FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


_convert_20191030190218.jpg


わらび餅はわらび粉を原料とする柔らかく口どけの良い和菓子なのですけど、
きな粉や黒蜜をかけて食べるととっても美味しいですよね~♪
くず餅や山梨名物の信玄餅と似ているようでもありますけど、厳密には結構違っていたりもしますけど、
モチモチ、プルプルの食感とほどよい甘さは大変魅力的であり、
見ためが涼しげなので、夏の和菓子としても定番の一つなのかもしれないです。

スーパーやコンビニなどで見かける白っぽくて涼しげなわらび餅は、本物のわらび餅ではありません。
わらび餅の由来は山菜の蕨(わらび)でもあるのですけど、白くて涼しげな今現在のわらび餅は山菜のわらびの味は
全くしませんし、色も形も山菜のわらびと似ても荷つかぬものですし、山菜の味がするわけでもないのに、
それでは一体どうして「わらび餅」という名前が付いているのでしょうか?

わらび(蕨)と言えば煮物や炒め物、おひたしなどの食材として、古くから日本の食卓ではおなじみの山菜です。

そして元々はわらび餅も、わらびの地下茎から得られるデンプン(わらび粉)を原料としているために
「わらび餅」という名前が付けられた経緯があったりもします。
わらび餅の歴史をたどると、平安時代の醍醐天皇の好物だったとの説があったり、戦国時代にもわらび餅を詠んだ歌が
残っていたりするなど、お茶菓子として長きにわたって親しまれてきた事が示唆されていたりもします。

わらび粉の作り方はまず、山菜のわらびの根(地下茎)を掘り起こし、叩いてほぐして洗ってデンプンを取り出します。
これを乾燥させると、わらび粉になります。
一般的に10kgのワラビの根から取れるわらび粉はわずか70gという事で、わらび粉自体が希少であり、
大変な手間が掛るという事で、純粋にわらび粉を100%使用したわらび餅というものは、現在ではほとんど生産すらしていないと
思われます。
現在、スーパーやコンビニ等で目にするわらび餅は、サツマイモやタピオカから取れたデンプンや、
くず粉を利用しているものがほとんどで、「わらび粉100%のわらび餅」はほとんどお目にかかることができません。

わらび粉100%で作ったわらび餅の色は、市販のわらび餅のように白っぽいものではありません。
黒いコンニャクのような色あいまたは琥珀色であり、少なくとも涼しげな夏の和菓子という感じではないと思われます。

要は現在市販されているわらび餅にはわらび粉は使われていないものがほとんどなのです。
上記で触れた通り、わらび粉は昔から手に入りにくかったため、既に江戸時代には、
わらび粉にくず粉を混ぜたわらび餅が数多く出回っていたそうです。

そのため、現在市販されているわらび餅は厳密に書くとわらび粉を使用したものではないので、実はわらび餅に非ず・・と
なってしまいそうですけど、既に日本で流通している白くてでんぷんやくずを使用したわらび餅は定着していると言えますので、
そうした白いお餅もわらび餅の一種といえるのかもしれないですし、事情を何も知らない人の視点では
「白いのがわらび餅で、黒っぽいのはなんだかヘンなお餅」となってしまうのかもしれないです。


001_convert_20191030152323.jpg


埼玉県川口市と戸田市を挟む市として蕨市という市があるのですけど、この蕨市(わらびし)はわらびという名前から
よく「実は埼玉県蕨市がわらび餅の発祥の地ではないのか・・?」という誤解を受けるのですけど、
実際は蕨市は別にわらび餅の発祥の地でもなんでもないですし、特段蕨市の名物・銘菓がわらび餅という事はないです。

全国の皆様に「埼玉県蕨市」と言っても多分ですけどピンと来る方はほぼ皆無だと思います。
私自身埼玉県には通算してかれこれ23年程度住んでいますし、私自身が居住している川口市の視点では、
蕨市は川口市の隣接市なのですけど、蕨市自体が地味で人口が少ないという事もあり、
「蕨市・・なにそれ・・??」みたいな感覚も少しはあるのかもしれないですね・・・(汗)
埼玉県は只でさえ「何もないない、名物も県民帰属意識も県民愛もな~んにもない・・」みたいな感じが濃厚で、
住んでいる所は埼玉県だけど職場は都内、出身地や育った所は他県という方が県民の多数を占める中で、
埼玉県民の皆様に「蕨市ってどういうところなの・・?」と聞いても、もしかしてほとんどの方は
「えーっとねぇ・・」と言葉に詰まってしまうのかもしれないです。
何もないない埼玉県の中でも飛びっきりの「印象がうすい市」という事なのかもしれないです。

ちょっと待ったぁ――!!

実はなのですけど、この蕨市は全国的にも色々と名高い点がいくつもあったりもします。

最近ではまさかの映画化もされた「翔んで埼玉」にも蕨は登場していましたし、
蕨市は、全国の市の中で最も面積が狭く、区町村を含めても8番目に狭いという大きな特徴があったりもします。
実際、蕨市は本当にちびっこい市であり、市を構成する町も、錦町・南町・北町・中央・塚越と
わずか五つしかないというのもある意味驚異的であったりもします。
人口は7万程度と少ないのですけど、昔から中国・インドの方の人口比重が高い上に、最近特に特筆すべき事は
中東の民族問題や戦争から逃れたイラン人やクルド人の皆様が多いことだと思います。
クルド人の皆様は第二の故郷として、蕨市をワラビスタンと呼ぶ事も多いようで、これは以前何度かニュースでも
取り上げられていたと記憶しています。
そうそう、蕨市は他に何が名高いのかと言うと、実はなのですけど成人式の発祥の地でもあるとの事です!
日本における今日の形態の成人式は、終戦間もない1946年11月22日、埼玉県北足立郡蕨町(現:蕨市)において
実施された「青年祭」がルーツとなっているそうです!

それ以外でも・・

〇日本一小さい市(富士五湖の一つ本栖湖とほぼ同じ大きさ)

〇人口密度が日本一高い市

〇成年式発祥の地(昭和21年11月22日、全国に先駆けて実施)

〇日本で最初にスポーツ少年団に登録

〇全国初のまちづくり条例の制定(昭和63年4月1日) → 市民と市の協働による良好な環境づくりを定めた条例

〇日本一早く実がなるリンゴ・わらびりんご生誕の地(6月下旬には収穫できるそうです)
 
〇埼玉県内で最古の北小学校(明治3年設立)

〇日本最初の住宅団地が建ったのは蕨市南町(昔は三和町)と言われている。

〇全国にさきがけ市民葬条例制定(昭和41年7月)

〇全国にさきがけ災害(含人災)見舞金・弔慰金制度実施(昭和43年4月)

〇全国にさきがけて市長と市民の面会日実施(昭和31年7月)

〇全国にさきがけて体育館併設のコミュニティセンター設置(昭和55年)

〇全国のJR全ての駅の中で、五十音順に並べると、京浜東北線の蕨駅は一番最後にくる駅名である

こうやって改めて見てみると、埼玉県蕨市は確かに全国で最も小さい市ではあるのですけど、
キラリと光る「何か」は持っているのかもれないです。

確かに小さいけどキラリと光る何かは持っているかもしれない蕨市ですけど、いかんせん全国的に知名度の高い
名物・銘菓に乏しいのが悩みのタネなのかもしれないです。

そして出てきたアィディアが上記の新聞記事で取り上げられているように、
「蕨市という市名なのだから、別に発祥の地ではないのだけど語呂合せという事で、蕨市だからわらび餅を新たに
蕨市の名物にしようではないか!」という動きが数年前から出てきて、この2年ほど商品化に向けての試行錯誤が
繰り返され、そしてついに今年の10月に商品化が実現され、まずはセレクトショップでの販売が始まっていたりもします。

わらび餅の発祥の地は諸説あるみたいですけど、奈良県はわらび粉の名産地であり、
奈良や近くの京都ではわらび餅の名店が数多く見られる事から、奈良県が発祥の地と言えるのかもしれないですけど、
発祥の地は発祥の地という事で元祖の地位は譲るとして、
「名前が同じだからわらび餅も埼玉県蕨市の名物にしてしまおう!」という発想もそれはそれでOKなのだと思います。
埼玉銘菓というとうちのブログでも頻繁に登場する「うまい、うますぎる」の十万石まんじゅうや彩果の宝石・草加せんべい
くらいしかないのかもしれないですけど、ここに「わらび餅」も新たな埼玉銘菓に育ってくれるといいですね~♪

蕨市だからわらび餅――意外になかったこの語呂合わせで日本一狭い市に逸品を生み出そうと、
山菜のわらびが特産というわけでもない埼玉県蕨市の蕨商工会議所などが、2年かけ独自に「わらびの蕨もち」を開発した
という記事も結構地方ネタとして取り上げられていましたし、
空き店舗で市の特産品を扱う「WARABI SELECT SHOP」で、既に販売も開始されています。


003_convert_20191030152342.jpg


商品名は「わらびの蕨もち」なのですけど、決してダジャレやオヤジギャグだけで名付けただけの「わらび餅」ではないようで、
形にも味にもこだわり抜き、企画から完成まで2年をかけているのもすてきですね~♪

わらび餅は、きな粉や黒蜜をかけて食べるのが主流ですけど、
「わらびの蕨もち」は、シート状の餅でこしあんを巻いた一口サイズで、
国産わらび粉を主な原料に、あんは甘すぎない上品な味に仕上げた新感覚のわらび餅と言えると思います。

「蕨市がわらび餅の発祥なのですか?」という質問もよく出るそうですけど、
発祥地ではないけれど、市名を使ったネーミングも商品の強みという事もあると思いますので、今後順調に蕨市の
新名物として育ってくれるといいですね~


004_convert_20191030152400.jpg


私自身も先日購入をさせて頂きました!

一般的なわらび餅はきな粉や黒蜜をかけて食べますけど、このわらびの蕨もちはきな粉パウダーがかかり、
こしあんをくるんでいるのが特徴で、きな粉が口の周りに付かないようサイズも工夫し、形もシート状になっています。
4個入りで税抜き290円で2週間は常温で保存できるそうです。

味ですか・・?

もちろん「うまい、うますぎる~」です~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

蕨市はさきがけが多いですね、書き出されると驚きます。
場所的にも便利な良いところですね。
草加せんべいや十万石まんじゅうも好きですが
蕨市のわらび餅も食べてみたい、甘すぎないのが良いですね。

小さくてもキラリと光る市!?

Keiko 様


蕨駅西口の商店街は文字通りシャッター商店街化しているようにも感じられるのですけど、
古ぼけた銭湯・伝統ある鰻屋さん・風情ある蔵造の街・かすかに残る旧中山道の繁栄痕など、
随所にきらりと輝くものはもっていますし、
市の運営もかなりユニークなものがありそうですし、
この蕨のわらび餅も蕨の今後の町おこしの一環として貢献できればすてきですね。

スーパーやコンビニのわらびもちの原料は蕨粉じゃなく寒天ですね。
元々は、蕨粉を練って作った菓子として朝廷に献上したのが始まりだそうですが、
もしや、あの地域はそれで蕨と言う地名をいただいたのでしょうかね?

わらび

sado jo 様


「藁火」がなまって蕨になったとする説や近隣に美女木・青木といった植物に由来する地名が多い事から
山菜としてのワラビから名前を拝借したとか色々説はあるようですけど、決定的なものはないものの
蕨餅とはやはり全然関係がないそうです。

関係ないけど、名前が被っているから蕨餅を蕨市の新名物にしようという前向きさが埼玉らしいのかも
しれないですね~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |