FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


堅苦しくて聴くと眠くなってしまう・・みたいな高尚なイメージがあるクラシック音楽なのですけど、
中にはとてつもなく「ぶっ飛んだ曲」もあると思います。
そうした曲の一つがチャイコフスキー作曲の荘厳序曲「1812年」なのではないのかな・・?と思います。
具体的にどのあたりがぶっ飛んでいるのかと言うと、主に挙げると二点だと思います。

1.曲自体が一つの「戦争描写」になっていて、具体的にはナポレオンのロシア侵略という事なのですが、
 ちゃんと音楽が史実を反映していて、最初はフランス軍が優勢だったものの、徐々にロシア軍に追い詰められていき、 
 最後はロシアから撤退を余儀なくされ、ロシアはフランス軍の侵略から国家を防衛するという歴史に対して
 音楽はどのように表現したのかと言うと、フランス軍のロシア侵略と当初の優性は、フランス国歌「ラ・マルセイエーズ」が
 高らかに管弦楽で鳴らされていたのに対して、後半部分のロシア軍の逆転とフランス軍撤退は、
 ラ・マルセイエーズがロシア国歌の堂々たる響きの前にかき消されいく・・という描写で表現されています。
(チャイコフスキーの「スラブ行進曲」もラスト近くにロシア国歌が堂々と鳴らされます!)

2.ラスト近くで本物の「大砲」が使用され、CDでは本当に曲の中で大砲がドッカーーンと派手に轟いています!
 あの大砲の轟音は、まさに映画「ガールズ&パンツァー」のあのとてつもない轟音と震動が映画館内に響き渡っていたのと
  大体似たような感じになっていると思います。
  コンサート会場で大砲をぶっ放すことは出来ませんので、実演の場合は、
  大太鼓や大砲のサンプル音をスピーカーで流す等の方法で代用されている事が多いです。
  そして大砲が轟いたあたりから教会の鐘もガラーンゴローンととてつもなく壮大に鳴り響いているのですけど、
  印象としてはそれすらも大砲の轟音の前にかき消されてしまうという印象もあったりします。
  そうそう、この曲は当然ながらフランス国内で演奏されることは皆無に近いそうです。
  (フランスの皆様にとっては正直あんまり気分がよくない曲と言えるのかもしれないですね・・)

チャイコフスキーと言うと一般的には、例えばバレエ音楽「白鳥の湖」とか「くるみ割り人形」等の美しいメロディーとか
交響曲第6番「悲愴」みたいな感傷的で劇場的な感情の高ぶりみたいなイメージもあるのですけど、
たま~にこうしたはっちゃけた曲も書いてしまう事があるのですよね・・(笑)
この曲のタイトルですが、コンサートでのプログラム表記は統一はされていないようです。
「荘厳序曲」という場合もありますし、「大序曲」と表記される場合もありますし、「祝典序曲」という場合もあります。
私にとっては、何となくですけど「荘厳序曲」という方がくしっくりくる感じがありますので、
今回の記事は荘厳序曲「1812年」という事にさせて頂きたいと思います。

1882年に開催された博覧会の中で行われた演奏会のために依頼されたというのが作曲の経緯なのですけど、
チャイコフスキー本人は「安っぽい曲になるのは目に見えている」との理由で、
この仕事を後回しにしたり、作曲した時も惰性であまりやる気が無い状態で作ったという話も囁かされているそうです。
そうした事情もありましたし、チャイコフスキーにしては珍しく描写音楽で、一般大衆にも大変イメージが伝わりやすく
作曲され、それが当時や後世の音楽批評家から「安っぽい描写音楽」と批判を受ける事も多く、
黛敏郎氏が司会をしていた「題名のない音楽会」の中でも「とんでもない曲、最低の駄作だ」と
かなりのダメだしを黛氏からも食らっている曲としても知られています。
チャイコフスキー自身もあまりこの曲を気に入っていなかったようですけど、
そういう曲に限って世間では評判がいいもので、再演を重ねる度に人気が高まっていったらしく、
1899年にマーラー指揮のウィーン・フィルで行われたウィーン初演の際には大絶賛されたとの事です。
(同じような経緯の曲としては、ベートーヴェンの「ウェリントンの勝利」という曲もそうなのかもしれないですね・・)

この曲の冒頭部分はとってもしんみりとさせられます。
ロシア正教会の聖歌をベースにしたメロディーが冒頭から奏でられるのですけど、
この部分はヴィオラとチェロが室内管弦楽風に静粛に演奏されます。
こうした厳粛で美しい雰囲気から一転して曲の最後にあのような凄まじい展開&どんちゃん騒ぎが待ち受けていると
この時点では聴衆にはわかりませんので、まさに「静と動」の凄まじい対比というのかその落差の大きさに
聴衆は度胆を抜かれてしまう訳でして、その辺りの作曲者としてのチャイコフスキーの計算はほぼ完璧だと
思います!!
だけど・・曲が大変分かり易すぎて、曲の構成があまりにもシンプルであるため、冒頭の静粛な部分から
クライマックスのあの大砲と鐘炸裂の場面まではちょっと冗長に感じられます。
そうした冗長さをカヴァーしたのがフランス国歌の優性とロシア国歌の優性の逆転部分なのかもしれないですね。

CDの演奏では、私的にはマゼール指揮の演奏が好きです。
演出を色々ゴチャゴチャ取り入れて、かえって訳のわからない仕上がりとなったのが
デュトワ指揮/モントリオール響なのかもしれないです。
序奏は合唱が入るし、後半の大砲の部分からシンセサイザーが乱入し、メカニック的にガチャガチャ鳴らして、
肝心の大砲が全然聴き取れないし、正直意図不明としかいいようがない演奏のように私には聴こえてしまいます。
指揮者・演奏団体は忘れましたが、最後の和音が響いた後、協会の鐘の音がゴーンゴーンと
鳴り響いてフェイドアウトしていく演出の演奏もありました。

実は吹奏楽編曲なのですけど、私自身もこの荘厳序曲「1812年」を高校二年の定期演奏会で演奏した事があります。
クラリネットパートは16分音符の連続で、あまりに速いパッセージの連続に茫然とするばかりで、
最初にあのパート譜を見た時のとてつもない憂鬱はいまだに忘れる事ができないですね! (笑・・)
冬休み・春休みの誰もいないがらーんとした教室にて、ストーブも暖房も何もない寒いさむい状況の中、
必死で個人練習をし、譜面を目で追いながら指は楽器を駆け巡り、そして全体練習とかパート練習に臨み、
指揮者やパートリーダーから「まだ出来ないのかよっ!」みたいなプレッシャーを常に感じながら
ひたすらに練習に励んでいた記憶がありますね!
冬休みは元旦が入るという事もあり12/31~1/3までは部の練習も休みでしたけど、うちの部は、元旦早朝に
ほぼ全部員でお詣りに行く習慣があり、その流れで元旦の午後もなんとなく練習という感じになってしまい、
結局1/1~1/3も全て個人練習のために登校していた・・というのも今となっては大変懐かしい思い出ですね!

前述の通り、原曲自体はチェロを中心とした弦楽器が朗々と少しさみしげに奏でられるのですけど、
元々の吹奏楽アレンジ版はこの部分をなんと・・!トランペット五重奏にしちゃっています・・・(汗・・)
いくらなんでもこれでは雰囲気ぶち怖しという事で、指揮者の判断でこの部分は
トロンボーン6本が吹奏しましたが、意外とトロンボーンの音色とこのさみしげな部分が
妙にマッチし、トロンボーン奏者もヴィヴラートかけまくっていたせいもあり、
本番の演奏会においてもその後のアンケートにおいてもその冒頭部分は「素敵なアィディア」と中々の好評を
頂いていたのが印象的でした!
そしてラスト近くの大砲の部分に関しては、指揮者も相当色々と悩んでいました。
丁度その頃に、一般吹奏楽団がいくつか集まってウィンターコンサートを開催し、
ラストの曲としてこの1812年が演奏されていたのですけど、
冒頭はトランペットのへなちょこアンサンブルだし、
大砲は、大太鼓が一台ヘロヘロと鳴るだけだし、全然魅力的に感じられない演奏になっていました。
その演奏を反面教師にし、仕上がったアイディアが、先ほど記しましたけど、冒頭の弦楽部分を
トロンボーンで代用した事と
大砲部分を何と・・!! 計六台の大太鼓と二台のドラを同時に打ち鳴らし、大砲の部分を模写してみよう
というものでした。
大砲だけで打楽器奏者を8人も使用するので、実際にこの部分の練習が始まったのが、
新入生入部以降でした、しかも定期演奏会まで3週間を切っている状態で
初めてその大砲部分を全体合奏を始めたという感じでしたので、正直本番の際も「いちかばちか・・」みたいな
賭けみたいな様相も呈していたと思います。
耳の鼓膜が冗談抜きで破られそうになる程の強烈な破壊音に部員一同ドン引き状態でしたけど、本番では
練習の成果が見事に発揮され、かなりまとまりのよい迫力満点の演奏が出来たと思います。

ちなみに、この1812年の演奏は、あのバンドジャーナル1983年5月号の記事でも取り上げられています!
記事には「ホットな演奏」と好意的に書いてもらったのが幸いでした。

今となっては本当に良い思い出ですし、生涯の一つの「誇り」と言えるのかもしれないです!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

1812年

懐かしいですね。
自分も社会人バンド時代に一度演奏したことがあります。
自分の場合も同じく、地元の4団体による合同演奏会での場での演奏でした。
ひょっとして、1812年を演奏するのは大編成(もしくは合同バンド)がお約束なのでしょうか?


大砲については4台のバスドラを使用した記憶があります。
ステージの四隅に配置したので、あちこちから大砲の音が「ズドン、ズドン」と。
あとは花道付近にチャイムを2台。
クライマックスでは豪華絢爛なサウンドでした。

ただ、4団体集まって100人以上の奏者がいたのにもかかわらず、ファゴット1名・バリサク1名・バスクラ2名と、低音木管の人気の無さ・人員不足を垣間見ました。

自分ですか?もちろんバスクラです(笑)

あともう一つの思い出として、ひな壇で演奏した唯一のステージでもあります。
木管だけで5~60人くらいいたので、低音木管とサックスは1段目のひな壇に配置(2段目は、ホルン・ユーフォ・ボーン。3段目にトランペット)。
よく見れば全員ストラップを使用する楽器だったので、お互いに「ストラップ隊」と呼び合ってました(これもまたいい思い出)。

野戦砲

Youtubeで以前視た、陸自軍楽隊の演奏では、本物の野戦砲が使われていました。
映画、のだめカンタービレでもホールの屋外で、ぶっ放している映像がありましたね。
さすがに、皆高校の吹奏楽では、無理だったようです(笑)。
誰が何と言おうと、涙が出る好きな曲です。
この曲と対比して、シベリウスのフィンランディアも対ロシアですが、私にとって、涙がちょちょぎれる曲になっています。
本邦には、こんな曲ないですよね。
「雪の進軍」「行進曲軍艦」・・・はダメで、結局「ふるさと」「里の秋」になっちまう。
何処かの国は、愛国心を持つことを禁じられてしまったようです。
あべさん、ゆりこさん、頑張れ。

1812年

某大学の卒業生 様


1812年を演奏されていたとは!

あの曲は前半のクラリネットをはじめとする木管セクションの16分音符の細かい動きと
クライマックスでの鼓膜が破れるような金管と打楽器の爆音炸裂には、「弱ったな・・」という感じでしたけど、
特に後半以降のあの爽快さは他には類を見ないという感じでしたね!

最近の吹奏楽アレンジでは、例の大砲使用の場面はシンセサイザーを使用する事が多いみたいですけど、
大太鼓のドスン!という重低音と衝撃音の実音のインパクトには
敵わないといえるのかもしれないですね。

市民バンドの合同演奏の場合、ローマの松~アッピア街道の松と1812年は定番の一曲と言えそうですね。

最近は・・・

MK 様


吹奏楽版1812年の大砲の部分は大太鼓使用というのが一つのスタンダードになっていましたけど、
最近の傾向としては、大砲炸裂のあの場面は「シンセサイザー」を使用する事が多くなってきたようにも
感じられます。
シンセサイザーだと音の迫力はあるのですけど、実音ではないから重低音の衝撃が弱いから
「なんとなく人工的・・」みたいな印象はありますね。

フィンランディアも素晴らしい名曲ですね!
オーマンディー指揮のように中間部とラストに合唱が加わると余計にじーんとくるものがありますね。
日本の管弦楽曲で日本らしいじーんとくる曲っていうと
伊福部さんの「日本狂詩曲」とか外山さんの「ラプソディー」ぐらいなのかもしれないですね。

>演出を色々ゴチャゴチャ取り入れて、かえって訳のわからない仕上がりとなったのが
デュトワ指揮/モントリオール響なのかもしれないです。

それ、僕も思っていました。
デュトワの幻想交響曲とかシェラザードはすばらしいと思っていますが、1812は今までの概念を少し壊しているのか、その当時の世相を表しているのかとずっと思っていました。たしかに 人工的 ですね。

僕はほとんどコンサートには行かず、CDで聞いているのですが。

チャイコは吹奏楽では吹いたことがないのでなんともいえませんがデュトワの1812は今でもなんともいえません。素晴らしい演奏だとは思うのですがね。

デュトワは・・・

甲辰 様


ご無沙汰しております!

デュトワの1812年ははっきり言って演奏は凡演で、その演出は最低だと思います・・(汗・・)

1812年が収録されていた「展覧会の絵」などのように正攻法の演奏を展開すればよかったのに・・と
いまでも感じることはありますね。
デュトワは、スペイン狂詩曲とか海とか遊戯とかラ・ヴァルスなどのような正統派フランス音楽には
定評がありましたけど、ロシアものは出来不出来が好みもあるかとは思いますが、はっきりしているような
感じもあったように思えます。
デュトワのレスピーギの「ローマ三部作」は爽やかなのはいいのですけど、ドッカーン!みたいな爆発を期待しちゃうと
期待外れになってしまいそうなのもこの人らしいと思ったりもします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3824-ca1e1c65
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |