プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近は昼間は「ちょっと暑いのかも・・」と感じる事はあっても、朝と晩はすっかり涼しくなり、時間帯によっては
「ちょっと寒いのかも・・」と感じるようにもなり、季節は既に「秋」に入ったと言えるのかもしれないですね。
そう言えば一週間ほど前までは時間帯によってはかすかに聞えていたミーンミーンというセミの声もすっかり聞かれなく
なってしまいました。
季節は既に「秋」に入っているのかもしれないですね。
当ブログの昨日の「咲夜さん語り」の記事において冒頭で登場した東方の「秋静葉」のイラストを描かれたのは、
dream fantasy の管理人様のアミグリさんなのですけど
ああした秋静葉のしっとりとした雰囲気のイラストを拝見させて頂くと、
「秋ですよー」という言葉がなんかとってもよくしっくりくるような感じもあると思います。
(間もなく春到来という季節には、アミグリさんが描かれた東方のリリーホワイトの「春ですよー」とあの素敵なイラストが
とってもしっくりとくるように感じられます!)

さてさて、そうした暑い真夏の冷たい飲み物としては、麦茶・冷たい緑茶・ミントティー・アイスティー・ラムネなどが
とっても美味しいと思うのですけど、
ここで忘れてはいけない夏の暑さを瞬間的にでも忘れさせてくれる冷たい飲み物とは「コーヒーフロート」だと
思います!
今から数十年前の話ですけど(汗・・!) とある金融機関に新入行員として入行し営業担当として仮配属されて
間もない頃って、とにかくやたらめったら「新規開拓の飛び込み営業」ばっかり来る日も来る日もやらされ、
当時は一日150~200軒程度突撃アポなし飛び込み営業をやっていた印象があるのですけど、
要はそうした飛び込み営業のスタイルからある程度の実績を上げた行員が正式に営業行員として正式配属されていきますが、
あの頃って一日そんな事をガチでやっていると昼の休憩の時とか帰店前に一旦喫茶店で涼みに行った時に
飲んだコーヒーフロートとか冷たいミルクセーキとかクリームソーダがマジで美味しかったです!
あれは本当に「ホッとする憩いの飲み物」だったと思いますし「当日頑張った自分へのちょっとしたご褒美」みたいな感覚も
あったような気がします。

コーヒーフロートってコーヒーにバニラアイスが溶けちゃうととてつもなくあま~いアイスコーヒーになってしまい、
あのとてつもない甘さは、以前当ブログでも取り上げた甘さもMAXクラスの「マックスコーヒー」に決してひけを取らない
怒涛の甘さになってしまうのですけど
コーヒーフロートの場合ってなぜか知りませんけど、あの甘さがとてつもなく心地よく感じたりもします。
私は元々そんなにコーヒーを飲むタイプではないですし、缶コーヒーで言うとせいぜい週に1~2本程度です。
だけどそうした缶コーヒーは、最近では微糖ですら「こんなに甘いの飲めない・・」と感じてしまい、コーヒーを飲む場合は
ほぼ例外なくブラックでばかりなのですけど、
その例外は「コーヒーフロート」なのだと思います!

改めて言うのもなんですけど、コーヒーフロートとはアイスコーヒーにアイスクリームを浮かべた飲み物です。
まろやかで甘いアイスクリームとコーヒーの苦味とコクという味の対称性を同時に楽しむことが出来て、
特に暑い夏場には人気な商品になっています。
苦さと甘さが当時に一つの容器にセットされる事でこの極端な二つの味の違いを味合う事が出来ますし、
コーヒーの苦さがアイスの甘さを更に引き立てているようにも感じられますし、言うならば「スイカに塩」と同じ発想と
言えるのかもしれないですね。
コーヒー以外にも、コーラにアイスクリームを浮かべたコーラフロートや、ソーダにアイスクリームを浮かべたクリームソーダも
似たような発想な飲み物と言えるのですけど、やはり「苦味」があるコーヒーとアイスの素敵なコラボとも言える
コーヒーフロートが夏場には涼みますし美味しさが引き立つと思います。

こうしたシンプルなコーヒーフロートなのですけど、喫茶店で飲んだあのとっても美味しいコーヒーフロートの味を
家でも再現できないのかなぁ・・と思ったのですけど、これが案外うまくいかないものですね・・(汗・・!)
単純にグラスにアイスコーヒーを入れて市販のバニラアイスを入れても
「なんか微妙に違うのだよね・・」と感じる事も実は多々あったりしたのですけど、これって実は原因ははっきりしていて
「氷の有無」なのだと思います。
只の氷というのではなくて、細かく砕いた氷または巨大な一塊の氷があるかないかだけで、コーヒーフロートの味も
なぜか微妙に変ったりするから不思議なものがありそうです。
確かに自宅の冷蔵庫の製氷機は細かく砕いたものとか巨大な塊という訳ではありませんからね・・
巨大な氷の塊は、コーヒー自体をよりキンキンに冷やすという効果もありますし、細かく砕いた氷は、
コーヒーの中でバニラアイスと氷の細かい粒が結合する事で、バニラアイスの中に「シャリシャリ・・」とした食感を
楽しむことが出来て、これがなんとなくですけど「喫茶店の味」に近くなるのかなぁ・・とも感じたりもしたものでした。

最近ファミレスとか焼き肉店のランチタイムですと、例えば100円追加するとドリンクバーが付いてきて
200円追加するとドリンクバー+サラタバーが付いてくるというオプションもあったりして、特にドリンクバーはこれが
あるととても助かりますね!
ああいう多種類の飲み物の飲み放題は夏場にカラカラに乾いた喉を潤すにはぴったりだと思います。
そしてたいていの場合、このドリンクバーには、「ソフトクリーム」が付いています。
先日そうしたお店のドリンクバーでふと何気なくですけど
「グラスに製氷機であらかじめ細かく砕かれた氷を入れ、ここにアイスコーヒーを注ぎ、その中にソフトクリームを入れたら
美味しくなるのかも・・?」とちょっとヘンな(?)作り方のコーヒーフロートを試しに作ってみたのですけど、
これが自分で言うのもなんですけど、とっても美味しかったです!










まずはグラスに製氷機であらかじめ細かく砕かれた氷の粒をたっぷりと入れておきます。



012_convert_20170913164304.jpg



続きましてここにアイスコーヒーをグラスに8割程度注ぎます。



013_convert_20170913164325.jpg




そしてここにソフトクリーム製造マシーンから絞り出されたソフトクリームを注ぎ込みます。

普通のコーヒーフロートのイメージですと、グラスの表面にバニラアイスの固形の塊が浮いているという感じなのですけど、
今回の場合は、アイスコーヒーの中に柔らかいソフトクリームが溶け込む・・みたいな感じです。

だけどこの食感なのですけど、上記で書いた通り、ソフトクリームにグラス内の細かい粒が付着し、
食べた際に口の中でシャリシャリ・・という感覚が伝わり、同時に口の中でコーヒーの苦さも入り込んできて、
甘さと苦味を味わいながら凍りみたいなシャリシャリ感を楽しむことが出来るという事でもありますので、
やはり夏にはうってつけの飲み方と言えるのかもしれないですね・・(笑)

最後に・・

これは以前とある居酒屋さんのデザートとして出されたメニューだったのですけど、
アイスがコーヒーカップに入れられていて、パニラアイスを下まで食べていくと、
突然熱々で濃厚なコーヒーが現れてきました!
アイスはとてもおいしく中のコーヒーもおいしく、味としても冷たいものと熱いものが同時に両立しているその不思議さに
驚いたことがあります。
そしてよく見てみると、熱いコーヒーと冷たいアイスの緩衝材の役割を果たしていたのがホイップクリームでした!
つまりホイップの上にバニラアイスが乗っかっていたという事なのですけど、
こういう素敵なアィディアというものは楽しいものですし、食感的にもとても素敵な味わいがあったと思います!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コーヒーフロート大好きです!喫茶店でよく注文していました!しかし、実際に作るとなると難しいですね。今日の記事を拝見して、なるほどー、と何度か頷いてしまいました^^お店の味の再現って簡単なようですごく難しいですよね。まあ、簡単に再現されたら、お店がつぶれてしまうのかもしれませんが^^;

初めて見た〜
こういう手法もありかもね~♪(^-^)

ただ、私、昔から変にこだわりがあって
コーヒーフロートも、カレーも、納豆も
混ぜないんですよ。美的に許せなくて~(笑)

コーヒーフロートはアイスだけ先に食べる
カレーもライスを右側にしてキレイに
納豆をご飯にのせてご飯とは混ぜない
とま〜こんな感じで( ̄▽ ̄;)

一番の悩みは石焼ビビンバ!
あれは混ぜた方が美味しいでしょ〜
混ぜるけど、毎回、なんか違和感もって
食べてたり(笑)

ホントにごめんなさい…。

先日はコメントをいただいていたにもかかわらず、
今日までほったらかしという事態になりまして、
本当に申し訳ありませんでした。

PC開けてビックリの事態に慌てふためきました(泣)

またこれからもお邪魔させて頂きますので、
よろしくお願い致します。

ちなみに私は、メロンソーダにアイス派です。

コーヒーフロート

八咫烏(全力稼働中) 様


あの冷たい苦さとアイスの甘さのコラボというのがコーヒーフロートなのかもしれないですね。

聞いた話ですと、喫茶店仕様の場合は、かなり濃い感じのアイスコーヒーを事前に準備しておくのがポイントとの事
らしいです。
バニラアイスと氷が解けるのを見越して最初から濃くしておくと、実際に飲んだ時のバランス感が適度になるとの事
らしいですけど、やはりプロにはブロの仕事があるものなのですね!



美的感覚

napo 様


これは実にnapo 様らしいご意見ですね! (笑)

美味しいのも大切だけど同じくらい「見た目の美しさも大切」という素敵な心意気ですね!

確かに、アイスコーヒーとかカレーライスをぐじゃぐしゃに崩してしまうと、見た目の美しさが
台無しになってしまいますよね・・

だけど、確かにヒビンパは混ぜなきゃどうしようもないし、同じ事は「麦とろご飯」に言えるのかも・・??

そんな事無いですよ! (笑)

mama.ikuko 様


いやいや、そんな気にしないで下さいね!

三日放置なんて全然普通の事だと思いますよっ! (笑)

それよりもカープのリーグ優勝おめでとうございます! 次はCS突破して、日本シリーズにて昨年の雪辱を果たし、
1984年以来の日本一奪還を果たして欲しいと思います!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3835-b95c1ea4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |