プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


霊夢というと言うまでもなく幻想郷内の絶対的なヒロインなのですけど、ヒロインにしては珍しく
正義ぶった感じもないし使命感らしきものもないし、
どちらかというと淡々としているみたいな印象する感じる不思議なヒロインのようにも感じられます。
この種のヒロインというと「私がやらないで誰がやる!」とか「それが私の絶対的な使命!」などのように
ちょっと力んだりするのが一つの傾向でもあったりすると思うのですけど、霊夢にはそうした力みとか使命感は
ほぼ皆無で、たまに異変解決の仕事が舞い込んできたとしても、本音は「面倒くさ~い・・」という感じなのかもしれないですね。

魔理沙というと言うまでもなく霊夢の素敵なパートナーなのですけど、かつてZUN神主様が発言されていたように
「魔理沙・・? あー、あれは東方の絶対的なサブであり、決して主人公にはならないキャラ」という感じで
あくまで霊夢のサポート役に徹しているのはある意味「すごいな・・」といつも感じることが実はあったりもします。
魔理沙というと、どちらかというと霊夢よりは主体的に行動するというイメージもあり、あの元気一杯の様子からみても
「魔理沙が望んでいることって本当は何なのだろう・・?」と考えてしまうこともあったりします。
霊夢が面倒くさがり屋で異変解決とか妖怪退治の話が舞い込んできても面倒くさがってなかなか「うん」と言わないときなんかは
魔理沙が躊躇することなくそうした仕事を簡単に引き受けてしまうことは実はよくある話でもあるのですけど、
魔理沙の意外な本音とは、「いつかは霊夢を追い越してみたい!」とか
「私のこの魔法の力で幻想郷内の異変をすべて解決してみせる! 今に見ていろよ~霊夢・・・!! (笑) 」みたいなものが
もしかしたら魔理沙の心の深層に少しぐらいはあるのかもしれないですね。
魔理沙って普段のちょっとあの大雑把な様子から、霊夢以上に面倒くさがり屋みたいな雰囲気もあるのかもしれないですけど、
実際は全然違っていて、普段から魔導書の研究に余念がなく、魔法の森の中の魔法のキノコを探すために探索し、
それを駆使しての魔法の実験をいろいろと繰り返し、それを全て記録として残しているというのは、霊夢には絶対に
真似ができない話なのかもしれないですね・・(笑)
そうした普段から努力を怠らない魔理沙だからこそ、もしかしたら・・・? 案外本当に「霊夢に代わっていつかこの私も・・」なんて
思っているのかもしれないですね。
霊夢に対しては意外と(?)ライバル心を時折見せることもあったりする霊夢の商売敵の早苗さんと違って、魔理沙は
別に霊夢に対しては商売敵とかライバルという気持ちは微塵もなく、
純粋に魔理沙自身の「向上心の現れ」として「霊夢、今に見ていろよ~」みたいな気持ちが心のどこかにはあるのかも
しれないですけど、たぶんですけど魔理沙はそうしたことを実際に行動として起こすことはないのではないのかな・・?とも
思ったりもします。

霊夢の普段のあの淡々とした雰囲気ってどこから由来しているのかな・・?
そして霊夢自身は自身の職業である「巫女」という幻想郷内の立ち位置についてはどのように感じているのかな・・?と
ふと感じる事もたまにあったりもします。
これはほぼ完全に私の脳内妄想なのですけど、これまで当ブログで何度か語った通り、私の頭の中では、
霊夢はゆかりんが外界から赤子の時にさらってきた女の子であり、「男ができてそろそろ結婚したいのて巫女の職を辞したい」
という先代巫女とゆかりんと藍が赤子のころから霊夢を次期巫女候補として一生懸命育ててきたのてはないのか・・?という
感じなのですけど、小さい頃の霊夢ってもしかして・・・?
先代巫女の巫女さんとしての立ち振る舞いを見て純粋に「私もいつかああなってみたい・・異変解決したり妖怪退治したり
幻想郷内の人々の人間から頼れる巫女さんとして尊敬を集めたい・・」みたいなあこがれの気持ちがあったのかも
しれないですよね・・

先代巫女 : 霊夢は将来何になりたいの?

幼少霊夢 : 立派な巫女さんになりたい!!

ゆかりん : 妖怪じゃダメなの・・? (笑)

幼少霊夢 : 紫は胡散臭いし、すでにおばさん化しているからイヤ!!

ゆかりん : ぐすん・・(泣・・)

先代巫女 : まあまあ・・子供は正直だから・・・(汗・・!)

みたいな会話もあったのかもしれないですよね・・

そうやってすくすくと育っていった霊夢なのですけど、霊夢がある程度巫女として独り立ちができるようになった頃に
先代巫女は完全に引退し、
もしかして・・・? ゆかりんルールとしては
「次期巫女候補が独り立ちして、既に既婚者となった先代巫女は幻想郷での役割を終えたものとして、
その夫と共に幻想郷を去り、外界で暮らし始める」みたいなものがあったりして、
先代巫女は幻想郷を去っていったのかもしれないですね・・・
(東方の世界に先代巫女の実像が出てこないのはこのあたりに理由があったりして・・・!?)
そうそう、森近霖之助はかつて先代巫女について貴重な言及をしていて、
「そういえば、他の人間は先代を博麗の巫女と呼んでいたが、余り霊夢の事を巫女とは呼ばない。
まともに仕事していないからであろう。自業自得だ。
だが、先代は、巫女としか呼ばれていなかったのだ。名前も忘れてしまった。」と言っていましたけど、
案外と幻想郷の世界においては、「博麗神社の重要性」とか「博麗神社の巫女とは幻想郷の根幹」であることを
認知している人は意外と少ないという事を示唆しているのではないのかな・・?と思ったりもします。

小さい頃の霊夢は先代巫女のかっこよさに純粋にあこがれの感情を有していて
「私もいつかはああした素敵な巫女さんになってみたい!」と思っていたのかもしれないですけど、実際に自身が
博麗神社の巫女職に就いてみると、意外とその大変さとか使命の重たさを認識し始め
「あ~あ、こんな面倒な職なるんじゃなかった・・!」みたいに思っているのかもしれないですね。
そして霊夢は、幻想郷における様々な異変を幻想郷内の人里の人間たちにそれほど警戒されないうちに
ものの見事に解決してきたのですけど、
人間たちにはそうした事が「先日のあの大変な異変・・? あー、あれはあの博麗神社のあの素敵な巫女さんが
ぜ~んぶ解決してくれたのだよ! 本当にあの巫女さんはありがたいお方で私たちの大恩人だよね!」という認識をあんまり
持たれておらず、それが結果として霊夢にとってみれば今ひとつ面白くないとか
「私の存在意義ってなんなの・・?」みたいな感じになっているのかもしれないですよね。

人里の人間たちにあまり感謝されない→仕事にやる気が失せていく →ますます評判が下がってしまう 
→霊夢のモチベーション低下という一つの悪循環みたいになっている可能性もなくはないのでしょうけど、
そうした事に対して日常的なサポートを入れているのが言うまでもなく魔理沙とか華扇であるといえるのかもしれないですね。

うーーむ、霊夢は霊夢でたまには悩むこともあったり「憂い」を感じる事も実は多々あったりするのかもしれないですね・・





1381246415132_convert_20160705093418.jpg





上記のような事を示唆していたようなお話は実は「東方茨歌仙」第19話でも扱われていました。

この第19話の霊夢は珍しく霊夢としての「本音」が少しだけ浮き彫りになっているような感じも漂います。
何かと言うと・・・
「自分はこんなにも幻想郷内の異変に数多く関わり、異変解決に多大な貢献をしているというのに、
幻想郷内ののんきな人たちは異変が起きていた事すら気が付いていない・・・
この私が、この私が・・・あんなにも頑張ったというのに、誰も私の頑張りに気が付いてくれない・・
これってなんか仕事し損だと思わない・・・?
幻想郷を救った最大の功労者の私がここにいるというのに!!!」
なんなくですけど、そうした霊夢の心の本音みたいなものがこの第19話で吐露されているようにも思えます。
だからこそ霊夢は
「幻想郷を救ったこの私の酒がのめねぇだとぉーーー!!」みたいな因縁をついつい早苗さんに対して付けてしまい、
早苗さんが輪をかけるようにアルハラという外界の常識をそこに持ち込んでしまい、更に霊夢をキレさせてしまい、
早苗さん自身も売り言葉に買い言葉でキレてしまったのが第19話におけるれいさなの喧嘩の本質なのではないかと
思います。
そこには霊夢の普段口には出さないものの、実は心の中で感じていた不満とか憂いみたいなものが「早苗さん」という
思わぬ起爆剤が発動してしまって爆発してしまったようにも感じられますね。

「誰か・・・誰でもいいから私の仕事ぶりを認めて!!」と案外心の中霊夢は叫んでいるのかな・・・?

なんにせよ、霊夢としては・・
「誰も認めてくれないというのなら、いいもん・・・!
自分一人だけでお祝い事してあげて、大袈裟と言うわれても構わないからどんちゃん騒ぎでもして
自分で自分を褒めてあげないと・・・」という感覚なのかもしれないですよね。

やっぱりこのお話は、早苗さんを主人公にしながらも実は真の主役は霊夢だったのかなぁ・・・と
感じてもしまいますね。
珍しい霊夢の「本音」らしきものが吐露されただけでも大変貴重とも言えますし、
同時にそれに対して、霊夢に対して同情しながらも「酒の上での失態」について釘をドスンと刺す華扇の存在も
素晴らしいものがあるなぁ・・と感じたものでした!!











aoreiiimu_convert_20101004144953.png





さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです!
今回ご紹介させて頂く作品は、言うまでもなく霊夢です!

上記の霊夢は、アミグリさんが過去に描かれた霊夢の中で、ポーズ等はほぼ同じなのですけど、「色」を赤と青で変化させ、
アミグリさんご自身が「赤霊夢・青霊夢」と評されてる霊夢の赤と青による「色の違い」の作品です!
上記の赤霊夢と青霊夢は共に2010年10月というアミグリさんとしては初期の頃の作品に位置付けされると思われます。


初期作品ですけど、絵のタッチに力強さを感じさせる素敵な霊夢ではあるのですが、
今回どうしてこの霊夢を転載&ご紹介をさせて頂いたのかというと、
上記にてグタグタと書いてきた「霊夢の憂鬱」みたいなものをイメージさせるのにこれほど相応しい作品は
ないのではないのかな・・?と感じたからです。
同時に、最近も似たような事を書いたのですけど「言葉は魔法、絵も魔法、そして色も魔法」じゃないですが、
上記の二つの霊夢の表情は全く同じなのですけど、
同じ表情ながらもこれだけの「違い」を私達に感じさせてくれている訳ですので、
改めて「色というのは魔法みたい・・」と感じさせてくれていると思いますし、それを的確に描き分けてしまうアミグリさんの腕も
素晴らしいものがあると思います。

この霊夢、ちょっと不思議なものを感じるというのか、
憂いの表情にも感じられるし、単にご機嫌斜めというようにも見えますし、
ちょっと物思いに耽っているというようにも見えますし、
「それをどう感じるのかはあなた次第・・」みたいな見る人の感性にそれを
委ねることが出来るような多様性の感じられる初期の頃の
とても素敵な霊夢だと思います!
同じ「憂い」でも赤霊夢の方は例えば早苗さんに対する焼きもちの気持ちとか「なんで私ばっかりこんな大変なことを・・」
みたいなちょっと「イラッ・・」とした霊夢の内面を示唆しているとすると
青霊夢の方は、そうしたマイナスの心情をどうやって立ち直らせようとするのかみたいな自制心とか知的なものを
感じさせてくれているようにも感じられます。

さてさて、この色の違いによる二つの霊夢について、御覧いただいて皆さまは果たしてどのようにお感じに
なったのでしようか・・・?

上記にて転載をさせて頂きましたアミグリさんが描かれた霊夢のイラストは、
その権利は全てアミグリさんに帰するものでありますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので、 くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも当ブログへの転載を快諾して頂きありがとうございます!

今週土日の当ブログは、咲夜さん語りももちろんさせて頂きますが、「幻想郷の天人・仙人特集」という事で
あの天子ちゃんがまたまた登場しますし、ここにちょっとした「アミグリさんが描かれた天子特集」を開催させて
頂きますので、何卒土日の当ブログも御覧頂けるように宜しくお願いいたします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

この物語の中も現実世界もそうですよね~
"こんなに頑張ってるんだから誰か褒めて"
って口には出さずともそう想ってるんだろな
と感じますもん。オトナだって褒められたい!

もちろん、私もお褒めの言葉は大好き♡
「褒められてのびる子なんで〜」
とまわりには伝えてたり(笑)

まあ一癖も二癖もある幻想郷の住人たちと渡り合っていくには、あまり真面目過ぎる性格もまずいのかもしれませんね^^霊夢みたいに力を抜いて、ある程度自分もわがまま言わないと!って性格でないとうまくいかない気がします。魔理沙は真面目だから、そばにいる者をよく見ていて、自分と比較して成長材料にするタイプに見えますね。そういった意味合いでも、霊夢は大切な存在でしょうね^^

大人も同じですよね!

napo 様


「子供と違って大人は褒めればいいってもんじゃない。むしろ厳しく指導を重ねた方が反省の中から
新たな発見をする事がある」みたいな事を言う人もいるのですけど、
少し違うのかも・・?
勿論時に叱責も必要かもしれないけど、普段は相手を大いに認めて褒めて「長所だけを伸ばす」という方が
むしろうまくいくと私も思っています。

大人だっていつも褒められたいですよね!

ちなみに今回取り上げた「霊夢」という子は、褒められるとむしろ調子こいて付け上がってしまい
我を忘れてしまうタイプです(笑)

霊夢と魔理沙

八咫烏(全力稼働中) 様


確かに・・

霊夢と魔理沙は「相互補完」という関係なのかもしれないですし、魔理沙にとって少し足りないものを
補っているのが霊夢と言えるのかもしれないです。
魔理沙って大雑把なように見えて実はかなりしっかり者で研究熱心というのも霊夢との対照性という意味では
なかなかうまい設定だと思います。

ちなみにですけど、魔理沙ってとある公式書籍の中で霊夢について
「霊夢は実は捨て子」とか何とか言っていましたけど、そこから霊夢=実は外界からゆかりんがさらってきた子という
図式を私自身は導き出しています・・

幻想郷なんていうなかなか非常識な世界のバランサーはきっとラクなものではないでしょうね。あまり真面目に取り組んでなさそうな霊夢でもやっぱりやりきった大仕事への評価は気になるのかも。巫女をしながらそんなこと考えてるのかもと思うと妙に俗っぽくて可愛い気がします…w

アミグリさんのイラストはなんとも難しい表情をした霊夢さんですねw
この表情の下でいったい何を思っているのでしょう。お仕事が舞い込んでちょこっと面倒くさそうな感じだったり…?
同じ表情のはずなのに青霊夢の方は青色のクールっぽいイメージのせいか不機嫌そうには見えないように感じます…。

霊夢は煩悩の塊りの巫女さん・・?

schwert 様


霊夢ってどちらかというとちょっと手抜きとか怠け者とか修行不足とか言われてしまいがちなのですけど、
確かにご指摘の通り、何が起きても不思議でもなんでもない幻想郷においては、ああいったちょっとのんびりとした方が
むしろ巫女としての寿命を延ばすという事になるのかもしれないですね。

それと霊夢の場合、その俗っぽさと言うのか煩悩の塊りみたいな点も逆にとても人間らしい感じが漂っていると
思います。
確かに霊夢の「安易な金儲けに走る事」はちょっと安直でもあるのですけど、
そうしたお金儲けとか焼きもちとか怠けることへの快感というのも
人を人たらしめる要素でもありますので、霊夢煩悩の塊りの人間らしい巫女さんと言えるのかもしれないですね。

アミグリさんのイラストの感想も頂きありがとうございます!

「青霊夢の方は青色のクールっぽいイメージのせいか不機嫌そうには見えないように・・」というのは
私も全くの同感です!
やはり同じ表情でも青というと六花・れいか・かれんさんじゃないですけど知的な印象があるという事なのかも
しれないですね!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3833-6ed47cf0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |