プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


夏の飲み物と言えば定番はやはり「麦茶」なのかもしれないですね!

私はこのブログで何度も書いている通り、生まれは青森、高校までは基本的には東北に在住していて
高校卒業以降はほぼ全ての期間において関東に在住しています。
(ま、私としては・・山梨は東京都の隣なんですけど、「山梨は関東でも首都圏でもない!」というのが6年ほど住んでいた者
としての率直な感想はあったりもします・・汗・・!)
東北在住の頃に、近所の年配の方とか友達の家に遊びに行ったときに「暑かったでしょう」と差し出された冷たい麦茶は
本当においしいものがあったと思いますし、夏場は本当にぐいぐいと喉を通ったものです!
(仙台ですと、ご年配の方によく「よってけさい・・」と言われて麦茶とかおしんことかずんだ餅なんかを
ご馳走して頂いたのは大変印象的でした!)

だけど時折なのですけど、東北方面とか山梨の場合ですと、そうしたご年配の皆さまたちから出された麦茶を
一口飲んでびっくり仰天したことも実は何度かあったものです!

何かというと・・麦茶が異常にとてつもなく甘いのです!

そう! その麦茶にはかなりの量の砂糖が入っていました!

味は・・そうですねぇ・・正直に書くとおいしくはないです・・
というか日本人って普通は緑茶に砂糖を入れて飲む習慣は全くないと思いますし、そけは麦茶もほぼ同様なのだと
思われます。
だから麦茶は「水」みたいな感覚でごくごくと飲めるのだと思うのですけど、そうした麦茶に「これでもかっ!」というぐらいの
砂糖が入っていても正直「困ったな・・」という感覚になってしまいそうですね・・
私自身、1990年~96年は転勤のため山梨県に在住していたのですけど、さすがに甲府市内ではなかったものの
例えば中巨摩郡とか西八代郡とか南巨摩郡等の郡部においては、
夏場に顧客宅をお伺いするとそうしたあま~い砂糖入りの麦茶が出されることは何度もあったように記憶しています。
あの時は「え~こんな甘いのさすがに飲めないし、吐き出すわけにもいかないし・・困ったな・・」と思いながらも
無理やり喉に流し込んだ記憶がありますね・・(汗・・!)
小さいころの東北時代ですと、味覚がおこちゃまだから(笑・・) こうした甘い麦茶を出されても
「こんなもんか・・」と感じながらも比較的普通に飲めたのだと思うのですが、さすがに大きくなって普通の麦茶の味に
慣れてしまうとさすがに抵抗があったのかもしれないですね・・・

今現在でもこうした甘い麦茶というのは飲まれているものなのかな・・・?

関東より北の地域では飲まれているエリアも少しはあるみたいですけど、
関西ではまったく認知されていないという傾向にあるみたいですね。
東日本の山形、宮城、新潟、静岡、山梨、栃木あたりには入れるところも少しはあるようですけど、
関西ではそうした飲み方はほとんどされていないようです。
四国では香川でのみ一部で飲まれているという話もあるみたいですけど、うどんと甘い麦茶ってそんなに相性が
よくないような気も・・??

それではどうして麦茶に砂糖を入れることがあったのかというと、
運動の後や、疲れたときに砂糖入り麦茶を飲むことで「甘さは疲労回復につながる」ということを実践されていたのかも
しれないそうです。
今現在のようにスポーツドリンクなどが無かった時代なので、
ミネラルと糖分を手軽に補給できる飲み物がこの砂糖入り麦茶だったのかもしれないですね・・

今はジュースやスポーツドリンクが手軽にいつでも手に入る時代なので、
わざわざ砂糖入りの麦茶を作っているご家庭は少なくなってしまったのかもしれないですし、
最近の子供さんの味覚には合わないのかもしれないですね。










さてさて、上記にて砂糖入りの麦茶みたいな話をさせて頂きましたけど、
そうした感覚にほんのちょびっとだけ近い商品が最近伊藤園から発売されていました!
それが「「白桃烏龍茶」なのですけど、
「華やかな香りの烏龍茶に白桃のやさしい甘みが楽しめるリラックス烏龍茶」というのが伊藤園のキャッチコピーです。
ちなみにこの商品はコンビニ限定発売です。

「白桃烏龍茶」は、白桃を思わせる甘い香りが特徴の鉄観音を使用した烏龍茶に、
白桃果汁を加えて、カフェイン少なめに仕上げた烏龍茶飲料です。
この飲み物の成分表示を見てみますと、砂糖も含まれているようですけど、この糖分は砂糖としての糖分というよりは
果汁としての糖分としての甘さみたいな印象が強いです。
飲んでみると確かに「ちょっと甘いのかも・・?」と感じるのですけど、この感覚は甘さ控えめという感じの上品な甘さで、
上記でグタグタと書いた昔田舎で飲んだあの「砂糖入り麦茶」のとてつもない甘さとは
次元がちょっと異なる甘さという印象の方が強いです。

それにしても白桃と烏龍茶というのは大変珍しい組み合わせのお茶だと思います。
オレンジティーとかピーチティーとかアップルティーなどのように紅茶と果汁の組合せは比較的一般的なのだと
思うのですけど、烏龍茶に果汁という組合せは異色と言えるのかもしれないですね・
伊藤園にはジャスミン茶と桃の「リラックスピーチ」、緑茶と桃の「ピーチティー with グリーンティー」がありますが、
今回は烏龍茶と桃という組合せもそうしたお茶+果汁というちょっと風変わりな組み合わせのシリーズの一環と
言えるのかもしれないですね。

上記にて、ほのかに甘い桃風味の飲料という味と記しましたけど、もう少し細かく感想を言わせて頂くと、
烏龍茶自体の風味はほあんまり感じることはできず、
後味としてほんのりとした苦味を感じる程度にすぎないと思います。
「リラックスピーチ」では後味にジャスミンを楽しむことができましたが、烏龍茶は桃の風味に負けてしまっている印象です。

確かに甘さもかなり控えめな方だと思いますが、烏龍茶=苦味という印象もあるせいか、やはり烏龍茶にしては
甘いのかもという感じですね。
どちらかというと、昔JTで発売されていた「桃の天然水」にイメージが近く、
お茶と言うよりは、味のうすい桃の天然水をイメージして飲んだ方がよいのかもしれないですね・・(笑)

どちらにしてもこの伊藤園の「白桃烏龍茶」のほのかな甘みは、同じくお茶+糖分という組合せでも
「砂糖入り麦茶」とは似て全く非なるものがあると思いますね!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

桃の烏龍茶か~
メーカーもいろいろ考えますね(^-^)

甘茶 甘茶!Σ(゜Д゜)ポカリか!
烏龍茶だからいいのか・・・?
いやいや甘くすればいいというものではなし
ふんわり甘い(甘さ控えめ)宣伝文句か?!宣伝文句だ!

西洋のオサレティーのようにレモンやハチミツとか入れる飲み物には合うけど
これは・・・いただけない(´・ω・`)
度しがたし

甘い麦茶・・・気にはなるけど、飲みたくはないですね~(; ・`д・´)
やっぱり麦茶はごくごく飲めるものじゃないと!!
でも白桃烏龍茶は美味しそうです(*´▽`*)
それにしても、伊藤園ってばお茶に桃入れるの好きなんでしょうかね?(笑)

アワワ…^^;麦茶に砂糖ですか、それはつらい…。
だって、あの冷たい麦茶の良さって、実はすっきりさっぱりと飲めるところですよね。そこに砂糖を入れられたら、それが全て台無しに^^;うーん、方言も地方によって違いますが、麦茶も地方によってカラーが違うんですね~^^;

napo 様


桃のお茶というのは「うっすらほんのり甘い」というのが総じての印象ですので、極度に甘くなければ
これはこれで素敵なアィディアなのかもしれないですね・・(笑)

ちなみに「桃」というのは天人伝説では「不老不死の薬」の一つともされているそうです!

あんまり甘いと確かに・・

みけねころんそう 様


砂糖たっぷりの麦茶はドン引きですけど、この桃の烏龍茶というのは甘さが抑えられ、
お茶としてはギリギリセーフなのかもしれないですね・・(笑)
桃+ジャスミンティーはお茶の後味がかなり口の中で残るのですけど、
桃+烏龍茶だとお茶成分が桃にちょっと負けた・・という感じなのかもしれないですね。

あと味さっぱりというのがこの商品の一つの売りなのかもしれないですね。

麦茶

めろ子 様


確かに・・!

麦茶というのはある意味「水」と同じで、あんまり味がしないものをゴクゴク飲めちゃうから
日本の夏の風物詩の一つにもなっている感じもありますので、さすがに砂糖入りの麦茶は、
私もドン引きですね・・(笑)

白桃烏龍茶はもう少し烏龍の香りを出せればもっとよかったと思うのですけど、桃の「あと味すっきり感」と
そんなに甘くないさっぱり感は商品として悪くはないと思いますが、
たぶんそんなに売れないと思います・・(汗・・)

そういえば「桃」というのは天人の主食で不老不死の効能があるとされていますけど、
東方における天人というと、そう・・あの天子ちゃんなのですが、
うちのブログでも今月は何度かこの天子ちゃんも登場予定です!
天子があのゆかりんにボコボコにやっつけられているのは少し気の毒ではあるのですが、あれは自業自得なのかも・・??

麦茶に砂糖

八咫烏(全力稼働中) 様


よく「スイカに塩」という言葉は聞くのですけどこれは妥当性があるとだと思いますけど、
「麦茶に砂糖」というのは、さっぱりとしたものに甘いものを混ぜても大惨事という事になってしまいそうですね・・

地方によっては麦茶に塩とか麦茶に牛乳を入れてしまうところもあるようですけど、
やはり麦茶には何もいれずにゴクゴクと自然に飲めちゃうのが一番ですよね! (笑)

麦茶に砂糖をいれる地域があるんですね!
甘い麦茶、ちょっと挑戦してみたいような気もします。
白桃烏龍茶ですか。
お茶業界も色々な味を生み出しているんですね。
びっくりです!

甘い麦茶

すいか 様


甘い麦茶は多分飲まれるとドン引きされると思うのですけど(汗・・)
伊藤園の白桃烏龍茶はあの微かな甘味は、そんなに抵抗感なくグイグイと飲めるんじゃないのかな・・?と
思いますね。

エリアによってたまにヘンな飲み方もあるようですね。

中でもミルクティーみたいな感じの麦茶+牛乳+砂糖はなんとなく意図は分かるのですけど、
やはりこれもドン引きなのかもしれないですね・・(笑)

麦茶にお砂糖入れるのを、子供に話したら「信じられない!」
と言っていた事を思い出しました。…甘い麦茶は個人的に
好きなのですが、子供は飲んだ事もないのに否定しています。

昔は甘い物が少なかったのもあるのでしょう。(そして、母
はおやつや甘い物を普段食べさせないようにしていたよう
です)母が小学校の遠足の時に、温かい甘い麦茶を持たせて
美味しかったのを覚えています。

麦茶

薬屋の嫁 様


今のお子様たちにとっては「麦茶に砂糖」はありえない話なのかもしれないですけど、
同時に今のお子様たちは、麦茶というとティーパックで冷水から簡単に作れるものという認識があると思いますので、
麦茶をやかんで沸騰して作るのが当たり前という私の世代にとっては、
「熱い麦茶」とか「熱い麦茶に砂糖を入れてフーフーいって飲む」というのは今の子供たちよりは
理解が出来るのかもしれないですね。

昔は甘いジュースとかポカリスエットなども今ほど浸透していなかったから、麦茶に砂糖みたいな慣習のある
エリアもあったのかもしれないですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3808-f1ab7de0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |