FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム


チルノ時計


一般的に燻製と言うと、ハムとかソーセージとかチーズ・卵・スモークサーモン・ベーコンなどを連想される方も
多いのかと思うのですけど、最近ちょっと珍しい食品を発見しちゃいました。
それが何かというと、燻製したバターというちょっと私の脳内常識を飛び越えちゃうものでした!
「焦がしバター」というのはよく耳にしますし、醤油と焦がしバターの相性はとても素晴らしいものがあると思うのですけど、
乳製品でも燻製チーズは食べたことはありますけど、さすがに「燻製バター」というのは見たことも聞いたこともなかったですね。

え・・・バターって牛乳という液体から作るもので普通は燻製なんかしないでしょ・・というのが最初に感じたものですし、
バターを炙ったり燻ったりしたらバターそのものが溶けちゃうじゃん・・と感じたものですけど
実際にそうした「燻製バター」というものがこの世の中には存在したりもしているから面白いものです!

それがマリンフーズから発売されている「私の燻製バター」という商品でした。

ちなみにこの「私の燻製バター」という商品を普通のスーパーで発見することはちょっと難しいのかもしれないです・・(笑)
私が知る限りでは、イオン系のショッピングモールに入っているカルディというコーヒーショップぐらいしか
見かけたことはないです。




繝槭Μ繝ウ_convert_20170919035331




とにかく珍しいバターの燻製です。
通常の燻製方法ではバターが溶けてしまいますが、特殊な燻製方法を行うことでバターを溶かさずに燻製しています
というのがメーカーの説明なのですけど、その特殊な燻製方法とは果たしてどんな方法なのでしょうかね・・?
なんかすごく気になってしまいます。
リンゴのチップとピート(泥炭)で燻しているぐらいしかわからないのですけど、なんか興味津々です。

箱を開けると、中には個包装されたバターが8個入っています。
キャラメルみたいに小分けになっていて、燻製といっても別に茶色っぽくなっている訳ではなくて
色としては普通の黄色です。

数年前ぐらいですと、結構深刻なバター不足で、クリスマスの時期にバターの入手が困難で街のケーキ屋さんが
悲鳴を上げているとかスーパーでバターを買いに行っても在庫がなかったり、「一人一個まで」という制約が課せられていたり等
もあったようですけど、最近は比較的安定した供給が続いていると思います。
今現在はどこに行っても普通にバターは売られていますし、そうした制約もないですね。
メーカーとしても供給に目途が立ったということで、こうした素敵なパターの変化球もできるようになってきたという
感じなのかもしれないですね。

燻製ということで独特な香りとか味があるのかな・・?と思ったのですけど、そのまんまの状態で食べても
最初はあんまりピンとこなかったのですけど、
これをオーブンで加熱した熱いトーストとかロールパンに付けて食べると、その美味しさはよくわかると思います。
バターのコクとうまみとともに、深い燻製の香りが口いっぱいに広がるのがよくわかります。
よくバーベキューなんかでベーコンやソーセージや鮭の燻製を作る方もいるようですけど、感覚としては
ああいう食べ物を燻す時に出てくる独特の香ばしさが口の中で爆発するみたいな感じです。
そして香りが実に素晴らしいですね!
りんごを燻しの材料と使っているせいもあるのかと思うのですけど、甘味も微かに感じられるような気もしました。
そしてこの状態のままで再度生のままでこの燻製バターを食べてみたら
「あ・・これはチーズそのものじゃん・・、ちょっと味の薄い上品な燻製チーズ」と感じたものでした。

この燻製バターですけど、ワインのおつまみにも合いそうな気もしますし、いろいろな料理にも応用できそうな
気がします。
無難すぎるのかもしれないですけど、目玉焼きとかバターライス・オムライス・スクランブルエッグとして使用すると
いつもの味とは一味も二味も違うメニューになりそうな予感もあったりします。





轤帝」ッ_convert_20170919035257



時期的にはそろそろ終わりなのですけど、「焼きとうもろこし」ってとても美味しいと思います!

室内でとうもろこしを焼く場合、グリルや網を使うとどうしても煙が充満しがちなのですけど、実はなのですが、
焼きとうもろこしはフライパンでも簡単に作れちゃいます!
電子レンジで4~5分ほどとうもろこしを加熱し、フライパンにバターをひいてその上にレンジで加熱したとうもろこしを焼き、
「バチッ、パチッ」と音がし焦げ目が多少付いた頃に仕上げとして醤油をとうもろこしの上にたらし、
更にもう少し焼き上げると、それほど煙が出ないで美味しい焼きとうもろこしが完成します!
そして上記で取り上げさせていただきました「私の燻製バター」を使うと更に美味しさと風味がUPします!
いやいや、これは本当にめちゃくちゃ美味しいですよ!!

そうそう・・その応用編ですけど、上記で焼き上げたとうもろこしをもちろんそのまんま食べてもとっても美味しいのですけど、
チャーハンとして食べてもとても美味しいです!
フライパンにこの燻製バターと醤油を入れて少しだけ焦げるような感じにしたら、ご飯と上記の焼きとうもろこしを入れ、
最後に鮭のフレークをまぶすととても美味しいコーンチャーハンが完成します!

ちなみにですけど、燻製バターを使用した場合は、塩・胡椒の調味料は入れないほうがよりシンプルな美味しさか
口の中に伝わると思います。

いやーー、燻製バターってなかなかやるものですね!! (笑)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

燻製バター!そういうのもあるんですね・・・(燻製好き)
冷燻みたいに冷たい煙で燻すのかなと思ったが実際はどうなんでしょうね・・・
他にも燻製のポテトサラダなんてのも食べたことがありますが燻製はホント奥が深いですねぇ・・・

ほぉ~〜燻製バターとは!
美味しいに違いない♪(⌒▽⌒)
どうやって燻したんやろな…
メーカーさんもいろいろ
チャレンジしてるんだぁ~

そうそう、
ぬくぬく先生のお家は
「サンスケ」があるんですね〜
仕事柄かしら~??めずらしい(^-^)

燻製したバターですか。初めて聞きました^^
しかしなんとなく、ぬくぬく先生様の記事を読んだら、あれ、こんな感じかなってイメージがわきました。アメリカンなバターをそのままあげちゃう、なんて発想とはほど遠い、なかなかおもしろい発想ですね。ちょっと味わってみたいと思いました^^

これはまた美味しそうなバターがあるのですね。スモークチーズが大好きなものでこれは一度味わってみたくなりますw
バターのきいたトーストとか炒めものってすごく食欲を刺激されるんですよねぇ。燻製の豊かな香ばしさでそれらも一段グレードアップと考えるとなんだか魅力的です。
いろんな料理に活用できそうですけど私はこれでバター醤油ごはんに挑戦したいです…w

バターも燻製しちゃうんですね!
最近パンを食べていなかったけど、この記事読んでいたらバターで食べたくなってきちゃいました(笑)
今度見かけたら買ってみたいです。

燻製

カジヤギ 様


燻製サーモンとか燻製ソーセージとか、燻製製品はとても美味しいですよね!

このバターは冷燻系なのですけど、詳細は企業秘密らしいです。
燻す際に使用するのがリンゴという事で、
フルーツのほのかな香りがするのも素敵だと思います。

燻製のポテトサラダは初めて知りました。これも美味しそうですね!

サンスケ

napo 様


燻製バターはお勧めですけど、多分この商品を置いている実店舗はほぼ皆無というのが難点ですね・・

このバターは冷燻という方法で低温燻製しているらしいのですけど、
燻製もなかなか奥が深いですね。

サンスケは仕事柄胸ポケットに常にさしています。配置図とか平面図の説明の際には必要不可欠の
アイテムですからね・・(笑)
よく顧客宅に忘れてきちっているようですけど・・(汗・・)

フルーティーな香り

八咫烏(全力稼働中)


これはやんちゃなアメリカンではなくて、どちらかというと繊細なフランスという感じかもですね・・(笑)

リンゴで冷燻していますのでフルーティーな香りがあり、
食感はクリームチーズに近いですので、生で食べても美味しいと思います。

シンプルに目玉焼きに使用すると、これまたとても美味しいです!

スモークチーズ

schwert 様


確かに・・!

スモークチーズがお好きな方は間違いなくはまる味だと思います。

味はどちらかと言うとクリームチーズみたいな感じに近いかもです。

単純にバターライスとしても美味しいと思いますし、目玉焼きを焼く際に使っても
申し分ないと思います。

燻製製品ってあの独特の香ばしさはたまらない魅力ですよね!

どこにも売っていない・・(汗・・)

すいか 様


そうなんですよ! この燻製バターは、りんごの煙で冷燻したバターという感じで、
フルーツの香りが漂っているのが美味しいです。
熱いトーストにこの燻製バターを置いて食べるととても美味ですよ~!

だけどこの商品、どの店に行ってもほぼ置いていないのですよね・・

今現在ですと、カルデイというコーヒー店とアマゾンでしか購入できないのかも・・というのが難点ですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3847-68c31bd6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |