FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


kansei-sizuhasan_convert_20141001164643.png




今回も冒頭からいきなりアミグリさんが描かれたイラストから開始をさせて頂きたいと思います。

今回も「名作アーカイブス」という事で、アミグリさんが過去に描かれた素晴らしいイラストの「名作プレイバック集」
という事で過去の名作イラストを改めて冒頭にご紹介をさせて頂きたいと思います。
やっぱり素晴らしいイラストは、たとえ過去に既に掲載済であっても、時を変え掲載する場所を変え、
色々な人たちにもっともっとたくさん見て頂きたいものですねっ! (笑)

上記の「秋姉妹」のうち素敵な長女のお姉さまの「秋静葉」はアミグリさんが2014年10月に描かれた作品です。

妹の秋穣子とともに幻想郷の秋を司る神の一柱であり、静葉は「紅葉の神」、
妹の穣子は「豊穣の神」という事で祀られています。
存在自体が秋の風物詩そのものと言えると思います。
この秋静葉と秋穣子は姉妹でして、東方では「秋姉妹」として親しまれています。
普段は、妹の穣子との二柱で幻想郷の秋を司っている通り、この秋姉妹ままさに「神様」そのものなのですけど、
戦闘力が極度に低いこの秋姉妹は、「東方風神録」においては霊夢によっていとも簡単に退治させられちゃっています。
ま、霊夢は相手が神様であったとしても「私の邪魔をするのはみんな妖怪!」みたいな感じですので
「やっつけろー」みたいな感じで退治しちゃうのはいかにも霊夢らしい話でもありますね・・(笑)

秋静葉の衣装デザインはとっても美しくてまさに「秋の神様」に相応しいものがありますよね!
静葉のロングスカートは、裾に向かって赤色から黄色へと移り変わるグラデーションの生地をしていて、
その裾は、楓の葉を思わせるような形の切り欠きになっている。のがとっても印象的です。

それにしてもアミグリさんが描かれた秋静葉は素晴らしいですね!

アミグリさんが描かれる静葉は、スカート全体が何かフリルっぽくなっているのは素晴らしいアレンジだと思います。
全体的にまさに「秋の香り」が一枚の絵から素敵に漂っていると思いますし、
そこには「愁映」みたいな雰囲気・・・・紅葉した落ち葉がひらひらと舞ってきて、その落ち葉の上を人が
しゃりしゃりと音を立てながら歩いていく・・・・
なんかそんな風景を連想させる素晴らしい秋静葉だと思います。
季節はすでに「秋」に向かっていますので、本日のアミグリさんのこの秋静葉のイラストは、この時期にぴったりだと
思います!
アミグリさんが描かれたこの秋静葉の透明感というのかこの「ひそやかさ」が私はとっても大好きです!!

ちなみに・・アミグリさんが描かれた妹の秋穣子のイラストをご覧になりたい方はこちらからどうぞ! → 秋ですよー

あ! いけない・・! 今は秋姉妹語りではなくて十六夜咲夜さん語りでしたね・・! (滝汗・・!)

前振りがまたまた例によって長くなってしまいました・・(汗・・!)
ここから先は本記事の「咲夜さん語り」をその⑥としてスタートさせて頂きたいと思います。

その④とその⑤において、当ブログとしての咲夜さんの正体に関する見解というのか管理人の脳内妄想について
述べさせて頂きましたけど、どちらにしても咲夜さんは何ら方の形で「月」に関わっているのは間違いでは
ないのかな・・と感じております。
最近では、東方の世界にへカーティア様とか純狐という新キャラも登場し、これまで謎に満ちていた月界の話とか
輝夜に先んじて既に「蓬莱の薬」を飲んでしまっって現在は幽閉されている嫦娥の存在がクローズアップされてきて、
ますます月界に関する謎は深まるばかりという感じではあるのですけど、もしかしたら咲夜さんがそうした月の謎要素に
関わっていると考えるだけでなんかワクワクさせられるものはあると思いますし、それだけ咲夜さんの魅力が
大きいといえるのではないのかと思っています。
「東方紺珠伝」にて新たなヒロインとも言えそうな純狐やヘカーティアと嫦娥の間の因縁とか積年の恨みというものも
発覚しましたので、月の民を巡る東方の新たな展開も今後大いに期待できそうですし、ここにできれば永琳とか
うどんげちゃん・輝夜等が絡んでいけば大変面白い展開になりそうですし、
もしも本当に万が一咲夜さんが月の民に何らかの形で関わりと因縁があり、そうした月の民の物語に咲夜さんが
絡んでいく展開に万一なったとしたら、私はうれしくて仕方がないです!
(たぶんそうした展開にはならないと思いますけど・・・)

その④とその⑤において相当しつこく(?)永琳と咲夜さんに関する脳内妄想を展開したのはいいのですけど、
肝心の公式においては、永琳と咲夜さんの絡みは「東方永夜抄」ぐらいしかないのですよね・・
しかもあの作品はどちらかというと、永琳・輝夜・妹紅といった「東方蓬莱の薬飲んじゃった組」の話がメインでしたし、
「どうして幻想郷内の夜が明けないのか・・それは月からのお迎えの使者を来させないため・・」という話が軸でしたし、
何よりもレミリア様のカリスマ性とそのカリスマブレイクが遺憾なく発揮された作品でもありましたので、
咲夜さんと永琳様の絡みがあんまりなかったのは、なんかもったいないよなぁ・・と思ったりもしています。
「東方儚月抄」第二巻の紅魔館パーティーのシーンでも咲夜さんはメイドとしての役割に徹し、永琳との絡みが皆無だったのも
もったい感じがしますけど、あのパーティーの中で永琳と会話していたのは意外にも鬼の萃香でしたが、
萃香と永琳の会話って何なのでしょうね・・?
三月精や茨歌仙でも出てきた酒虫に関する話なのかな・・? (笑)

公式設定では、咲夜さんはレミリア様との戦いの末に敗北し過去の記憶をすべて抹消された上で「十六夜咲夜」という
新しい名前を与えられ、紅魔館のメイド長という役割を与えられたという感じになっているのですけど、
「東方永夜抄」においては咲夜さんは永琳とも対峙し会話も交わしていますけど、
咲夜さん自身は永琳を見ても特段なんの反応も示していませんし、永琳を見たことで過去の忘れていた記憶が蘇るということも
ありませんでした。
これは何を意味するのかというと、
1.咲夜さん=月の民説はガセネタであり、咲夜さん自身は列記とした人間であり、元々永琳との絡みは存在しない
2.レミリア様が咲夜さんに施した「記憶喪失」という運命操作能力がとてつもなく強固なものであり、やはりレミリア様の
  カリスマ性とか真の能力の強さは本物だった!
ということになるのだと思うのですけど、やはり私としてもここは2の説を推したいと思いますね!
よく二次創作において「永琳=咲夜さん実は親子説」みたいなものもちらほらと囁かれてはいるようですけど、
永琳様が実は人妻・子持ちというのもなんだか信じられない話であります(汗・・)
前回のその⑤記事においての私の脳内妄想は、
「輝夜を迎えるための月からの使者の一人が咲夜さんだったけど、永琳様は咲夜さんを含めて全員月からの使者を
一人残らず惨殺した」という事にもなっていますけど、
さすがにいくら永琳様がクールで月の最大の賢者という事であったとしても「さすがに実の娘は惨殺できないでしょ・・」という
感じはあるのだと思います。

もしもですけど、咲夜さんが本当に月の民と大きな関係があり、それをレミリア様が知っていたと仮定すると
「東方儚月抄」においてレミリア様は意気揚々と霊夢・魔理沙・咲夜さんと共に
(ゆかりんにそそのかされているのも知らずに)月侵攻に向かっていったのですけど、
「月にたどり着いて、月の光景とか月の民を見ると、もしかして咲夜は過去の月界時代の記憶を覚醒させるのではないのか・・?」
みたいなことをレミリア様は考えなかったのかな・・?
それとも自身の運命操作能力=咲夜さんの記憶を完全に抹消させた事に強い自信を持っていて
「咲夜は既に月界の民ではなくて、紅魔館のこの私のメイドだ! だから決して咲夜がそうした過去の記憶を取り戻すことは
絶対にありえない!」と思われていたのかもしれないですし、
万一咲夜さんが過去の記憶を取り戻したとしても「その時はその時で仕方がない、月に戻るかまたまた紅魔館のメイド長
としての生活をするのか決めるのはされは咲夜次第・・」と腹をくくっていたのかもしれないです。
「東方儚月抄」におけるレミリア様の綿月依姫とのバトルにおけるあの負けっぷりはよく「カリスマブレイク」の典型とか
「レミリア様の負け犬・咬ませ犬ぶりはひどすぎるものはある・・」とかなんとかよく言われるのですけど(汗・・)
大変ひねった解釈をすると、レミリア様は咲夜さんが綿月依姫とバトルしたり月の民と関わっている際に、過去の記憶を
覚醒させないためにレミリア様がああしたちょっと無様な(汗・・)敗北した姿をわざと(?)見せることによって
咲夜さんの関心をすべてレミリア様に引付させたというのもあるのかもしれないですね・・
あ、だけどさすか゜にこれはいくらおこちゃまとは言えプライドだけはやたらと高いレミリア様がそんな「わざと負ける」という事は
ありえないと思いますし、綿月依姫は、霊夢・魔理沙・咲夜さんという東方三大ヒロインすらも撃破させちゃう圧倒的な強さを
誇っていましたので、もともとレミリア様では依姫に全く歯が立たなかったといえるのかもしれないですね。

「東方永夜抄」においては、レミリア様のいかにも「私が紅魔館の主人!」みたいなオーラが漂っている場面も
見受けられましたし、
そのご発言の中には、いかにも「カリスマお嬢様!らしいご発言」も幾つかありました。

一例を記すと・・・

「借りは返したわ。血は飲まないであげるからさっさとお帰り!」

「何を甘い事言ってるの? なめられたお返しをしないと、幻想郷での威厳が保てないじゃないの!
 もはや満月なんてどうでも良い!!」

このあたりのレミリア様のカリスマ振りは見事なものがあったと思いますし吸血鬼としての威厳は十分に保たれていましたよね!

咲夜:あら、幻影ですって。さっきの無茶苦茶長い廊下も幻影かしら。
レミリア:幻影かもね。あんなに長いんじゃ、掃除用のモップが持たなさそうだし。
咲夜:あら、恐らくモップじゃなくて雑巾掛けじゃないかしら。腰痛めそうね。
永琳:そんなとこ、気にしなくてもいいじゃない。幻影よ幻影。
レミリア:それにしても、こんな大掛かりな事をしてどうしようっての?
      誰も月に行こうとなんてしてないよ。
永琳:幻想郷の外には地上から月に向う愚か者も居るけど……。
    それより今は、月からの追手から姫を守る事だけを考えている。
    今夜はこのまま朝を迎えれば、もう月から使者がやってこないでしょう。
レミリア:どうでもいいよ。満月を奪った奴がわかっただけで良いの。理由なんてどうでもいい。
      ここに来るまで、犯人を見つけたらどう痛みつけてやろうか、だけを考えてきたわ。
      咲夜、ここは手加減無しよ。
咲夜:今まで出会ってきた敵も手加減してないですよ。
レミリア:……じゃぁ、死ぬ気で。
咲夜:死にませんよ。
永琳:随分と余裕ねぇ。ここまで誘い出したのも、思う存分遊ぶ為。
    安心していいわ。朝になれば満月は元に戻してあげるから。後は、朝まで遊ぶだけでいいのよ。
咲夜:お嬢様、良かったですわね。勝っても負けても満月は元に戻るようで。
永琳: 餓鬼が夜遊びか?悪いけど急いでるんだ。さっさとやられてくれない?」
    ふん、ガキの癖に。貴方みたいな幼い子供が永遠の民である私に敵うはずが無いじゃない。
    貴方の積み重ねてきた紅い歴史。私の歴史で割れば、ゼロよ。永久からみれば貴方は須臾。
咲夜:ほら、お嬢様。年長者は敬わないといけませんよ。
レミリア:あんたは一番若い。
永琳:あと、夜を止めていたのは貴方達でしょう?
    そんなことして、姫の逆鱗に触れてなければいいけど……。
レミリア:ほれ私を敬いなさい、咲夜。存分に。
永琳:話を聞いていない。最近の若い者はこれだから困るよ。
    貴方達には、話よりこの弾幕の薬の方が必要みたいね!

永琳様の視線で見てしまうと、500歳のレミリア様ですらやはり「鼻たれ小僧」扱いになってしまうのですね・・・(笑)
この一連の流れの中で一つ興味深いのは、永琳様の「幻想郷には地上から月に向う愚か者もいるけど…」
という発言ですね。
この「東方永夜抄」は時系列的に、「東方儚月抄」という第二次月面戦争の前の話になるのですけど、
永琳様のこの時点における「地上から月に向かう愚か者」とはそりゃ言うまでもなく、
そう! あのゆかりん、八雲紫様ですよね。
永琳様にとっては、永夜抄においては、「まさかこの吸血鬼どもが再度月面を侵略する事なんて
絶対にあり得ないだろう。月面に再度侵略する事を試みる者は、ゆかりん・・・あの古くからいる困った妖怪以外は
あり得ない・・」というのが本音だったと思います。
実際は、そのゆかりんから焚き付けられ「月面侵略」というレミリア様にとっての「フロンティア=未知の領域」に
ついつい手を伸ばしてしまったところは、まさしくレミリア様の「運命を操る程度の能力」ではなくて
「八雲紫によってレミリア様の運命を操られてしまった程度の能力」に
なってしまいましたよね・・・(笑・・)
そして更に後日、永琳様は、その愚か者から、未来永劫の不気味なプレッシャーを与えられ続けられてしまうというのは、
この時点の永琳様には知る由もなかったという所ですね。

改めてですけど、この場面におけ永琳様・レミリア様・咲夜さんの会話の流れを見てみても、どこにも咲夜さんが月の民に
関係しているという要素は見当たりませんけど、
永琳としては、驚きながらも咲夜さんの真の正体を本当はわかりながらもわからないふりをされていたのかもしれないですし、
咲夜さん自身もいつもの咲夜さんそのものであり、ここにいるのは「紅魔館の優秀なメイド長」そのものの咲夜さんであり同時に
「お嬢様大好き!」の咲夜さんですので、
やはり公式においては当面の間は「咲夜さんの正体」とか「永琳と咲夜さんの関連性」について語られることは
ないような気もしますね・・
そうですね・・私としては「東方紺珠伝」の続編が作られ、謎に満ちた月界の謎とか
もしかしたら東方最大の謎の核心とも言える「嫦娥の存在」について触れてほしいですし、そこで咲夜さんについての
新しい情報が出てくれば大変うれしいものがありますね!

レミリア:……じゃぁ、死ぬ気で。
咲夜:死にませんよ。

この場面ですけど、そこから脳内妄想が起きそうなのは、もしかして咲夜さん自身も永琳・輝夜同様に「蓬莱の薬」を
実はすでに飲んでいるというのは考えすぎなのかな・・?

うーーむ、本当に咲夜さんは考えれば考えるほど謎の存在ですね・・





moblog_e1589ea8_convert_20170603074117.jpg





さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです!
今回ご紹介させて頂く作品は、言うまでもなく十六夜咲夜さんですっ! (笑)

上記のアナログイラストはアミグリさんが2014年3月に描かれた咲夜さんです。

このアナログ作品を掲載された当時のアミグリさんのコメントは
「かわいい咲夜さんもかっこいい咲夜さんも、どっちも大好きですが、今回はかっこいい咲夜さんを描いてみたつもりです!」
との事でしたけど、このアナログ咲夜さんは、凛々しく格好いいですね!

あえて背景を描かない事で、咲夜さん単体のリアル度を高めているようにも感じられますし、
このイラストをご覧になっている方の視線を咲夜さん一人に集中させることで、見ている人にも
さり気なく緊張感を伝えているようにも感じられたりもします。
この白黒のモノクロ感がカラーとかデジタルの時との雰囲気の違いを感じさせ、
それが凛としてかっこいい咲夜さんの力強さにも繋がっているように思われます。
この咲夜さんの目は「誰かをじーーーっと見つめている」ようにも思えますし、咲夜さんとしての「意志の強さ」を
象徴しているようにも感じられ、 「目力の強さ」が光っているなぁ・・!と感じさせるものがあると思います。

アミグリさんは基本的には「デジタルの絵師様」なのですけど、時折、こうしたアナログ作品を描かれることがあるのですけど、
普段描かれないだけに、アナログで描かれる事自体が新鮮な感情を呼び起こしているようにも
感じられますね。
いやー、こうしたアナログのカラーが入っていない咲夜さんもとても素晴らしいですし、なんか思わず引き寄せられてしまうものを
伝えさせてくれる大変力強い作品だと思います!
これは別の魅力のアミグリさん発見!なのだと思います!!

上記にて転載をさせて頂きましたアミグリさんが描かれた秋静葉&咲夜さんのイラストは、
その権利は全てアミグリさんに帰するものでありますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので、 くれぐれも宜しくお願い申し上げます。
私といたしましては、一人でも多くの皆様に dream fantasy のアミグリさんが描かれる素晴らしいイラストを見て欲しい!という気持ちで一杯です!
どうかアミグリさんの dream fantasy という
素敵なブログを宜しくお願いいたします!

次回の日曜も引き続き「咲夜さん語り」が展開されますので宜しくお願いいたします!

次回の咲夜さんイラストは、あの初期作品の名作咲夜さんが帰ってきますし、冒頭の名作プレイバック集には、
東方屈指のあの大食いキャラ(?)がとってもかわいく登場します!

それでは皆様を次回の咲夜さん語り その⑦にてお待ち申し上げたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

毎回の深い洞察に感服いたします。
実際、咲夜さんと月の関係は、聞いてみるとなるほどなーと思わされますね。公式の設定でもあえて想像の余地を残しているところをみると、何らかの関連があってもまったくおかしくないと思います。しかし、それだけ深い思索を巡らせてもなお届かない東方の世界というのはすごいものですね。こちらのブログのおかげで、私も少しではありますが、東方について個人的な見解をもててきたような気がします^^

これはですねぇ・・(汗・・!)

八咫烏(全力稼働中) 様


東方って実は公式でも詳細な設定とかストーリーとかあってないような部分もかなりあり、
東方を支えているのは、もしかして読んでいる人達の様々な想像とか脳内妄想なのだと思いますし、
100人いれば100通りの「私だけの東方」というものがあるのかもしれないですね。

うちのブログの東方記事もそんな訳で、あれはほとんどは私の「脳内妄想」に起因するものが多く、
これはですね・・
決して東方の公式見解でもなんでもありませんので、その辺りを汲んで頂けると大変ありがたいものがありますが、
それでも少しはお役に立てているのが何よりなのかな・・とも思っております。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/3802-3071754c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |