FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム


チルノ時計


埼玉県川口市は、毎年毎年人口が増え続けている市で、現在ではむしろ珍しいと言えるのかもしれないです。
どちらかと言うと若い世代の層が増えているというのではなくて、単に外国人の皆様の人口流入の方が多いと
いえるのかもしれないですけど、
日本全体から見てみると、今後は人口減少の市町村が加速して増えていき、地元の商店街とか小売店というのは
ますます経営が厳しくなっていくのかもしれないですね。

川口市ではそんなにシャッター街と化している商店街はそれほど多くはないと思うのですけど、
それでも全体的にはどの商店街を見てもそんなに活気もないし人の賑わいも多くないし、やはり近隣のスーパーとか
大型ショッピングセンターにお客様を持っていかれてしまっている印象が大変強いようにも思われます。

そうした中、自宅から一番近い商店街に古くからあった「酒屋さん」が先日唐突に店じまいをしてしまい
「廃業」をしていました。
酒屋さんは以前は自宅の周辺に何店か存在していたのですけど、いつの間にか次から次へと廃業・閉店へと
追い込まれていて、結果的に今回の廃業をもって自宅から半径3キロ圏内に存在していた酒屋さんが全てなくなり、
この圏内の酒屋さんはゼロ軒になってしまいました。
だけどこれも時代の流れなのかなぁ・・
こうした個人経営の小売店は、日本全体の人口減少という大きな要因から考えても、これからもどんどんと減少の一途を
辿っていくのは容易に予想ができるのかもしれないです。
そしてやはり一番大きな要因というのは、資本力のある大手の小売業のスーパー・大型店舗・ショッピングモールには
余程の知恵とか工夫がない限りは勝てそうにもないという事なのだと思います。
上記で記した酒屋さんなんかも、つい先日なのですけど、例えば伊藤園の「おーい お茶」の2Lペットボトルについて
「当店開業以来の大幅値下げ断行! 2本で330円!」と客寄せ商品として置いていたようですけど、
うーーむ、伊藤園の「おーい、お茶」の2Lペットボトルなんて、この酒屋さんの目の前のス―パーでは、
普段から1本128円で売っていますし、特売だと1本115円となる事が多いようですし、
これじゃー、最初から勝負にもならないですね・・
そして最近の小売業関連の改正で、極度なお酒の安売り価格販売はできないようになったいたのですけど、
例えばビール・発泡酒なども酒屋では当たり前のように定価で売られているものは、
スーパー等では今現在だって普通に値引きされて販売されていますので、
普通の金銭感覚の人でしたら、そりゃー、安い方のお店に流れてしまいますよね・・

こうした酒屋さんですと、「大手小売店と同じ商売したって価格でそもそもが勝負にならないのだから、
例えばこだわりの日本酒だけを置いた店にするとか
ワインソムリエの資格を取ってワインも日本酒もウイスキーも何でも相談できる店にするとか
店内の展示をおしゃれにするとか
ネットでの注文をメインにすればいいじゃん! 
そうした努力を何もしないでただ経営が厳しいとか大手の価格には勝てっこない・・と愚痴ってばかりなのは
単なる経営努力の怠慢とかやる気がない証しではないのか・・」
みたいな厳しい意見を耳にする事も結構あったりするものですけど、
例えば「こだわりの日本酒」みたいな特定商品に特化し、販売はネットからの注文をメインにしたって、
結局は配送料の問題が発生してしまい、
「別にここで買わなくても他の通販サイトで配送料半額とか無料のとこで買えばいいじゃん」みたいな感じになりがちで
やはり全体的には運送料を加えた価格というものでは、最初から勝負にならないという事も
多いのだと思いますし、
そんな簡単な工夫だけでお客さんを数多く呼び込めることが出来るというのならば、日本にシャッター街という問題は
そもそも起きないのだと思います。
1990年代辺りですと、こうした街の酒屋さんが随分とコンビニに業態変更していた時期もあったようですけど、
さすがにそれも最近では頭打ち状態ですし、
以前ですと、同じコンビニにタバコ・お酒が置いてある店・置いてない店があったというのは、
このタバコ・お酒の認可を持っているかどうかという事に由来していたのですが、
コンビニ側としては「元々タバコ・お酒の許認可を行政から取得している街の酒屋」が喉から手が出るほど欲しかった
みたいな事情もあったのかもしれないですね。

要は・・例えば酒屋さんみたいな商売ですと、そうした業態自体が既に「時代遅れ」という事になるのかもしれないですね。

こうした小売店ですと、何か突拍子もない斬新なアィディアでスキマ産業の一つとして参入していける可能性も
ゼロではないと言えるのかもしれないですけど、全体的には大変厳しい話であり、
個人経営の小売店というものは、今後も厳しい風が吹き込み続けるのは間違いではないような感じもありますね。

昭和の頃の「活気のあった商店街」の存在を知っている人たちから見ると「ちょっとつらいね・・」と感じてしまいますね・・

金融機関に在籍していた頃、結構耳にタコが出るほど聞かされた話の一つとして
「金融機関が融資を実行して、余程の事が無い限り回収不能になったり不良債権化しない商売」というものが
実は存在しているのだというものがありました。
その当時なのですけど、特に自営業としては余程の事が無い限り潰れたり夜逃げをしない商売として
挙げられていたのは、①葬儀屋 ②理容業 ③そば屋の三つでした。

上記の、①葬儀屋 ②理容業 ③そば屋ですけど、①に関しては人間の死というものは絶対に避けることは
できませんので、業態的には不況知らずの安定感は抜群だと思います。
私自身も大小多くの葬祭店と取引をさせて頂きましたが、葬儀屋さんで資金繰りに困っていたところは確かに皆無だったような
印象が強いです。
葬儀屋さんは恒常的運転資金とか大規模な設備投資の必要性があまりないというのも強みなのかもしれなかったです。
②に関しては現在はどうなのかな・・?
最近では相当「1000円カットハウス」が世間的には認知されていると思いますし、普通のカットだけで
3800円~4000円も払う人って以前よりは間違いなく少なくなっていると思いますし、理容業は少なくとも
20世紀のころのような抜群の安定感はすでにないような気がします。
だけど理容店のいいところは、一度固定客をつかんでしまうと、そうした常連さんが生きている間は、
比較的安定した売上が見込めるというのは大きいのかな・・?とも思います。
③については、金融機関在籍時によく言われたのですけど、
「お蕎麦屋さんというものは、何年か修行に出て、一定のノウハウさえ得られれば、よほどのことがない限り
不味くて評判の悪い味にはなかなかならないものだし、
ラーメン店は、その店によって大分味とか好みに違いが出てしまいがちだけと、お蕎麦というものは、
ラーメンほどの「店による違い」は出にくいし、そば自体がどちらかというと定番化さけた味というものが存在しているから、
そうした定番化されたメニューさえきちんと出していれば、
一定の常連客はつかめるし、日本人自体が大のそば好きだから、
よほどの事がない限り売上が不安定になることはない。
蕎麦屋がつぶれるということは、よほど店主の修行不足か味覚音痴のどちらかだ・・」という認識があったものでした。

同じ小売店・個人経営の店でも、扱う商品によって明暗が分かれてしまうというのは
ある意味仕方がないのかもしれないですし、
上記では「葬儀店の安定ぶりは半端ないものがある」と記しましたけど、人口全体の減少という事から考えると
必ずしもその未来の展望は明るいという訳でもないですので、
どちらにしても今後の零細小売店の経営は受難の時代が続きそうという事なのかもしれないですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ほんとですね〜
小売の店舗は、大型店と違って
仕入れ値も違うだろうから
安売りも難しく大変だと想います。
他とは違う何かをみつけられれば
ほそぼそとでも続けていけるのでしょうが…

生物界でもそうですが、生存するために、基本的に小さな生物は工夫と複雑さが必要ですよね。でも、実際に、そう簡単にはいかないですよね。結局、小さな店は他の店がやっていないようなサービスをやり、それが大手にまねされたらそく違うサービスをやるって感じで、正面から戦わずゲリラ戦みたいな戦い方をせざるを得ないのだと思います。正直大手の店ばかりが生き残ると、街の特徴がどんどん均一化されてつまらないと思うのですよね。駅前はどこも知ったようなお店ばかりでは残念だなって思うので、こういった小売店にはがんばってもらいたいところです。

知恵が必要なのかもしれないですね・・・

napo 様


確かに・・

こうした零細小売店というのは、価格だけでは絶対に大型店に敵う訳がありませんから、
その店にしか出来ない付加価値を知恵を振り絞って、探し出していく必要があると言えるのだと思えます。

その知恵を探し出すのは茨の道なのかもしれないですけど、そこがこうしたお店が生き残る唯一の道なのかも
しれないですね。

零細小売店も必要な存在・・

八咫烏(全力稼働中) 様


確かに・・

日本のどこに買い物に行っても大型小売店ばかりだったら画一化されたという印象が大変強く
味気ないものになってしまうのかもしれないですね。
零細小売店は価格だけでは絶対に大型店に敵う訳はありませんので、
やはりそのお店にしかできない「差別化」を図る事でしか生き残る道はないのかもしれません。

だけどその「差別化」が具体的には何であるのかが皆さん暗中模索状態ですので、現実としては
生き残りがかなり大変という事になっていくのかもしれないですね。

だけどこうしたお店にも頑張って欲しいものです!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3863-de73b82e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |