FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム


チルノ時計


朝は少しでも寝ていたいものですよね・・(笑)

だからついつい出勤のギリギリまで寝ていて「これはやばい・・そろそろ起きないと!」という事で慌てて歯磨いて着替えて
家を飛び出ていくというのは、私も含めてどこの家でもありそうな光景であり、
別に珍しくも何ともないと思うのですけど、
たま~に結構本気でやばい朝寝坊をやらかしてしまい、家から駅までダッシュしてAM〇〇時××分の電車に乗らないと
いけないのかも・・! みたいな事もたまにあったりもします。

そういう場合珍しく(?)走ったりもするのですけど、そういう時に最大の障害となるのは、
実は自宅の目の前にある陸橋なのかもとれないです。
普段も比較的交通量は多い道路なのですけど、朝の通勤通学の時間帯になりますと、ひっきりなしに
自動車が往来し、この道路を渡ろうとしても中々車の切れ目がなくて、
酷い時ですと1~2分程度車の切れ目をひたすら待ちわびるという事もあったりもします。










私が毎朝横切っているこの道路には近くに信号機がないせいもありますし、陸橋の手前には側道があるせいも
あるのかとは思うのですけど、とにかく朝はひっきりなしに車が通行していきますね。
だけど車も確かに怖いのかもしれないですけど、それ以上に怖いのは「自転車」ですね!

うちの近くには、私立高校が一校と県立高校が一校、更に中学校が一校もあるせいか、
特に朝の時間帯は、自転車通学の中学生・高校生が本当に多いです!
ま、私としては・・可愛い女子高生さんがスカートを少しヒラヒラさせながら下り坂をひゅーーんと降りてくる光景は
大好きなものでして、それは別に構わないのですけど(汗・・)
写真でみる以上に実はかなりの下り坂となっている関係で、ここをひゅーーんと下りてくる自転車は
かなりのスピードが出ています。
(私自身も自転車に乗ってこの下り坂をひゅーんと下りてくることはたまにやったりもしますけど、確かにあれは
爽快なのかもしれないですね・・笑)
「車の往来が少し途切れた・・よーしこの隙に道路を渡ってしまえ!」と思って道路をダッシュしていたら、目の前に迫ってくるのは
スピードが出まくっている自転車というのは実は珍しい話でもないような気がします。

ま、とにかく・・朝はもう少しゆとりをもって家を出ましょうという事なのかもしれないですし、
道路を渡る際は自動車だけではなくて自転車にも気を付けましょう!という事なのかもしれないですね。
ちなみに以前自治会の回覧板でも注意が呼びかけられていましたけど、毎年毎年この陸橋の手前では、
交通事故が年に7~8回程度も起きている事故多発地帯の一つとの事らしいですので、
やはり気を付けないといけないですね!
ちなみにですけどこの陸橋の一番高い所からは、天気さえよければ東京スカイツリーとか富士山がよく見えますし、
8月に開催される戸田橋の花火大会の花火もよく見えて、
花火大会の夜ですと、この陸橋に多くの見物人が訪れたりもしているようです。

そうそう・・・この下り坂をびゅーんと下っているのが中学生・高校生あたりだと咄嗟の判断力・瞬発力・回避力があるから
まず問題ないのですけど、高齢者の方が下り坂を下りる時って多分ですけど、
ほとんど周囲の状況とかを把握していないケースが多いようにも感じられますので特に注意が必要ですね。
実際自分が運転していても一番怖いのは実は子供ではなくて高齢者だと感じております。
買い物かごに思いっきり荷物を積んでいてヨタヨタと自転車に乗っている高齢者の皆様は、たとえ後ろに自動車がいるのに
大胆にも道路のど真ん中をマイペースに走っている人もいますし、唐突に進路変更する人もいたりと
車の運転中にそうした高齢者の人がいたりするとなんか警戒しますし、
過去にそうした「ヒヤリ・・」とする場面も経験した事もありましたので、とにかく事故だけは気を付けたいと思います・・

だけど私自身が数十年後にそうした高齢者になったとしたら、人の事言えたもんじゃない・・みたいな事にも
なりかねないのかも・・?
とにかく今から気を付けないといけないですね・・(汗・・!)
関連記事
スポンサーサイト



コメント

自転車も車両ですね

以前自転車利用を促進して、環境保護を推進する活動に参画していました。
老若男女問わず、自転車に乗る事を車両を運転していると云う感覚を持たれておられない事に危機感を感じます。
交通ルールを守るのは常識ですが、当の警察官でさえ良くご存じないようで、困っております。

こういった道路は、その実、いけるんじゃないかとか、人間の心理的なものも考慮して、対策を取る必要性があるのかもしれませんね。高校生ぐらいの反射神経をもっていても、遅刻しそうで急いでいたりすると、周りが見えなくなったりしますものね・・・。

自転車など危ないと思う時は多いです。
私の乗っている自動車はハイブリッド式で、
エンジン音があまりしません。
普通に運転していると、
後ろを確認せずにかなりのスピードで
道路を横断しようとする自転車が多いです。
エンジン音がするかどうかで、
自動車が近くにいるかいないかを
判断しているのかもしれないですが、
学生、年配の方どちらも結構多いですね💦
事故を起こしてからでは遅いので、
スピードを落として周りをちゃんと確認してほしいと思います。
安全運転が一番ですよね。

怖いですね・・

MK 様


確かに・・

ご指摘の通り、自転車も立派な車両だと思いますし、自転車と人が接触する事で怪我する危険性が高い事は
認識する必要があると思いますし、
自転車保険も含めて、もう少し警察・行政がきちんとPRする必要もあるのかもしれないですね。

自転車も車両の一つ

八咫烏(全力稼働中) 様


自転車も実は「車両の一つ」である事を乗っている人がもう少し強く自覚する必要があるのかも
しれないですね。
高校生あたりだと咄嗟の場合の判断力・瞬発力・回避力はあるはずだと思うのですけど、
最近は耳にヘッドホンをしている事が多いみたいだから、それに気を取られて周りが見えていないという事も
あるのかもしれないですね。

最近の高校生は・・

kirakiya.rumari 様


ご年配の方のフラフラ運転も怖いですし、最近の高校生あたりですと、
耳にヘッドホンを付けてi-phone等で音楽をガンガン鳴らしていたり、ひどい時は片手にスマホを持っている場合も
ありますし、それで注意力がかなり散漫になっている感じはありますね。

自転車だって一つの車両である事をもっと一人一人が自覚する必要があるのかもしれないですね。

確かに・・

ハイブリットや電気車はエンジン音がないから接近に気が付かない事もあるのかもしれないですね・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |