プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


改めてですけど、最近の「冷凍食品」のレヴェルは凄まじく高いと思います!

最近の冷凍食品のチャーハンは、どのメーカーの製品でもかなり本格的な味ですし、
エビピラフは、全体としてバターの香ばしさを活かしつつ、エビ自体の「プリプリ感」も素晴らしいと思います。
特にパスタ系の冷凍食品のレヴェルは大変高いと改めて感じます。
定番のミートソースもそうですけど、カルボナーラ・めんたいパスタ・エビのトマトクリーム・チキンクリームパスタ・
ほうれん草とベーコンのカルボナーラなどは本当に美味しいと思いますし、
普通に電子レンジでチンしたものをそっくり「これ、お店からテイクアウトしたものよ・・」と出されとしても
多分ですけど全く気が付かないレヴェルだとすら思います。
その中でも私的にはカルボナーラ系はあのクリーミーな感じは本当に美味だと思います。

そして特に日清のspa王の「ベーコンとほうれん草のカルボナーラ」の完成度の高さには脱帽という感じでもあります!

不思議なことに、spa王のパスタはカップ麺として食べると私的には「これって全然おいしくないじゃん・・」と
感じてしまうのですけど
(生麺タイプなんですけど、あのパサパサ感はしっくりきませんし、味としては乾燥した小麦粉みたいな感じです・・私的には・・)
冷凍食品として食べると「なんておいしいんだー!」となってしまうから
そのあたりは面白いものがありそうですね・・




spa邇祇convert_20170829052128




9月に入りだいぶ暑さも和らいできたような感じもあるのですけど、
暑いときの麺類は、ざるそばとかそうめんとか冷やし中華や冷やしうどんでほぼ決まりだとは思うのですけど、
たまにですけど「冷製パスタ」が食べたくなってしまうこともあります。
冷製パスタというと私的にはセブンイレブンで販売されている鶏のささみがのったパスタがとってもさわやかで
美味しいと思います。
冷たいパスタの上に棒棒鶏がのっているようなものですけど、ちょっとピリ辛のソースのドレッシングとの相性も
素晴らしく、夏場にこうした冷製パスタも悪くはないと思います。

冷凍食品のパスタというと三大人気は、トマト・明太子・カルボナーラとの事らしいですけど、
私的には「カルボナーラ」がとっても大好きです!
というかすべてのパスタにおいて、カルボナーラが一番大好きなのかもしれないです。
(二番目はやっぱり明太子バスタなのかな・・? 苦手なのはイカスミです・・・)
以前パスタ専門店で「冷製カルボナーラ」というものを食べたことがあるのですけど、あれがとっても美味しくて、
とてつもなくクリーミーな味わいでとても気に入りました!
カルボナーラ自体は、そんなに難しい調理ではなくて、家でも牛乳または生クリーム、卵、ベーコン等の素材が
あれば意外と簡単に作れるのですけど、冷製カルボナーラは私も何度かチャレンジしたことがありますが、
意外と難しかったです。
というのも一度火に通したものを冷たくすると時間もかかるし、そのせいで素材が固くなってしまいがちですし、
何よりも卵がなんか脂っこくなってしまい、あのギトギト感はダメでしたね・・(汗・・!)
「やっぱりカルボナーラは熱いのが一番おいしい食べ方なのかな・・? 以前食べた冷製カルボナーラはプロの専門店が
作るからあんなにおいしいのだよね・・」と思っていたのですけど、
冒頭の冷凍食品としてのカルボナーラを食べていた際に
「これって自然解凍させて冷え切った状態で食べれば冷製カルボナーラになるのかも・・?」と妙な事を思い立ち
早速実践してみました! (笑・・)

もちろん当日の気温とか条件によってもだいぶ差は出ると思うのですけど、
エアコンを付けていない室内に約4時間程度放置させておいたこの冷凍食品のカルボナーラですと、
ちょうどいいぐらい冷え切った状態で食べることができると思います。
麺もカチコチ硬くないしベーコン等の具材もちょうどいい具合に解凍させていて、
まるでソフトクリームを食べているときの感覚のように口の中で「溶けていく・・」みたいな食感が楽しめました!

あ・・もちろんこれはアブノーマルな食べ方ですのでよいこの皆様は決してマネしないでくださいね・・・(笑)

冷凍食品というものは当たり前の話ですけど、自然解凍ではなくてレンジでチン!したものが一番おいしいとは思うのですけど、
冷製カルボナーラは自分ではなかなかつくれないだけに
時にはちょっと変わった食べ方もいいのかなぁ・・とも思ったものでした!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

冷凍のパスタって食感的にはカップ麺よりも美味しくできてもうカップのは買わなくてもいいんじゃないかなみたいになりますw
トマト系はモノによって個性的な味だったりしますけどカルボナーラと明太子はハズレがなくていつどこの製品でも美味しく食べられますね。

自然解凍のカルボナーラとは思い切った挑戦ですねw
レンジでチンしないと麺の食感が戻りきらないとかそういうことはないのでしょうか。それならもしかしてアブノーマルながらも意外とありな食べ方の一つなのかも…?

自然解凍

schwert 様


そうですね・・率直に言わせて頂くと、トマト系・明太子系・ミートソース系の自然解凍は
麺がふにゃふにゃみたいな感じにもなってしまうし味がしまらない感じもあるのですけど、カルボナーラだけは
自然解凍でもなぜか麺はふやけないし、卵が固まっていないという感じもありますし、
あの冷たい食感がかなり絶妙に再現されているような気もします。

口に入れて「冷たい!」と感じる程度が一つの限界で、もう少し解凍が進んでしまうと
「麺がのびちゃう」という感覚もあり、その辺りは見極めが少し難しいと言えるのかもしれないですけど、
あの冷え冷え感とクリーミーな感じは私は結構大好きです!

ま・・あまりお勧めはできないですけどね・・(汗・・)

おお、なんてチャレンジャーな食べ方!
冷凍パスタ、私も好きです。一人でお昼ご飯の時なんかに
お手軽でいいですよね。
でも・・・冷たい状態で食べるなんて、思い付きもしませんでした。

この夏ダンナがカップラーメンをお湯で戻して、湯を捨て、スープだけ冷たい水で溶くという新しい技を開発していました。
ぬくぬく先生が以前紹介されてた大黒屋のカップ冷麺じゃなくて普通のカップ麺でやってましたよ。

男の人って、なんだか驚くような自由な発想ができちゃうんですね。
わたし無理です(;^_^A

冷たいパスタ

umi 様


そうですね・・あれは暑くてかなわん! →冷たいざる蕎麦は少し飽きた・・→冷たいパスタが食べたい!
→レンジでチン!したカルボナーラを冷蔵庫で冷やす→麺がのびてしまい卵が固まる→それならば自然解凍で
冷たい状態で食べたらどうなるのか・・?

みたいな一応の私なりの理屈の流れはあるのですよ! (笑)

単なる思い付きではない・・という事なんでしようけど、往々にして外す事の方が多いです・・(汗・・)

ご主人のカップヌードルのお湯を棄てて水を入れるというのは大胆な発想!
こちらの方がより実践的で失敗は無いように思われる手堅さが素敵だと思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |