FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


よく「夢のマイホーム」とか
昭和の頃の高度成長期とか平成バブルの頃は「郊外でもいいから一戸建ての家を持つのが生涯のささやかな夢」
みたいなお話はよく耳にしていたと思います。
そして実際にそうした夢がいざ現実のものになろうとする際に立ちはだかるのが「お金」の問題なのかもしれないです。
一戸建ての家とか新築マンションをポーンと現金で買えることができちゃう人は本当にごく限られた人たちだと思いますし、
相続とか親の援助とか生前贈与等で本人がほとんどお金を払っていないのに思いがけず家を持てちゃう人も
いないこともないのでしょうけど、そうした恵まれた方というのはごく一握りの人なのだと思います。

家を購入する時には必ずと言っていいほど住宅ローンが必要となります。
そして多額の借入を行う住宅ローンでは、金融機関による「審査」を避けて通ることはできません。

私自身、住宅ローンを組んだ時に、一応ですけど元・金融機関勤務が長かったということで
「どうすれば住宅ローンの審査は通るのか、どういう場合は通らないのか」みたいな事は百も承知でしたので、
そのあたりは難なくクリアさせて頂きました・・(汗・・)
ただ住宅ローンを組んだ頃って、私自身、2001年に14年間勤務していた金融機関が破綻し、幸いにも
次の職場は簡単に見つかったもの住宅・建築業界という事で異業種への転職という事になってしまいました。
あの当時は、年収ガタ落ち・2年足らずの勤続年数・同一業界勤続歴の短さ・異業種への転職という事で
住宅ローン審査を受ける場合、ある意味「最悪の四条件」が揃っていた事にもなるのですけど、
それでもどうすれば住宅ローンの審査を通過できるかについては、自分自身の経験と感覚でなんとなくわかっていましたので、
極力自己資金を多く拠出しローン部分を出来る限り少なくし、返済期間に関しては本来最長35年程度までは組めたのですけど
あえて25年返済と借入期間を短くし、
同時に住宅ローンの審査時に「申告書」というものを提出し、その中に
「どうして私は現況、勤続年数が短いのか、どうして異業種に転職せざるを得なかったのか等について
事実に基づいて状況を説明し、それでは今後の勤続状況はどうなるのかという点に関しては、転職一年目にして
新築で××棟の実績を上げることができた・・」みたいな事を記しましたけど、
一番大きかったことは、当時の私に金融事故歴も他の借り入れも何も無かったことが一番大きかったのではないのかなと
思ったりもします。

ま・・・私の事例などどうでもいい事なのですけど(汗・・)

審査に通過できなければ住宅ローンを組むことができず、マイホームの購入も実現しません。
住宅ローンの審査に通過しないという事にはどんな理由があるのかと言うと、色々とあるとは思います。
例えば、年収が基準よりも低いとか
(自営業の場合、税務申告の理由よりわざと所得金額を低く申告されている方も結構いらっしゃるのですけど、
そうした場合確定申告書をベースに自営業年収判定書みたいなものを添付する事で、表面上の低い所得金額を
カヴァーできる場合も実はあったりもします)
35年返済で申請したものの、完済時には80歳を超えてしまうとか
カーローンなど他にも借入金額が多いとか
住宅ローンを申請した金融機関にて、他のローン返済に過去に返済遅延の履歴が残っているとか
俗にいう風俗関連にお勤めとか転職間もない上に転職先の給与体系が完全歩合制であるとか
理由は千差万別なのだと思います。
だけど、そうした理由の中でも一番多いのは俗にいう「金融ブラックリストに乗っかっている事」なのだと思われます。

では、過去に「借金の踏み倒しや返済遅延」といった信用情報が傷つく行為を行ってしまった場合、
住宅ローンの審査を無事に通過する事は出来るのでしょうか・・?
私も住宅メーカーのモデルハウス営業時代の話ですけど、来場されたお客様との話がとんとん拍子にまとまり
「あとは契約だけ・・」という流れになり、このお客様は住宅ローンを利用しての資金計画を組まれていて、
提携先のとある金融機関に事前審査をお願いした所、結果は・・・否決! 理由は過去のブラックリスト入りであった・・
みたいな話は結構何度かあったと思います。
こういう時って「今月はこのお客様の契約で受注一棟のノルマがクリアされる・・やれやれ・・」と思っていた所、
そうしたまさかの審査否決で営業担当の私の心もしょぼん・・となってしまいますけど、
それ以上にしょぼん・・となってしまったのはそのお客様自身なのかもしれないですね・・・
しかもその申込者の奥様自身、「自分の旦那に過去にそうした過去の金融ブラック情報があるなんて寝耳に水みたいな話し」
だったようでして、その後このご夫婦の仲はかなり険悪なものになってしまったと後日聞いた事もありました・・(汗・・)

結論から言うと、近い過去において金融ブラックリストに乗っかった事がある方は、金融機関の住宅ローンの審査は
ほぼ100%の確率で審査に落ちます。
名前を出して大変恐縮なのですけど「スルガ銀行はブラックでも多少金利の上乗せさえ我慢すれば審査は通る」みたいな
話しが一時期流れた事もありましたけど、例え全般的に審査が甘いスルガ銀行ですらも
ブラックリストに乗っかっている人の住宅ローン審査を通す事は基本的にはありえません・・

いわゆる「ブラックリスト」とは、過去に借金の踏み倒しや返済遅れがあった人を指します。
クレジットカードや携帯料金の支払いも含め、あらゆる情報は「信用情報機関」を通じて共有される仕組みとなっています。

住宅ローンの審査の時も、金融機関はローン申込者一人一人の信用情報をチェックし、
過去にブラックになった形跡がないかどうかを調べた上で、融資の判断を行います。

ブラックリストに載ってしまう行動は主に以下のような場合です。

・クレジットカードの支払いが遅れた
・キャッシングの返済が遅れた
・自己破産したことがある
・携帯電話の料金を踏み倒した
・カーローン・教育ローン等の無担保無保証人のフリーローンの返済に過去において遅延が発生した
・金融機関から代位弁済の請求を受けた事がある

こういった信用情報のキズは、約7年程度残ると言われています。
しかし、少しブラックになったからと言って必ずしも住宅ローンが組めないわけではありません。
ブラックの人でも、自己破産・代位弁済等よほどひどくなければ住宅ローンの審査は通過できる可能性も実はあります。
なんにせよ、若い頃にまだやんちゃだったあの頃のそうした「過去のあやまち」によって可能性的に
生涯住宅ローン審査を通過できない可能性だってありますし、「夢のマイホーム」を実現出来ない可能性だってありますし、
とにかく若い頃も今現在もそうですけど、そうした踏み倒し・遅延等の「金融トラブル」は皆様の足を一生引きずってしまう
可能性がある事だけは認識して頂ければ幸いです・・・

だけど上記で記したとおり、軽微なブラックでしたら7年程度でブラックから外れる可能性もありますし、その際に
ブラックリスト経験者であったとしても、例えばですけど
3000万円の物件を購入する上で、自己資金を2000万円用意できるならば、住宅ローンの申請金額は1000万円程度
という事で金融機関としては住宅ローンの審査に通り安いという事になると思います。
反面、3000万円をフルローンで借りるとなると、当然審査のハードルは上がる事になると思います。

また、購入物件の評価によっても審査結果は変わります。
物件には担保として抵当権が設定されますので、評価価値が高い物件ほど融資は受けやすくなります。

他には、住宅ローン審査の重要なポイントとして現在の職場の勤続年数・年収も当然チェックされます。
金融機関の住宅ローン審査のポイントの一つとして「返済比率」というものがあり、
これは分母を年収とすると分子は「今回申請している住宅ローンの年間予定返済額+他のローンの年間返済額の合計」となり
一般的には30%を超えると「ちょっとまずいかも・・」という事になり、35%を超えると「危険水準」と
言われています。
そのためにも当たり前の話ですけど、住宅ローンを組む金額は極力少なめにして、なんとか若いうちから
「自己資金」を貯めておくことは求められるのですけど、
これって若いうちってなかなか実践できにくいものですけどね・・(汗・・)

本記事の結論としては、若い頃の金融事故は後で後悔する可能性が高いと思いますけど、
過去のそうしたブラックというキズがあったとしても、時間の経過により住宅ローンを組める可能性は十分にありますし、
その際には、最低限現時点における「事故の無い状態」をキープした上で住宅ローンの審査に臨むべきでは
ないのかな・・?と思ったりもします。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |