FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


現在放映中の「キラキラ☆プリキュアアラモード」もあと三か月で最終回を迎えてしまいますね・・・

先日第一回目の放映が開始され「あー、今作のいちかちゃ=キュアホイップはめちゃくちゃかわいいなぁー!」と
思っていたらあと二か月後には最終決戦に突入し、めでたく大団円を迎えるのでしょうから
一年と言うのは本当にあっと言う間に過ぎてしまうものですね。

ちなみにですけど、私自身がプリキュアシリーズを見始めたのは2007年のプリキュア5以降からでして、
私自身もプリキュアを見始めて今年で10周年という事になってしまいそうです・・(汗・・)
それと私がプリキュアを見始めたきっかけというのは、言っときますけど私自身の好みでも何でもなくて
うちの奥様が当時プリキュア5に夢中になっていて、プリキュアのグッズをやたらと欲しがるものですので、
私も当時ついつい、「あのねぇー、そんないい年こいて、プリキュアみたいな幼児番組ばっかり見てんじゃねーよ!」と
文句を垂れたら、「なによー、それだったら一度自分の目でプリキュアを見てみればいいじゃん!」と反撃してくるものでしたので、
私自身も「それだったら一度だけ・・」と思ってみたのが、プリキュア5のあの素晴らしき神回の一つ・・「のぞみとココの夢気球」
だったものでして、そこから先の展開は・・・そう・・! 言うまでもなく私自身が
ミイラ取りがミイラになってしまった典型事例であり、彼女自身はプリキュアは「スマイルプリキュア」をもって卒業したのですけど
私自身はいまでにプリキュアを見続けていて、いまだにいい年こいて(汗・・)
プリキュア学校を毎年毎年留年し続けています。

歴代プリキュアは、正直申し上げて「東方」の世界と異なり、私の場合、好きなプリキュアとそうではないプリキュアが
はっきり分かれてしまう・・というのは確かに否定しませんけど(汗・・)
それでも全体的にはどのプリキュアもみんな可愛いし魅力に溢れていると思いますし
(私が歴代プリキュアで苦手なのは、Goプリの中で、トワイライト様・・じゃないスカ―レットを除く3人くらいなのかな・・)
だけど「可愛いものは可愛い!」としか言いようがないですし、
これまでこのブログで何度も主張している通り、プリキュアは決して「幼児用アニメ」ではないのです!
そこには、小学校・中学校の道徳の授業のテキストとして使用しても全然支障が無いほど
「人としての道」を素敵に提示している作品だとも思えますので、
多分ですけど、私自身はプリキュアシリーズが打切りになるまでは見続けると思います。

そして例えばですけど「魔法つかいプリキュア」においては、「人としての道」の提示以外でも
異世界の交流とか価値観を超えて人は仲良くなれるのか・・という哲学的テーマにも部分的に踏み込んだ要素が
あったのは高く評価して然るべきだと思います。
魔法つかいプリキュアは、異世界とか価値観が異なる者同士でも対話とか交流が一つのきっかけとなって
仲良くなれる事は可能という事を素敵に示唆していたと思いますし、
リアルの世界情勢においても、現状の争いの絶えない世界から「紛争の無い平等な世界へ」という事にも
繋ぐことができれば本当に素晴らしいですよね。
勿論、そうした「争いの無い世界」なんていうのは現時点では夢物語に限りなく近いですし、
実現性は皆無みたいな感じもあるのですけど
地球に住むもの全員がこういう「例え少しくらい価値観とか育った環境が違っていても日常的な交流を
普段から果たしていれば、相手を案外簡単に分かりあってしまうものだし、
決して相手の事を一方的に、この人よく分からないと排他する事はないはずであり、
そうした事の積み重ねがいずれは、争いの無い世界の実現の第一歩になれるはず・・みたいな認識さえ持っていれば
意外と簡単に実現出来ちゃうものなのかもしれませんよね。

そういう異世界の「交流」を高らかに謳えちゃう「プリキュア」はやっぱり素晴らしいものがありますし、
以前からこのブログでも何度も何度も
「プリキュアは単なる幼児番組じゃないよ・・・あまーく見ているとエライ目に遭ってしまうよ・・」というのは
この辺りに一因があるのかもしれないですよね。

そしてこの「魔法つかいプリキュア」においては、ピンク系のみらい=キュアミラクルの正統派美人さんぶりが
輝いていたと思います。
みらいは変身前は普通のかわいい美少女なんですけど、キュアミラクルとしてプリキュアに変身してしまうと
とてつもない正統派美人さんプリキュアになってしまうという事でも
歴代プリキュアにおいても異彩を放っていたと思います。

本記事においては、キュアミラクルのアニメ・プリキュアショーとしての被り物、食玩フィギュアの三点から
その素敵な美人さん振りを皆様に見て頂き、
そして最後にアミグリさんが描かれたキュアミラクルのフォームチェンジの一つである「ルビースタイル」を
見て頂ければ幸いです!!










まず初めにプリキュアショーにおける被り物としてのキュアミラクルですけど、アニメ本編以上に
ミラクルのダイヤスタイルの衣装は「可愛らしさの王道の極み」だと思います!

ミラクルはいかにも「アニメ」からそのまんま抜け出してきたような印象があり、
お人形さんみたいな可愛らしさに満ち溢れていると思います。

こうした「プリキュアショー」をゆっくりとプリキュア達からかなり近い位置でお目にかかれるという意味では
「住宅展示場」でのショーが一番適していると思います。
どうしても大型商業施設とか自治体のお祭りとかだととにかく人が一杯いっぱい押し寄せますからね・・・
「住宅展示場」の場合、それ程多くの人は来ないし、とにかくプリキュア達を
「え・・・こんなに間近で見ちゃっていいの!?」と思えるぐらいほとんど目の前で見ることが出来るパターンも
多いので、私としては、住宅展示場のプリキュアショーの方が好きです。

もちろんキュアラブリーもキュアホイップも文句なく可愛いのですけど、ミラクルのダイヤスタイルの場合は
正攻法による正統派的な美人さん振りが遺憾なく発揮されていると思います!





繝溘Λ繧ッ繝ォ_convert_20160911062759





食玩としてのキュアミラクルのダイヤスタイルでの食玩フィギュアもとても見事な出来栄えだったと思います!!

「魔法つかいプリキュア」の場合、なぜか知りませんけど毎年4月頃に発売されていた「キューティフィギュア」が
なぜか秋を過ぎた頃に突然発売されていて
当時は「あー、よかった・・! 今年も無事にこの可愛さでは定評のあるキューティフィギュアが発売されて・・」と
胸をなでおろしたものですけど、
やはりミラクルのこの美人さん振りは、フィギュアの世界でもその魅力を十分に発揮していたと思います。

変身前のみらいは、なんとなくですけど、幼児体型みたいな雰囲気でもあるのですけど、
キュアミラクルへ変身すると
胴体や手足がスラリと長くなり大人びた雰囲気のように感じてしまうのはやはり凄いものがあると思います。
変身前と変身後で印象が全然異なるプリキュアというと「キュアピーチ」がいたりもするのですけど、
ピーチの場合は、変身後のあのとてもプリキュアとは思えないあの独特のお色気・・コケティッシュさが魅力的でしたけど、
ミラクルの場合は、お色気というよりは純粋に「大人っぽい美人さん振り」が売りなのだと私的には思ったりもします。
そしてこのみらい=キュアミラクルに一年間慣れてしまうと、現役プリキュアのいちかちゃんのあの「幼い可愛らしさ」が
とてつもなく愛おしく感じたりもしますので、このあたりの制作者の計算は巧いものがありそうですね・・!

プリキュアらしくフリルとリボンに飾られたふんわりしたデザインが改めてですけど、めちゃくちゃ可愛いですよね!

腰部分がコルセット調になっているのが大人っぽさを印象づけていますよね!
ちなみにスカートの中はドロワーズです・・(笑)

ミラクルの可愛らしさ・元気なところがぎゅっと詰まったポーズがとっても可愛いですし、
特徴的な大きなリボンと揺れる髪がとにかく「も―――、素敵で可愛い!!」としか言いようが無いです!!

あー――、やっぱりミラクルは食玩フィギュアでも可愛くて最高ですね!!






bfe7a969_convert_20160223095611.jpg


e9377777_convert_20160223095658.jpg





上記はアニメ本編でのルビースタイルです!

参考までに、「魔法つかいプリキュア」の変身スタイルは一つだけではなくて、通常晩版のダイヤの他に
ルビースタイルやサファイアスタイルもあったりもします。

今にして思うと、魔法つかいプリキュアの場合、第三話で早速こうしたフォームチェンジをお披露目させている点は
当時驚いたものでした。
ハピネスチャージプリキュアもこうしたフォーチェンジが一つの売りだったのですけど、魔法つかいの場合はハピネスチャージ
よりもフォームチェンジの投入が断然早くて当時びっくりしたものです。

それにしても、ミラクルの赤いフォームとかキュアメロディを彷彿させるあのツインテールはとにかく
とっても可愛かったと思います。

第三話で既にお披露目してくれたあの歴代プリキュアでも散々見られた「重量挙げ」は素晴らしかったですね!

いやーーー、あの怪力ぶりは実に見事なものがありました! (笑・・)






CIMG9459_convert_20160320230932.jpg


CIMG9460_convert_20160320231017.jpg






またまた「プリキュアショー」に戻りますが、上記の写真は昨年3月の「魔法つかいプリキュア」のプリキュアショーにおける
一コマです。
一般的にはこうしたプリキュアショーにおいては、こうした「フォームチェンジ」は大変難しいものがあると言われているのですが、
魔法つかいにおけるプリキュアショーは結構さり気なく難無く「お着替え」を成功させていましたので、
最初に見た時はマジで感動したものでした! (笑)

キュアミラクルは結果として、ダイヤ→ルビー→ダイヤと計3回のフォームチェンジというお着替えを成功させていましたので、
あの被り物の中に入っている女の子の頑張りには心から敬意を表したいと思います。
ちなみにですけど、プリキュアショーの場合、被り物の中に入っている人は100%女の子です!
真夏の炎天下の汗だく状態でもああやって元気に被り物を被って戦闘しているのですから、そのパワフル振りは
見習いたいものが間違いなくあります!

改めてですけど、あの時の「お着替えタイム」はとてつもなく早かったです!!

戦闘中と言う事もあると思うのですけど、一旦、控室のテントに入り込んだと思ったら、
1~2分後には、フォームチェンジを完了させて
またまた戦闘の場に戻っていましたから、あの手際の良さはお見事でした!

とにかく、この「早着替え」には拍手喝采!!という感じですね!! ホント、これは素晴らしかったです!!

ま・・・・だけど、お着替え場所のテントの中は相当揺れていましたね・・・・(汗・・・)

二人同時のお着替えですので、テントの中は結構な修羅場だったのかもしれないですね。

何かの間違いで、このテントが崩れて、着替え中の二人の姿が露わになったとしても
まさかミラクルは、「これってわくわくもんだぁーー!!」とはさすがに言わないでしょうね・・・・(汗・・・!)






kyua-mirakuru-000_convert_20160703161442.png






さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
dream fantasy の管理人様のアミグリさんの
素敵なイラストのご紹介コーナーです!
今回ご紹介させて頂きますイラストは、アミグリさんが2016年7月に描かれたキュアミラクルのルビースタイルです!


アミグリさんによると・・・

「ルビースタイルは初めて見た時からのお気に入りだった」との事ですけど、
まさにそうした感じがこの一枚にググッ・・と凝縮されているような感じなのだと思います。

いや―――、とにかくめちゃくちゃ可愛いルビースタイルのミラクルだと思います!!

アミグリさんらしい「キラキラした感じ」とか「ふんわりと優しい感じ」とか「魔法少女らしい雰囲気」とかが
とってもよくにじみ出ていると思います。
こうやって見てみると、ツインテールとか金髪とか紅白のドレスとかは
まさに「魔法少女の王道」ですよね!
本当にアミグリさんはこうした魔法少女を描くのがうまいなぁ・・・と毎回毎回感じてしまいますし、
東方でもプリキュアでもこうした「可愛いかわいい女の子」を描かれる度になんか毎回毎回
ハッピーな気持ちにさせてくれていると思います。

アミグリさん、本当にいつもありがとうございます!!

ちなみにですけど、アミグリさんは、以前に何度か「プリキュア」も描かれていて、

元気一杯の「キュアサニー」 → こちらをクリック!!  アミグリさん/ キュアサニー

清涼感あふれる「キュアビューティ」 → こちらをクリック!! アミグリさん/ キュアビューティ

いやいや・・・アミグリさんの描かれるプリキュアも本当に素晴らしいですよね!!

上記のルビースタイルのキュアミラクル」は、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

当ブログだけではなくて、是非、アミグリさんのブログ dream fantasy の方もご覧頂けますと、
当ブログの管理人は泣いて喜びますので、こちらの方も何卒宜しくお願いいたします。

さてさて・・今週の土日ですけど、土曜は艦娘関連、そして日曜はアミグリさんが過去に描かれた作品の中から
すてきな企画特集をさせて頂きたいと思います。この特集はこれから3回に渡って続きますけど、
次回はその初回という事になります!
そしてここにもアミグリさんが描かれたイラストがたくさん登場してきますので、今度の土日も何卒
当ブログをご覧頂ければとっても嬉しいです!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

魔法つかいプリキュアの「みんな違っているから面白い」みたいな部分はちびっ子たちだけでなく大人としても胸に刻まなければいけないところですね。そうした大切なことを伝え続けてきたプリキュアシリーズは偉大ですし、子供向けと単純に括れない魅力が詰まっています。私はシリーズ最初の頃興味はあるのに「小っちゃい子が見る番組でしょ?」みたいに決めつけてて素直に見てなかったのですけどもったいなかったなぁと思います…w
今ではどハマりしてプリキュア卒業は完全に諦めていますがw

アミグリさんの描かれたルビースタイルミラクルも可愛さに溢れていますね!魔法少女らしくそしてプリキュアらしいこのキラキラの笑顔とふわっとしたツインテールが素晴らしいです!
ルビースタイルといえば可愛い系のミラクルにセクシー系のマジカルとイメージがそれぞれ違ったものになるのも面白いですね。

プリキュアの世界観

schwert 様


ご指摘の通り「みんな違っているから面白い」というのはプリキュアシリーズ全体の一つの大切な根幹なのだと
思います。
みんな一人一人が性格も容姿も考え方も異なっているけど、そうした一人一人の違いをきちんと認めて受け入れてあげる
という「多様性の享受と肝要」というのがプリキュアの大きなテーマだと思いますし、
それが全世界で実現できたとしたらこの世から全ての争いが消えるといえるのかもしれないですね。

みんな違っていなくて一人一人の個性を一切認めない世界というのがフレッシュの敵方だったとも思うのですけど、
そうした事はよくないんだよ・・という事をプリキュアとしての「戦う動機」として位置付けていた事は
今にして思うとすごい斬新だったとも思いますし、フレッシュの場合は
敵からプリキュアに結果的に寝返ったイースに対しても
「みんなで幸せになれればそれでいいじゃん!」という論理でもって押し切ったあの世界観は素晴らしいと今更ながらに
感じたものでした。

またまたアミグリさんのイラストをすてきにお褒め頂きありがとうございます!

あの笑顔とかわいいツインテールは私も大好きです!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3901-e3d74c23
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |