FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


このブログでは何度も書いている事なのですけど、
1980年の吹奏楽コンクールは特に高校の部においては、私的には「一つの頂点」というのか
そのレベル、音楽的表現は一つの「最高水準」に達した年にも感じられますし、
高校の部のあの異常とも感じられるとてつもないレヴェルの高さは感嘆するばかりですね!
特に秋田南・花輪・前橋商業・銚子商業・市立川口・玉川学園・高岡商業・兵庫・天理・淀川工業・就実のウルトラ級名演は
驚異的なものがありましたし、
一つの吹奏楽コンクールだけであんなにも怒涛の超名演が続出していた事は「一つの奇蹟」なのだと思います。

この年の課題曲四曲は、今にして思うとかなりバラエティーに富んでいて大変面白かったと思います。
特にA~Cは、日本の祭り・民謡をモチーフに書かれていて、
Aの「花祭り」は日本の古き良き伝統を、Bの「南の島から」は沖縄の民謡を、
Cの「北海の大漁歌」は北海道の民謡をベースにしてあり、
三曲ともに「日本古来のもの」をテーマにしているのが面白いと思います。
(Bが沖縄、Cが北海道の民謡という日本の端と端のエリアの民謡をモチーフにしているその対照性が
今にして思うと大変興味深いものがあると思います)
このように課題曲の大半がこうした「日本古来の素材」をベースにしている年というのもあまり例がなく
その意味でも大変面白い試みだと今でも感じる事があります。

1980年度全日本吹奏楽コンクール・課題曲C / 北海の大漁歌は、曲の冒頭から最後まで終始一貫して
北海道の民謡の「ソーラン節」が「これでもかっ!」と執拗に何度も何度もテーマとして登場する大変親しみやすくて
わかりやすい音楽だと思います。
この課題曲を初めて聴く方でも間違いなく「どこかで聴いたことがメロディー」と感じると思いますし、日本人にとって
大変馴染みやすい旋律のソーラン節があちこちに顔を出してきますので、
「全然聴いたことが無いメロディー」と感じる方はほぼ皆無だと思います。
曲の冒頭は、ホルンとアルトサックスによるゆったりとしたソーラン節による夜明けの海上の情景から開始され、
昼間の操業の様子を描写した場面は、ソーラン節がほぼそのまんま転用されています。
そしてアルトサックスのソロをきっかけに一転して楽しい雰囲気から厳しい雰囲気へと曲想が変化し、
嵐と荒れる海上によって漁船が転覆する海難事故の場面へと物語が展開していき、
その海難事故の死者を弔うかのようなトランペット・オーボエ・フルートの三つの楽器による「悲しみと弔い」の音楽が
展開されていきます。
だけどそうした悲しい事故を乗り越えて、海の男たちは生きるために・・家族の生活を守るために再び海へと乗り出し、
ソーラン節の音楽に乗る形で操業、そして大漁の喜びに溢れる中漁港に帰還する・・
そういった一つの物語がソーラン節をモチーフにしながら音楽としてストーリーが進展していくという4分半程度の
一つの音楽物語と言えるのかもしれない課題曲なのだと思います。
ゆったりとした海上の情景も操業の様子も嵐も悲しみも全てぜんぶがぜんぶ「ソーラン節」一色に塗りつぶされている
課題曲と言えるのだと思います。
後述しますけど、この「北海の大漁歌」は私自身の中学三年の時の吹奏楽コンクール課題曲でもあったのですが、
とにかく耳にタコが出来るほど「ソーラン節」を吹きまくっていたという印象がありますし、
吹奏楽部の全体練習は音楽室でやっていたのですが、窓は全開状態で練習していたため、校庭の運動部とか
学校内の文化部や図書館で自習していた生徒の耳には、この年の夏はソーラン節が響き渡りの状態になっていて
よくクラスの同級生から
「おまえらうるせー、なんでああやって毎日毎日ソーラン節ばっかり吹いているんだよっ!」と文句を言われましたけど、
だって、コンクールの課題曲じゃ仕方ないですよね・・(汗・・)

私は小学校から吹奏楽に関わりを持ち、小学校の管楽器クラブでは打楽器を担当し、中学から大学の10年間は、
一年間を除いて担当楽器はずっとクラリネットだったのですけど、
1980年の一年間だけは、唯一違った楽器を経験できました。
この年は、クラリネットからアルトサックスにコンバートされ、一年間だけアルトサックスを
担当したのですけど、以前このブログでも書いた通り、
実はアルトサックスほど音が出やすく簡単にヴィヴラートを掛ける事が出来る楽器はないせいか、
アルトサックスを吹くのが楽しくし楽しくて仕方が無くてこの一年間は楽器を吹く事自体はとても楽しかったです。
(過去記事・・特に「響け! ユーフォニアム」カテゴリで散々愚痴っているように、中学の頃は、部長職を押し付けられたこともあり
 部員の大量退部事件とか顧問の先生のとにかく強烈な上から目線の威圧的指導にほとほと嫌気が差していて
当時の心境としては、「音楽も吹奏楽も大嫌い! 」という感覚が当時は大変強かったです・・)
この年は課題曲C/北海の大漁歌にアルトサックスにもソロがあり、私もソロを吹いたものでした。
後にも先にも吹奏楽コンクールでソロを吹いたというのはこの年だけでした。

この年、1980年の吹奏楽コンクールは、
「出来れば課題曲はマーチのD/オーバー・ザ・ギャラクシーを選んでくれないかな?」と密かに期待していたら
課題曲はC/北海の大漁歌をあのおっかない顧問の先生が選んでしまい、
「まじかよ・・・・えー、これから半年近くもソーラン節という民謡を練習しないといけないのか・・・」と危惧した所、
その杞憂は現実のものになってしまい、先生の厳格な管理指導の下、えんえんとソーラン節を吹く羽目になってしまい、
その先生が練習中に熱血のあまり
「なんでお前たちはそんなに気持ちが乗らない演奏をするのか!! そうだこの素朴で躍動的な民謡は体で覚えないといけない。
 だからお前たちも今から、オレに続けて踊れ!!」なんて唐突に言い出し、
「ヤーレン、ソーラン、ソーラン・・・」と歌いながら、舟をこいだり網を引っ張る先生の勝手な創作ダンスの
振付を覚えさせられ、
歌いながらこのヘンテコダンスを踊らされ、
「どだ!!、そろそろこの曲のリズム感が体に染みついたか・・」とか言われてやっと合奏練習に戻ったものの
そこでまた「下手くそ!!」だの「リズム音痴!!!」だの怒られまくり
ポンコツダンスはさせられるし、怒られまくるし、
この「ソーラン節」というのか北海の大漁歌という課題曲を聴くと、
今でも当時の「苦い夏の思い出」が蘇ってきますね・・・・(汗・・)
上記で書いた通り、アルトサックスには「ソロ」もあったりして、吹奏楽コンクールの本番はとにかく緊張しまくりだったと
思います。
というか・・あのとてつもない重圧・・プレッシャーは今でも鮮烈に私の記憶の中に留まっていますね!
地区予選も県大会もなんとかミスなくソロは乗り越えられましたけど、後で自分たちの実況演奏をテープで聴いてみると、
私のソロの部分は練習以上にヴィヴラート(細かい音の揺れ)かけまくりで、
なんかあれを聴くたびに「あの本番の時はソロというプレッシャーでびびってしまい、声が震えるように
楽器の音色にも震えが生じていたのかもしれないですね・・汗・・!

1980年の私自身の吹奏楽コンクール・県大会は銀賞という結果に留まり、
支部大会代表はおろかダメ金すらも取れないというトホホ・・な結果に終わってしまったのですけど、
本番の演奏終了後に全体の集合写真に写っていた私は、周囲の人たちが「普段の練習が全然発揮できない
惨憺たる演奏をやっちまった・・」みたいなボー然としている表情をしている人ばかりなのに、
なぜか当時、吹奏楽部部長の私は一人だけニッコニコの満面の笑顔で写っていました。
それはなぜかというと、
「これでやっと3年間に渡って首根っこを押さえられとにかくギャンギャン怒られまくったあのおっかない顧問の先生から
解放される! これでもう怒鳴られることもないし、毎日のように下手くそ!と怒られる事もなくなる!
これで大嫌いな吹奏楽とおさらばできるじゃん!!」という感覚だったのかもしれないですね・・・
実際問題、私自身は、中学の卒業文集で延々と吹奏楽部への愚痴と恨みつらみを書きまくり(汗・・)
締めの言葉として「私は高校に入ったら絶対に運動部に入る! もー金輪際、吹奏楽部とか音楽に関わる事は
真っ平御免!」とはっきりと明示していましたからね・・(汗・・)
後日、高校に入学後もちゃっかり(?)吹奏楽部を続けていた私に対して、
「えー、おまえ卒業文集で吹奏楽は絶対にやらないといっていたじゃん! このうそつき!」とも結構言われたりも
していましたけどね・・(滝汗・・)
というか・・高校の吹奏楽部でまさかああした素敵な出会いがあるとは当時の私には知る由もありませんでしたし、
その二年後に、このブログでは何度も書いている通り、1982年の全日本吹奏楽コンクール・東北大会にて
花輪高校吹奏楽部によるウォルトンの交響曲第一番第四楽章という「魂の演奏」に出会った事で、
私のそれまでの吹奏楽観・音楽観がすっかり劇的に変ってしまい、私自身が中学時代の音楽嫌いから
「吹奏楽・クラシック音楽という深い森の中に迷い込むきっかけ」が出来てしまったという事も知る由もなかったのです。

話を私自身の中学三年の時の吹奏楽コンクールに話を戻しますと・・

県大会の演奏は自分で言うのも何ですけど本当にズタボロの演奏でした・・・(汗・・)
せめて地区予選の時みたいな演奏が出来れば後悔はなかったと思うのですけど
本当にほんとうに惨憺たる出来栄えで練習の成果は全く発揮されていなかったと思います。
コンクール前に思っていた事は、
「万一この県大会を通過して県代表に選出されて支部大会に出場する事になったとしたら
あのおっかねー先生にまたまた一か月近く怒られまくる・・・そりゃ嫌だな・・・
だけど本日の県大会で県代表に選出されなかったら、本日をもって引退となってしまい 
明日からは受験に専念せざるを得なくなる・・・
それも嫌だな・・・
あ~あ、どっちも嫌だな・・・一体どうすりゃいいんだろ・・」みたいな
何か気分は・・「to be or not to be」のハムレットみたいな心境だったと思います。
本番の演奏があそこまで見事に崩壊してしまうとは、私を含めて部員全員のこの一年間の
モヤモヤとした鬱積した気持ちとか大量退部者を出してしまった後ろめたい気持ちとか
指揮者の先生に対する反発の気持ちとか、色々あったとは思いますが
結局は最後まで皆の気持ちが一つにまとまらなかったという何かモヤモヤとした鬱積した気持ちが、本番当日の舞台でも
部員全員の「本音」を象徴させるような形となって、「音」になってしまったのかなと思う事は今でもあったりしますね・・・

課題曲Cの出だしから既に何かモヤモヤした出だし・・・
この年は私自身はアルトサックスでの出場でしたけど、課題曲冒頭の音がアルトサックスにとって鬼門というのか
大変音が出しにくい低音から開始されるという事情もあったのですけど
出だしがスカスカの音状態で始まり
「これはまずい・・・」と思ったけど修正できずに曲がどんどん進行し、
中間部のトランペット・オーボエ・フルートのソロの部分では、3人の奏者が全員揃いも揃ってソロを外すという
練習中でもなかった事態が発生し、更に奏者の動揺を招き、課題曲は崩壊状態で終了し、
自由曲も「あれれ・・いつもと調子が違う」みたいな違和感を最後まで吹っ切る事が出来ずに終了し、
ボー然とする中、中学最後のコンクールが幕を閉じたという感覚で終わってしまいました。

当日全部門の審査が終了したのがPM19:00過ぎ・・・
部員全員を残しておくわけにもいかないという事で、部長・副部長、そして指揮者の先生以外は
全員そのまま帰宅となり、
私が部を代表して閉会式と審査結果発表に臨んだのですけど結果は上記で記したとおり銀賞・・
(よくあんなポンコツ演奏が銅賞にならなかったものですね・・・汗・・!)
閉会式で表彰状を貰ったのですけど、全然嬉しくなかったですし、当日の演奏やこれまて゜の部の活動状況に対する
後悔」の感情ばかりが沸き立つ中で・・・
「ああ・・・やっとこれでコイツの指導から開放される・・・明日からは・・・受験のプレッシャーはあるけど
一応自由だ・・!!」
みたいな開放感はものすごく感じていましたし、それが前述の全体集合写真での私のニコニコ笑顔に
なっていたのかもしれないですね。

今現在ですと、メールやラインで当日の審査結果なんかをリアルタイムで回覧できるのですけど
当時は携帯すらない時代(苦笑・・・)
3年生には、直接電話を掛け結果を伝え、下級生には審査結果は明日の朝刊を見ておいて
というのもなんか時代を感じさせますよね。

それでもって帰りはその指揮者の先生の車で学校まで送って貰ったのですけど
最後ぐらい「お疲れ様!!」とか「今まで色々と酷い事ばっかり言ってすまなかった・・・」
「だけど、お前たちも本当によく頑張ってくれた!!」みたいな労いの言葉があるのかな・・・とか
「最後くらい、俺のおごりでなんかうまいものでも食わしてやる! 何でも好きなもの頼め!!」みたいな
嬉しいサプライズでもあるのかな・・・と淡い期待を持っていたら、
その車での送迎中も一時間近く延々と部長・副部長に対して
「お前たちは、今までオレが面倒見てきた中でサイテーの代!!」
「お前たちぐらい俺の言う事を素直に聞かなかった奴らはいない」 
「お前たちはだからダメなんだ!!」みたいにずーーーーーっと説教の連続でして、

マジであの瞬間は・・・・「こいつ今すぐくたばってしまえ!」と感じていたものでした・・

北海の大漁歌ですけど、この年の課題曲は課題曲A/花祭りに人気が集中しすぎてしまい、
結果的にこの課題曲Cを選曲するチームはどの部門も比較的少なかったと思います。
県大会でも支部大会でも全国大会でも「これが決定的名演!!」と言える演奏があんまり無かったようにも思えます。
強いて言うと、
関西大会の演奏ですけど、大津シンフォニックバンドのテンポいじくりまくりの個性的な演奏とか
四国の富田中学校の大変正攻法で中学生らしい伸び伸びとした演奏は、
とっても素敵な演奏で大変印象に残っています。
そんな中、この課題曲の「最大の名演」がやはりこり東海大学第四高校の演奏だと思います。
全体的に大変オーソドックスでテンポ設定も大変無難で、夜明け→漁の風景→嵐→死者の弔い→漁の再開
みたいな「ストーリー性」が大変生き生きと描かれていると思います。
アルトサックス・トランペット・オーボエ・フルートの各ソロも無難だったと思います。
面白い演出は青森県信用組合だと思います。
ステージ内に大きな「丸太」を持ち込み、
譜面上では、拍子木指定の部分をこの丸太でコーンコーン打ち鳴らし、一定の効果を得ていたのは大変ユニークでした!

最近の演奏技術とか表現が大変難しい課題曲を耳にすると、この時代のソーラン節をひたすらモチーフにした
このシンプルさは逆に新鮮にも感じたりもしますし、
やはりこの課題曲を聴くと、今でも中学生当時の私の「感覚」・「記憶」が蘇ってくるのもなんだか自分自身すごいな・・と
思ってもしまいますね!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

この頃の課題曲はよかったですねぇ。

この「北海の大漁歌」は自分が中学に入学する前の年の課題曲でしたので、当時我々1年生が演奏するはずはなかったんですが、確か地域の敬老会で吹奏楽部のステージがあり、高齢者が楽しめる曲・メロディーを聴いてわかる曲ということでエントリーされ、演奏した記憶があります。
ちなみに後年に発売された「全日本吹奏楽コンクール課題曲参考演奏集VOL1」を聴くと「ヤーレンソーレン」のメロディーに反するリズムみたいな感じで拍子木を叩いていましたが、自分たちは拍子木がなかったのでその部分を演奏しない部員のみで「手拍子」でした。
今にして思うと拍子木がなければ手拍子を代用してもいい?だったんですかね手間??

訂正、、、

ヤーレンソーレン→ヤーレンソーラン、手間→……変換ミスです、失礼いたしました(>_<)。

北海の大漁歌

一秋田県民 様


北海の大漁歌は1982年に天童市役所音楽隊が自由曲にしたほど、ある意味大変親しみやすい曲ですし
あのソーラン節を聴いた事が無い方はほぼ皆無だと思いますので、
敬老会で演奏された場合のウケは大変いいものがあったのではかなぁ・・と推察されますね・・(笑)

最近の課題曲はマーチも含めて「随分と難易度が高く表現の幅が広い曲」という印象が強く、
80年代の課題曲は、この曲もそうですし、インヴェンション第一番とか波の見える風景とかテイク・オフとか
ハロー! サンシャインとかすてきな日々とか分かりやすくて親しみやすい曲が多かったな・・とも
感じたりもしますね。

拍子木の部分を手拍子という発想は「なるほどっ!」と感じたものです!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3883-5386100f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |