機させられていました。
あの時は「とにかくどんなやぶ医者でもいいから一刻も早く病院に搬送してーーー!!」と
心の中で絶叫していましたね・・・(汗・・)

だけど「尿路結石」なんてのは応急処置も特になく、病院に搬送されても麻酔薬みたいなものを打たれて
半分失神状態にさせることぐらいしか処理の仕様がないのかもしれないです。
気が付いた時は、痛みも完全に引いていてそこからレントゲン等色々と検査を受け、
痛み止めの薬と石を小さくする内服薬を処方され、
医者からからは「大量に水分を取って、縄跳びみたいな運動をしてね・・」と言われた程度でした。

一か月後くらいにボロッと石が出て治りましたけど、その後何度か体内に結石が出来てしまう症状も起き、
その都度、石を小さくする薬を飲んで、縄跳び等のジャンプ運動をする事で幸いにも毎回結石が自然に体外に出てくれて
そのたびに「今回もレーザー粉砕等の入院治療をせずに済んでよかったぁ・・」と思っていますけど、
健康診断でも毎回「平均値よりも結石の原因でもある尿酸値が高め」という事になっていますので、
尿酸値を下げるヨーグルト・わかめ等の中性食物を意識的に摂取していきたいと思っています。

だけど、あの激痛は二度と経験したくないですね・・

今にして思うと、結石を発症する一か月ほど前から妙に左足の足裏が妙に痛かったと思います。
ツボ的に調べてみると痛かった部分は、腎臓~尿管部分のツボらしいので
やはり「前兆」だったのかもしれませんね。

そして今の所、これまでの生涯で最大の激痛経験は、1988年の冬に経験した大雪の中でバイクをスリップさせてしまい、
その際に右手を思いっきり道路で擦ってしまい、その際に手袋をはめていたのに手袋も完全に擦切ってしまい、
右手の甲の中指の付け根部分の皮膚が断裂してしまい、
雪道を鮮血で染めてしまいました・・
あの頃は、金融機関在職1年目の新入行員だったのですけど、確か昭和天皇逝去後間もない頃の話ですが、
当時の上司から「この書類を大至急××さんの家に届けて実印を貰ってきて・・」と業務命令を受け、
当日は結構大変な雪になっていましたけど、車が空いていなかったものでバイクで行ったのが運の尽きでしたね・・
そのお客さんに書類を届け、実印の捺印を頂き帰行の最中にそうしたスリップ事故に遭ったのですけど、
雪道という事でそれほどはスピードは出していなかったのですけど、
「寒くて堪ったもんじゃないし、早く暖かい行内に帰りたい・・」と少し焦っていたのが敗因だったと思います。
上記で書いた通り、断裂した中指の付け根部分を見て「初めて自分で自分の骨を見た・・」という感じの怪我でしたけど、
あの痛みはとにかく想像を絶する「痛さ」がありました!
あの激痛は今の所、私が経験した最大の痛みと言えるのだと思います。

一旦行内に戻り、書類を上司の元に届け外科に駆け込んだのですけど、その場ですぐに5針も縫われてしまいました!
消毒の際の痛みも半端ないものがありました・・
だけど面白いもので、皮膚が骨が見える程度裂けても、手や指は普通に動くのですよね! (汗・・)
そして意外な事に、翌日以降も私は普通に出勤し、何事もなかったかのように普通に字を書いたり書類作成等
していましたので、これは「若さって一つの奇蹟なのかもね・・」と言えることなのかもしれないですね。

この中指の付け根の5針の縫合痕は今でもしっかり残っています!

夏場に日に焼けて手や指が黒くなると、その痕跡もあまり目立たないのですけど、秋になって日焼けが落ちてくると、
この痕跡はやっぱり見えてしまいますね・・(汗・・)

さてさて、これからの生涯でこうした「痛み」はあといくつ経験しないといけないのでしょうかね・・??
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ああ、痛い痛い。
読んでいるだけで痛いです。
ちなみに、私も、とある怪我で大変なことになりましたが、もう十分今日の記事で痛い思いしたので、また機会があればということで^^;
痛みは身体からのサインですが、あまりにも派手すぎるサインで困りますね~^^;

えっ、フッ素を塗るのって痛いんだ〜
それが1番なんだ~と思っちゃいました。
どれもこれも痛そう…
出来るなら味わいたくないな…(^_^;)

ひぇ~~痛い痛い(´;ω;`)
自分の骨を見る経験なんて、そうそうないですよ~~!

痛みランキングでぎっくり腰が無かったんですけど、私的にはこれが人生で一番痛かったです…骨折もやったことあるけど感覚的にはそれ以上だったような…(笑)

もう痛い体験はしませんように!

こんばんは。
読んでいるだけで痛くなりそうな体験ですね。。。お白湯を習慣的に朝と夜飲むようにするのもいいかもです。
雪の季節は重々ご注意ください!

痛いのも苦しいのも

痛かった事、フォークリフトの爪に小指を挟みプッツン仕掛けたり、八ヶ岳川俣川東沢に厳冬期に滑落したり、車に自転車で突っ込んだり・・・相当ありますなぁ。
骨折の手術中麻酔が切れたり・・・。
苦しかったのは、心不全を起こした事。
葬式に使うテーマ音楽を考えて、苦しさにたえておりました。

痛い

うわ~~~

痛い痛い!!!

優子は片頭痛持ちなんで、頭痛の痛みは良くわかります。

バットで殴られたような痛みで動けなくなったことが

ありますよ、今では薬を持ち歩いています。

今までで一番痛かったのは、

骨折もしたし、頭痛もあるけど・・・・。

大型犬に噛まれて右手を10針、左手を5針縫ったこと

かな。

右手は牙でほぼ貫通しました。

今も傷痕ありますよ。

噛まれるとパンパンに張れてしまって、

メチャクチャ痛かったです。血もドバドバ出たし!

そう言えば・・

八咫烏(全力稼働中) 様


そう言えばカラス様は今年は一時期怪我をされて負傷中という時期もありましたね・・

その昔の怪我もなんだか気になりますけど、とにかく怪我も病気も「痛さ」は嫌ですよね・・

ちなみに「痛み」に関しては男性よりは女性の方が耐用性はあり痛みに強いとも言われているようですけど、
プロ野球でデットボールを食らって大袈裟に痛がる男性選手を見ると
「確かにね・・」と感じてしまいますね・・(笑)

フッ素は使いよう・・

napo  様


確かにフッ素は歯の治療でもよく使用されるのですけど、使い方を誤ると史上最悪の激痛が待ち構えているそうです。
事実、歯にフッ素を塗った事による死亡事故も発生していますし、
以前ですけど、思いを寄せる同僚女性の靴にフッ酸を塗って、足指を切断させたストーカー男が逮捕されたという刑事事件も
発生しています。

ものは使い方を誤ると劇薬にもなるという典型的な話なのかもしれないですね・・

とにかく「痛み」はあんまり経験したくないものですね・・

ぎっくり腰

めろ子 様


今にして思うと自分の骨が見える程度の皮膚の断裂なのに、骨折も指が曲がらなくなるといった後遺症がなかったのは
ありがたい話でもありますね・・
だけど雪道に鮮血か飛び散るあの痛みは絶対に経験したくない痛みでもありますね・・

そう言えば「ぎっくり腰」も相当の激痛のようですね。

あれはなった瞬間の痛みが想像を絶するようですね・・

うーむ、あまり想像したくはないかもですね・・(汗・・!)

え…結石って遺伝もあるんですか?
親父が何度か入院してるので…嫌だなぁ…
遺伝と言えば癌もそれっぽいので、
自分にとっては「これから」が正念場なのかもしれないデス((((;゚Д゚))))

うわあ~
読んでるだけで「うぐぅ」ってなります。
ぬくぬく先生さんも、たくさん痛い思いされているのですね。
気をつけて…と言いたいところですが、自分でどうこうできる痛みではないものが多いのも、辛いところですね(;_;)

うわぁ、全部嫌ですね💦
事故も大変でしたね💦
怪我も病気もどちらも嫌ですね💦
私、フッ素は塗った事ありますが、
その時痛く無かったと思いますが、
歯に塗るフッ素も色々って事でしょうか。
なんか怖いですね(^_^;)

Re: もう痛い体験はしませんように!

yokoblueplanet 様


ご心配して頂きありがとうございます!

そうですよね・・雪道とか寒い日の運転は気を付けないといけないですけど、
とにかくあんな激痛は二度と経験はしたくないものですね・・(汗)

葬式のBGM

MK 様


MK 様も色々と痛い目に遭ってこられたのですね・・

心不全が一番恐ろしそうです・・

そういえば私も記事内の尿路結石で救急車で搬送された際には、あの時点では結石と原因が分かっておらず、
「もうこれで死ぬのかな・・」と瞬間的にふと思い、
私も自分の葬式の際のBGMについて一瞬考え、その時にはマーラーの交響曲第5番~アダージェットを
思い浮かんでしまいました・・

Re: 痛い

優子 様


今回記事にした痛みランキングは一つたりともあんまり経験したくないものばかりですけど、
頭痛の辛さは私も頭痛持ちであったりしますのでよく分かりますね・・
私も常にイブ・バファリン等は持つようにしています・・・

犬は可愛いけど牙で咬まれちゃうと痛くて辛そうですね・・しかも大型犬とのことですのでお察しいたします・・

結石

けうけう 様


そうなんですよ!

腎臓結石も尿路結石も原因は半分遺伝、半分が生活習慣ですけど、
全員が全員そうなる訳でもないし、生活習慣のウェイトも大きいですので、くれぐれもお気をつけくださいね・・(笑)

ちなみに尿路結石の場合は今現在は入院の必要はあまりなく、レーザー紛糾処置ですと日帰り入院→退院できると
思います・・

一つや二つは・・・(笑)

すいか 様


そりゃ~、長い間人間やっていると誰だって「激痛」の一つや二つは経験すると思いますよ・・(笑)

病気による痛みも大変そうですけど、事故の「痛み」は嫌ですよね・・

私もその指の付け根の縫合痕跡見る度に「あの時は死ぬほど痛かったなぁ・・」としみじみ思ってしまいますね・・(汗)

すいかさんもくれぐれもお気を付け下さいね!

痛いのは嫌ですよね・・

kirakiya.rumari 様


歯にフッ素ですけど、要は治療行為として歯科医が正規の手順でやると問題ないのですけど、
悪意を込めて位置的にやったりすると拷問なんてもんじゃない死ぬほどの激痛、そして死に至るケースも
現実的に起こっているようですね・・

とにかく病気も事故による痛みはできるだけパスしたいですけど、
生きている限り、誰だって一つや二つはとてつもない激痛は経験しそうですよね・・(汗・・)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3921-0db61352
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |