FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


間もなく10月なのですけど、9月はまだまだ暑い時期もありましたよね。

そうした残暑が厳しい時の真夜中の話ではあるのですけど、残暑がまだ大変という事で、
網戸はしていたものの窓は全開にして爆睡していたと思うのですが、その際に既に2~3匹程度の蚊に既に
刺されていたと思います。そして4匹目の蚊が私の頬を刺そうとしたその寸前で目が覚めたのですけど、
就寝中という事で頭がボ――ッとしていた事もあったと思うのですが、
今にして振り返ってみると「普通に手のひらでその蚊を叩けばいいのに・・」と感じるのですけども
なぜかその時には「うちわで蚊を叩き落せばいいのかな・・?」と思い、
真夜中で室内は真っ暗という事情はあるにせよ、うちわの柄となんとなく触感が似ているようにも思える
「サンスケ」という建築・住宅の現場ではお馴染みの三角スケールを握りしめ、
自分の頬めがけてその三角スケールを叩きこんだら次の瞬間に顔面に激痛が走り、「何事か・・?」と思い電気を付けた所、
三角スケールが私の鼻にもろにぶち当たったようでして、鼻血が噴き出ている状態でした・・(汗・・!)





縺輔s縺吶¢_convert_20170920165528




三角スケールとは、縮尺定規の一種で、縮尺図面の製図や読み取りの際に用いられる物差しでもあるのですけど、
(目盛りの縮尺はメートル単位で、1/100、1/200、1/300、1/400、1/500、1/600が一般的です・・)
これを胸ポケットに差して顧客宅を廻ると、「なんだか住宅のプロっぽい・・」みたいな印象を与えるような雰囲気も
ありそうですので、私も三角スケールは何本か持っているのですけど、そのうちの一本がなぜか自室の枕元に
転がっていたという事になるのかな・・?
だけど普通の人はうちわの柄の部分と三角スケールをいくら真夜中の目覚めたばかりとは言え、間違えてしまう人なんて
まずいないですよね・・(汗・・!)

そしてあの時の深夜の鼻血なのですけど、当たり所が悪かったようで、蚊には逃げられちゃうし、頬にはあんまり当たらないで
もろに鼻を直撃したせいか、鼻血が結構な量出ている状態でした。
そして結構痛みはありました。
だけど一番困った事はその鼻血が中々止まらない事でした。

鼻血が出ると、まず鼻にティッシュを詰める人がほとんどなのかもしれないですけど、問題はその後なのだと思います。
参考までに、鼻血が出なくなるまで、何度もティッシュを交換するのはNGとの事で
ティッシュを出し入れする刺激で鼻の粘膜が傷ついてしまい、なかなか血が止まらないという事ですので、
皆様方におかれましてもしも鼻血が出た場合はお気をつけ下さいね!
ちなみにもうひとつのNG行為は上を向くことです。
鼻血が垂れないように、反射的に上を向いてしまう人が多いのですが、血が気管に入ってしまう可能性があり危険との事です。

鼻血が出た際に稀にですけど、頭をトントンと叩く人がいますが、医学的にはまったくの無意味との事です。

さてさて・・鼻血が中々止まらない場合の対処法としてどんな事が出来るのでしょうか・・?
列挙してみると三つぐらい挙げられそうですね。

1.脱脂綿かティッシュを固めに鼻に詰める

鼻血が出たら、まずは脱脂綿を固めに鼻に詰め、安静にします
脱脂綿・ティッシュは何度も交換するのではなく、基本的には最初に詰めたらそのままの方がいいとの事です。
交換するのは血が垂れるほどティッシュに充満してしまった時ぐらいでいいとの事です。

顔は上を向けず、やや下向きにした方が血が気管に流れてしまうのを防ぐ効果があるようです。

2.小鼻を強く圧迫して止血する

やや下を向いたまま、手の親指と人差指の2本で小鼻の部分をグッと強くつまんで圧迫します。

3.鼻を冷やす

早く鼻血を止めたい場合は、氷のうや冷たいタオルを使って、小鼻の周りを冷やすと毛細血管が収縮し
血を止める効果があるとの事です。

子供の頃って鼻血が出ると仰向けにして顔を上にあげる事が多かったような気もするのですけど、
それって実はあんまりいい事では無かったのですね。
ちなみにですけど、今回の私の鼻血の場合は、氷で冷やした冷たいタオルを鼻の周辺に当てる事で
鼻血がようやく止まったものでした。




001_convert_20170915175055.jpg





「鼻血」というと、「チョコレートをたくさん食べると鼻血が出る」というのは子供の頃によく耳にした話ではあるのですけど、
それって本当の事なんでしょうか・・?
迷信なのか事実なのか、正直判断に迷う面はあるのかな・・と思います。

最近の当ブログの記事でもありましたけど、ローソンとアニメ番組のコラボ企画という事で、
コンビニ側が指定した商品を購入すると先着順にコラボグッズを貰えるという事が、艦これ・ごちうさ等で展開されていて、
その関係で、私自身も最近はよくクランキーとダース等のチョコレートはよく食べていました・・(汗・・)

だけどチョコレートをあんだけ食べても「鼻血」は一度も出た事がありませんし、私の経験でも
チョコレートを食べすぎたからといって鼻血が湧き起こるという事は一度もないですね・・

そういう意味では、「チョコレートを食べすぎると鼻血が出る」というのは俗説なのかな・・?

実際のところ、その辺りはどうなのでしょうか・・? 「部分的に本当」というのが正解なのかな・・?と言えるのかもしれないです。

チョコレートに含まれるカフェインは血行をよくする効果があり、この辺りが「鼻血の誘発」という見解を招きがちなのですが、
チョコレートの含有量程度では鼻血が出るほどではないという見解が強いようです。
同様にチョコレートに含まれるチラミンという物質は血管を急激に拡張させる作用があり、
血管の拡張により鼻の中の血管が腫れ、鼻血が起こしやすくするというのもあるようです。
そうした観点から考えると、チョコレートで「鼻血」を誘発させる可能性がある物質と言うのがチラミンであり、
チョコレートにはたくさんの脂肪分や糖分が含まれているから、食べ過ぎると体の中で行き場を失ったエネルギーが、
鼻血となって放出されるという説はほぼ俗説というのは間違いないと思います。

それと、鼻の咬みすぎ等による鼻の粘膜が弱っているときにチョコレートを過度に食べると鼻血が出ることがあるというのは
事実とも言えそうですので、とにかく食べすぎはよくないという事なのかもしれないです。

なんで「チョコを食べすぎると鼻血が・・」みたいに一つの都市伝説みたいな話が出てきたかと言うと、一説には
戦前とか戦後間もない頃に、チョコレートが高価なお菓子だった頃に、
「あんまりチョコレートを一気に食べないで何回かに分けて食べてね・・」という親の希望の一つの理論的根拠とされたのが
上記みたいな話であったというのもなんだか興味深い話でもありますよね・・(笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

災難でしたね💦
寝ている時の蚊は、
とても鬱陶しいですから退治したいですよね(^_^;)
でも大怪我にならず、
良かったですね^ ^

蚊はうっとうしいです・・

kirakiya.rumari 様


そうなんですよ!

真夜中の蚊は、あの羽音がなんか気になってしまいますし、なんでこんなヘンな所を刺してしまうの・・?と
思ってしまうようなところ・・例えばくるぶしのあたりとか人差し指の先端などを
刺すことがあったりして、本当に困ったものです・・

だけどいよいよ明日から10月ですので、そうした鬱陶しい蚊から間もなく解放されそうですね!

これは災難でしたね!
よほど強く当たってしまったのでしょうか。
夜中の蚊ほどイヤなものはそうそうありませんよね。
秋の蚊は越冬に備えてしつこく襲ってくるのでお気を付けください。
寝る前にワンプッシュで蚊がいなくなるスプレーや電気蚊取りなど試してみてはいかがでしょうか?

秋の蚊

かめとと 様


確かに・・! ご指摘の通り、秋の蚊は鬱陶しいし大迷惑ですね!

「越冬に備えている」というのは、「確かに、なるほどね!」と感じたものです。

蚊がいそうな場合は、電気蚊取りは必需品ですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3849-83082c63
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |