FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


24.鈴峯女子高校
  (現.広島修道大学附属鈴峯女子中学校・高等学校)


A/管弦楽のための三つの交響的素描「海」~Ⅲ.風と海との対話 (C.ドビュッシー)


ここ数年の吹奏楽コンクールにおける女子高校の躍動振りは本当に惚れ惚れするものがあると思いますし、
女子高チームの中でも特に抜きん出ている存在の精華女子のあの華麗なるサウンドは
見事であるといつも感心しています。精華女子は藤重先生が今現在は他校に移籍していて今現在は
新しい指揮者の下で「新生・精華女子」を目指されていると思いますので、とにかく今後も私達にあの素敵なサウンドを
聴かせ続けて頂きたいものです!

そうした「女子高」チームの現在の隆盛の発展の基礎を気付いたのは1970年~80年代にかけて大活躍し
素敵な数多くの名演を残してくれた中村学園と就実高校だと思うのですけど
(86年の中村の「バリの喜び」と82年の就実の「幻想舞曲集」は永遠に語り継がれて欲しい名演だと思います!
そうそう、80年の就実の「ル・シッド」も絶対に忘れてはいけない不滅の名演だと思います!)

中国支部で女子高と言うと「就実高校」というイメージが大変強かったのですけど、90年代に入ると
鈴峯女子高校というチームも登場するようになり、92年に全国大会初出場を飾り、今現在で計8回全国大会に
出場されています。

だけどこの鈴峯女子高校なのですけど、私もこのチームの演奏は何度か普門館で聴かさせて頂いたのですけど、
そこで共通して言えることは、大変申し訳ない表現になってしまうのですが
「聴いていて何も感じないし伝わるものがあんまりない・・」みたいな個性&インパクトが大変弱いチームという印象が
大変強いです。

92年のネレイデスと海は初出場という事もありかなり緊張していたという事を最大限差し引いたとしても
ほとんど後日印象に残るものを残さないで当日の本番が終わってしまった・・みたいな感覚すら感じたものでした。
なんていうのかな・・・?
一言で言うと、サウンドは大変清楚で美しくまとまっているけどそのまんま通り過ぎて行った・・みたいな感じが
ありました。
課題曲と自由曲の音楽にこのチームの音質・サウンドは大変合っていると感じたのですけど、それが全体の演奏に
うまく結びつかないまま終ってしまったという感じがありましたね。

数年後、鈴峯女子の全国大会での演奏は火の鳥・ローマの祭り等を聴く機会もありましたけど、
曲が絢爛豪華になっても全体的に地味とかおとなしいという印象は92年の「海」とほとんど変わりは無かったという事は、
むしろ「おとなしさ」というのがこのチームの一つの方向性だったようにも感じられます。

これは完璧に余談ですしカテゴリ相違なのですけど、このブログでは最近よく「艦これ」の話題にも触れることが多く、
最近でも「浦風」という広島弁キャラの艦娘の事を触れさせて頂いたのですけど、浦風の広島弁丸出しの
あのやんちゃな武闘派ぶりはいかにも「広島の元気な女の子!」という感じでもありました。
戦闘では「おどりゃあ!」と叫び、夜戦になると「邪魔じゃけぇ!」「そこ退けやぁ!」と、まるで広島のヤクザみたいな
ドスの利いた言い回しをしているのが大変印象的でしたし、ピンチの際には、
「心配いらんよ。うちがついておるから、この艦隊は大丈夫じゃて!」というセリフは
大変泣かせるものがあると思います!!
広島の女の子というとなんとなくですけど、あのどぎつい(?)広島弁とか
戦闘ではかなり荒っぽくなり普段も広島弁炸裂で、明るくかわいいけど どちらかというと武闘派みたいな雰囲気のある浦風
という印象がある私にとっては、
この鈴峯女子高校の意外な「おとなしさ・控えめ」という感じは大変意外というものもあったと思います。



27.習志野高校


A/バレエ音楽「ダフニスとクロエ」第二組曲~Ⅱ.パントマイム Ⅲ.全員の踊り (M.ラヴェル)




この課題曲A「ネレイデス」は習志野高校と常総学院のサウンドのために作曲されたような印象さえあります。
それほど両校の気品・洗練・美的なサウンドにマッチした曲想だと思います。
習志野の「ネレイデス」は曲のうねりも実に見事に表現されていましたし、ラスト近くの音自体の鋭さも大変素晴らしかったと
思います。
常総と習志野はあの「洗練された音」だけでネレイデスで作曲者の田中賢が意図したかったことのほぼ8割近くは
表現出来ていたようにも感じたものでした。
常総学院と並んで全部門を通して最高の課題曲Aの演奏の一つだったと思います。

自由曲は1987年と同じ選曲で、87年のあの歴史的名演を生で聴いていた私は当時とにかく鳥肌が立つくらい
あの素晴らしい演奏と洗練された音と美的限界をはるかに超越するあのあまりにも美しいサウンドに
圧倒されていたものでしたので、
92年の習志野の自由曲が「ダフニスとクロエ」と知った際には、
「是非87年のあの名演を超越する名演を再現して欲しい!」と強く願ったものでした。

一般的な話ですけど、あるチームが過去に素晴らしい名演を残し、数年後に同じ指揮者の下で、
過去の名演と同じ自由曲を再演する場合、
1.過去のそうした名演を更に超えちゃうとんでもない名演がさらに誕生
2.過去の名演を超えることが出来ず、聴いている方も「今回の演奏は過去のあの名演に比べるとちょっとね・・」と
  肩すかしを食らってしまう演奏
という二つのパターンがあると思うのですけど、ほとんどの場合は2のパターンになってしまう事が多いような気もします。
1の数少ない事例としては、87年と92年に「ダンス・フォラトゥーラ」を自由曲に選んだ洛南が挙げられるのかな・・?と
思ったりもします。
「ディオニソスの祭り」を銚子商業と神大で指揮された小澤先生の演奏も1に該当すると言えるのかもしれないです。
秋田南ですら、80年の自由曲の「交響三章」の「美の儚さと崩壊」を感じさせるあの素晴らしい名演を再演した
86年の演奏は高橋紘一先生の勇退の演奏だったのに、聴衆に何も伝えるものがなかった凡演だった事を考えると
やはり「自分の過去の名演」を後日の自分自身が超える事は大変難しいという事を示唆しているのかなとも
思ったりもします。

92年の習志野の「ダフニスとクロエ」第二組曲もそうした感じの典型的な演奏だったように私には感じられたものでした。

87年の演奏にどんなプラスαがあるのかなと思って期待していたのですが、
残念ながら目立つプラスαはありませんでした。
92年の演奏は、87年と同様に、パントマイム~全員の踊りを取り上げていましたが、
87年の場合は、パントマイムの最初のオーボエのソロから開始されていたのに対し
92年の演奏は、チューバと弦バスのボンボンという後打ちから開始される奇妙な始まりという感じがあり、
このチューバの音がなんか少し外し気味で違和感を強く感じたことが印象を悪くしたようにも感じられます。
サウンド自体87年同様華麗に洗練された響きでしたけど、特にそれ以上特筆すべき個所もなく終わってしまいました。

結果として金賞という審査結果になり私としてもこの結果には異存は全くないのですけど、
やはり過去の名演の再演という事で「過去の演奏」を何か上回る+αというものは欲しかったなぁ・・と感じさせる
演奏だったとは思います。
課題曲の演奏が素晴らしかっただけに少し惜しまれるものがあったと思います。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

校名についてのお願い

いつも楽しく拝見しております。
大変細かい話で申し訳ないのですが、鈴峯女子の校名が現行の修大附属となったのは2015年でして、1992年当時は「鈴峯女子高校」でした。(鈴峯学園が修道学園と合併したためです。)
当時からの一ファンのお願いですが、できれば当時の校名で表記をお願い致します。

Re: 校名についてのお願い

鈴峯ファン  様


了解しました。既に修正済です。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3816-915650be
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |