fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


J.モリセイという作曲家は、既に現在の日本のスクールバンドの中では死語の世界なのかもしれないです。

私が中学~高校の頃、あまり上手で無い小編成のチームの吹奏楽コンクールの自由曲は傾向として
コーディル・オリバドーティー・スウェアリンジェンがBig3とも言われていたのかもしれませんけど、
モリセイの曲も、そこそここうしたチームでは人気があったと思います。
勿論、そんなモリセイの曲を小馬鹿にしている訳ではありませんよ~
モリセイの曲はコーディルやオリバドーティー同様とにかく「シンプル イズ ベスト」を立証した作品ばかりで
一度聴いたら、とにかくあの親しみやすいメロディーラインがずっと頭の中に焼き付いてくるような
そんな感じの素敵な曲が多かったと思います。

モリセイと言うと・・・・

〇吹奏楽のためのディヴェルティメント

〇中世のフレスコ画

〇皇帝への頌歌

あたりが特に有名で1960年~1970年代の吹奏楽コンクールでよく自由曲として取り上げられていたと思います。
私も、「皇帝への頌歌」と「中世のフレスコ画」はコンクールで結構何度も聴いた記憶があります。
大変古い話で恐縮なのですけど、1967年(昭和42年)のバンドジャーナルによると、
この年の吹奏楽コンクールの自由曲において、いわゆる「吹奏楽オリジナル作品」として最も演奏された作曲家が
確かこのモリセイだったような記憶があります。
そのくらい、この時代のスクールバンドの自由曲として、C.ウィリアムズやワルターズなどらと共に愛され人気があった
作曲家の一人がモリセイだと言えるのだと思います。

モリセイの曲って一つ特徴がありまして、曲の雰囲気としてよく中世の宮廷みたいな祝祭的なメロディーを
醸し出している点が挙げられると思います。
「中世の宮廷音楽」と言うと、式典ファンファーレみたいな華やかな音楽も特徴なのかもしれませんけど、
そう言えば、皇帝への頌歌にも中世のフレスコ画にもそうしたファンファーレがしばしば出ていたと思います。

そうは言ってもこうした曲も現在ではすっかり忘却の彼方だと思います。

現在のスクールバンドの現役奏者の皆様に「モリセイという作曲家とかその作品について聞いた事がある?」と尋ねたとしても
ほとんどの方は「知らないし聞いた事がない」と答えるのは目に見えていると思います。
最近の現役奏者の皆様の中にはA.リードすら演奏した事が無いという人もいらっしゃるというお話を最近耳にし
「時代は変わったなぁ・・」とオールド吹奏楽ファンの私は肩身が狭くなる一方です・・・
モリセイの曲を収録したCD自体、極めて少ないし、その意味では、東芝の名曲選とかコロンビアの吹奏楽名曲選
の各シリーズは本当に貴重で有難い事だと思います。

さてさて・・・

モリセイと言うと、忘れてはいれない作品が一つあります。

それが何かと言うと、組曲「百年祭」なのです。
百年祭に関連した吹奏楽作品というと、バーンズの百年祭祝典序曲とか福島弘和の曲という方が最近の奏者の
皆様にとっては馴染みがあるとも思うのですけど、実はモリセイという作曲家にも組曲「百年祭」という
すてきな曲が実はあったりもします。

この曲は、1971年に創立100周年を迎えたアイオラ市民バンドからの委嘱作品なのですけど、
モリセイらしく曲の冒頭はファンファーレから華やかに開始されます。

この組曲は下記の四曲から構成されています。

Ⅰ.序奏

Ⅱ.歌

Ⅲ.祝典の音楽

Ⅳ.祝典のパレード

この組曲は楽章ごとの違いが極めて明瞭で、例えば、Ⅰは全体のファンファーレ、Ⅱは木管とトランペットが中心で、
Ⅲは金管と打楽器のみで木管は一切出番無しです。
Ⅳは、再度全合奏での華やかなマーチとなっていて、楽章ごとの違いを楽しみながら聴くという事も出来ると思います。

演奏する方も楽しいし、聴く方も楽しいという双方がハッピーな気持ちになれそうな曲だと思います。

いかにも古き良き時代のアメリカ」を描いた曲というのか、
「努力すればそのうち多分きっと何かすてきな事が待っているし道が開ける!」みたいな前途洋々の楽天的な気分が
感じられるとても「ハッピーな曲」だと思います。



94c2a3c9-s_convert_20161119175019.jpg

最近の吹奏楽名門校は、入部者が100人を超える所も結構あったりするそうで
そういう所は、全員が全員、全国大会に直結するA編成に出られるとは限りません。
場合によっては、小編成・B編成に廻る事もあるのかもしれません。
そうした小編成のチームで、コンクールで良い成績を収めるという事に特にこだわりが無ければ
たまには、こういう古き良き時代の楽しい曲を吹いてみるのもいいのかもしれないですし、
こうした温故知新のオリジナル作品を取り上げることによって音楽の原点というものが垣間見えてくるのかもしれないです。

「響け! ユーフォニアム」はどちらかというと吹奏楽コンクールの話がメインになっていましたけど、もちろんコンクールも
大変意義があるのですけど、時にはコンクール以外の駅前コンサートやポップスコンサートなどで肩の力を抜いた
状態でのびのびと吹くことも大切なのだと感じたりもします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

なつかしい曲ですね

モリセイ・・とてもなつかしい名前ですし、久しぶりにその名前を耳にしたようにも感じられます。
おっしゃる通り。昭和40~50年代のころの吹奏楽コンクールでは頻繁に自由曲として登場していましたけど、最近は全く耳にしないですね・・

モリセイやカーター、ワルタースなどといった平易な吹奏楽オリジナル作品はもっともっと再評価されるべきだと思いますし、こうした古き良き時代のアメリカを象徴するような音楽は希望にあふれていて、
コロナ禍の下ではむしろうってつけの曲なのかもしれないです。

古典的オリジナル名曲

たがふ 様

最近のコンクール自由曲は内容的にも技術的にも難易度の高い作品が目立ちますけど、
たまにはこうした古き良きアメリカを彷彿とさせる素朴でシンプルな曲を楽しむのも悪くは無いと思いますし、
最近の高度な邦人オリジナル作品ばかり耳にしていると、
こうした曲がむしろ心にすんなりとはいりこんできそうです。

カーターやワルターズやクリフトン・ウィリアムズにもそうした傾向は感じられそうですね。

モリセイ・・・懐かしいです

ご無沙汰しております。

モリセイの曲は、私が小~中学生の頃はよくコンクールなどでも演奏されていました。

私が実際に演奏したことがあるのは、「皇帝への頌歌」と「百年祭」のみですが、「ディヴェルティメント」は今治南高の定期演奏会で聴いたことがあります。

モリセイの曲の名演といえば、個人的には「あの」鈴木先生指揮の菊間中学校が地区の発表会で演奏した「皇帝への頌歌」ですね。
菊間中が「エルザ」を自由曲としてコンクールに出場した1977年のことです。

そのときは、たまたま今治のほうに行ったのですが、会場の今治市公会堂の前で、本番前の音合わせでこの曲が聴こえてきて、そのまま私も会場に吸い込まれていきました^^;

菊間中は最後の演奏順だったようで、私はラスト3校しか聴けなかったんですが、やはり菊間中の演奏はその3校の中では群を抜いて素晴らしい演奏を聴かせてくれました。

このようなスクールバンド用の曲って、たま~に鼻歌みたいな感じでついつい口ずさんでしまうんですよね。
懐かしい曲の紹介ありがとうございました。

ご無沙汰しております。

モリセィの「中世のフレスコ画」は私の出身中学が初めてコンクール秋田県大会した年の自由曲でして、その後も何度か何かしらの機会で演奏した曲だったそうです。
トランペットがカッコいいですよね!
演奏時間はおそらく5分足らずの曲ですが、十分に聴きごたえのある曲だと思います。
最近はモリセィの曲自体ほとんど演奏されないんですが、中学生高校生の諸君にぜひとも聴いてほしい、演奏してほしい曲です。

モリセイ

なっち提督 様

今のJCさん・JKさんにモリセイとか組曲「100年祭」と聞いてもほぼ全ての方は「なにそれ・・?」という
飯能になってしまうのかもしれないですけど、
最近の邦人オリジナル作品の高度な技術の壮麗な構成に比べると見劣りはするのかもしれないですけど、
そこにあるのは親しみやすさと懐かしさとわかりやすさで、
「頑張っていればそのうちいい事あるから前向きにとにかく頑張ってみよう」という気持ちになってしまう曲と
いえそうです。

同じような傾向として、カーター・ワルターズ・クリフトン=ウイリアムズ、オリヴァドーティなどもいましたけど、
これらの作曲家の素晴らしい名曲が最近はコンクールでもほとんど演奏されないのは勿体ない気はしますね・・

鈴木先生と言うとアレンジ作品の演奏という印象が強いですが、こうした古き良き時代のアメリカのオリジナル作品を
どのように解釈されて演奏したかは興味津々です!

古きを訪ねて新しきを知る

一秋田県民 様

今年の吹奏楽コンクールは支部も全国も無事に開催されて何よりですけど、自由曲は相変わらず
高度なアレンジモノか邦人オリジナル作品が主流のようですけど、
こうやってコロナ禍で少し暗い世相だからこそ、モリセイやワルターズなどに代表される
古き良き時代の希望に溢れる曲を演奏してみるというのも悪くは無いと思いますし、それが「温故知新」として
新しい体験としてどこかで活用されれば申し分ないと思ったりもします。

「中世のフレスコ画」はよく70年代の中学のC部門で自由曲として演奏されていて、なつかしさで一杯です!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |