プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


皆様(といってもその対象は昭和世代だと思うのですが・・汗・・!)の中におきましては
子供のころに遊園地とかデパートの屋上とかはたまた商店街の中の薬局前等に設置されていた
ムーバーという電動遊具に乗って遊ばれた方も結構いるんじゃないのかな・・?
当時1回100円程度だったと思うのですけど、ウルトラマン・仮面ライダー・ドラえもん・マジンガーZ・オバケのQ太郎などの
アニメや特撮のヒーローたちのキャラをデザイン化した電動式の乗り物に乗っかって1~2分程度
そのキャラたちとガタンゴトンと揺れながらまるでちょっとしたロデオ感覚のように楽しむという事は
子供の頃の一つの思い出なのかもしれないですし、これはまさに「昭和レトロ」という感覚なのかもしれないですね・・(汗・・!)
そのムーバーの動作は、単純な上下運動もありましたしも少し回転運動をしながら動いたものも
あったと思います。
もちろん今でもそうしたムーバーはわずかに存在はしているのですけど、そのほとんどは
感覚としてはショッピングモール内のゲームコーナーとか小さいお子さん向けの遊戯場に申し訳なさそうに
ちょこん・・と置かれているみたいなイメージもあるのですが、よく見てみると、
ディスプレイが付いていたりおまけが出てきたり、その辺りは時代と共に進化をしているのかなぁ・・と
思ったりもしますね。

ムーバー(電動遊具)というと遊園地やデパートの屋上以外で私達にとって最も馴染み深かったのは、
地元の商店街の中・・特にその中でも薬局の前に設置されている事が多かった
佐藤製薬のサトちゃんというゾウのムーバーとエスエス製薬のピョンちゃんといううさぎのムーバーでは
ないのかな・・?と思ったりもします。
薬局と言うか製薬メーカーにおける三大イメージキャラの動物と言うと、何となくですけど、象・うさぎ・カエルなのかな・・?とも
思ったりもしますけど、さすがにカエルはムーバーにはしにくいでしょうから、そうした意味でも
薬局前のムーバーというとサトちゃんとピョンちゃんが双璧と言えるのかもしれないです。

だけど平成に入って、その平成もあと一年少々で終ろうとしている今現在ですけど、
デパートや遊園地にそうしたムーバーが置かれている事も書く無くなってきましたし、何よりも現在におきましては、
昭和の頃と違ってデパートの屋上にそうした子供さん向けの娯楽施設なんか設置する事は
少ないですからね!
(昭和の頃ってデパートの屋上に普通に立派な遊園地みたいなものも結構ありましたし、中にはデパートの屋上なのに
観覧車がある所すらありましたからね! 笑・・)
そして最近では大手のドラッグストアの存在とか大手病院とタイアップしている調剤薬局の存在を考えると
地元の商店街の中に個人経営でやっている薬局自体の経営は大変厳しいものがあると思いますし、
そうした個人経営の薬局の数は多分ですけど、昭和の頃に比べたら相当激減していると思われます。
そうした訳で、薬局前に設置されているサトちゃん・ピョンちゃん等のムーバーもどんどん激減の一途を辿っているんじゃ
ないのかな・・?とも思ったりもします。
それと・・・最近では警察の指導も以前よりは相当うるさくなったようで、公道にそうした遊具をあんまり置かないで欲しい
みたいな要請も結構多いとどこかで聞いたような気もします。
ちなみになのですけど、どうして薬局前にこうしたムーバーを置くようになったのかと言うと諸説あるようですけど、
「デパートの屋上に置いてある乗り物を薬局に置いてみたらどうだろう」とメーカーから提案があり、
1960年代あたりから薬局に設置されるようになったとの事です。

何となくですけど世間一般のイメージでは、薬局前のこうしたムーバーというのはサトちゃんの方が
数が多いし馴染みが深いという感じなのかもしれないです。
私自身もピョンちゃんは、見たことはあるけど乗った記憶はないです・・(汗・・!)


ピョンちゃんはエスエス製薬のイメージキャラクターで、
元々は古事記に出てくる「因幡の白ウサギ」がモチーフとの事です。
え・・因幡の白ウサギですと・・?
そうですねぇ・・東方好きの私から言わせて頂くと「おまえは、因幡てゐなのかっ!?」とツッコミを入れたくもなってしまいます・・
ピョンちゃんの場合は、大国主命に助けられた白ウサギが恩返しをするという事に着眼し、ここから
「社会奉仕」や「社会貢献」のイメージ、それから誰からも愛される容姿と言う事で誕生したのが
このピョンちゃんとの事です!

初代(1952年~60年頃)から2代目(60年~63年頃)までが、白い身体に赤いチョッキでしたが、
3代目(63年~67年頃)から赤いチョッキを脱ぎ、お腹以外は赤くなりました。
ピョンちゃんは、最初はただウサギさんと呼ばれていただけでしたが、
1963年の卯年にちなんだキャンペーンで16万通にも及ぶ一般公募の中から
「飛躍的にどこまでも、ぴょんぴょん跳ね上がる」と言う理由でピョンちゃんと名前が付いたというエピソードが
残されています。

それにしてもサトちゃんといいピョンちゃんといい、最近ではムーバー自体をあまり見かけなくなりましたし、
小さいお子さんがこれに乗っている姿は最近では全く目にした事が
ないと思います。

本当にみんなどこにいってしまったのかな・・??








002_convert_20170823165913.jpg





そう思っていたら、なんとこの「ピョンちゃん」はまだ健在でした!

しかも自宅からは全然遠いのですけど、埼玉県川口市内のとある結構古くからある商店街でまだ現役で稼働しているのを
先日発見しちゃいました!! (笑)

それにしても凄まじく年季の入ったピョンちゃんですね・・・(滝汗・・!)

うーーむ、こんなピョンちゃんでは、小さいお子さんも「ママー! あのうさぎさん怖いよぉー!!」とか
ママの足元で泣きべそをかいてしまいそうな雰囲気すらありそうですね・・・
ま、逆に言うと「歴史を感じさせてくれる逸品」とも言えるのかもしれないですね・・・
もしかして高度成長期の昭和の頃から平成の今の時代に至るまで、このピョンちゃんはお店の歴史とか
人々の喜怒哀楽をじーーっと見守ってたのかもしれないですね。
ま、それにしても薄汚い・・(汗・・)というのは既にご愛嬌の域を通り越して、やはり少々不気味さが
あるのかもしれないですね・・・

最初にこれを見た時は「これはさすがにもー動いていないでしょ・・、棄てるのが勿体無いからただ飾っているだけでしょ・・」と
思っていたら、
電源はちゃんと入っていますし、
「6歳以下のお子さんは乗らないで下さい」と比較的最近書かれたような貼り紙も掲示されていましたので、
たぶんまだいまだに「現役」なんでしょうね・・・

そしてこの「10円」という価格がなんとも昭和レトロを感じさせてくれていますよね!

頑張れ! ピョンちゃん!! そうだ! 君はまだまだ現役! 生涯現役だぁーー!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ちょっ ホラーやんぴょんきち(仮)くん!
これは夜とか特に胃腸じゃなくて心臓にシグナルきますわ((((;゜Д゜)))
しかし未だに動くとはさすが昔の頑丈設計ですね
今は経済を回すため?に すぐ壊れるのに(´ 3`)

こんにちは。
いつも、楽しく読ませていただいてますが、初コメです。
いや~、ムーバ-!!
どんなもんだか、今ひとつわかりませんでしたが、最後の写真でガッツリ納得&怖い~~!!

昭和のデパートの屋上をとても懐かしく思い出しました。
昔は、確かに、デパートに出かけるのが、すごく楽しかったですよね。
昨今のデパート場慣れは、その辺りに原因があるのかもしれないですね。

すっ…すごいレトロ感!
でも、現役ってスゴイ!
いったいら何人の、何百人の子供たちを
喜ばせたんだろう…♪(⌒▽⌒)

ぴょんちゃん、もう現役引退してもええんやで・・・?
って声かけてあげたくなりました(笑)

これ、ちびっこの間ではどんなふうに思われてるんだろう…?
乗ること自体が『度胸試し』になりそうなレベルでホラー度高いですよ?

なっつかしい~^^私、これ子供のころすごく好きでした^^ムーバーって名前だったんですね。あの頃はデパートの屋上は完全な遊び場でしたね^^あと、300円だかなんだかで動くパンダの乗り物とかもすごく懐かしいです。最近の子供はああいったものを経験できていないんですね。なんだか残念な気がします(上野の公園には大量に、あれ系が残っていますので、もしかするとそこで経験しているかもしれませんね^^)

こんばんは。

ムーバー、また懐かしいものを見せてくれましたね~
私はサトちゃんのタイプのものしか見たことがありませんが・・・

こういうのを見るとメロディペット(動くパンダの乗り物の名前)もまた見なくなりました。 旭山動物園にはあった様な気がするのですが。

この乗り物ってムーバーっていうんですね。
知りませんでした…。
たしかに最近見かけなくなりましたね。
画像のピョンちゃんはいい感じに年季入っていますが、せっかくなので撤退はしないでほしいですね!

ピョンちゃんはご長寿!!

みけねころんそう 様


確かに・・・これ写真もそうですけど現物見た時の破壊的衝撃度は凄まじいものがあったと思いますし、
心臓にどぎゅん!ときますよね・・(汗・・)

こんなにポロポロになってもまだ普通に稼働しているのはさすがだと思います。

うん! ピョンちゃんはご長寿! まだまだこれからも当分現役続行ですね!!

もずくねえさん 様、ありがとうございます!

もずくねえさん 様


コメント頂きありがとうございます! こんな拙いブログですけど、こうやってコメントを頂ける事に
強く感謝いたします!

このムーバーですけど、確かに年季が入り過ぎて怖いですよね・・(笑)

不気味ではあるのですけどなんか「憎めないなぁ・・」みたいな昭和的ゆるさがあるのが実にいい味を
出していると思います。

ご指摘の通り、昭和の頃のデパートの屋上は「ときめき・わくわく」の宝箱みたいな感じもあり、行くだけで
楽しいみたいな雰囲気もあったと思うのですけど、
最近のデパート・スーパーの屋上にはそうした事もあまりなく、多くは単なる駐車場と化していますので
味気ないですよね・・

こんなとりとめもないブログですけどどうかこれからも宜しくお願いいたします!

歴史ですね!

napo 様


このレトロ感・使い古された感は写真ではあんまりよく伝わっていないのかもしれないですけど、
実物を初めて見た時の衝撃度は大きかったです!

だけどこのピョンちゃんがいまだに現役というのは凄い事ですね!

何百人というレヴェルではなくて累計すると何千人の子供たちを乗せてきたのかな・・?と考えると
少し感慨深いものはありそうですね!

ある意味ホラー・・・なのかも・・?

めろ子 様


いやいや、ピョンちゃんはまだまだ現役の第一線で頑張っていたいそうです! (笑)

多分ですけど、ここまでの歴史の中で何百人・何千人というちびっこたちがピョンちゃんの背中に乗って
楽しんできたと思いますので、
ピョンちゃんは当面は現役続行なのかもしれないですけど、
見ている方としては「こわい・・」とか「不気味」という意見も出そうな使い古し感は凄いものがありますね・・!

確かに・・これは「度胸試し」としても使えそうな感じで、深夜にこのピョンちゃんに遭遇したら
間違いなくホラーの世界ですよね・・(汗・・!)

ムーバー

八咫烏(全力稼働中) 様


ムーバー自体既に「昭和の懐かしレトログッズ」化しつつあると思うのですけど、こうやって
普通の商店街で現役続行している姿には、こわそう・・みたいな気持となつかしい・・という気持ちの二つが
同時に感じられそうですね。

動くパンダというのもデパートの屋上の定番乗り物の一つでしたね!

上野動物園にはそうした昭和レトログッズが残っているのですね! これは初めて知りました!

ま、確かにパンダの元祖ではありますからね・・(笑)

昭和レトロ

冬音 様


こうした昭和レトロがどんどん街からも消えていくのは一抹の寂しさも感じますよね・・

昭和の頃の商店街の薬局には、サトちゃんのムーバーは定番だったような感じもあるのですけど、最近ではほとんど
見かけなくなりましたね・・
ムーバーは、イオン系のショッピングモールのゲームコーナー内でたまに見かけることはありますけど、
ポケモンとか妖怪ウォッチがデザインされているというのも
なんだか時代の移り変わりみたいなものを感じてしまいますね。

動くパンダの乗り物・・これもなつかしいですね! デパートの屋上の定番遊具だったと思います!

すいか 様、いやいや、ピョンちゃんは生涯現役です! (笑)

すいか 様


ムーバーは昭和レトロという感じで最近は街でもほとんど見る機会はないですね・・
最初にあのムーバーを見た時は懐かしかったけど、あの年季の入りように最初は思わずドン引きしてしまいましたけど、
同時に「こんなにポロポロになってもまだ現役で頑張っているんだぁー!」と
なんだか応援したい気持ちになってしまいました! (笑)

いやいや、このピョンちゃんは多少見てくれは悪くてもまだまだ現役です! 生涯現役という事で
まだまだ頑張って欲しいものです!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |