FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日なのですけど、何気なくNHKラジオを付けて車を走行中に流れてきた曲が、
ドイツの歌、エーリカ(邦訳=荒野に咲く一輪の小さな花)でした。

あれ、この曲どこかで聴いたことがあるな・・と思っていたら、
そうそう思い出しました。
アニメ「ガールズ&パンツァー」第10話の黒森峰女学園の戦車行軍シーンでBGMとしても使われていましたね。
これ、元の歌は戦争とは全く関係が無いものであり、
祖国と祖国に残してきた恋人を想う歌との事です。
第二次世界大戦中に、この曲は行進曲調にアレンジされ、その行進曲が「ガールズ&パンツァー」でも
BGMとして挿入曲として使用されたという事なのです。

こうした戦車行軍と吹奏楽によるマーチの相性は本当に抜群だと思います。
それを特に強烈に提示していたのが、ガールズ&パンツァーのあの名作の誉れ高い映画なのだと思います。
あの映画は戦車の爆音と振動も圧倒的な迫力がありましたけど、戦車行軍のマーチ等のBGMも素晴らしいものが
あったと思います。








このアニメを振り返ってみると、各校にテーマ曲とも言えそうな民謡とかマーチが使われていて各校の
イメージにそれぞれ相応しいものがあったと思います。

聖グロリアーナ女学院→ブリティッシュ・グレナディアーズ

サンダース大学附属高校→リパブリック賛歌

プラウダ高校→カチューシャ

黒森峰女学園→エーリカ

アンツィオ高校→フニクリ・フニクラ

上記の音楽が各校の戦車行軍の際のBGMとして使用されていましたね。

特に「リパブリック讃歌」は、「おたまじゃくはカエルの子」のフレーズで特に親しみがありますし、
ヨドバシカメラのCMのBGMでもありますから
何か聴くだけで思わず「どっかで聴いたことがある」と感じられるのかもしれないです。
アンツィオ高校の「フニクリ・フニクラ」はイタリア民謡ですので、あのノリと勢いだけは誰にも負けないアンツィオ高校に
これほど相応しいテーマ音楽は無いとすら感じますね!
アニメ本編ではありませんけど、
知波単学園は、 「雪の進軍」を使用していましたけど、この曲は言うまでもなく
アニメ本編にて秋山殿がプラウダ戦で歌った日露戦争時代の旧日本陸軍の行進曲でもあります。
継続高のテーマ曲は、 「SakKiljarven polkka」で日本では今一つ馴染みが無いかもしれないですけど、
フィンランドの有名なポルカです!

黒森峰女学園のエーリカは、いかにも正攻法・王道を行軍する学校に相応しい堂々とした風格のある
マーチだと思います。
ちなみにエーリカは、アニメ「ストライクウィッチーズ」の中でも登場しています。

エーリカとはドイツ語の女性名であり、戦場においては、故郷に残してきた妻とか恋人といった
「大切な女性」という事を示唆しているのだと思われます。そして同時にエーリカとは、ツツジ科の花という意味合いもあり、
多くの種は高さ20-150cmほどの低木なのですけど種によっては高さ6-7mに達する種もあるとの事です。
エーリカの群生地としては、北ドイツの自然保護地区、リューネブルガーハイデが有名ですので、ここからも
歌としての「エーリカ」が発生する要因にもなっていたのかもしれないですね。
またこの花は、ブロンテの不朽の名作小説「嵐が丘」のお屋敷の周囲にも咲き誇っていた花でもあったりします!

花のエリカと大切な女性の二つを託した歌とも言えるのではないのかな・・?とも思いますね。

そうそう実はガールズ&パンツァーの主人公の西住みほがかつて在籍していて、そしてアニメ本編の
第10~12話のみほ達の決勝戦の対戦相手ともなっていた黒森峰の副長の名前が「エリカ」となっていたのは
単なる偶然なのかな・・?
副長のエリカは、ガールズ&パンツァーの中では極めて珍しいヒール役の役割も担っていましたし、
ガルパンファンの間でもエリカに対する批判の声もかなり根強いのはあるようですけど、
そうですね・・意外かもしれないですけど、私個人としてはエリカに対してはかなり同情的で擁護すべき点も
多々あるのではないのかな・・と感じています。
エリカがみほに批判的な態度をとるのは、10連覇が掛かった黒森峰対プラウダ戦でのみほの行動も大きいと思いますし、
試合後にみほが黒森峰から大洗へ転校してしまったというのもあるのだと思います。
もしかしてエリカとしては、
「みほはまほの妹だし、西住流の師範の娘でもあるから、大して実力がある訳でもないのに副長として抜擢された」
みたいな面白くない感情と嫉妬に似た感情があったのかもしれないですよね・・
みほが黒森峰を去って戦車道から退くという形でみほとしての責任の取り方とけじめを取ったと思える中で、
みほが舌の根も乾かぬうちに大洗で隊長職という事で戦車道に復帰し全国大会に参加していたとエリカが誤解をしてしまう
辺りはエリカにとっては「仕方が無いよね・・」と思える側面もありますので、
あんまり過剰にエリカだけを批判するのもなんだか気の毒のような感じもあります。
そうしたエリカの心情はバラ・・というのか「棘のあるような花」みたいな感じもあったりしますので、この「エーリカ」という歌は
エリカにとっても相応しい曲と言えるのかもしれないですね。

第10話のラストはかなり衝撃的でした・・

エリカ自身はティーガーⅡに搭乗し、試合開始してすぐに電撃戦を仕掛け、
真っ先にフラッグ車のあんこうチームを照準に捉えるのですけど、
操縦を誤って遮ってきたアリクイチームを撃破してしまったのはエリカにとっては痛恨の極みだったのかもしれないですよね。
アリクイチームの食う初的操縦ミスがなければ、エリカの一撃だけで試合が終わっていた可能性が高いと
思われるだけに、そのあたりのエリカの心情は悔やみきれないものがあったのかもしれないです・・
その後も執拗にフラッグ車のあんこうチームを狙い、他のチームには見向きもしていなかったのはエリカらしい話でも
ありました。
山頂から逃走する大洗チームを単独で追撃する際、
自身の戦車の足回りが弱いため転輪が外れるトラブルに見舞われて追撃を断念した際の
修理の時に地団駄踏んで癇癪を起しているエリカの姿はなんだかとても可愛らしいものはありました・・(笑)





繧ャ繝シ繝ォ繧コ_convert_20150508022243




この第10話ですけど、30分の中に色々と見所がたくさんあり、私、この回は結構好きでしたね。

プラウダとの最終決着、デレるカチューシャ、決勝戦前夜の各チームのエピソード
決勝戦当日の様子、これまでの対戦校との交流、
そして「姉妹対決」とも言える西住まほ・みほによる決勝戦・・・・
30分の短い中にも色々とドラマが見え隠れし、印象深いBGMと合せてかなり印象に残っています。

特に、あんこうチームの5人による手合せのシーンは、本当に惚れ惚れするものがありましたね。

それにしてもこのアニメの凄いところは、全員がほぼ「ハッピーエンディング」を迎えている所もあるのだと思えます!

いずれにしても、
是非是非第二期を制作して欲しいアニメの一つであるのは間違いないです!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

そうでした

こんにちは。

ガルパンも年末に最終章として劇場で公開されます。
エリカ→嵐が丘、そうでした。
NHKで嵐が丘の舞台を行く旅番組が17年前に放送されました。
旅人が小和田恒さん、雅子妃殿下のお父さまでした。
英文学三大悲劇ものの1つで、ボクも読んだことあります。

黒森峰のマシンはモデラーにとっては憧れもんですよ。
アフリカ・東部戦線・アルデンヌ・バルジと使用時でカラーも様々。
どのバージョンにしようか迷いますけど。

ブロンテ姉妹

五航戦の愛鷹 様


嵐が丘というとブロンテ姉妹・・もう片方の方の「ジェイン・エア」という作品も壮大な恋愛ドラマで
当時リバイバルされていた映画も観に行ったような記憶があります。

黒森峰の西住姉妹もどちらも魅力たっぷりですね!

ガルパンの姉妹もいいけど、艦これにも素敵な姉妹が一杯いて、どの姉妹がいいのか迷ってしまいそうですね・・(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3842-5fa17d28
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |