FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


既に原作四コマ漫画の連載も終了していますけど、「けいおん」は漫画でもアニメも映画も
とにかくとっても楽しい作品だったと思います。
けいおんに登場する5人のメインキャラの中では、私は誰がなんといってもあずにゃん=中野梓が大好きでしたけど、
けいおんの主人公とも言えるギター兼ボーカルの平沢唯のぐーたらな天然ポンコツ娘ぶりもとっても
楽しかったですね!
文化祭等での平沢唯のあのグタグタトークのMCもとても面白かったです!

そしてこの平沢唯には実は一つ年下の妹がいて、それが平沢憂なのでした!

憂ちゃんはポニーテールというせいもあったのですけど、もしも唯たちが2年生に進級した際に軽音楽部に入部してきたのが
あずにゃんではなくてこの憂ちゃんであったとしても、
けいおんの5人のメインキャラの中では断トツに憂ちゃんが一番好きになっていたのかもしれないです・・!
そのくらい憂ちゃんのポニーテールはとてもよくお似合いだったと思いますし、このポンコツ管理人の
「ポニーテール好き」はやはり凄まじいものがありそうですね・・(汗・・!)

黄色い紐リボンを用いて、ポニーテールの髪型をしているのですけど、憂ちゃんのポニーテールは
とてもよく似合っていたと思いますし、「この娘に惚れたっ!」という感じでもありました。
ぐーたらで天然でポンコツ気味な姉とは対照的にしっかり者で礼儀正しく気が利く性格でもありました。
さらに料理の腕前も非常にレベルが高く、また1学年上の唯の勉強を教えたり、
風邪をひいた唯に変装し軽音部にもぐり込んだときには、数日練習しただけのギターを弾きこなしたりなど、
「完璧な妹」という言葉がこれほど似合う妹もいないんじゃないのかな・・?とも思ったりもしますね。
そして憂ちゃんはめちゃくちゃかわいいです!
雰囲気的には今すぐ「ラブライブ!」に出演されても全く違和感がない程の可愛らしさに溢れていると思います。
この憂ちゃんの完璧さ+可愛らしさについては、
姉の唯は律ちゃんから「「妹さんにいい所全部吸い取られたんじゃないの」と言われていましたけど、
「まさにその通り!!」としか言いようがないですね!

憂ちゃんの名前は「憂鬱」とか「憂い」というどちらかというと哀しげな雰囲気を醸し出しているのですけど、
誰か人(人偏=にんべん)が隣にくると「優しい」というのは、憂ちゃんの本質を示唆しているようにも感じられますね!

憂ちゃんと姉の唯は髪型以外容姿が瓜二つなのですけど、憂ちゃんが軽音部にもぐり込んだ時、
普段唯に接している軽音部員ですら見抜けないほどそっくりだったというエピソードも残されています。

「けいおん!」は、唯・澪・律・紬というあまりにもゆるい4人のメンバーで構成された「放課後ティパーティー」と言う
バンドのゆるい活動を描いた作品で、唯たちが2年に進級した際に新入生として入部してきたあずにゃんが加わった事で
物語に更に味わいと楽しさが増してきたようにも感じたものでした。
(唯・澪・律・紬の卒業後は、あずにゃんと憂ちゃんをベースに新しい軽音楽部として展開されていた漫画も
展開されていました!)
ちなみにこのポンコツな軽音楽部の顧問の先生は、山中さわ子、通称さわちゃん先生なのですけど、
このさわちゃん先生は実は、唯たちの学校の吹奏楽部の指揮者兼顧問という設定は忘れられがちなのかも・・??
声優さん繋がりで言うと、
このさわちゃん先生と「デート・ア・ライプ」で登場するとにかく私が大好きキャラの「時崎狂三」が同じ声優さんと言うのも
何か信じられない話です!
やはり声優さんの演技力はすごいと思わざるを得ないですね!
律ちゃんの声優さんと「氷菓」の千反田えるの声優さんが実は同一人物であると知った時は
「驚き!」以外の何者でも無かったです!!

本記事は、平沢憂 PMフィギュア SUNNY-SIDE UP のレビューをさせて頂き、最後に
アミグリさんが描かれた憂ちゃんのお姉さんの平沢唯のイラストを転載させて頂きたいと思います。
実はなのですけど、アミグリさんは何度か「けいおん!」のキャラを描かれていたのですけど、当ブログにおいては、
平沢唯が転載されるのは初めてでした!!
(そういえば秋山澪もまだ未転載でしたね・・汗・・!)












それにしても改めてですけど、アニメ本編での平沢 唯(ひらさわ ゆい)の天然系ポンコツキャラ振りは壮絶なものがあり、
実は私自身は「けいおん」の視聴は深夜の再放送枠で初めて見たのですけど、
唯のあのポンコツ振りのおかげで深夜にも関わらず、爆笑のオンパレードという感じでもありました!
唯のツッコミ役であるはずの律ちゃんも輪を掛けてあのガサツ振りでしたので、
とにかく見ていて「楽しい!」としか言いようがないゆるいアニメ作品だったと思います。

一般的に「姉妹」というとしっかり者の姉に自由奔放な妹というのが定番だと思うのですけど、平沢家の場合は、
外見はそっくりの二人なのに、優秀な遺伝子が憂ちゃんの方にばかり受け継がれてしまい
しっかりもので家事も勉強もすべてそつなくこなしてしまうのが実は妹の憂ちゃんというのも面白いものがありましたし、
姉妹もの作品としては少し珍しい感じもあったものです。
だけど憂ちゃんの「唯おねーちゃん大好き!」というある意味とてつもないシスコン振りもすごいものがありましたよね・・! (笑)

さてさて・・そうした唯の1つ年下の妹の真面目で礼儀正しく、勉強も家事も万能な平沢 憂(ひらさわ うい)の
プレミアムフィギュアを今回レビューさせて頂きたいと思います。

とにかく、制服にエプロン姿で料理をしている感じがとてもキュートで可愛いと思います!

この憂ちゃんフィギュアの商品概要は下記の通りです。

メーカー : SEGA
発売年月  : 2011年11 月
シリーズ名 :  PMフィギュア 全1種
定価  : プライズ 系
原型師 :  猫丸/山猫亭
箱サイズ 幅約13cm x 奥行き約13cm x 高さ約24cm
アイテム : フライパン&かえし




CIMG0752_convert_20171012070334.jpg





この憂ちゃんフィギュアを眺めてみて真っ先に気が付くのは、憂ちゃんは後日唯と同じ高校に進学する訳という事で
「憂ちゃんの制服は高校時代の制服では無い・・」という事で、
この緑色のセーラー服はまだ中学生の頃の憂ちゃんという設定なのかもしれないですね。

朝ご飯を作る憂ちゃんという設定なのでしょうけど、
憂ちゃんの視線の先には頭ぼさぼさパジャマしわくちゃな目覚めたばかりの姉の唯がいるという光景が
目に浮かびそうですね。
唯がぼけーとしながらまだ半分夢の中みたいな感じで「おはよー」と憂ちゃんに声を掛けている様子が
やっぱり目に浮かびそうです・・(笑)





CIMG0753_convert_20171012070400.jpg






憂ちゃんが手にしているフライパンには目玉焼きが二つもあります!
2人分を一度に焼いているのか、それとも2つともお姉ちゃんの分なのかというのは「神のみぞ知る・・」という
感じなのかもしれないですね・・(笑)
ポンコツなお姉ちゃんのために朝から甲斐甲斐しく働らいている憂ちゃんというシーンがまざまざと頭に浮かびそうな
フィギュアだと思えてなりませんね。
唯が目玉焼きを焼いてしまうと、多分ですけど真っ黒こげ状態になってしまいそうなのは目に見えているのかも
しれないですね・・(笑)

エプロンとスカートの造形も素晴らしいと思いますし、この仕上がりはプライズ系とは到底感じられない見事なものが
あると思います。
エロい造形というわけでは無いのに、普通のの制服姿よりエロく感じるのが不思議ですよね・・
これがエプロンの魔力なのかもしれないですけど、ま・・この当時は憂ちゃんはまだ中学生なのですが、
エプロンを着用している憂ちゃんはエロ全開ではなくて、むしろ「中学生らしい爽やかさと清らかさ」の方が
勝っていると思います。





CIMG0754_convert_20171012070427.jpg




CIMG0755_convert_20171012070454.jpg





髪のグラデーションやリボン等がとても可愛くて仕上がりも悪くはないと思います。
(部分的に髪の塗装が雑と言うか粗さがあるのはプライズ系では仕方が無いかもしれないです)
それと、憂ちゃんのこのポニーテールというのはポニーテール好きの私にとっては「素晴らしい!」としか
言いようが無いと思います・・(笑)

憂ちゃんは唯の実妹なのですけど、胸の方は唯よりも憂ちゃんの方が大きめ・・というのは
ほぼ定説になっていると思います・・(汗・・)
さわちゃん先生も「唯と憂の見分け方として、胸が大きい方が憂ちゃん」とはっきり明言されていたのが
とても印象的です。
憂ちゃんのお姉ちゃんよりも大きいお胸に伴う結果としての、憂ちゃんフィギュアの胸の周辺におけるエプロンの皺も
盛り上がりが豊かという事でリアルに作られていますけど、この辺りは髪の塗装とは異なり
「プライズ系なんだけどしっかりと精緻に造型されている」という印象が強いです。

エプロンのフワッと感がすてきですね!
後ろで結んだエプロンのひもも大変丁寧に造型されていると思います。
真面目そうな娘なのにスカートのこの短さは、やはり憂ちゃんの「完璧さ」を物語っていると言えるのかもしれないですね!

それとこの憂ちゃんフィギュアにおいて「いい仕事しているなぁ・・」と感じさせるのは、フライパンの裏の生活感漂う汚れですね!
あのフライパンの汚れは焦げ目なのかな・・? それとも油汚れなのかな・・?
どちらにしてもそのフライパンを洗うのは唯ではなくて憂ちゃんというのは平沢家では普通の光景なのかもしれないですね。






CIMG0758_convert_20171012070523.jpg





この憂ちゃんは中学生という設定もあり、このあどけなさが実に素晴らしいと思いますね!


良い娘、できる娘、料理上手な娘、三拍子揃っている完全無欠の完璧な娘という感じなのですけど、
う――む・・それを言いすぎると姉の唯の立場が・・という感じにもなってしまうのですけど、
天然娘の唯は「そんな細かいこと、どうでもいいじゃん!」というノリが見ていて大変心地良かったですね!






CIMG0760_convert_20171012070611.jpg



CIMG0761_convert_20171012070641.jpg





エプロン姿が実にキュートであり、平沢家の日常の光景をそのままフィギュアにした雰囲気が見事に再現されていると
思います。

毎朝エプロン姿で甲斐甲斐しく朝食を用意してくれる可愛い妹というのは素敵ですし、
こんな可愛い妹だったら「今すぐほしい!」という感じなのかもしれないですね・・(笑)

非常にかわいい憂ちゃんに仕上がっていて満足度の高いプライズ品だと思います。
プロポーション、ポージングともに自然で流れるような動きを感じさせますし、この憂ちゃんの購入価格は、
未開封状態だったのですけど320円という事を考えると「上出来すぎる!」という事になると思います。

この憂いちゃんフィギュアを手にとしてみると、改めてですけど
「憂ちゃんは真面目で聡明で家庭的で、本当に完璧ないい子なんだなぁ・・」と感じますね!





hirasawayui_convert_20100504143921.png






さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
dream fantasy の管理人様のアミグリさんの
素敵なイラストのご紹介コーナーです!
今回ご紹介させて頂きますイラストは、上記でフィギュアレビューさせて頂きました平沢憂ちゃんの姉の平沢唯です!

上記のフィギュアレビューでは散々「憂ちゃんかわいい!」という感じでしたけど(汗・・!)
いやいや、憂ちゃんの姉の唯も「けいおん!」の主人公だけあってとにかくとても可愛いと思います。
天然さんでおバカさん系なのですけど、単なるおバカさんという訳では全然なくて、
飲み込みは早いけど忘れるのも早く、そこから復帰するのも早いというスキルの起伏が激しいというのが
唯の特質なのだと思います。
勉強に関しても、赤点かとおもったら追試で100点取ってしまうような極端な子でもあり、早い話が
一度集中したら高い能力を発揮できるが、それ以外のことについては残念な子という感じなのかもしれないですね・・
良くも悪くも天才肌みたいな雰囲気もあり、「バカと天才は紙一重」を地で行くキャラクターと言えるのかもしれないです。
そっか・・そういう意味では「けいおん!」における最大のポンコツ娘&天然さんというのは律ちゃんなのかもしれないですね!

上記のイラストの唯は、アミグリさんが2010年5月に描かれた作品です。

2010年と言うとアミグリさんにとっては初期作品の頃に相当すると思うのですけど、初期作品ながらも
この頃からとてつもない完成度を誇っているアミグリさんの絵師様としての腕には感嘆するばかりですね!

アミグリさんの描かれたこの唯はとにかくめちゃくちゃ可愛いと思います。

全体的に大変のびのびと描かれているように感じられますし、他の絵師様が描きがちなように「アホの子みたいな唯」
という感じではなくて、
唯なりに一生懸命前向きに「頑張ってみよー!」みたいな雰囲気を見ている人たちに伝えている点は
アミグリさんの「個性」みたいなものを感じさせてくれていると思います。
唯の瞳のくりくりっとした感じとか夏の制服の爽やかな感じとかプロポーションのよさとか随所にキラリと光るものが
溢れていると思います。

いやいや、こんな可愛い唯のイラストを見てしまうと
「憂ちゃんフィギュアもいいけど、やっぱり、けいおんは唯が一番だよね!」と改めて感じてしまいそうですね!!

上記の平沢唯のイラストは、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、本当にいつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます!!

当ブログだけではなくて、是非、アミグリさんのブログ dream fantasy の方もご覧頂けますと、
当ブログの管理人は泣いて喜びますので、こちらの方も何卒宜しくお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんばんはです(^^)/

今回ご紹介された平沢憂のプライズフィギュア、私にとっては数あるプライズフィギュアの中でも屈指の完成度だと思います。表情や躍動感など、どれをとっても素晴らしい一品です(^^♪

アミグリ様はけいおん!も描かれていたんですね。恥ずかしながら存じておりませんでした。ぬくぬく先生様のブログを通じて過去のイラストを見る事が出来て嬉しく思います(^^♪

うんたん🎵うんたん🎵
懐かしいですね~、けいおん。
実はしっかりとアニメを見たことがありません。原作もそうですが^^;
ただ、そんな私が知っているぐらいですから、有名な作品だったんですよね。
姉と妹。姉よりも優れた妹。うーん、なんとも言えないものを感じますね^^しかし平沢家の場合、ともにほんわかしているので、良い姉妹である、って感じですかね^^

けいおんはアニメの放送からだいぶ経ちますけど今でも大好きです!ドジっ子お姉ちゃんにしっかり者の妹という絶妙の二人にはほっこりさせられました。
憂ちゃんみたいに優しくて完璧超人な妹に甘やかされてみたいですけど頼りきりになってしまいそうですねw
このフィギュアの憂ちゃんはエプロンがすごくに合ってますね。中学生らしさと同時にどこかお母さんのような温かさがあると思いますw

アミグリさんの描いた唯もすごく可愛いです。普段のゆるゆるな感じの唯も可愛いですけど、こうしてちょっとやる気が湧いた時のような唯も素敵ですね。

憂ちゃんも唯同様かわいいですよね~!

ごにぎり 様


唯と憂は実はまるで双子みたいな瓜二つ顔なのですけど、こうした立体化においても
唯との違いをとてもすてきに表現された素晴らしいフィギュアだと思います。
エプロンの皺とかフライパンの汚れといった芸の細かさもポイント高いと思います!

アミグリさんは、けいおんキャラはメインはほぼ全員描かれていて、あずにゃんとか秋山澪もとってもかわいく
描かれていますよ~!
アミグリさんと言うとすてきな東方絵師様というイメージも強いのですけど、オリジナル・艦これ・版権作品も
かなり描かれていますし、当ブログでもまだ未転載作品はたくさんありますので、これからもアミグリさんの作品は
多くの皆様に見て頂けるようにどんどん転載&ご紹介をさせて頂きますので、
どうかこれからも宜しくお願いいたします!

ごちうさのココアとは全く逆パターン・・(笑)

八咫烏(全力稼働中) 様


けいおんは一時期日本中を席巻していましたし映画化もされていましたからね!

けいおんのポンコツな天然な姉の唯としっかり者の聡明な妹の憂は、ごちうさのココアとは逆パターンでしたね!

妹のココアは天然さんのポンコツさん系ですけど、姉のモカはしっかり者でなにをやらせてもほぼ完璧という事で、
平沢家とは真逆なのですけど、
そうですね・・どのパターンでも仲の良い姉妹はとてもすてきに感じられますよね!

schwert 様


けいおん!の憂ちゃんの「お姉ちゃん大好き!」というシスコンオーラはとてもとてもよかったです!

リアルでもアニメでもどちらかというと、しっかり者の姉にちょっとポンコツな妹というパターンが多い中、
平沢家ではその真逆と言う設定もとても楽しかったです。
唯も憂ちゃんが身近にいるからこそ安心して自由自在に振る舞えたのかもしれないですね。
憂ちゃんのあの雰囲気は、確かにお姉ちゃんを通り越してお母さんみたいに母性オーラもありましたね! (笑)

いつもアミグリさんの描かれるイラストをすてきにお褒め頂きありがとうございます!

この唯はアミグリさんの作品としてはかなりの初期作品ですけど、唯にしては珍しい(?)この力強さとか
やる気モードの唯も感じられ、
アミグリさんの多様性を示唆するすてきな作品だと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3893-4dc23460
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |