FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「カラス」というと世間一般的には、「ゴミ集積所にて食べ物を食い散らかす迷惑な鳥」とか「真っ黒で少し不気味・・」
みたいな先入観もあるかとは思うのですが、
いやいや、カラスは決して害鳥ではないと思いますし、とにかく頭がよくて賢くて、人間のペットとして飼われ
人間に最も身近で接している動物としてもお馴染みの「犬」よりもはるかに知能的には上をいってるようにも
感じられますし、カラスをよく見てみると結構お茶目でかわいい面もあったりしますし、
将来的には、あのカラスの聡明さを有効活用できればいいのかもしれないですね・・(笑)
例えば、カラスを上手く教育して、ドローンみたいな上空からの写真撮影とか伝書鳩みたいな連絡・配達機能を担って貰うとか
なにかカラスたちにも「人間との接点」とか「役割分担」を持たさえすれば、
今以上にカラスの人気は案外急上昇を果たしていくのかもしれないですね。

カラスは動物学上の分類では鳥類ですが、カラスの脳は他の鳥類の脳とは全く異なっている事が分かっています。行動生物学者のあいだでは、カラスを「羽をもった霊長類」呼ぶことがあるくらいです。

カラスやカササギ、ワタリガラスといったカラス科に属する鳥たちは、
一般的な鳥よりも頭がいいと言われており、実際に道具をうまく使いこなしたり、いたずらをすることでも
知られていると思います。
よく夕方のニュース番組の中でも、例えば胡桃を道路に落し、その胡桃が車に轢かれた際に割れた実を
車を避けながらたくみに食べる様子とか、カラス捕獲用の罠を巧みに潜り抜けたりする様子を見ると、
「やっぱりカラスは頭がいいよなぁ・・!」としみじみ感じてしまいますね!
それとカラスは「真っ黒」という事もあり、一見「怖い・・」みたいな雰囲気も有してはいるのだと思うのですが、
いやいや、実はカラスは意外とお茶目なところもあり、
実際、うちの周辺のカラスなんか、よく我が家の屋上の物干し台に止まって、たまーに私なんかと目と目があって
思わず一人と一一羽で「にらめっこ」みたいな事もする事もありますよ・・・・(笑)

カラスは非常に知能が高い生き物であり、その知能は霊長類に匹敵するともいわれています。
ちなみに、人間も霊長類の一種であり、霊長類の中で最も頭が良いのが人間とされています。
もちろん、人間ほど知能が高いわけではありませんが、鳥類の中でカラスはとびぬけて知能が高いと
換言しても支障はないと思います。
その知能により、公園の水道の蛇口をひねって水を飲んだり、枝を使用して餌を摂ったり、
貝や胡桃等の硬い殻に覆われた食べ物は、高いところから落としたり、車に引かせて割って食べたりもしています。
カラスを脅かすための製品は多く販売されていますが、常に使用を続けるとカラスは慣れてくるといわれます。
カラス除けでカラスを追い払ったように見えても、カラスは周りから観察して、そうしたグッズは実は自分達に
特に危害がないと理解した瞬間からそうしたカラス除けみたいなグッズは平然と無視するようになるというのは
カラスの学習効果とも言えるのかもしれないです。

こうした学習効果という言葉をカラスのような鳥類に用いること自体、やはりそこにはカラスの頭の良さが
あるのだと思われます。




繧「繝・・繝ォ_convert_20170921161844



繧「繝・・繝ォ2_convert_20170921161909





話しはガラっと変るのですけど、皆様は第一パンの「アップルリング」という商品はご存知でしょうか・・?

アップルリングは1982年発売開始となり現在でも製造販売が続けられている大変なロングセラー商品の一つ
だと思います。
当時の菓子パンは「あんぱん」のような一人用のものがほとんどでしたが、
家族向けに、こぶし大のパン6個がリング状につながって1個の形となっている大型の菓子パンが開発され、
ここにまさに生きる伝説と化しているようなあの「とてつもなく巨大な大きさ&とてつもないカロリー数」を誇っている
大食い商品が誕生したのです!
しっとりとしたパン生地にリンゴを甘く煮込んだアップルプレザーブを入れたボリュームたっぷりの
超ロングセラー菓子パンなのです。

とにかく大きなリング状のパンで、カロリーも1個当たり1,434kcalとなってまして、普通の菓子パンとは
大きさもカロリーも桁外れなのだと思います!
そして肝心の味もとっても美味しいと思います!
口に入れてみると、ふかッとした生地の食感が堪らないですっ!
そして砂糖で煮られたリンゴのコンポートが、甘さとリンゴの風味を感じさせてめちゃくちゃ美味しいと思います。
甘い果肉の量も多過ぎず少な過ぎずといった加減も絶妙でして、
同時に少し甘口のパン生地や砂糖のアイシングとのバランスも申し分ないと思いますし、商品として計算され尽くされていると
思います。

そして何よりも飽きずにバクバクと食べることができると思いますし、一人で完食はそんなに難しくないと思います・・(笑)

このアップルリングなのですけど、以前と比べるとこの商品を扱っているお店はかなり少なくなっているようにも
感じられます。
やはりこのあまりにもとてつもないカロリーが「ダイエット&健康」志向が強い現代人には今一つマッチしないのかな・・?
ま・・その辺りは、いくら食べても食べても昔から全然体重も増えないし体型もほとんど変わらない私にとっては
「それは実にもったいない話・・」と感じてしまいますね。

さてさて、そうした中、先日なのですがとあるスーパーにてこの「アップルリング」が特売されているお店を
発見しちゃいました!
普通ですと一つ200円程度するのですけど、今回は特売ということで一つ150円程度ということで
お昼ごはんをまだ食べていなかったものでして、店内で同時に特売されていたフライドチキンと一緒に購入しちゃいました。
それを食べた場所なのですけど、うちの会社は工務店という事で、事務所とかショールームの他に工事関連の資材置き場も
あったりして、この資材置き場は昼間ですと、工事関係の皆様とか監督・職人さんたちがここでお昼を食べていたり、
はたまた営業関連の皆様たちのサボり(?)の場所でもあり、
昼間の時間帯は誰かしらいる事は多いです。
だけどその日、私がこの資材置き場にやってきた時間帯はとうにお昼を過ぎていて誰もいませんでした。
この資材置き場は、工事車両の駐車場・部材の保管場所、そして同時に工事で一時的に出てしまった産業廃棄物の
保管場所も兼ねているのですが
(この産業廃棄物は、保管庫が一杯になり次第、マニュフェストに基づいて産廃処理業者が全て処分しています・・)
建築工事中って往々にしてよくある話なのですけど、施主が宅内にあるタンス・机・ソファー・ベッド等の家具を
「サービスの一環として無料でそっちで引き取って!」と無茶な事を言われたりもする事もあるようで、
人がよくてそうした依頼を断りきれない監督なんかは、たまにそうした不要家具を資材置き場に持ってきちゃうことも
実は多々あったりもします。
そんな訳でこの資材置き場には、ソファー一式・ベッド・机が雨ざらしのまんま放置されているのですけど、
そうしたソファーとかベットに腰かけて昼ごはんを食べる人も結構多いみたいです。
実は私もそういう一人でして、ソファーの上に先ほど買ってきたアップルリングやフライドチキンを置いて、
手を洗いに行って、1分後ぐらいにソファーを見てみると、
なんと・・・!
先ほど買ってきたばかりのアップルリングがありません!! (泣・・)
「えーーー、そんなバカな・・!? 一体誰が持ち去ったの・・? まさかノラ猫の仕業・・?」とも思って何気なく空を見上げた所、
なんと・・・!
そのアップルリングが空を飛んでいました!!

どういう事かと言うと、なんと・・! カラスがあんなバカでかいアップルリングを足の爪でガッチリ捉えていて、
カーカー鳴きながら上空を舞っていて、その光景が「アップルリングが空を舞っている光景」に見えたものだったのです。
そしてそのカラスはとある家の屋根に止まった所、仲間と思われる3~4匹程度のカラスもやってきて、
あっという間に・・・4~5分程度で、そのアップルリングのビニール包装を破り、完食していました!!

うーーーむ、これは思いっきり悔しかったしその場で地団駄踏んでいたと思いますね・・(笑)

「コラーー! このクソガラス! 私の昼ごはんを返せ――!!」と叫びたい気持ちで一杯でしたけど、
まさかあんな一瞬の隙をついて、まさか上空からのコソ泥が出現するとは夢にも思わなかったですね!
というか・・カラスってあんな甘いパンも食べるのですね!
そして改めて感じた事は、そのソファーにはアップルリングとフライドチキンが置いてあったのに、フライドチキンは
見向きもしなかったという事は、やはり「鶏という事で共食いは出来ない・・」という事で瞬間的にパスという判断を
下したという事で、
「やっぱりカラスって頭いいじゃん!」と悔しいけど妙に感心したものでした・・!




繧後>縺ゅd_convert_20170921162019





さてさて、東方Projectで言うと「カラス」というというまでもなくあやや=射命丸文の元ネタです!
(勿論あややは聡明ですので、上記みたいなコソ泥みたいな真似は絶対にしませんけどね・・笑
東方で「コソ泥」というイメージがよく似合いそうなのは、誰が何と言ってもその筆頭は魔理沙! その次は光の三妖精ですね!)

カラスは言うまでもなく「鳥」なのですけど、東方Projectの世界においては、
こうした鳥を元ネタとするキャラは、ミスティア・ローレライやお空も含めて皆一様に「鳥頭」と言われていて、
三歩歩けば10秒前に自分が言った事すら忘れてしまうという東方の「愛すべきおバカさん」としても
認知度が高いと思います。

世間一般で言うようなおバカな鳥とか鳥頭という概念は、あややには全く該当しません!

というか、あややの聡明さは東方キャラの中でも相当抜きんでているものがあると思われるのですけど、
それは考えてみると当然の話でありまして、
カラス自体は大変賢くてあたまがいい鳥なのですから、あややが聡明なのも自明な事ですよね!

「東方風神録」にて、神奈子と諏訪子に会いに行こうとした霊夢の前にたちはだかったのが、
そう! あやや・・・射命丸文だったのでした!
幻想郷内の天狗の報道部隊でもある鴉天狗たちは、各自が色々な新聞を発行しているようですけど、
永琳様の「学級新聞みたいなものね・・」のお言葉に示唆されるように、天狗の新聞は明らかに「内向き」であり、
外界に例えると身内用の「業界新聞」みたいなもんじゃないのかな・・・?と思ったりもします。
だけどあややの場合、その辺がひと味もふた味も違っているのが、やっぱりあややの魅力なのだと思います!
あややは、積極的に幻想郷内の妖怪・妖精・吸血鬼・幽霊・獣妖・人間達と積極的にコミュニケーションを図り、
内輪ウケの新聞ではなくて、例え一部ガセネタがあったとしても積極的に「種族の垣根を越えた情報発信」を
している点が本当に素晴らしいと思いますね!
それに最近では小鈴を恫喝して(?)i「人間版文々。新聞」を鈴奈庵やカフェ等に置かせて貰ったり
紅魔館からの大口契約に成功したりと、一定の利益を出している点もあややを評価すべきポイントじゃないのかな・・とも
思ったりもします。

天狗社会は完全なタテ社会であり、それゆえに天狗特有の閉鎖性とか過剰な身内意識が出てしまいがちなのですけど、
それを示唆していたのが、早苗さんが初登場してきた「東方風神録」におけるあややVS霊夢のバトルなのだと思われます。
そしてこの中であややの有名なあのセリフ・・、そう
「さあ、手加減してあげるから本気で掛かってきなさい!」が登場してくるのです!

文:あやややや。侵入者の報告で来てみれば、まさか貴方とは……。
霊夢:別にあんたら天狗に用事がある訳じゃないわ。どいてよ。
文:侵入者の報告を受けて何故か私が呼び出されたのよ。私はただの新聞記者なのにねぇ。
霊夢:何が言いたいの?
文:貴方の事を一番良く知っているのが私だから。貴方の相談事にも乗れるかもしれないって上司の粋な計らいね。
霊夢:さっきも言ったけど天狗には用事はないわ。山に居る神様に会いたいの。
文:山の神様? はは~ん、さてはあの神様の事かな?
霊夢:何か知ってるの?
文:最近、天狗も手を焼く神様が住み着いたのよ。どんどんと山を自分の物にしようとするし……。
   最近は麓にまで降りて信仰を集めようとしている、って言う話だし……。
霊夢:……信仰を集めている。きっと、そいつだわ。そいつに会いたいの。何処にいる?
文:調子に乗るようだったら、天狗達が倒すつもりだったので、貴方が行く必要はないわ。
霊夢:折角ここまで来たんだから、良いじゃないの。その神様の居る所まで連れて行ってよ。
文:でも、私は貴方を通す訳に行かないの。私があっさり通しちゃったら、見回り天狗達も納得がいかないからね。
霊夢:面倒な種族ね。天狗って。
文:組織に属するってのは自分の意思だけでは動けなくなるって事よ。
   さあ、手加減してあげるから本気で掛かってきなさい!
霊夢:手加減はありがたいけど……だったら通してくれれば良いのに。

あややは、一見自由に幻想郷内を取材しているように見えるけど、天狗の山全体に何か異変があった場合は
「組織の一員」として対応に当たっているという事だと思いますし、
あややの「組織に属するってのは自分の意思だけでは動けなくなるって事よ」という言葉は、
まさに天狗社会は、まるでどっかの日本社会の会社の中の一場面みたいなやはり「組織の面倒さ」というものを
感じさせてくれるものだと思います。
結果としてあややは上記の対話の後に霊夢とのバトルには破れてしまいます。
だけどそれは、あややは本当は強い、だけどわざと負けたという事なのだと思います。
あややが霊夢の知り合いと言う事で、自警隊リーダーの大天狗に呼び出され、多分ですけど霊夢を追い出すように
指示は受けていたのだと思います。
ここであやや自身の策略もあり、
「霊夢との関係はこれからも維持していきたいし、今回のこの異変を解決するにはむしろ霊夢を守矢神社に
行かせた方がいいんじゃないの・・?
だけど私がここで戦闘もしないで霊夢を通過させると私の立場も悪くなってしまうから、一応戦うふりして
わざと負けよう・・」と考えたのだと思われます。

うーーむ、やっぱりあややの「洞察力」は素晴らしいものがありますよね!

やっぱりあややは外界のコソ泥(?)みたいな普通のカラスとはひと味もふた味も違う!という事なのかもしれないですね・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

きっと俯瞰して見てたんだね~ず〜っと!
そして、手から離れる瞬間を見落とさず
今だ!と思って盗んだんだね〜賢い!
いつからロックオンされてたんだろ??
(⌒▽⌒)

カラスは鳥類のなかでも、「遊ぶ」ことをする鳥としても知られていますね。賢いといっても、これはずるがしこいというカテゴリーに分類されるかもしれません。しかし、なかなかカロリーが高い商品を奪われたようですね~^^;なんとも残念でしたね^^;
一層のこと、たくさん食べさせて肥えさせていて、飛べなくなったところを一網打尽なんてのもおもしろいかもしれませんね^^

監視されていた・・?

napo 様


カラスは賢い動物ですから、多分ですけど上空からじーーっと見ていたのでしょうね・・

そして私を発見して「あ! いいカモがいる!」な~んて思ったのかもしれないですね。

カラスって上空にいる時ってカ―カ―鳴く事が多いと思うのですけど、鳴き声も抑制して
上空から隙を窺っていたのかもしれないですね!

太ったカラス

八咫烏(全力稼働中) 様


カラスってあんなにも甘いものを普通に食べるし、人間一人が食べるとかなりお腹いっぱいになるあの量を
あんな小さい体であんな数羽で全部食べちゃうのだから、
その食欲にはびっくりですね!

確かに・・あんなにとてつもないカロリーの食べ物を食べまくっていたら太ったカラスになって
飛べない鳥になってしまいそうですね・・(笑)

少しぽっちゃりとしたあややも見てみたいです! (笑)

こんばんはー☆

懐かしいっ♪
このパンは子供の頃によく食べていた記憶があります(*´艸`*)
ふわふわのパンとシャリシャリしたリンゴの甘煮が美味しいんですよね~
上手に食べないと手がアイシングでベトベトになっちゃいますけど(笑

カラスに持っていかれてアップルリングが空を舞っている光景はなかなかシュールですね(笑

アップルリングは大きくて、
結構重さもあったと思いますが、
カラスは持ちながら飛べるんですね。
驚きです。
カラス食べられちゃったのは
ショックですよね💦

これからは私も頭上に
気を付けたいと思います(笑)
でもアップルリングを持って飛ぶカラスを見る事は
あまりないのでその点は貴重な体験ですね^ ^

アップルリング

七森 様


アップルリングのリンゴの甘煮はとっても美味しいですよね! (笑)

確かに・・上手に食べないとシュガーで手がベトベトになってしまいますし、夏場なんかはシュガー自体が
溶けちゃう事も多いので、ウェットティッシュは必需品という事になりそうですね。

だけどあんな甘いものでもカラスは普通に食べちゃうのですね!
しかも高カロリーですから、あれを食べ続けたカラスは、丸々と太って空を飛べない鳥になってしまいそうですね・・

カラス

kirakiya.rumari 様


カラスってあんな甘い食べ物も普通に食べちゃうんですね! コソ泥よりもそっちの方が驚きでした!

だけどあんな高カロリーな食べ物を食べまくっていたら、いずれコロコロ太りまくって飛べない鳥に
なるのかもしれないですね・・(笑)

カラスのコソ泥ってくちばしでかっさらっていくみたいなイメージもありましたけど、実際にはああやって
足の爪に引っ掛けて重たいものを持ってコソ泥できるから、
ある意味凄いものがありますね・・

ちなみにですけど東方の魔理沙は、よく吸血鬼の館の紅魔館に堂々とコソ泥に忍び込み、
門番の美鈴はその間居眠りしていると言うのは定番化されていますね・・(笑)

カラスって怖いですよね。高校の時、友人が自転車のカゴの中に
菓子パンを載せて自転車を手で押しながら歩いていたら、ピューっと
カラスが飛んできて袋ごと持って行った事があったそうです。
私はトンビにお昼ご飯を取られそうになりましたが…。友人は神奈川の
山で起きましたが、私は湘南の海でやられそうになりました(^^;)

カラスは賢い・・

薬屋の嫁 様


確かに・・・

カラスはちょっと怖いけど、同時にとっても賢いし、学習することができる動物なのだと
思います。
友人の方も、多分ですけどカラスが上空からずっと隙を狙っていたのかもしれないですね。

最近ニュースで見たのですけど、真夏の浜辺のバーベキュー会場で、一羽が網を襲撃し肉を叩き落し
もう一羽が肉をさらっていくみたいな映像が流れていましたけど、
カラスの知恵とか連係プレーは人間並みかそれ以上なのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3851-05d3ec86
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |