プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
14位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


我が家はお彼岸とは別に毎年毎年11月になると「お墓参り」に行く事が多いです。
というのも、なぜか11月にご逝去された身内の方が非常に多いというのもなんだか不思議なものも感じたりもします。
うちの奥様のご両親さんもお二人とも11月にご逝去されていましたし、お墓に刻印されている命日を眺めていると
11月に亡くなられた故人の皆様が多いというのもなんだか偶然ではないような気もしますし、うちの奥様自身も
そのせいかしりませんけど「私が死亡するとしたらそれは11月なのかも・・?」と縁起でもない事をたまに
口にしているようです。

今年も例年通り「11月に入ったらお墓参りに行かないとね・・」という話を先日していたら、
偶然にも霊園から「管理料支払い」の請求書が届きました。
一体何とタイミングが良いのだ・・・と妙に感心してしまいます(笑・・)
支払方法は銀行振り込みか直接霊園の管理事務所に支払いに行くか二つに一つらしいのですけど、
銀行の振込み手数料も払うのは何かバカらしいですからね・・・・
そうだ、そうだ、お墓参りの際についでに払いに行けばいいんだ・・・と思ってしまいました。
そしてこの管理料の請求書と一緒に入っていた案内には
「あなたの家の場合、来年度は〇〇さんは十七回忌、△△さんは二十三回忌とも重なりますので、
こちらの方もお坊さんの手配とか法要の手配も全てしますけどいかがでしょうか?」みたいな営業案内も含まれていましたので
「なかなか商売がうまいね・・」と感じたものでした。
ちなみに「回忌」なのですけど、例えば十七回忌というのは命日から満16年目という事であり、
二十三回忌というのは命日から満22年目という事になるそうです。
一般的には三十三回忌というのが最後の法要という事になり、仏教での三十三回忌でもって故人が先祖神の仲間入り
という事になるそうです。
但し傾向として、三十三回忌まで法要が為されることは少ないとの事です。

この管理料なのですけど
今回の請求は2018年~2020年までの3年分となっていて、 要は一年間で5000円という事になります。
うーーん、これは「安い」と考えてよいのかな?
彼女のご両親がご存命中に既に永代供養としての霊園の敷地を購入されていたようですけど
それとは別にこうやって毎年「管理料」は支払う必要はあるという事なのですね。
うちが使用している霊園は、さいたま市三橋という閑静な場所にあるのですけど、
ここはかなり敷地が広大な割には 手入れがきちんとされていると印象が強いです。
いつ来てもきちんと清掃がされているし、お墓も定期的に清掃されている様子です。
6年前の東日本大震災時に墓石と敷地に隙間が生じた際も、いつのまにか無償で修復されていたのは
当時感動したものでした!

それを考えると、やはり年間5000円、3年間で15000円と言うのは 安いと考えて然るべきなのでしょうね。

だけど、問題は・・・・・

我が家のように子供がいない世帯は、自分達がいなくなった場合、その管理は一体どうすればよいのだろうという
事でもあるのですよね。
身内と言っても皆遠方の人ばかりだし、うちの奥様の妹は九州に嫁いでいるからそうした管理をお願いするのも
なんだか気が引けてしまいますし、
この辺りに関しては「墓じまい」という事も一つの選択肢と考える必要はあるのかもしれないですね。

子孫が絶えてしまうと、お墓参りをしてくれる人もいなくなりますし、そのようなお墓は結果的に「無縁仏」となり、
将来の供養がなされない寂しいものとなってしまいます・・
墓を継承する人は減り続け、子孫が墓を継ぐという前提は破綻しつつあり、
無縁墓を増やさないためにも「墓じまい」は合理的な方法ともいえるのかもしれないですけど、
自分たちの代でお墓を絶やしてしまうという事でご先祖様に「大変申し訳ない・・」という気持ちもありますし、
その辺りは大変難しいものがありそうですね・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

一番、大切なのは、故人を偲ぶ気持ちなのでしょうが、そうはいっても気持ちというのは見えないものだし、法事やお墓というカタチあるものを通して心が慰められられるもの事実だろうなと感じています。

何かの拍子で、老いや病、死後のことを思う時、
今を一生懸命生きなきゃなぁ、なんて真面目な気持ちになったりますね。




 

これは仕方がない事かな。

この問題は悩んでも仕方がない事なのです。
後継ぎがいない場合は、墓じまいです。
私は妹がいて男兄弟はおりません。
つまり、実家は絶えてしまうわけです。
両親は、「墓をしまう」と断言しておりますよ。
「迷惑がかからないようにするのも親孝行だ」と申しております。

供養

umi 様


故人をしのぶ・・つまり「供養」とは、一番の供養は「生前のその人のことを思い出してあげること」なのかも
しれないですね。
でもご指摘の通り、そうした「想い」というのは故人には伝わりにくいものだから、お墓参りや法事等が
あるのかもしれないですね。

生と死はある意味表裏一体でもありますけど、
生きている限りは「すぐ次の瞬間には自分が死ぬことだってありうるから、生きている瞬間瞬間を
その時のベストを尽くして生きていく」というのが一番望ましい生き方といえるのかも
しれないですよね。

難しい問題ですよね・・

mama.ikuko  様


これはお互いに重たくてちょと難しい問題ですよね・・

「墓じまい」は最近随分と取り上げられることが増えてきましたけど、やりここには少子高齢化とか核家族という
問題があるのかもしれないですね。
理想を言うと、現役世帯が生きている間にこうした問題に解決方法を実現するのかいいのですけど、
どうしても「自分の手ではなくて誰か別の人の手で・・」と考えてもしまいますし、
とにかく自分たちが元気なうちに方針だけでも決めておかないと、近未来の日本には
管理者のいないお墓とか無縁墓地とか荒れ寺に荒れたお墓というものが激増するのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3822-c4fc8cbf
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |