プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


あれれ・・、最近どうして我が家の食品庫の中に「カップ焼きそば」がやたらと増えているのはどうしてなのかな・・?
ぺヤングは、とあるスーパーで大安売りをしていたせいもあり「安いうちにまとめ買い」という事情なのは分かるのですけど、
それでは日清の「UFO」がどうしてこんなに溢れかえっているのか不思議でならないです・・

あ・・、そっか・・! 6~8月にかけて主にローソンなのですけど、艦これ・ごちうさ・冴えない彼女の育て方等との
コラボキャンペーンにおいて
「該当商品を××個購入した方に先着順で〇〇という素敵なコラボグッズをプレゼント!」みたいな企画がやたらと多く、
その該当商品としてかなり多かったのが日清の「UFO」だったような気がしますね・・

うーーむ、これじゃ日清のUFOばかり溜まっていくのも自明なような気もしますね・・(滝汗・・!)

先日ですけど、うちの奥様なんかも「どうして最近食品庫にこんなにUFOばかり在庫が増えているの・・?
またまたヘンな景品目当てに妙なコラボ企画商品買ってきたんでしょ――!!」と少しばかりお怒りモードみたいですけど(汗・・)
こらこら・・艦これグッズはヘンな景品じゃないですし、
それにコンビニのこうしたコラボ景品に元々極めて弱いのはうちの奥様の方でして、コンビニでリラックマとかスヌーピーとか
バンドリとかアイドルマスター等のコラボキャンペーンがあると毎回毎回「買ってきて、買ってきて・・」と煩く言うのは
彼女の方ですので、私からしてみると・・
「お前が言うな――!」という感じでもありますね・・(苦笑)

日清のUFOとロッテのクランキーは気のせいなのかもしれないですけど、こうしたコラボ企画の対象製品になる事が
結構多いような気もします。
UFOは艦これキャンペーン時にかなり買っていた気もするのですけど、普通のUFOばかりじゃつまらんし・・という感じで
確か一つの変化球みたいな感じで日清の「UFO 熱帯」も二つほど買っていたような記憶があります。










今年の7月頃に、「日清の黒歴史トリオ」3品という事で、過去に売り出したものはいいけど、
残念ながら当時の消費者からの支持は得られず結局はいつの間にか姿を消してしまった三商品の復刻版が
発売されていましたけど、「UFO 熱帯」もその一つとの事でした。

2002年に発売され、タイのビーフンを使った焼そば「パッタイ」をイメージした商品ですけど、
商品名から味の想像がつか無いという事で消費者から全く受け入れられずそして全く売れないまま消えてしまった
商品との事です。
かやく・スープとして、粉末ソース・かやく・調味オイルの3袋入っていますけど、粉末ソースもうすい赤で
調味オイルも更に真っ赤です!
うーーむ、これは見るからに嫌な予感があるのかも・・?
当ブログで「初音ミクコラボキャンペーン」において発売されていたヤムウンセンというタイ風春雨サラダを使用した生春巻きが
とてつもなく激マズで雑草みたいな味しかしなくて吐きそうな程だった・・(汗・・)みたいな事も書いてはいたのですけど、
今回も「タイ風」という事で正直嫌な予感しか無かったのかもしれなかったですね・・

さてさて・・実際のお味の方はど゛うだったのでしょうか?





004_convert_20170906171316.jpg





パッタイは濃厚なソースとかピリ辛というイメージがありましたけど、
「UFO 熱帯」のソースは濃厚でもありませんし、味のパンチに明らかに欠けていますし、激辛どころか「辛いかも・・?」という
感じはほとんどしません。
全体的に意外なほど「味が弱い・・」という感じでした!
ソースの魚醤の風味とか辛さとかエスニック調の香辛料も弱く本格感はまったくありません。
大変申し訳ないですけど「中途半端な味」としか言いようがないですし、印象度は極めて薄かったです・・
先日の同じタイという事でヤムウンセンのあのたとえ激マズであったとしても強烈なインパクトに比べると
「これが黒歴史なの・・?」とすら感じてしまうほどでした。
タイ料理らしいパンチがないというのが致命的なのかな・・? ちょっと消化不良気味ですね・・(汗・・)

やっぱりUFOは普通のソース味が一番美味しいという事なのかもしれないですね!

麺がウェーブっぽい感じもあり、これが意外と麺に絡んでこないのですよね・・
歯ごたえというのか咬み応えというのかボリューム感の不足が「中途半端なのかも・・」と感じてしまう要因なのかも
しれないですね。
そして具材が、エビ・卵・にらとしょぼいのもボリュームの不足という事の理由になっているのかもしれないです。

このUFO 熱帯は二つ購入したのですけど、上記の感想はその一つ目に対するものです。

さてさて・・もう一個残っていますので、これは何か少し工夫をしないといけないのかもしれないですね・・

一つは「辛み」を追加する事、二つ目はもう少し具材に一工夫する事、この点が課題なのかなぁ・・と
感じたものでした。




003_convert_20170906171258.jpg




辛みに関しては、純粋に「ピリッとした辛さ」を追加したいと感じましたので、単純明快に七味唐辛子を入れてみる事に
しました。
具材に関しては、もやしというシャリシャリ野菜を入れてもいいのかな・・と当初は感じたのですけど、
もやしを入れると何だか水っぽくなってしまいそうですし、
元々の商品自体に「肉っけ」が皆無ですので、何か肉系を入れた方がいいのかなとも感じました。
最初は「サラダチキン」を丸ごと一羽入れちゃえばいいのかな・・?とも思ったのですけど、サラダチキンを丸ごと入れると
ボリュームがでかすぎて、逆に具材が主役になりかねない危険性もありましたし、
辛さに調和しそうな肉系というと鶏のささみがいいんじゃないの・・?とも思いましたので、缶詰の鶏ささみを
ちょい足しする事にしてみました。




005_convert_20170906171333.jpg



006_convert_20170906171401.jpg




日清UFOの「熱帯」に七味唐辛子と鶏ささみをちょい足ししたものが上記なのですけど、
自画自賛ですけど、結果的にこれで味の辛みが強化され、味全体がピリッと引き締まるような感じになり、
元々この熱帯が有しているエスニックの感じが改めて活きてくるようにも感じたものでした。

鶏のささみは元々は大変淡白な素材なのですけど、ソースと絡む事で味に深みが出てきますし、
何よりも麺と絡む事で、具材としてのボリューム感とかシャリシャリ感が出てきて、
尚一層よくなったような気もします!

私のちょい足しなんて結構外すことが多かったのですけど(汗・・)、これは自画自賛になってしまいそうですけど
成功した部類に入るのかもしれないですね!

ま・・多分ですけどこの熱帯は今回の限定復刻だけで終了してしまいそうですから、
最初で最後の熱帯とのちょい足しコラボになってしまいそうではありますけどね・・(汗・・!)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

もともとのお味はイマイチそうですね…
焼きそばでハズレってあるもんだ〜
でも、ちょい足しで◎なら
とりあえず、OK~よかったですね♪(⌒▽⌒)

黒歴史にも色々あって、笑える黒歴史と笑えない黒歴史がありますが、中途半端なのが一番いけませんね^^;どうせ売れないなら、ウルトラまずいとかにすれば、逆に物珍しくて、どんなものかみんな試したでしょうにね^^;でも、ぬくぬく先生様がちょっといじっただけでおいしくなってしまうということで、果たして開発した人はなぜそんなものを販売したのやら~^^;

これはちょっとハズレなのかも・・??

napo 様


ソース味とか塩味で外すことはまずありそうもない焼きそばですけど、
最近の例えばチョコ味とかナポリタン味とかショートケーキ味というのは、あれは限りなく「大外れ」に
近いものがありそうです。

今回のこのタイ風のエスニック系の味も「ハズレ」だと思います。

辛くも無いしあの中途半端な微妙な味は「残念・・」という領域なのかもしれないですけど、
ほんの少しちょい足しするだけで味と言うものは劇的に変化するから、
やっぱりこうした「工夫」というものは大切なんですね!

黒歴史

八咫烏(全力稼働中) 様


確かに・・!

これは「黒歴史」という言葉を使うほど不味くはないですし、同時にとてつもなく素晴らしく美味しいという訳では
ありませんので、この限りなく微妙で中途半端な味には、
かなりガッカリさせられるものはありますね・・

先日のミク記事で書いたあのタイの生春巻きのあのとてつもない激マズの味がこの焼きそばでも発揮できていれば
「伝説」になったのかもしれないですけど、
これはご指摘の通り、開発当時に担当者が色々と迷って考えすぎた結果として全てが中途半端になってしまった・・
みたいな事が予想されそうですね・・

やはり日本の七味とわさびは優秀だと思います!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3823-6de7bd40
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |