FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


めっきり寒くなりました!

季節はいつの間にやら「秋」を通り越し「冬」に突入してしまいましたね!

最近の日本は「四季」という概念がほぽ崩壊しているようにも感じ、極端に寒い冬と極端に暑い夏がやたらと長く、
この夏と冬の間にあるのか無いのかよく分からないような春と秋があるようにも思えますね。
俳句の世界では「季語」というものは当たり前ですけど、可能性的に日本には四季とか季語という言葉すら
消失しそうな予感もあったりしますね。

さてさて、そうした冬の時期に日本人だったら多分誰もが一度ぐらいは暖まった事があると思われ、そして
そのぬくぬくとした温かさに思わずほっこりとした気分になってしまう冬の暖房器具が
「こたつ」だと思います。
こたつで家族団欒したり、テレビを見ていたりしていると、ついウトウトしてしまう居心地のいい空間ですよね!
そしてこたつにゆったりと足を延ばし、熱いお茶を飲んでみかんを食べたりお煎餅をポリポリと齧ったり、
ボケーっとしながらテレビを何気なく見ているとついついうとうととうたた寝をしてしまいがちなのですけど、
こうしたぬくぬくとしたこたつの中で温まっていると
「日本人に生まれてきてよかったぁー!」と何だか妙にしみじみとした幸福感を味わいそうですね! (笑)

私自身は埼玉在住ですけど、夏場は正直・・エアコンが無いと死んじゃいます!

だけど冬に関しては、私が東北の生まれと育ちという寒冷地育ちというのもあるとは思うのですけど、
埼玉の冬が極端に寒いとはあんまり感じたことは無いです。
(過去記事においては、冬の時期になるとやたら寒い、寒いというワードを連発させていますけど、あれは一種の
ブログの上での季語というか挨拶代りみたいなものなのかもしれないですね・・笑)
我が家が「高気密高断熱の省エネ住宅」という事もあるのですけど、冬に関しては、外部の冷気が家の中にあんまり
入ってこないし室内の暖かい空気がほとんど外部に出て行かないという事で、
冬に関しては、室内はそれほど寒いと言う感触はないですし、冬にエアコンの暖房を使用する事はほとんど無いと
思います。
こたつと一階リビングの電気ストーブだけで十分暖かい気もしますし、
実態は「我が家における冬の暖房器具は、ほとんどこたつのみ」という事は言えると思います。

やっぱりこたつはあのほっこりとしたぬくぬく感がたまらないですよねぇ~! (笑)

だけど、こたつには使い方を間違えると「ちょっと危ない・・」という感じも無くはないものですので、ある程度注意は
する必要があると思われます。

「こたつで寝ると風邪をひく」とよく言われますけど、一歩間違えると単なる風邪だけでは済まないようです。

簡単に言うと、下半身だけが温められる→汗をかき体が脱水症状を起こす→血液が濃くなる→血栓ができやすくなる
→心筋梗塞肺塞栓症(エコノミー症候群)や脳梗塞のリスクが高まるという危険性を
実はこたつが秘めているという事なのだと思われます。

ではどうしてこたつでうとうと寝てしまうとちょっと危ないのかと言うと・・

•上半身と下半身の体温に大きな差がある

•体温より高いコタツで異常に汗をかき、脱水症状に陥る

•腸の水分量も失われるので便秘も引き起こす

•狭い中で寝返りなどが出来ず、関節や筋肉にも負担がかかる

•結果的に疲れが取れず睡眠のリズムが崩れる

•のどや鼻が乾燥して風邪をひきやすい

体温以上の温度で体を温め続けることは、私たちが思っている以上に体に負担がかかっています。
つまり、「上半身に毛布や上着をかければいい」という対処ではなく
「こたつでは寝ないこと」が体を守る一番の方法と言えるのかもしれないですね。

それと・・もう一つ危険な要素が「低温やけどの危険性」なのだと思います。

低温やけどは長時間にわたり、同じ個所を温め過ぎてしまうことにより発症し、
通常のやけどよりも痛みが少なく、自覚症状に乏しいため重症化してしまうことがあります。

特にこたつでは、温められる範囲が広いので広範囲にわたってやけどを起こしてしまうことがあるため危険と
言えるのだと思います。

俗に「猫はこたつで丸くなる」と言いますけど、猫ちゃんがこたつの中に長時間潜り込んでいると、
人間同様猫が低温やけどになってしまう可能性もありますので、この点は人間以上に注意が必要と
言えるのかもしれないですね。





縺薙◆縺、_convert_20171021140558





幻想郷の世界の中で、東方公式漫画の三月精とか茨歌仙においては、たまにですけど博麗神社の霊夢が
こたつでグタグタとかウトウトしているシーンは何度かありましたね! (笑)
その一つが東方茨歌仙第15話「人の寄り付かない神社」でもありました。

こたつで「どうせ仕事ないのだからぐーたらでもいいじゃん」と言ってぐーたらしている霊夢ですけど、
なんと・・!
このシーンにおいては、その後霊夢は、巫女さんのくせに(汗・・)口からよだれを垂らして昼寝をしています・・(笑・・)

いいですねぇ・・! この霊夢の緊張感の無さとリラックス振り!

それに対して「こたつは人間の活力を奪うよな・・」とか「このままじゃ廃神社になるぜ」とか言う魔理沙は
クールで客観的なキャラを示唆し、霊夢の素敵な相棒としての魔理沙を遺憾なく伝えていると思います。

それに対して霊夢の「花見の季節になれば人がくるじゃん・・」というのは、やはり霊夢のお気楽巫女ぶりが
クローズアップされていると思います・・(笑)

幻想郷の世界でも私たちの外界の世界でも、やはりこたつというのは人間をぬくぬくとさせちゃうものですね・・






23981980_convert_20120103130041.png


kotakakou_convert_20120113151807.png





さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
dream fantasy の管理人様のアミグリさんの
素敵なイラストのご紹介コーナーです!
今回ご紹介させて頂きますイラストは妖夢なのですけど、アミグリさんの素敵な発想により、
この妖夢をなんと・・! こたつでぬくぬくさせてしまっている妖夢をアミグリさんは描かれているのですけど、
この「こたつみょん」がとってもリラックスしているのんきそうな妖夢で同時にとてつもなくかわいい妖夢なのだと思います!


上記の「こたつみょん」と名付けられた2枚の妖夢は、アミグリさんが2012年1月に描かれた妖夢です。
ちなみに上の方の妖夢は、2012年の新年一番最初に掲載された妖夢でもありました!

この妖夢はとっても可愛いですね!

この「こたつ」というのがいかにも冬らしいイメージだと思いますし、こたつでぬくぬく温まっている妖夢が
とても可愛いと思います。

こたつというと、上記で書いた通り、放っておくとうとうとしちゃう冬の暖房アイテムでもあるのですけど、
妖夢もこたつに足を入れちゃうと、普段の年中無休のあのハードワークから開放され、
ついついうとうと昼寝でもしちゃうのかもしれないですね・・・(笑)
うたた寝とか昼寝とか居眠りというと、幻想郷ではいうまでもなく紅魔館の門番でもある美鈴をついつい連想してしまいますが、
妖夢も一応は、ゆゆ様が住まわれている白玉楼の警備担当でもありますので、
「気まぐれな主の館の番人」という共通項もありますので、案外美鈴と妖夢は話が合いそうですね・・(笑)
そしてこたつでうとうと居眠りしている妖夢を、後ろでにこっ・・と微笑みながら
「この子はしょうがないわね・・くすっ・・」と言いながら妖夢に毛布を背中にかけてあげるゆゆ様がいるのかも
しれないですね・・(笑)

なんかそうした私の脳内妄想をわき起こしてしまうとっても素敵な「こたつみょん」のイラストだったと思います。

妖夢は半人半霊の半分幽霊みたいな存在なのですけど、妖夢のそばにいつもいる人魂にも可愛い表情があるのが
素敵ですね!
そしてこたつのハート型のデザインもとっても可愛いと思います。
妖夢が飲んでいる飲み物は、お茶・・? それともコーヒー? はたまた妖夢はなんだかんだいってもおこちゃまみたいな
要素も多少は残っているからミルクなのかも・・??

ちなみにですけど、上の二つの妖夢のイラストの違いは「背景」なのですけど、
下の妖夢の背景はなんと・・!
アミグリさんが自ら挑戦された「ちぎり絵」でした!!
そのちぎり絵をこうやって「こたつみょん」のイラストに素敵に応用できちゃうアミグリさんも本当に素晴らしいですよね!

ちなみにですけど、この元の「ちぎり絵」をご覧になりたい方は ちぎり絵 をご覧頂ければ幸いです!

→ ちぎり絵

上記の「こたつみょん」のイラストは、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

当ブログだけではなくて、是非、アミグリさんのブログ dream fantasy の方もご覧頂けますと、
当ブログの管理人は泣いて喜びますので、こちらの方も何卒宜しくお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

子どものころから、こたつで寝てはいけないよ、って言われていた私です。思った以上に、やはり危ないのですね。単純に風邪をひく程度かと思いましたが、そんなレベルではなかったようです。でも、こたつでぬくぬくしているのって本当に気持ちよいですよね~^^暖房よりも心地良いような気がします。こたつでノンビリしている妖夢の絵がまたなんとも温かい。寒い冬は気をつけながらもやっぱりこたつですよね~^^

こたつが人間の活力を奪うというのはまさにその通りという感じですね…。よく「ダメ人間製造機」などとネタにされていますけど、冬の寒~い日にこたつでゴロゴロする気持ちよさを知ってしまうと「もうダメ人間でいいや~」となかなか抜け出せなくなりますね。
次の日に腰が痛くなって反省するのですけどやっぱりやめられませんw

こたつ妖夢可愛いですね!忙しそうな妖夢の貴重なゆるゆるタイムでしょうか。
妖夢と一緒にこたつでのんびりお茶をすすれたら…そんな寒さも忘れるような幸せなひと時を過ごしてみたいものです…w

こたつ

八咫烏(全力稼働中) 様


こたつでぬくぬくしポケッとしながらみかんを食べて熱いお茶をすするのは大変気持ちよいと思いますけど、
脱水症状とかヒートショックの危険性とか低温やけどという危険性も秘めていますので、
長時間ここでぬくぬくするのはちょっと避けた方がいいのかもしれないですね。

ちなみに我が家は掘りこたつですけど、掘りこたつの場合は膝を折り曲げているせいなのか
こたつに突っ伏して寝る事はあっても仰向け状態でのうたた寝はあまりないから、
それはそれでありがたい面はありますね~

アミグリさんのこたつ妖夢を褒めて頂きありがとうございます!

普段は無茶振りばかりされている妖夢ですので、せめてこたつに入っている間はのんびりして欲しいものですね! (笑)

こたつでぬくぬく・・

schwert 様


こたつでぬくぬくというのは人間にとって「最大の幸福の一つ」なのかもしれないですし、とても気持ちがいいものですし、
「ダメ人間製造機」と揶揄されても、冬にこたつ無しというのはあり得ない話ですね~!
だって霊夢だってこたつでうたた寝しているくらいですから・・(笑)

うちのこたつは掘りごたつという事もあり、うたた寝する場合は突っ伏して寝る事が多いので
腰を痛めないのは幸いですね・・

今回もアミグリさんの描かれた「こたつみょん」をすてきにお褒め頂きとても嬉しいです!

妖夢も苦労人みたいなところはありますので、こたつに入っている間ぐらいは、のんびり過ごして欲しいものですね~! (笑)

妖夢と一緒にこたつで甘酒すするのも悪くないのかもですね~!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3911-3ef2bdf8
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |