プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


霊夢の保護者というか親代わりと言うかアドバイザーみたいな立ち位置の御方は、
そりゃ言うまでもなく八雲紫=ゆかりんだと思うのですけど、
「妖怪退治」を生業にしている巫女の保護者が「妖怪」というのもなんか
早苗さんじゃないけど、「幻想郷においては常識に囚われてはいけない」という幻想郷らしい話ですよね・・・(笑)
霊夢のいる博麗神社は外界と幻想郷の境界に位置しているのですが、換言すると妖怪勢力と人間の境界の
立ち位置に居るのが霊夢なのだとも思えます。
霊夢は言うまでもなく「人間」ですし、本来は妖怪であるゆかりんからアドバイスを受けたり、神降ろしの術の手ほどきを
受ける事自体、「この人、本当に人間サイドの立ち位置なのかな・・?」と思えなくもないのですけど、
博麗神社自体が、どちらかというと妖怪の溜まり場と化している側面もあり、人間側の神社というよりは
「妖怪神社」という雰囲気もありそうですし、
ゆかりん自体は、言うまでもなく妖怪側の立ち位置であり、確かに「妖怪と人間のパワーバランス」を最重視しているのですが、
あくまでも「妖怪と人間は妖怪側の勢力の方が上でないといけない、妖怪は人を襲い、人は妖怪を恐れるもの、
そして幻想郷で一番起きてはいけない事象であり、ゆかりんが最大限警戒していることの一つが、
「人間勢力が妖怪を駆逐する事」という考えに基づいていますので、
そうした意味においては、霊夢がいる博麗神社は、ゆかりんが牛耳っている神社という側面も無くはないものですので、
霊夢の保護者的存在がゆかりんであるというのもあながち根拠が無いという事は無いと思えます。
(一方で霊夢にとっては「人間が妖怪化する事」は絶対に回避させたい事案でもあったりします)

このブログで何度か書いたことがある通り、私自身の脳内妄想では、霊夢とは「ゆかりんが外界からさらってきた子」であり、
ゆかりんと藍と先代巫女が協力して育てあげたのが霊夢であり、
霊夢とゆかりんの関係は、時に姉妹のようであり、時に親子関係のようなものであり、
時にパートナーのようなものだと 思います。

なんだかんだ言っても霊夢とゆかりんの二人の絆はそれなりに強いものがあると思えますし、
霊夢が頼りにしているのは、華扇も多少はそうなのかもしれないですけど、一番頼りにしている相手は、
やはりどう考えてもゆかりん以外ありえないのかもしれないですね!
霊夢の日常的な話し相手と相談相手は言うまでもなく魔理沙であり、ちょっと困ったときの相談相手は華扇なのであり、
かなりやばい事案とか霊夢一人では解決できそうもない異変についての相談相手は
どう考えてもやっぱり八雲紫様というのが妥当だと思わざるを得ないですね。

さてさて、本記事なのですけど、東方グッズとしてはカード以外では実は意外と珍しくもあったりする
この幻想郷の素敵なダブルヒロインたる霊夢とゆかりんのグッズを最近見つけちゃいましたので、
そのグッズをご紹介させて頂き、最後にアミグリさんが描かれたアミグリさん自身のデビュー作に近い頃の
大変初期のころの貴重なこの「霊夢とゆかりんのツーショット」のイラストを再度皆様にご覧になって頂き、
アミグリさんの現在の作風との違いなどをお楽しみ頂きたいと思います。










さてさて、上記のとっても可愛い霊夢とゆかりんのトートバッグは、
月の宴2でサークル「あとりえ雅」から頒布された【東方小町トートバッグ 博麗霊夢&八雲紫ver.】です。
先日なのですけど、とあるリサイクル店の中古服コーナーにて吊下げられているのを発見してしまい、
価格が100円+税でしたので、ついつい購入しちゃいました・・(笑)

それにしてもゆるくて可愛いかわいいキツネ耳のゆかりんと霊夢ですね!

先日までテレビ東京の早朝枠にてアニメ「けものフレンズ」が絶賛再放送されていて、私も毎朝毎朝出勤前に欠かさず
視聴させて頂き、サーバルちゃんとかカバンちゃんのあのとっても可愛いお姿を見て、内容的にとてつもなくゆるいお話に
毎回毎回脳みそがとろけるような状態で出勤していったものです・・・(笑)
(けものフレンズは後半部分に意外とシリアスな場面もあったり、感動的なあの最終回があったりと
本当に素晴らしい作品だったと思います!)
このトートバッグの獣耳の霊夢とゆかりんを見てしまうと、
「あれれ・・この二人も今すぐフレンズとしてジャバリパークにいたっておかしくないじゃん!」と感じさせるほどの
ゆる可愛らしさがありますよねっ!
キツネ耳というと言うまでもなく、ゆかりんの式神の藍がそうなのですけど、幻想郷の素敵な巫女と
幻想郷最強のスキマ妖怪がこうやってキツネの獣耳化させてしまう発想はとても斬新だと思いますし素敵だと思います!
このトートバッグが発売されていたのは2009年の頃ですので、「けものフレンズ」の放映のはるか以前の頃なのですが、
まさか・・数年後の「獣耳ブーム」を予知されていたのかな・・? (笑)

ちなみにですけどこのシリーズには、他にも、魔理沙×アリスとかゆゆ様×妖夢などもあったようですが、
魔理沙×アリスは実物を見たことがないだけにどんなデザインなのか興味津々ですね!




010_convert_20170823170157.jpg




後姿の尻尾もとっても可愛いですね! (笑)

こうやって後姿だけを見てしまうと「霊夢とゆかりんは本当は親子なのではないのか・・?」みたいな妄想も
再度沸き起こりそうです・・





009_convert_20170823170134.jpg




霊夢とゆかりんって姉妹・・年の離れた(汗・・)姉と妹という感じではなくて、なんとなくですけど親子っぽく見えちゃうのは
やはりゆかりんの「貫禄」なのかもしれないですね・・・

このキツネ化した状態の二人なのですけど、博霊神社の縁日における何かの余興なのかもしれないですし、
はたまた縁日の宴会でかなり酔っぱらってしまったこの二人に、古狸のマミゾウ親分が
「ちょっといたずらでもしてやろうかのう・・」と思い立ち、二人をキツネに化けさせてしまった・・みたいな脳内妄想も
おきそうですね・・(笑)

近場のスーパーのお買い物の際にこの霊夢&ゆかりんのトートバッグで行っても楽しいのかもしれないですね! (笑)










さてさて・・ここからは既に恒例になっているのかもしれないのですけど、
当ブログが本当にいつも大変お世話になっている dream fantasy の管理人様のアミグリさんが過去に描かれたイラストのご紹介コーナーです。

上記の「れいゆか」・・・霊夢とゆかりんのイラストは、アミグリさんの作品の中でもかなりの初期作品に位置付けされます。
具体的には2010年1月に掲載された作品で、2010年の年賀状デザインとして描かれた作品でもあり、
実質的には2009年に描かれた作品と言えるのだと思います。
つまりこの作品は、アミグリさんにとってもかなりの初期作品とも言え、その意味においては大変貴重なものが
あると思います。
もしかして・・・? アミグリさんのテビュー作の頃に近い作品なのかもしれないですね。
ちなみにですけど、アミグリさんのFC2開設は2008年3月で、FC2でのイラスト投稿は同年の8月が最初です!
現在のあのとても素晴らしい「キラキラ可愛い作品とは少しばかり風情が異なっておりまして、どちらかというと
写実的というかタッチが骨太で「力強さ」とか「素朴さ」も伝わってきているかのような感じもあります。
2010年と言うと今から7年前なのですけど、わずか7年の時間の経過の中で、アミグリさんは、
習作時代→力強いタッチ→淡い作品時代→中間時代→キラキラ可愛い路線と、自らの作風を素敵に進化させ続けていて
「これが私の最終ゴール」とと定めずに、一つの到達点だけに満足される事なく、常に自らの作風に
「新しい息吹」を吹き込み続けている点は、特筆に値するものがあると私は考えております。

この霊夢とゆかりんですけど、
ゆかりんには「そこはかとない上品なお色気」が滲み出ていて、見れば見るほど
「ゆかりんはやっぱり東方の素敵なレディだなぁ・・」と感じてしまいますし、
このゆかりんの大人っぽい妖艶さは素晴らしいと思います!
それに対して霊夢はとっても可愛いです!

何となくですけど、霊夢が10歳程度という雰囲気もありそうですし、ぼちぼち・・・「反抗期」に入った頃のような
雰囲気もどことなく感じさせているようにも見えるところが色々と妄想のし甲斐もありそうな作品だと思えます・・(笑・・)
この作品の霊夢は、そろそろ博麗神社の巫女としての自覚が少しは出てきたようにも感じられ、
霊夢の挙動に対して、色々と箸の上げ下げまで煩くいいがちなゆかりんに対して
「ゆかりは妖怪のくせにいちいちうるさいんだから!」となにか一言ゆかりんに対して文句を言いだけな霊夢みたいな
雰囲気も伝えてくれていそうにも私的には感じたりもします。
(霊夢の腕組みが「もー、ゆかりはいちいちうるさいんだからぁー!」みたいな事を示唆しているようにも感じたりもします・・笑・・)
そしてこの霊夢のへそ出しがとっても可愛いです!

アミグリさん、いつも素敵なイラストの転載を快諾して頂きありがとうございます。

上記の霊夢と紫のツーショットイラストは、アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。

是非是非アミグリさんのブログ dream fantasy  も
ご覧になって頂きたいと思いますし、
宜しければ、当ブログだけではなくて、
是非アミグリさんの本家本元のブログ dream fantasy  に一度お越しして頂けると
アミグリさんのブログをご紹介させて頂いている私もとってもとっても嬉しいです!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

ほんとだぁ~♪後ろ姿がかわいい♡
くるんくるんの尻尾…
もちろん、表もかわいいですよ♪
よかったですねぇ〜またひとつ
コレクションが増えましたね♪

霊夢とゆかりん、確かにゆかりんに貫禄がありすぎて、親子に見えてもおかしくないですね。そこまでいくかどうかはわかりませんが、実際に二人はお互いを必要としているんだと思います。まあ、この二人が手を組んだら、できないことってのもそうそうないと思いますよね^^しかし、良い物をGETしましたね~^^しかもお安い!リサイクルショップ万々歳ですね^^

後姿がとっても可愛いですよね!

napo 様


ありがとうございます! このトートバックを最初に見た瞬間に私もあの安代姿のくるんくるんの尻尾に
一目惚れ!という感じもあったのですよ!
やっぱり獣耳とか尻尾とかに弱いのですよね・・、だって可愛いですから・・(笑)

これは飾るというよりは、お買い物のバックとして汚さない程度に使用したいですね! (笑)

ゆかりん最高!

八咫烏(全力稼働中) 様


確かに・・ゆかりんと霊夢のコンビはある意味最強なのかもしれないですね!

ゆかりんとゆゆ様のコンビですと「阿吽の呼吸」で何とかなってしまうのですけど、
ゆかりんと霊夢の場合は、ここにゆかりんの教育的指導が入り、霊夢に対して一つの異変や事象ごとに
説明・指導しながら霊夢に異変を解決させ、
霊夢を着実に成長へと導いている様な感じもあるのかなと思いますね!

やっぱりゆかりんは伊達に年を重ねられているのではなくて、あの雰囲気は最高だと思います!

100円でこんなに可愛いグッズが手に入ってしまうなんて良いお買い物でしたね!お店で東方フィギュアとかは見かけますがトートバッグって珍しい気がします。この出会いは嬉しいですね。
後ろ姿の尻尾がすごくモフモフしてそうで見てるだけでも癒されます。そしてそんな可愛い尻尾にケモ耳まで生えてもゆかりんから漂う大物感…w

もふもふ・・

schwert 様


これはですねぇ・・トートバックのこの「後ろ姿」のあのふさふさ&もふもふの尻尾に一目掘れしてしまった!という
要素がかなり強いですね! (笑)
藍の九つのもふもふ尻尾のようにこの二人の尻尾ももふもふしたいですね! (笑)

このシリーズ、他にも魔理沙&アリスもあるようなのですけど、あの二人がどんな感じなのかも実は興味津々です!
(魔理沙に焼きもち妬いちゃうアリスだったら最高なのかも・・!?)

ご指摘の通り、ゆかりんはやっぱりゆかりんですね!

こんなけものフレンズみたいに「ゆるさ」があってもゆかりんとしての「存在感」はここにも遺憾なく
発揮されていると思います! (笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |