FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計







今回も冒頭からいきなりアミグリさんが描かれたイラストから開始をさせて頂きたいと思います。

今回も「名作アーカイブス」という事で、アミグリさんが過去に描かれた素晴らしいイラストの「名作プレイバック集」
という事で過去の名作イラストを改めて冒頭にご紹介をさせて頂きたいと思います。
やっぱり素晴らしいイラストは、たとえ過去に既に掲載済であっても、時を変え掲載する場所を変え、
色々な人たちにもっともっとたくさん見て頂きたいものですねっ! (笑)

上記の作品は、アミグリさんが2015年5月に描かれたゆゆ様=西行寺幽々子です。

よく「東方五大老」という事で、永琳・ゆかりん・聖白蓮・八坂神奈子が東方におけるご長寿の年配者キャラとして
描かれることは多いと思うのですけど、
確かにこの5名の皆様はそれぞれ老獪であり大人のポジションであり、まさに「東方の重鎮」という立ち位置に相応しい
皆様だと思いますし、その雰囲気も皆様それぞれ威厳とか大人っぽい雰囲気に溢れているような気がします。
唯一人を除いては・・・
その唯一人というのが上記のゆゆ様に他ならないと思いますし、ゆゆ様以外の皆様はまさに「東方の大人ポジション」という
雰囲気を有しているのに対して、ゆゆ様だけは「少女の面影」を色濃く残されているのは、
ゆゆ様が生前は、まだ少女の雰囲気が色濃く残っている中決然と自決を図られた影響もあるのではないのかな・・?と
思ったりもしますね。
そして今現在のゆゆ様のあの「言語明瞭意味不明」な会話とかあののらりくらりと交わしちゃう雰囲気とか
つかみどころのない感じみたいなある意味胡散臭さは、死後(?)大人になってから(?)身につけたものなのかもしれないですし、
ゆゆ様の友人のゆかりん=八雲紫様の影響も多少はあるのかもしれないですね・・(笑)

このゆゆ様なのですけど、とてもじゃないけど数百年程度生き続けた亡霊さんとは思えないほどの「少女」らしい雰囲気に
溢れていると思います!
9/3(日)の咲夜さん語りにおける名作プレイバック集のイラストがメディスン・メランコリーという幻想郷最年少の妖怪さんであり、
あのあどけない雰囲気は「少女のあどけなさ」そのものだったと感じるのですけど、
上記のゆゆ様もメディスンとほとんど変わりがないような「少女」らしい面影を色濃く残していると思いますし、
とっても可愛いと思います。
そしてゆゆ様のすごいところは、見た目の少女らしい雰囲気を残しながらも、その性格・行動は老獪そのものであり、
大変言葉は悪いのですけど「伊達に年はとっていないのよ・・」とゆゆ様の高笑いが聞えてきそうな感じもあります・・(笑)
ゆゆ様はゆかりんの友人でもあるのですけど、同時に「ビジネスパートナー」みたいな役割も果たしているような
気さえします。
だって「東方儚月抄」においては、事前にゆかりんとほとんどなんの打ち合わせも協議も相談もしていないのに、
お互いの「阿吽の呼吸」だけでお互いがお互いに求めている事を即座に理解し、それを直ちに実行に移し、
あのようなとてつもない成果を上げていましたからね!

うーーむ、ゆゆ様はすごい!! ゆかりんも素晴らしいけどゆゆ様もその「知恵者振り」は圧巻だと思います!
ゆかりんの雰囲気はミステリアスな大人の女性そのものなのですけど、
ゆゆ様はあれだけ老獪さを持ちながらも見た目の「少女っぽい雰囲気」を維持し続けているのはすごい・・としか
言いようが無いと思います!

アミグリさんが描かれたゆゆ様はまさに少女の雰囲気そのもの! そして夏らしい清涼で爽やかな雰囲気に
溢れていると思います!
こういう涼しげなゆゆ様を見てしまうと、瞬間的かもしれませんけど
真夏の暑さを瞬間的に忘れさせてくれる「清涼感」が伝わってきますね!
例えは悪いのですけど、炎天下の外から家に戻ってきて、冷蔵庫にキンキンに冷やしておいた「ラムネを
くーーーーーっと飲み干したような気分爽快のようなイラストだと思います。
ゆゆ様は実は「大食いキャラ」というのもあったりもしますから、意外とラムネをキュ―――ッと飲み干すというのも
お似合いなのかもしれないですね(笑)

あ! いけない・・! 今はゆゆ様語りではなくて十六夜咲夜さん語りでしたね・・! (滝汗・・!)

前振りがまたまた例によって長くなってしまいました・・(汗・・!)
ここから先は本記事の「咲夜さん語り」をその⑦としてスタートさせて頂きたいと思います。

毎年1月前後に開催される「東方人気投票」ですけど、霊夢・魔理沙・こいしちゃんという最近の不動の三人の人気キャラに
次ぐ東方の大人気キャラというと言うまでもなく(フランちゃんもそうなのですけど)妖夢と咲夜さんなのだと思います。
そう言えば、妖夢と咲夜さんは何かと「共通点」も多そうですね。

気まぐれな主に振り回されるという境遇、刃物使い、銀髪、自機経験者などの共通点があるかと思いますが、
一番の共通項は「苦労人ポジション」という所なのかもしれません。
違いは、妖夢はかなり生真面目であるのに、咲夜は、ボケもツッコミも出来るし、時に手抜きも出来ちゃうという
辺りなのかな・・・?
妖夢と咲夜さんはどうみても咲夜さんの方が大人っぽく酸いも甘いも熟知し、人としての器も大きそうな感じもあったりします。
そうですね・・頼りがいのあるお姉さんの咲夜さんにちょっとドジで未熟であわてんぼの妹ポジションの妖夢という感じも
あったりして、このお二人はどこなくですけど姉妹っぽい雰囲気もあるのかもしれないですね。
二人のご主人との比較でみると、咲夜さんのご主人のレミリア様はおこちゃまそのものであるのに対して、
妖夢のご主人のゆゆ様は冒頭イラストで触れたとおり、老獪そのもの・・!
主人と従者においては「子供っぽさと大人っぽさ」が逆転しているのは大変面白いと思うのですけど、主従のカップリング
としてはバランスが取れているといえるのかもしれないです。

そういえば、妖夢は二刀流、咲夜さんはナイフ投げという事で共に「刃物」という凶器を使用しています。
この二人は共に刃物使いという事で、二人の決闘みたいな二次創作もたまに見ることがあります。

その中の一つが東方文花帖のアンソロジー漫画の病先生の「宿敵以上天敵未満」だったと思います。








CIMG9898_convert_20160813050214.jpg



CIMG9899_convert_20160813050242.jpg




この漫画の中でなぜか・・・? スペルカードゲームに興ずるというか、ある意味ガチバトルをしている
妖夢と咲夜さんなのですけど、あれれ・・? この二人は公式でも大変仲がよく気心がしれているような雰囲気もありますので、
この二人がガチバトルをする動機っていったい何なのでしょ・・?
正直、その必然性は全然思い当たる節がないもので、これは一つの退屈しのぎという事もあるのかもしれないですね。
上記で書いた通り、この二人には銀髪・刀使い・自機経験者という事で案外実は、お互いの間には
「ちょっとした対抗意識」みたいなものがあるのかもしれないですし、
もしかして・・?
「今度幻想郷内に新たな異変が起きた場合の霊夢・魔理沙・早苗さんに次ぐ第四の自機候補のポジション」を掛けて
ガチバトルをしていたのかもしれないですね・・(笑)

妖夢は二刀流なのですけど、接近戦で無いと勝機がほとんど無いのですけど
咲夜さんの場合は、至近距離からの攻撃もナイフで全然可能ですし、
ナイフ投げという事で遠距離からでもぶんぶんナイフを投げられますので
このバトルは元々、咲夜の方が有利なのかもしれないですね(笑・・)
というか、妖夢VS咲夜さんのバトルに関していうと、経験・技量・技の切れ味・体力等を考えるとどうみても
咲夜さん圧倒的有利という感じしかないですね・・!

この二次創作漫画においては、
咲夜さんが「チェックメイト!」という事で、妖夢に対して「ここに閉じ込められると永久に亜空間を彷徨い続ける」という
亜空間のスペルカードを放ち、妖夢これで一巻の終わり・・!?という際になぜかスペルが突如暴走し、
咲夜さんが逆に亜空間に飲み込まれてしまいます。
これは結果として妖夢が閉じ込められるのを阻止するために ゆゆ様が逆に咲夜を
亜空間の中に閉じ込めてしまったという事なのですけど、
妖夢としては「自分の力で咲夜さんをやっつけられなかった、それどころかゆゆ様からヘルプを受けないと自分自身が
危ういところであった・・」みたいな感じになってしまい、
妖夢としては今一つ面白くないみたいで、白玉楼で少しむくれてしまいます・・・・
それを見ていたゆゆ様は「まったく・・・・やれやれ」という感じなのですけど、この時に、レミリア様から
手紙が届けられ、そこに記されていた「空気読め バカゆーれい」という言葉に激高するゆゆ様が
とっても可愛かったのが印象的でした!
ああいうゆゆ様ってあんまりお目にかかった事がないものですので、これは貴重なゆゆ様だと思いますし、
「ばかゆーれい」というワードに反応しちゃうゆゆ様が素敵です!!

ま、最終的には、咲夜さん自身もレミリア様の「運命操作能力」によって窮地を脱していて事なきを得ています・・

霊夢と妖怪たちは博麗神社内でよくスペルカードゲームに興じていることもあるのですけど、
このアンソロジー漫画の妖夢VS咲夜さんのバトルもカードゲームに近いようなものというのか、
本質は「相手を倒すつもりは実は毛頭なく、あくまでお遊びの延長戦みたいなもの・・」という感じなのかも
しれないですね・・(笑)
そうそう・・咲夜さんは初期のころは霊夢・魔理沙に次ぐ「第三の自機」みたいなイメージもあったものですけど、
妖夢の台頭とか、うどんげちゃんの自機としての登場、更にさらに・・「早苗さん」という強烈な自機も登場していますので、
咲夜さんとしては、倒すべき相手は妖夢ではなくてむしろ早苗さんなのかもしれないですね・・(汗・・!)
そうですねぇ・・さとり様にお願いして咲夜さんの心の「本音・深層」を覗いて頂くと、そのお心とは、
妖夢ではなくて早苗さんに対して
「幻想郷内で私から第三の自機の役割を奪取しちゃってー!」みたいな感じになるのかな・・?? (笑・・)

そういえば、「東方花映塚」において、咲夜さんは意外なことを地獄の閻魔様の四季映姫様から指摘を受けていました。

映姫 「そんな事より、貴方。
    そう、貴方は少し人間に冷たすぎる」
咲夜 「ナイフは血の通わない金属ですから」
映姫 「そのまま死んでしまうと……貴方は川を渡るのに時間がかかる」
咲夜 「それは、どういう意味かしら?」
映姫 「下手したら川を渡れないかも知れない。
    川の幅は、その霊の歴史の幅。
    生前の行いで幅が決まるのです」
咲夜 「よく分からないけど三途の川を渡るのに
    時間がかかると何が困るのかしら?」
映姫 「彼岸に渡るまでに霊が疲労する。
    それに川の船は居心地が悪いのです」
咲夜 「ふーん、霊も疲れるのね。
    でも、良いじゃない死んだ後の話でしょ?
    それより今の事を大切にしないと……
    だからまずは目の前の花をどうにかしようと……」
映姫 「今の内に悔い改めないと、死んでから後悔しても遅い。
    今を大切にすることを善だと思う人間が増えたのは、
    非常に嘆かわしい事です!死後の生活を良い物にしよう
    という考えが、人生を善い物にする唯一の方法だと知れ!」

上記にて咲夜さんは映姫様より「人間に冷たい」という評価を受けることになるのですけど、この点は
阿求ちゃんの「東方求聞史紀」における阿求ちゃんからの咲夜さん評と見事に符合していますね!
そして興味深いことは、映姫様自身は「咲夜さんは人間である」という認識をされている点なのだと思います。
という事は・・? 咲夜さんは、当ブログのその④とその⑤において延々と展開してきた「咲夜さん、実は7月の民説」を
否定しちゃうという事なのかな・・?
それとも映姫様の理解の上では「幻想郷の人間も月の民も人間であることには変わりがない」という事なのかも
しれないですけどね・・
咲夜さん自身の今現在の最大の関心ごとはやはりご主人のレミリア様であり、レミリア様の身にお仕えしている以上、
人間よりも妖怪の肩を持ってしまうというのはある意味仕方がないことなのかもしれないですけど、
そうした事も霊夢や魔理沙との日常的交流とか妖夢・早苗さん・うどんげちゃんとの東方メインキャラ達との交流を経て
徐々に咲夜さん自身も相当頭が柔軟になってきていると思いますので、
少なくとも今現在においては、以前よりは「人間に冷たい」みたいな要素は間違いなく減っていると言えるのだと思います。

とにかく今後も咲夜さんの活躍は楽しみですね!





22568708_convert_20111025135320.png






さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです!
今回ご紹介させて頂く作品は、アミグリさんが2011年10月に描かれた十六夜咲夜さんです!

咲夜さんは少しミステリアスな雰囲気を醸し出していたほうが咲夜さんらしいのかも・・?とついつい感じてしまうのですけど、
そうした咲夜さんのミステリアスな雰囲気を素敵に提示されていたのが
上記のアミグリさんが描かれた咲夜さんなのだと思います!

咲夜さんというと二次創作においては何かというとエロメイドみたいな描かれ方をされてしまう傾向があるのですけど、
ミステリアスで正体不明な所もあるのが咲夜さんらしい感じを発揮していると思えますので、
上記の咲夜さんはアミグリさんの描かれた咲夜さんとしてはかなりの初期作品という位置づけになるとは思うのですけど、
少し正体不明なんだけど、とにかく強くて美しいみたいな咲夜さんを意識されているようにも
感じられたもします。
背景が少しおどろおどろしくて、ここにもミステリアスを感じてしまいます。
なんとなくですけどこの咲夜さんは
「お嬢様は私が必ずお守りする! ここから先はたとえあなたといえども一歩も通すわけにはいかない!」と霊夢に対して
啖呵を切っている凛々しく強くてかっこいい咲夜さんがいるような気がしてならないですね!

いやーー、こうした凛とした雰囲気の咲夜さんも素晴らしいです!!

初期作品ながらも「お見事!!」としか言いようがない素晴らしい咲夜さんだと思います!!

上記にて転載をさせて頂きましたアミグリさんが描かれたゆゆ様&咲夜さんのイラストは、
その権利は全てアミグリさんに帰するものでありますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので、 くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

アミグリさん、いつも当ブログへの転載を快諾して頂きありがとうございます!

それでは次週、10月1日のの咲夜さん語り その⑧の方も宜しくお願いします。
咲夜さん語りは当初は8~9月を予定していたのですけど、10月もまだ当面続くのかもしれないですね・・
10/1の冒頭の名作プレイバック集には、あのキャラの とっても素晴らしい名作イラストも登場します!

それでは皆様を次回の咲夜さん語り その⑧にてお待ち申し上げたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

咲夜さんと妖夢だと、確かに相当に分が悪そうですね~。しかし二人とも背後にいる存在が強いですね~。タッグマッチとかになると、うーん、やっぱり咲夜さんサイドが勝ちそうな気もします^^;ゆゆ様もお強いですけど、何分相手が~^^;

咲夜VS妖夢

八咫烏(全力稼働中) 様


咲夜さんと妖夢のバトルは、どうみても妖夢に分が悪そうですよね・・

背後の存在を考えると、紅魔館VS白玉楼だったら数の差で紅魔館が勝ちそうなのですけど、
もしもゆゆ様の援軍としてゆかりんが入れば、
圧倒的にゆかりん=ゆゆ様連合チームの勝ちだと思います(笑)

咲夜さんも妖夢もそれぞれ大変な従者生活を送ってそうですね。二人で顔を合わせることがあれば苦労話に花を咲かせていたりもするのでしょうか…w
お姉様とお子様という組み合わせではたしかにバランスがとれてる感じですけど、もし従者同士入れ替わってみたらどうなるのかなんていうのもちょっと見てみたいような気がします。レミリアお嬢様の無理難題に振り回される妖夢とか…

咲夜さんのイラストは強い思いが表れているようでかっこいいです!この相手と向かい合っているかような表情は燃えますね…。
キリッとした表情なんかももちろんですが、背景の少しダークな色がまた凛々しさを強烈なものにしているようにも感じます。

入れ替わったら・・(笑)

schwert 様


苦労人ポジションの妖夢と咲夜さんは会って話をすると共通の話題で色々と盛り上がりそうですね・・(笑)
この二人は確かに大変な従者なんですけど、
咲夜さんは何から何まで全て一人でやっているのに、白玉楼には料理人とか清掃担当といった使えそうな幽霊が
いっぱいいるので妖夢は料理等の家事はあんまりしないという設定でもありますので、
妖夢の方が楽なのかもしれないですね・・(笑)

この二人の主を入れ替えたら、妖夢の苦労と泣き出しそうな顔が目に浮かびそうですね・・
妖夢ってどことなくドジっぽいという雰囲気もありますので、レミリア様の「チッ・・」みたいな舌打ちが
聞こえそうなのかも・・?
咲夜さんみたいな抜群の料理の腕をもった人が白玉楼に来てしまうと、一日中ゆゆ様は食べまくっている様な
気もしますね・・(笑)

いつもアミグリさんのイラストをお褒め頂きありがとうございます!
背景のダークっぽい雰囲気とかキリッとした表情は本当に素晴らしいものがあると思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3818-044a7e39
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |